国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

                        

昨年はブログをかなり放置してしまいましたが、遊びに来てくださったかた、どうもありがとうございました。

今年も放置がち必至ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。


さて・・・昨年末は色々ありました。

楽しいクリスマス会、熟女会などもありました。

年末に食糧を買出しに行き、おせちも頑張って作りました。

そんな大晦日の夕方・・・


なかなかお正月料理の準備が終わらず午後6時を廻ったところ。
どうにかおせちらしきものは出来上がったので、あとは牛肉のごぼう巻きでも作ろうと思い立ちごぼうを切っていました。
何本めかのごぼうを切ろうとした瞬間・・・
ごぼうがつるっ ぱげっ  (←お約束)・・・もとい、つるっ と滑ってすっ飛んでいってしまい、しかし、そのまま庖丁は私の指をめがけて

しゅいーーーーんっ

一瞬熱いような感覚があったものの、痛みはそれほどなかったので、
「あれ?切れてないかな?」と思った数秒後。

ドバっと出血が始まりました。
かなり焦ったけれど、いつもの切り傷ってことでバンドエイドをきつめに張っていたのですが・・・

                    

その後夕飯。
傷口が痛いので大好きなワインも飲まずに年越し蕎麦に突入。

↓痛みのせいで味も覚えてない・・・
写真 8


9時になり日本のテレビチャンネルで紅白歌合戦(再放送)の放映を観ていても痛みが気になる。
10時を過ぎた頃、バンドエイドが真っ赤になったので、とりかえようとバンドエイドを剥がすと・・・


どびゃーーーーーーーーっ   っと、出血始まる。

---------------- 途中 省略 ----------------------------------


結局・・・ 近所の病院のER(救急救命室)に行ってきました。

相方からは「大袈裟だ!」と始終バカにされ文句を言われたけれど、自分にはどうすることもできなかった。
相方は既にビールを飲んでいたため、自分で運転していってきましたよ。ええ、ええ。
切った人差し指を立てながらハンドルを握りました。

                          
ERに着いたのが夜10時半頃。
ERでは手当てをしてもらう時間より待ち時間のほうがずっとずっと長く・・・

手当てが終わり、病院を出たのが日付変わって1月1日元旦夜中12時10分頃・・・


そう、新年をERで迎えてしまいました。

↓こんなことも滅多にないと、携帯カメラで写真を撮るも傷む指と動揺のせいでボケまくり。
写真 6

病院を出ると、周囲で花火があちこちで上がっている音が聞こえました。。。虚しい。。。

疲れ果てて帰宅すると、テレビ放映は今回限りで引退する北島サブちゃんの祭りの最中でした。。。

涙するサブちゃん。もらい泣きする周囲の歌手達・・・
それを観ながら、私は指の痛みで泣いてました・・・・。


                        

夜が明けて、元旦。
前の晩よく眠れなかったので遅めに起きてしばしボーッとした後にようやく昼頃におせちとおとそにありつきました。


↓ここでやっとお正月気分に浸れました・・・相変わらず指は痛いが・・・。
写真7

でも、お正月気分なのはこの日のみ。

1月2日からは仕事が始まりました。あー、やだねアメリカは!!


まあ、2日働いたらまた週末。

週末は友人の家で楽しい新年会。クリスマス飾りは沢山残ってるけど新年会です。
写真 5

そして三が日もとっくに過ぎてようやくお雑煮も食べました。

↓野菜は相方に切ってもらいました。そのせいか、野菜の厚みがありすぎて食感イマイチ。
写真 4


自分の不注意だってことはわかっているけど、どーしてよりによって大晦日にこんなことに・・・

昨年は色々とハプニングがあったけれど、最後の最後でまたどっかんとやってしまいました。

どうかあの、大量に出た血と共に、昨年の毒と厄を流しきっていますように・・・(どうかな?)


こんな私ですが、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!


《オマケ》
昨日から大雪が降るここミシガン。今日の最低気温、氷点下25℃の予想。明日の日中の最高気温は氷点下18℃。
鼻水凍るわ!

写真 2 写真 1

写真3


スポンサーサイト
2014.01.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。