国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相変わらずアメリカン・アイドルネタで失礼いたします。

今シーズンのアメリカン・アイドルでは、我らがミシガンに由縁のあるコンテスタントがトップ10に3人も残っていて、私も注目しまくっておりましたが、なんと4月23日がここFarmington HillsのあるOakland County(オークランド郡)では、「Jena Irene Day (ジーナ・アイリーンの日)」に設定されたというニュースを聞いてびっくり!!

http://www.hometownlife.com/article/20140422/NEWS06/304220034/Wednesday-declared-Jena-Irene-Day-Idol-star

正直そこまでするか・・・と思ったけれど、地元にしてみれば広い広いアメリカの人気番組でトップ6まで残っている我が町(我が州)出身の高校生をそれだけ誇りに思っているってことですね。

そういえば、2008年のミス・アメリカは、やはり同じくFarmington Hills 出身のKirsten Haglundという女性だったんですよね
(キルスティンの日ってあったかな??)

↓前髪をパッツリとカットしてますますティーンらしい可愛さがupしたジーナ (写真はamericanidol.comより引用)
11-top-5-portraits-jena-1170x658.jpg


ジーナは今もなお、今シーズのアメリカン・アイドルでトップ5に残っております。
その歌唱力の素晴らしさに優勝候補に挙げられてもいます。

こればかりは視聴者の好みによるので、実力があってもいつ落とされてしまうかわからないけれど・・・

引き続き応援したいと思っています。


《オマケ》
先週のアメリカン・アイドルにゲスト(?)登場した、猫ちゃん。その名もGrumpy Cat (不機嫌なニャンコ)。

↓なでてもキスしてもずっとこの顔。この気難しい顔がクセになる・・・こんなニャンコ欲しいかも!

09-grumpy_cat-1170x658.jpg

01-grumpy_cat-210x118.jpg


スポンサーサイト
2014.04.28 / Top↑
残念~っ!!!


ついに・・・我らがミシガン・メトロデトロイトから頑張っているマライアが落ちてしまいました・・・。

↓落選が決定した瞬間。明るく振舞うマライア・・・でも心の中は涙・涙・涙。。。*写真はAmericanidol.comから引用
mlaya.jpg

なんだかなぁ~。

・・・彼女のパフォーマンスは確かにパーフェクトではなかったけれど(エモーショナル過ぎて音程をキープできないことがしばしばある)・・・それでも十分勝ち残れる素晴らしい魅力の声があったと思うんだけどなぁ。
なんといってもあの若さ!そして他の同世代とは違う良い芸風(←芸人力を競うわけじゃないけどっ)を持っていたので、個人的には好きだったんだけどなぁ・・。
そしてボトム2になったもう1人のCJよりは、はるかに良いと思ったのですが・・・

こればかりは、視聴者の好みだからどうしようもない。

アイドルは、万人から好かれるわけではないけれど、やっぱり一部のファンに支えられるのではなく、幅広く好かれる人が選ばれるのですね。あたりまえだけど・・・。

高校のマーチンバンドでチューバを演奏するマライア。
皆を笑わせようと、いつもおどけた表情をしていた彼女。
もうアメリカン・アイドルでは観れないけれど、これからも地元では人気者でいつづけることでしょう。

↓落選決定のときは明るく振舞っていたけれど、最後の歌唱では涙していました。皆に囲まれて笑顔でふんばるマライア。*写真はAmericanidol.comから引用

malaya2.jpg

よしっ!あとはジーナに頑張ってもらうしかない!!!


もう、本当に今年のアメリカン・アイドルコンサートに行こうかな・・・と本気で思った夜でした。


2014.04.11 / Top↑
お待たせしました!!!

え?待ってない? まあそう言わずに・・・今年は地元勢が頑張ってるんですから!!

先週はトップ8のパフォーマンス。

同じ街から出ているジーナは抜群の歌唱力。South Field出身のマライアも迫力ある声でスローな曲を見事に歌いきりました。

こりゃ、今週も楽勝だわ・・・と安心していました。(投票したけど)


そして翌日の結果発表。

↓ジーナ余裕の勝ち抜き。やったー。Farmington HILLS!! *写真はAmericanidol.comから引用
ai003.jpg


しかし・・・

楽勝と思っていたマライアが・・・またもやボトム3に!! 

↓ボトム3はマライヤとサム、そしてCJ。 *写真はAmericanidol.comから引用

ai001.jpg


申し訳ないけれど、私は絶対にCJが落ちると信じていました。
彼は味のある声で、選曲さえ合えば鳥肌立つくらい良いのだけど、基本的に音痴なんです。素人でも分かるほどキーがはずれていて、毎回・・『大丈夫かな?この人?』と思っていました。

しかし・・・落ちたのはサム。あの、シャイすぎる硬い笑顔が可愛いサム。


ちなみに、サムはフロリダ出身とされているけれど、高校まではミシガン州West Bloomfieldに住んでいました。隣町~。近い近い!
そう、彼もミシガン出身なんです!!
トップ8にここまでメトロデトロイト出身者が揃うなんてもう滅多にないことで興奮しちゃいます。

・・・と地元愛のコメントはこのくらいにして、話戻りますが、残念なことにサムが投票で落ちてしまいました。


ここで、毎回落とされた人が最後に歌います。
これは、「SAVE」というルールのため。
視聴者の投票で落ちてしまった人を、1シーズンに1度だけ、審査員の決断でSAVE(セーブ/救済)することができるのです。
大抵、早い段階では使われません。かなり番狂わせ的で有力なコンテスタントが落とされると救済される場合が多いです。

↓シャイなサム。熱唱してるように見えないけれど、落ち着いたパフォーマンス。派手さはないけれど、キーもばっちりで安定した歌声です。 *写真はAmericanidol.comから引用
ai004.jpg

その結果・・・

なんとSAVEが使われました!!! サムに!!

↓祝福するボトム3仲間?のCJとマライア!! *写真はAmericanidol.comから引用
ai002.jpg

喜んでいるのも今だけでしょう。
確か、SAVEが使われると、翌週はその分2人落とされるんじゃなかったっけ?
もうSAVEはありません。投票で落ちたらそこでおしまい。
American Idolの道は厳しいのだ。

いやぁ、それにしても意外でした。
サムは好きだけど、これまで何度もボトム3になってしまっていたし、正直SAVEするほどのアイドル性があったかな?と思っていたので(私は好きなので投票してますが/笑)。

SAVEされるのはケイレブかジーナくらいかな?って思っていたんですが・・・
あ、しかし、確かルール上、トップ3以降だかその辺からはもうSAVEが遣えなくなるんですよね。
そういった時期的な兼ね合いもあったのかな?ラッキーサム!!


さて、明日はトップ8のパフォーマンスしきりなおし。
せっかく救済してもらったのだから、頑張らなきゃね。サム!

ジーナとマライアにも引き続き頑張って欲しいです!!

ここまで読んでくれた方、お疲れ様でした~。
2014.04.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。