国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
早いもので、またまた誕生日が来てしまいました。
                                      
本当にここ10年ほど、1年の経つのが早くて驚きます。
それだけ高齢になったってことかしら?およよ。

 
しかし今年の誕生日も一波乱ありました。

                                      
誕生日の朝・・・

相方から「Happy Birthday Honey!」と言われるかと期待していると、相方の開口一番は

「足が痛い!歩けない!」  
でした。


・・・実は、相方は1ヶ月ほど前にも、足の甲が痛いと言っていたのでした。
腫れは無かったけれど、私が真っ先に疑ったのは痛風。
でも相方は絶対に認めようとしません。
もともとビール大好きで大量に飲むし、肥満気味だし、運動不足だし・・・
とにかく痛風のチェックリストがあるとすれば、全てあてはまりそうな相方。
それを指摘されると急に不機嫌になり「僕は絶対に痛風じゃない!」と言い続け・・・


それからおよそ一ヵ月後・・・しかも私の誕生日の朝・・・
                                       
あまりの痛さに耐えられない・・・ということで急遽かかりつけのドクターの予約を取りました。
病院には自分で運転し、血液検査をして帰宅した相方。

でも、私は仕事中も気が気じゃありませんでした。
何度携帯にテキストしたことか。
職場では、私の夫が痛風の疑いありとのことで、色々な人が心配してくれました。
「今日は誕生日ディナーで外食するの?」
「うーん、わからない・・・相方が痛風かもしれないから・・・そうしたらビールどころじゃないし」
「えーーーっ   それはそれは・・ついてないわね!」
なんて会話しながら。

そんな私の心配をよそに、相方は痛みがすっかり消えた様子で私が帰宅すると
「おかえりっ!じゃ支度して出かけよう!」と言う。

私はディナーはすっかりキャンセルするつもりでいたのでイマイチ気が乗らないし、相方のことが心配です。
はい、相方の痛風騒動をネタにする私ですが、やはり心配は心配です。(苦笑)

「今日はやめておこうよ。ビールだって飲んじゃだめだし・・・」と言うと

「は?何言ってんの?ビール飲むよ。だってもう痛くないもん」と言う。

あーーーーのーーーーーーねーーーーーーーーーー。
今、痛みが引いたからといって、またいつ痛みが出てくるのか分からないのが痛風なのよ!
(まだ痛風と確定したわけではないけれど)

あまりに楽観的な相方。楽観的というよりも、リスクマネジメントが足りなすぎる。とにかく健康管理が全くできていないということだけは間違いない。

結局・・・・

相方に引っ張られ予約していたレストランに行きました。
                                
行った先は、この界隈で一番好きなシーフードレストラン。

久しぶりにここで食事したけれど、やっぱり美味しい~!!
このお店では、お誕生日の人にはミニデザートがサービスされるというお話。
予約時に相方が私の誕生日だということをお店の人に告げていたので、もっと食べたかったけれど、デザート分の胃袋を空けておかなければ・・・とちょっと控えめにしました。

しかし・・・いつまでたってもミニデザートはやってこない。
ウェイターが水を注ぎに来たので相方が
「このお店って・・・お誕生日の人にサービスあるよね?彼女誕生日なんだけど」と言うと
「勿論ありますよ!デザートサービスします!」と即答。


・・・しかし・・・
                                      
ウェイターはそのまま去っていき、デザートはやって来ない。

暫~くして、ウェイターがやって来た。

「お食事の後に、デザートとコーヒーはいかがですか?」←普通にオーダー取る気配。

あれ?さっき、私の誕生日って話ししたのに・・・スルーされた?

「あの・・・だから、私、今日誕生日なんですけど」と一言 言えば済むことだったんだけど、なんだかかなり拍子抜けしたので、
「いや、もうお腹いっぱい。結構です」と言ってお店を出ました。

帰り際に、腹を立てた相方が、入口にいたマネージャーに
「バースデーサービスがあるって聞いたので予約時に誕生日のこと告げたけど、どうなってるの?」と聞くとマネージャーが
「それは申し訳ありませんでした」とミニデザートタダ券くれたけど・・・
もう遅い。
確かに超満員の人気の店。ウェイターも忙しかったんだろうけどさ。誕生日は特別なんだから、それを疎かにしてはいけないよ!
そんわなけで、このお店で記念日ディナーは二度としないことにしました。(普段使いなら美味しいので◎)

あーん、こんなことなら、デザートのことなんか考えず、もっと色々頼んで食べておけばよかった!

                                   
そんなこんなで・・・

今年の誕生日は、レストランでのサービス無し。
相方は痛風騒動でカードも花束も何も無し。(←っつーか前もって用意しておいてよねーっ)

無い無い尽くし、しかしハプニングはアリアリな・・・不完全燃焼な誕生日でした。

                                
しかし、一方で素敵なサプライズも。
それは職場。

・・・上司が私のお誕生日のためにケーキと私の好物のカキフライ弁当を用意してくれました。
そしてカード、プレゼント・・・。
同僚もプレゼントをくれました。これには本当にサプライズ。

日本の友人からも可愛いカードが届きました。

これでプラマイゼロ。いや、プラスに傾いた普段以上の誕生日だったと思います。

みんな、ありがとう・・・
↓(左)アメリカでこんなに美味しいカキフライ弁当が食べられるなんて、本当に便利な世の中になりました。ケーキ(ティラミス)も今まで食べた中で1,2位を争うくらい美味しかった!(右)日本からのカードはどれも繊細に作られていてとっても美しいです。
IMG_2924b.jpg IMG_2943a.jpg



あ、肝心の相方の血液検査ですが、尿酸値は正常でした。(ガク・・・ってがっかりしてどーすねん!)
でも、医師の話しでは、尿酸値が正常でも痛風の疑いは完全には払拭できないので、次回痛くなったらレントゲン・・・とのことです。
また、関連する記事を近日中に・・・ 

・・・書かないことを祈ります。







スポンサーサイト
2014.02.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。