国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう一週間になります。
今年もアメリカン・アイドルが終わってしまいました。

毎年、ミシガンの長い長~~い冬が終わり、短い春を通り過ぎて夏と思わせるような気候が始まる頃に、アメリカン・アイドルが終わってしまいます。
これからミシガンで一番美しい季節が始まるので気分もウキウキ!!・・・ってはずなのにどうも寂しい。

今年は特に寂しい。だって地元からファイナリストが出ていたから。

結果から言うと・・・日本の方にとってはネタバレになってしまうけれど、(まあ、きっと皆さん結果知ってますよね)

↓写真はamericanidol.comより引用
AI final2


ケイレブ・ジョンソンの優勝。
ジーナ・アイリーンは残念ながら2位に終わりました。
残念~っ!!

歌唱力・安定さとしてはダントツでケイレブがジーナを上回っていました。
いつもぶれない。声帯を痛めていても、ぶれない。すごい!

・・・でも、ぶれがちょっとあっても、17歳という若さ、ステージに立つと物怖じしないあの度胸、ピアノ演奏スキル、自分で曲を作れる、あの個性的な声・・・といったかな~り可能性を秘めているジーナには、是非是非将来もシンガーとして成功して欲しい。

↓ジーナが大好きなバンド「Paramore」とのデュエット。ボーカルのヘイリーを食う勢いのジーナの歌唱力でした。
(写真はamericanidol.comより引用)
AI final5

アメリカン・アイドルファイナリスト2位おめでとう!
頑張れジーナ!!!我が町から人気ポップシンガーが出て欲しい~。

あ、ちなみに我が町ではないけれど、ミシガンって大物シンガーを結構輩出してるんです。

例を挙げると・・・

- エミネム(←これは一番有名)
- マドンナ
- キッドロック
- スティービー・ワンダー

モータウンレーベル全盛期の頃のシンガーをくわえるとダイアナ・ロスなどなど、たっくさんいるんですよね。

話しは逸れたけれど、大方の予想を裏切らず、ケイレブが優勝しました。

↓どっちが勝ってもハッピーな雰囲気。本当~に仲の良いこの二人。ライアンちょっと蚊帳の外・・・(笑)
(写真はamericanidol.comより引用)
AI final4

この最終回でもちょっと紹介していたけど、もうすぐジーナの通う高校のプロム。現在彼氏のいないジーナは、ケイレブに
「うちの高校のプロムに一緒に来てくれない?」と誘うと、ケイレブは快諾。
おぉぉぉぉーーー ジーナだけでなくケイレブまでがわが町にやってくる?!??

ちなみにプロムは今度の土曜日。
友人情報によると、プロム会場は隣町の大きなイベント会場。私の職場のすぐ側!!
行きたい~行きたい~見たい~見たい~。

・・・でも。
プロムは高校のイベント。部外者は入れません。ちゃんちゃん。


まあ。。。今回は諦めよう。

その分、アメリカン・アイドルのコンサートに行こう!・・・と思って検索したら。。。

なんと、ミシガン州はなぜかMt.Pleasantというそれほど大きくもない街で行われるとな。
しかも我家からは車で2時間半。夜9時開催。平日。日帰り無理・・・。
なんでやねんっ!!

今までの会場(少なくともここ数年)はデトロイトエリアだったのに。

見たいシンガーが同じ街の出身なのに、コンサート会場が遠いとは。

そんなわけで、今年のアイドルコンサートも行けそうにありません。

こうなったらジーナのファーストアルバムが出たら絶対買うぞ。
そして故郷凱旋コンサートを待つしかない。


今年のアメリカン・アイドルは本当に見所たくさんありました。
今年はいつもより盛り上がらない・・・という視聴者も多かったようですが、すくなくとも私や相方、そしてここミシガンの人にとってはかなり盛り上がっていたんじゃないでしょうか。

最終回は例年とは違って本当に多くの有名アーティストがゲスト出演してました。
それでも視聴率は過去最低?だったとの噂・・・残念。

最近、VoiceやThe X-Faactor(まだやってたかな?)など、人気オーディション番組が増えているのでファンも分散しがち。アメリカン・アイドルがいつまで続くのか、徐々に心配になってきていますが、アメアイ・フリークとしてはまだまだ続いて欲しいのであります。

続く限り記事を(たまーにだけど)書くよ!誰も読んでくれなくても(笑)

とにかく・・・

↓ケイレブ、おめでとうございました。(写真はamericanidol.comより引用)
AI final3


でもやっぱりイチオシはジーナ!!!(写真はamericanidol.comより引用)
AI final6


スポンサーサイト
2014.05.27 / Top↑
長編は続きます。

アメリカン・アイドル、シーズン13のトップ3まで勝ち抜いているジーナを目の前で見ることが出来て、大満足の土曜日の朝。
次のイベントは午後からなので、いったん自宅に戻り午後の計画を立てる我ら。
午後のパレードは午後2時半~。
しかしパレードを見るためにはパレード開始近くで車を停める必要があり、そのパレード開始場所は我家から3マイル先。
ライブが行われる会場は我家から2マイルなので、パレードは諦めてNorth Farmington Highschoolで開催される ライブに賭けることにしました。

ライブ開始は3時半~。ちょっと早めに3時10分前に家を出ました。(自宅から会場の高校までは車で5分)

                       


高校の駐車場に車を停めたかったんだけど・・・ががーん。高校の入口がある道路はパレードのルートでもあるため、警察車輌にて通行止め。
反対側から入ろうかと試みたけれど、そこも警官が立っていてその先に行けず・・・。

仕方なく逆戻りして、近くの教会の駐車場に車を停めました。神様ごめんなさい&ありがとう。
我らの車同様に、何台もの車がジーナのライブお目当てで駐車していました。

そこの教会から高校までは徒歩約5分。しかし高校から会場のスタジアムまでもさらに少々歩きました。アメリカの学校。とにかくでかい。(建物でなく敷地が)


↓この日はピーカン。上空をずっと飛び続けて横断幕を飛ばす小型飛行機。
jenafm21.jpg

こんなん、書いてありました~。地元ラジオステーションが応援してるようです。
jenafm22.jpg

高校の入口付近には、多くの人がジーナのパレード到着を待っていました。

↓とにかく広くて土地はたっぷりあるミシガン(アメリカ?)なので群集といっても混雑している雰囲気は感じられない・・・。
jenafm23.jpg


そこは通り過ぎてそのまま高校の敷地内に入りました。

構内の駐車場には、相変わらず警察署や消防署の車輌、そしてテレビ局やラジオ局の車も駐車していました。

↓先ほど飛行機で横断幕を流していたラジオ局の車も当然来ていました。
jenafm24.jpg

そのまま歩きつづけると、↑ここのラジオ局のスタッフがTシャツを配っていたので私もゲット。

↓ジーナの顔とか文字が入っているかな?!?と期待したけど、単なるラジオ局のロゴと変顔がプリントされてるだけでした。(左)が後ろ。(右)が前側に印刷されている変顔。キモいので相方に贈呈。
jenafm27.jpg  jenafm26.jpg


そしてお目当てのライブ会場に到着。
ここは高校のスタジアム。アメリカンフットボールやサッカーをするフィールドです。

入口付近には警官が何人もいて、ハンドバックやカバンや手提げを持っている人の荷物チェックがありました。
ものものしい~・・・けどここはアメリカ。人の集まるところはセキュリティーが厳しいですね。

入口に入るとすぐに、ジーナの顔写真が入ったバッジやTシャツを売るスタンドがありました。商魂たくましい。
けど、結構皆さん買ってましたよ。


この会場はフットボールのフィールドだけあって広い!後方にはスタジアムの観客席があるので、そこに座りたかったけれど、ステージはそこからかなり離れています。
相方が「前に行こう」と言うので前にいってみたけれど・・・

↓すでに沢山の人だかり。前に見えるのがステージ。このときは人がそれほどでもなかったから、ちょっと離れるとステージが見えてました。
jenafm25.jpg


↓後方にある観客席。ちょっとステージからは遠すぎる。でも、ライブ開始30分以上前なのにかなり埋まってる。
jenafm28.jpg

それにしても暑い!
最近、紫外線アレルギーを患っている私としては、本来ならこんな所にいてはいけないのだけど、おそらくもう一生体験出来ないであろうイベント。我慢我慢・・・

↓(左)こんな風にライブ開始を待つ人々も最初は余裕のスペースだったんだけど・・・
(右)ライブも近くなり、観客もどんどん増えて前につめていくと・・・もう全然舞台見えないし!!
jenafm29.jpg  jenafm30.jpg


程なくして、大歓声が響き渡った!ジーナが来たか?!

↓でも見えない・・・(これでも手を思い切り上に上げて撮影したんだけど)
jenafm31.jpg

・・・どうやら、スタッフがステージに上がって盛り上げる練習?をしていたようです。
     (がくっ)

それから更にしばし待って・・・それにしても暑い!熱射病になりそう。
もう限界~・・・と思ったところで、またもや大歓声。

↓今度こそキターッ!!!!!みたいです!!(見えないから・・・)
ティーンや子供はこうして大人に担ぎ上げてもらえるから、羨ましいな。
jenafm32.jpg jenafm33.jpg

ジーナの声が聞こえてきたので、ステージにいることは間違いない!!
思い切り手を伸ばして滅多やたらにアイフォンのシャッターを押したけど、後で見たら彼女の写っている写真はほんの僅か・・・(涙)

↓その数少ない彼女が写ってる写真。(遠っ ちっちゃっ!!)
jenafm34.jpg

すぐにライブが始まると思いきや・・・
ファーミントンヒルズ市長のスピーチ、オークランド郡長のスピーチ、市会議員のスピーチ、先生のスピーチ等々、とにかくスピーチ三昧。

ここは国体かっ!甲子園かっ!!大相撲千秋楽の表彰式かぁ!!!って思うほど、いろんな人のスピーチ。
この炎天下の中、学校の朝の朝礼みたいに誰か倒れちゃうんじゃないかと思いました。

ファーミントン市長のスピーチでは
「いや・・・こんな大きな(ハッピーな)出来事がここファーミントンヒルズ市で起こったのは本当に久しぶり・・・あ、っていうか、初めてですな」なんて言ってて笑いを誘ってました。ローカルな街だから・・・。
(でも、実は6年前にミスアメリカに選ばれた女性がファーミントンヒルズ市出身でしたよ。これも大ニュースだったんだけどなあ)

とにかく、そんなスピーチ満載の中、ジーナが高校で大変お世話になった合唱部の顧問の先生に、感謝の気持としてアメリカン・アイドルファイナルのチケットを進呈するという場面が印象的でした。
ジーナがその発表をした瞬間、この顧問の女性教員は飛び上がって悲鳴を上げて喜んでました(笑)。

ただ私と相方が気になったのは、
1.カリフォルニアでの会場のチケットはあるけれど、航空券は含まれているのか?(←多分含まれているだろう)
2.ファイナル・・・とあるけれど、今週のトップ3でジーナが落ちてしまったらどうなるのだろう?(←多分決勝に行く気満々)

まあ、そんな私たちの心配は大きなお世話?とにかく不要よね。

とにかく!長い長いスピーチ合戦が終わってようやく歌が始まりました。

                      
結果から言うと・・・
結局3曲しか歌わなかったので、その点はちょっと…いや、かなりがっかりだったんっですけど、歌はどれも
すんごく

すんごく上手!!!

好き嫌いはあるかもしれないけど、あの声量と個性的な声。
テレビでも上手だと思ったけれど、時々力余り過ぎて不安定になる声もこの日は完璧!!

今回歌った曲は、今週のトップ3の週で歌う予定の曲。
そして先週歌ってジェニファー・ロペスが感動の余り審査員席から立ち上がってステージに駆けつけてジーナにハグしたほど良かった、エルビス・プレスリーの曲を弾き語り。
最後に、彼女自身が書き上げた曲を弾き語り・・でした。

んもぉぉぉ弾き語り最高!!

アイフォンで動画を撮ったのでここに掲載したかったのですが、重すぎて掲載できず・・・。
掲載できる方法があるようだけれど、今はわからない(し、見る人も少ないので!)省略。

午前に比べて彼女の顔は姿はなかなか見えなかったけれど、声がしっかり聞けてよかった・・・

                     American Idole

FBのAIページを見るとケイレブが断然人気。アレックスも人気上昇中。
ジーナの文字が一番少ないようでちょっと心配だけど、今後の可能性としては若くて曲も書ける彼女が一番だと思うんだけど・・・
アレックスも個人的には好きなんですが、ジーナに優勝してもらいたい!


この日はとーっても充実した一日でした。
軽い熱中症?みたいで帰宅したらフラフラしていたけど、これで一層明日のアメリカン・アイドルが楽しみになってきました。

最後に、相方がスマホで撮った一枚。全体の構図的にはこれが一番良い出来かな?

jenafm35.jpg


この日・・・というか前日の金曜日、ジーナは3ヶ月ぶりに自宅の自分のベッドで寝たそうです。
アメリカン・アイドルで勝っても落ちても、いずれにしても彼女は高校卒業後、きっとこの街を出て行くんだろうな。
でも、生まれ育った街・・・彼女にとっては永遠のふるさと。
私はこの街にまだ6年しか住んでないけど、こんな機会が持てて、AIフリークとしては本当に嬉しい限りです。

GO JENA!! YOU ARE THE NEXT AMERICAN IDOL!!



2014.05.13 / Top↑
シカゴの話は置いといて・・・・
今回もアメリカン・アイドルネタで失礼します。
                                 

やった~!!地元から初めてトップ10に残っるという快挙をとげた我が街出身のJena Irene Asciutto(ジーナ)が、ついにトップ3まで勝ち抜いてきました!!
したがって、恒例のトップ3故郷凱旋決定!!
生まれてから現在まで住んでいる街、Farmington Hillsに帰ってきました。

地元新聞のニュースhttp://www.detroitnews.com/article/20140510/ENT10/305100042

先週のトップ3の結果発表されたのが木曜日夜。
そしてジーナの凱旋イベントはその2日後の土曜日朝から。
このわずか1日ちょっと?の間、ここFarmington Hills市や彼女の通う高校も準備におおわらわだったことでしょう。。。

前日金曜日に友人や相方からジーナのイベントの詳細情報を入手。それによると・・・

① 10:30-11:00  Herkules Coney Island
② 2:30-3:00 Parade on 13 Mile RD (Starting from Orchard Lake Rd and ending at North Farmington High School)
③ 3:30-5:00 Concert inside North Farmington High School athletic stadium

① 午前10時半~、近所のconey island (ホットドッグ屋さん)「ヘラクレス」…英語発音だと「ハーキュリー」にやって来る。
実は、ジーナはこのホットドッグ屋さんでアルバイトしている(いた)んです。このお店は私もたまに買い物するスーパーがあるモール内。そんな近くにいたんだ・・・そうと知っていたら買いにいったのに・・・って彼女がバイトしてたころはまだ全然無名だったからどうしようもないね!

② 午後2時半~、彼女の通っている高校近くの道路1マイル分をパレード
③ 午後3時半~、彼女の高校にあるスタジアムでライブ。これは行くっきゃない!!

・・しかし、これは街始まって以来?の大イベントなんで、すごい人手だろうな・・・本当に見にいけるのだろうか?

金曜日。仕事で帰宅も遅くなりヘトヘトな頭の中、相方と翌日のための作戦会議。

その結果、まずは午前のホットドッグ屋さんに行ってみよう、もし駐車できないほど混んでいたら諦めようということになりました。

                    

お店のある駐車場に10時頃に行くと・・・
あれ?全然混んでない。
ホットドッグ屋さんの前には何人か人がいるけれど、10人程度。ちょっと拍子抜け。
でも、周囲にはパトカーが3台。警官が何人もいたので、ここでイベントあるんだな・・・と認識。


イベント開始まで30分あったので、余裕こいてお隣のスーパーで買い物なんてしちゃいました。

買い物も終わり清算しながら外を見ると・・・およよ、人が増えている!!

ってことで慌てて、外に出て行きました。

↓こちらがそのホットドッグ屋さん。かな~りローカルです。地元やアメリカン・アイドルのTVクルーも取材に来てました。
jenafm1.jpg


↓人手はさほどでもないけれど、こうして警官がいるとちょっとものものしいね。でもこの警察官とってもフレンドリーでしたよ。
jenafm2.jpg

朝、地元のTVニュースでジーナの帰郷の話題になり、彼女を応援する看板が紹介されていたのですが、それを持っている人がいたので撮影させてもらいました(笑)。

↓実物大より大きい顔の写真の看板。ちょっと怖いかも?! (右)こうやってこの看板を振りかざして応援します。
jenafm3.jpg  jenafm4.jpg

待ってる間、アメリカン・アイドルの取材班クルーが盛り上げるための指導??をしていました。
遠巻きに見ていた我らにもスタッフは、「こっちに来て!合図をしたら手を挙げて大声で声援して!」と言ってきたので、渋る恥ずかしがりやの相方を引っぱり我らもこの人だかりの中に混ざりました。
取材班?の指導で、まだ彼女が来ていないのに何度も何度も「イェーーー!」と声援の練習。
しかしそこはアメリカ人。ノリノリが大好きなので盛り上がる盛り上がる。


それから程なくして・・・

↓(左)1台のポリスカーがやって来た!(右)あっ!その後ろから長~いリムジンが!取材陣もカメラとマイクを向ける!!
jenafm5.jpg jenafm6.jpg


しばし待った後に・・・


↓キターーーーーー!!!!!
jenafm7.jpg

この超長い豪華リムジンから最初に降り立ったのは、ジーナのお母さん。アメリカン・アイドルの客席でもよく映っていますね。


↓ようやく出てきました!ジーナ!!!あっ テレビで見るより痩せてる!

jenafm8.jpg

↓大声援やカメラの撮影の中、握手や撮影の要望に答えるジーナ。
jenafm9.jpg

↓私の隣に立っていたファミリーの女の子、一緒に写真撮ってもらってる。
jenafm10.jpg

↓この子アメリカン・アイドルに映る可能性大!
jenafm11.jpg  jenafm12.jpg

↓すごく近くまっでやってきました。若い女の子がバラを差し出しました。(この構図・・・まるで私が渡してるみたい/笑)後ろの白いものはデイリークイーンのマスコットです。
jenafm13.jpg

これから一番近くにいたときのショット連発。

↓ファンの写真撮影やサインに快く応じるジーナ。
jenafm14.jpg

jenafm15.jpg

jenafm16.jpg

↓このすぐ後ろにいる背の高い男性はどうやらボディーガードらしい。背が高すぎてしばしば撮影の邪魔になりました(笑)。
jenafm17.jpg


jenafm18.jpg

このすぐ↑の女性、写真撮ってもらったあと、私に「あなたも前にきて一緒に撮ってもらえば?!」と聞いてきたんですが、シャイな私は「ううん、大丈夫!」と言ってしまった・・・後で考えてちょっと後悔。

ひとしきりこの人だかりの中でファンサービスをしたジーナ。
暫くして、ようやくバイトしていたホットドッグ屋さんに入って行きました。

↓ドアが開いた途端、中で待っている同僚や友達の歓声が響き渡りました!
jenafm19.jpg

ここまでの間は10分?15分?結構長い間、皆に(私にも!!?)笑顔を振りまいてファンサービスしたジーナ。

テレビではぽっちゃりしているように見えますが、実際の彼女はテレビよりずっとスリムでした。
また、バッチリメークをしているせいか(?!)女優みたいですんごく綺麗だった!!

噂では、ちょっと意地悪だったり失礼な発現をした・・・と言われていたりしてるけど、実際に見た彼女はそんな風に全く見えませんでした。どんなに沢山の人に撮影やサインを求められても嫌な顔ひとつせず「本当にありがとう」と礼儀正しくて、友達らしき子に会えば大喜びでハグして。。。いたって普通の可愛い女子高生って感じでした。

↓このラジオ局?の女性、この後人ごみ掻き分けてジーナにインタビューしてました。「ジャッジの中でお気に入りは誰?」なんて聞いてたよ。
jenafm20.jpg

ジーナはジェニファー・ロペスのことを語っていました(おそらく彼女が好き?)。でもその先は聞こえず・・・。

                           

あとでニュースで聞いたけれど、この後ジーナはこのホットドッグ屋さんでお客さんにかつてやっていたように、ホットドッグをサーブしたそうです。ほんの僅かだったみたいだけど。
相方がたいそうその客を羨ましがっていました。(笑)

                          

いやぁ、この日の朝のイベントは超穴場でした。こんなに簡単にアメリカン・アイドルトップ3が観れちゃうなんて。

すごい人出だと予想していた我ら夫婦もこの距離で彼女をじっくり見ることができて大満足。

午後のパレードとライブはどんな感じなんだろう??
でもパレードは道路が通行止めになるし、かなり人出があるんだろうな。。。
まあ、午後の予定についてはこれから作戦会議しようということになりました。


午前の話しだけで長すぎてしまったので、午後編は次回に続く・・・

2014.05.12 / Top↑
久しぶりにアメリカン・アイドルネタではありません。そして久々に長編。
(あ、ちなみにジーナはトップ4進出です♪)


もう2週間前の話しになりますが、週末を利用してシカゴに行ってきました。
ここミシガンのデトロイト郊外からシカゴまでは車で4時間半ほど(渋滞によってその時間も変わってきますが)。
しかし、我らはアムトラック(長距離列車)を使ってシカゴまで行ってきました。
                            
私にとってシカゴは初めて。アムトラックも初めて。初めてづくしです。

シカゴから程近いミシガンに住み始めてもう6年。未だにシカゴに行ったことが無いと話すと、周囲の友人・知人はたいそう驚きます。そんな私もついにシカゴデビュー♪

そんなデビューを車ではなく列車にしたのは、シカゴのダウンタウンは交通の便もよく、車が無くても移動が簡単。
しかも、ダウンタウンのホテルはどこも駐車場が有料&とても高い。あ、東京のホテルも駐車場は有料でしたっけ。・・・しかし殆どの駐車場が無料のミシガンに慣れているもんで、駐車場に何十ドルも払うのはくやしい。
私たちの宿泊したホテルも例にたがわず、駐車料金が1泊$60だったため、列車を選びました。

列車はウェブサイトで予約。その確認書をプリントしたらそれがチケット。いたって簡単です。
私たちはAnn Arbor(アナーバー)という駅からChicago(シカゴ)までのチケットを購入。

↓こちらAnn Arbor駅。バス停ではありません(笑)。アメリカの列車の駅はよっぽど大都市で無い限りいたって質素。小さいです。(写真はAnn Arbor.comより引用)
022212_NEWS_Amtrak_MRM_06-thumb-350x232-103972.jpg


                             

ところで、私は出発当日まで気づかなかったのですが、こちら全席指定・・・かとおもいきや、ビジネスクラス(いわゆる日本で言うグリーン車)以外は全席自由席!!
日本の自由席みたいに座れないってことはなく席の数だけしかチケットは売らない。それ以上は満席売り切れ。
でも自由席なんです!!!

これには焦った!!
・・・というのも、この日は3連休の初日。待合室にもかなり沢山の旅客がシカゴ行きのアムトラックを待っていました。
しかも我らの乗り込むアナーバーは始発ではないので、既に席が埋まっているはず。
1人や3人など、奇数人数が乗り込むと、私と相方が並びで座れない席が沢山あるはず。
そしてもう1つの悩みのタネは、このアムトラックの席は前方半分が進行方向を向いた席。後方半分は進行方向に背を向けた形の席。
この進行方向に背を向けた座り方をすると、私は必ず乗り物酔いをするのです。
そのため、進行方向を向いた席、かつ、二人並びで席をとることに全身全霊を注いだ私。。。

列車到着の1時間前に着いたのに、待合室にはかなり人がいます。
ホームにも人が既に出ていて列車が来るのを待っていました。

IMG_3092.jpg      chicago1.jpg

しかも困ったことに、アムトラックのホームには乗り口のサインがありません。
どこに並んだら入口に近いのか、どこのあたりがビジネスクラスでどこのあたりがエコノミーなのか、全くわかりません。

・・・っていうか、↑の写真を見てもらってもわかるように、列を作ってちゃんと並んでる客なんでいないんですよ。(苦笑)

5時間の旅を後ろ向きに走っていくなんて耐えられない・・・隣の席が相方じゃなくて知らない外人(←外人は私か)が座るなんて耐えられない・・・なんて色々なことを考えていたら・・・
この、電車を待っている時間が永遠のように長く感じました。それを相方に言うと、相方もまさに同じことを考えていたようです。
すごく待ったと思って時計を見るとなんと2分しか経ってない・・・みたいな


↓あっ ようやく電車が来た!!でかい!(←焦って待ってる割には、鉄子のようにカメラ構えて撮影してしまいました)
IMG_3099.jpg  IMG_3100.jpg

ちなみに列車が駅に到着する寸前に構内アナウンスがあります。その際に前から何両目がビジネスクラスで・・・なんて説明があるんですが、お願いだから日本のようにホーム上などにサインをつけておいてほしい。1日数本1種類しか電車も無いんだし・・・。

写真を見てもわかるように、アムトラックは線路とプラットホームの段差が殆どありません。その分、列車に乗り込むのにハシゴを上がらなければならない。大きなスーツケースを持ってハシゴを上がるのは一苦労。
いくつかある入口から1つを選び(ここぞ運!)もたつきながら乗車。

車内に入ると・・・ああ、予想したとおり、殆どの席が埋まってる。
予想よりも1人旅の客が多く、1つの席は空いてるのに1つは埋まってる・・・ああ、ああ、ああああああああああ!


どんどん先に進んで1両目は全滅。
次の車輌に写る。

・・・ここも同じ。満席ではないのに、どこも片方の席が埋まってる。・・・ああ、ああ、あああああああああああああ!!


もうこうなったら、食堂車の席で最後まで座ってようか・・・

↓食堂車輌には、こんなブースの席があります。テーブルもついててむしろ快適?でも5時間も居座っていたらヒンシュクだし。
chicago2.jpg

・・・なんて考えながら次の車輌に移動すると・・・。

ありました。わずかに1箇所だけ2人並びで開いてる席が!しかも進行方向を向いた席。

「はぁぁぁ~ 良かった~」


本当にハラハラしました。これで5時間の旅もリラックスできる~!!
ちなみに各席には折りたたみ式テーブルと、電気のコンセントがついています。無料wifiも完備なので長旅も退屈しません。
さあ、リラックスタイムーーー!!

↓・・・ってことで、途中の日系スーパーで買った海苔巻きでお昼。まるで日本の駅弁気分。
chigago5.jpg

そして一息ついて、車窓を眺めながらゆっくり・・・

ここで世界の車窓から・・・なんて写真を掲載したかったけど、大した風景がなかったのでここは省略。

車内のアナウンスでは、「ここからはシカゴまで満席です。当日のチケットは一切ありません」なんてアナウンスがあった。やっぱり3連休は混むんですね。。。

↓途中、停車するKalamazoo(カラマズー)駅。長距離列車の駅なのに、駅舎はどこも小さい。でも可愛い感じです。
chicago6.jpg  chicago7.jpg

調子の出てきた我らは、食堂車を視察。売店は長蛇の列でしたが乗務員のおじさんの仕事の早いこと!お客と軽く会話しながらもどんどんこなしていく。
食べたいような物はなくてメニューの品揃えはイマイチ・・・というかイマニだったけど、このおじさんが私をさして「次の若いレディー!」と言うので、いい気になった私はホットチョコレートを購入。

↓私を「若いレディー」と言った仕事の早いおじさん。右はホットチョコレート$2。
chigaco3.jpg chigago4.jpg


ちなみにこの列車、途中で電気系統の故障だか何だかでストップ。草原の真ん中で長いこと止まっただけでなく、いきなり車内の電気が消えました。
車内のアナウンスでは、「車内のお客様の電源が一気に使われたため、電気系統に不具合が・・・」なんて言ってる。
まあ・・確かに満席だろうけど、客が電源使いすぎて電車が止まるって一体どんだけよ・・・。

後方の席では、通りかかった女性が目の前に座る女性に「ねえ、アムトラックが遅れるのは普通のことなの?」と訪ねると、「まあね。1時間は遅れても驚かないわよ」なんて答えてた。出た~。外国の列車。アメリカはそんなことないだろうと思っていたのに・・・。

結局5時間の列車の旅の予定が、6時間かかりました。あ~席取れて良かった。


↓シカゴ近郊に入り、車窓の眺めも一気に代わり、都会っぽくなってました。ミシガンでは殆どの経路が単線だったのに、今や新宿駅のように何本も線路が並んでる!!!
chicago8.jpg  chicago9.jpg


↓シカゴ近郊を走る列車「Metra」も見えてきました。2階建て列車なんだ。東海道線の一部のグリーン車を思い出す。
chicago10.jpg


そんなこんなで、ようやくシカゴに到着~。なんだか国際線の飛行機に乗ったような気分の長さでした。

運転するのが疲れるか?列車の席取りと遅延で疲れるか???
どっちもどっちだなぁ・・・・と思いつつ、これからのシカゴ楽しむぞー!と思った我らでした。

シカゴでのお話はまたちょっと先に・・・

2014.05.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。