国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年もやってます。
しかも、去年より種類や量も拡大してます。
P1020814.jpg


昨年同様に今年も作っているのは、
トマト・ブロッコリー・シュガーピー(スナップえんどう)・オクラ・小松菜・水菜・カブ・・・そしてハーブ類。

トマトとブロッコリーは昨年出来すぎて食べ切れなかったので、今年は抹茶パフェさんとEtsuさんとの3人でシェアしました。
今年のブロッコリーは1株のみ。
P1020777.jpg

トマトも去年の半分にしたけれど・・・
驚いたことに、去年食べきれず自然に落ちたチェリートマトの実が種になってそのまま芽がでてきて大きく育ったんです!

↓(左)こちらが(自然に落ちた)種から育った苗。もう花が咲いてます。(右)苗から買ったトマトは実が付きはじめました。
P1020773.jpg             P1020807.jpg

シュガーピーも今のところ好調♪・・・しかし去年は7月に入った途端、衰えたのよね。
P10208001.jpg


一方、おととしプランターで育てたことはあるけれど、地植えが初めてなのが茄子3種と日本のきゅうり。

↓茄子はちょっと多すぎたか?!?3種類(アメリカ茄子、日本の茄子、白い皮の茄子)合計で9本あります。
IMG_3891.jpg

花も咲いて・・・
IMG_3890.jpg P1020804.jpg

小さな実もつき始めた!(左が紫。右が白)
P1020802.jpg P1020819.jpg

一昨年は1株につき2個くらいしか収穫できなかったから今年は増やしたけど・・・苗9株。ちょっと買いすぎたか?!

↓キュウリも花が咲き出しました・・・。
P1020816.jpg


                           

そして今年初めて育てているのが
レタス(ベビーリーフとエンダイブ)、セロリ、ほうれん草(←しかしウサギにやられてほぼ全滅)

(左)ベビーリーフ。収穫が遅れるとすごく苦く辛くなってしまいます。(右)エンダイブ。こちらは最初からすっごく苦い~!でもおひたしにするとなかなかイケます。
P1020769.jpg IMG_3889.jpg

(左)セロリ。そろそろ収穫できるかも??(右)ほうれん草
IMG_3888.jpg


・・・そしてアスパラガスも初めて挑戦。

↓これアスパラです。でも、初年度は収穫ができないんだって!来年に期待です。
IMG_3867.jpg

芽キャベツも挑戦しました。写真がないのであしからず。とりあえずすくすく育ってます。


↓こちらは小松菜と水菜。
P1020768.jpg P1020770.jpg


現時点で収穫したのは以下のもの・・・

P1020707.jpg P1020789.jpg


P1020794.jpg P1020798.jpg


P1020786.jpg P1020791.jpg


P1020796.jpg P1020812.jpg

採れたて野菜は形がいびつだったり量が少なかったりするけど、味が濃い~。美味しい~。
失敗もあるけど、やっぱやめられまへん~。

                


さて、前にも触れたけれど、もうすぐ日本から友達まっちぃが遊びに来てくれます。

今は荒れ果てた(!?)部屋の掃除にあけくれてます。
しかもトイレのリモデル終わってないし・・・(汗)

そのようなわけで、しばらくブログ更新はお休みします。
2週間くらい?

それまでにまたネタがたくさーんあると思うので、またみっちりまっちぃと相方とのバケーションについて書きます。

そうそう、独立記念日はアメリカ脱出です。
・・・っていってもお隣の国カナダだけど(笑)。車で1時間走らせたらカナダだからねぇ。

それでは、また!!

スポンサーサイト
2012.06.28 / Top↑
2月にトイレのリフォームを開始して3月上旬に通販で購入したバニティ(洗面台とシンク)でしたが、
色合いがウェブサイトの写真と違っていて、我が家の木の枠やドアの色と合いませんでした。
ドアや枠をバニティに合わせて変える・・・ということも検討したのですが、そうなると家全体の木の色合いと比べ、トイレだけが違ってしまい、浮いてしまうことから断念。
バニティを返品することにして、再度バニティ探しに奔走しました。

でも・・・なかなか好みと色味が合うものが見つかりません。
今のトレンドはエスプレッソ・・・濃い茶色の家具のようです。
どのお店にも、濃い茶色のシンクは素敵なデザインがあるのですが、オーク系や赤みを帯びたメープル系の色はなかなか見つからず。
私個人的にも、濃いエスプレッソカラーが好きだったんだけど、この家を選んだのも私なので、しかたない。

そんな中、大型ホームセンター(いわゆるDo it yourself系のお店)に展示されていた、注文式のバニティーシリーズ。
木の素材や色、デザイン、サイズ、カウンタートップの素材・色・デザイン・・・等々、細部に渡り選択可能で、自分の好みの洗面台を作ることができます。

実際、完成型で店頭で売られているバニティと比較するとお値段も張るのですが、このシリーズなら、我が家のトイレの色合いに合い、かつデザイン的にも素敵なものが出来そう。

そんなわけで、このシリーズから注文することに。
それを決めたのが、4月上旬。
問題は、バニティが注文から出来上がりまで1ヶ月かかるということ。
出来上がりは5月の上旬。

                         
そして、待つこと一ヶ月。
一足早く納品されていたカウンタートップの色とあわせて選択したタイルを業者に張って貰い(前々回の記事)、準備万端の中、バニティが納品されました。

しかし・・・・・・・・


傷があったのです。

小さな傷だったのですが、目立つ位置にあるへこみ傷。
我慢しろといわれればできない傷ではないけれど、結構高い買い物だったのに傷アリとはどういうことだ!?

・・・ということで返品(交換)することに決めました。

しかし、返品→再注文となると、また一ヶ月近く待たされることになる。
お店側は、「できるだけ早く出来上がるように努力する」ということでした。

そして新たなバニティが来たのが5月末。

やった、ようやくこれでバニティが使える・・・
・・・・・・と思ったら。


なんと、新たに納品されたものにも傷が!!
しかも、前回より大きい!引き出しと扉に2箇所の傷。

それどころか、6つある引き出しのうちの1つ・・・引くと引き出しが外れてしまうのです!
完全な不良品。

これには、さすがの我らも激怒。
販売代理店の大型ホームセンターに湯気を立てながらクレームを入れると、店員は謝りもせず、「また返品ですか?」みたいな対応。
この対応にさらに腹が立ち、「あなた方と話しても拉致があかないので、このバニティのメーカーの人に我が家に引き出しの修理をしに来て欲しい」と言うと、
「今日は日曜日なので連絡が取れないので、明日以降メーカーと連絡を取り合ってお宅に電話します」と言う。

そして・・・

結局10日待ったけど、電話してきませんでした!!  

店員(マネージャーとも同じ内容の話をした)は、メーカーと連絡する気なんてサラサラなかったみたいです。
彼らは、私たちのことをモンスターカスタマーだとも思っていたのか?
1つ目のバニティを返品したときに、実物を見ているはずだし、2個目の傷はもっと大きかった旨を説明・しかも引き出しがちゃんと引けないことも話したのに・・・
信じられないカスタマーサービス。

たびたび不良品を送ってくるメーカーにも呆れてものも言えないけれど、実際に売りつけたホームセンターの店員やマネージャーの対応はありえない。

10日待って連絡が来なかったため、相方が再度電話を入れたけれど、先方の対応はのらりくらり・・・

結局、問題なかったカウンタートップやバニティとおそろいの鏡もあわせてすべて返品することに決めました。

激怒した相方は「もうこれ以上、お宅の不良品で振り回されたくない。返品も持っていくこともしたくないので、引き取りにきて、全額返金してくれ」と言い、業者が引き取りにきました。

しかし、返金もスムーズにいかなかったんです。今も全額返金されたか不明。
(詳細は書くと怒りで興奮してしまい、文章が乱れるので省略します)

このお店、この辺り・・・というか全米で有名な大手ホームセンターです。
ちなみに HOME DE○○ではありません。
今まで、何度かこのお店を使ったことがあるけれど、それまではまったく問題ありませんでした。

たまたま、あの店舗のバスルーム係の店員の対応が悪かったのか。お店ぐるみで悪かったのか。
アメリカのサービスの質については、色々と言われていますが、ここまで酷かったのは初めて。
アメリカで生まれ育った相方にとっても最悪だったようで、相方は
「今後、二度とあの店では買い物をしない・・・ってか、あの店には足を踏み入れない。」

と断言しています。

この騒動で返品したときには6月に突入していました。

バニティ探しは、振り出しに戻る。
でも・・・7月までにはトイレを完成して使えるようにしておきたい。

・・・なぜなら・・・

7月に日本から友達まっちぃがまた遊びに来てくれるんです。
それまでに完成したトイレを見せたい。

でも、もう6月。

どうなることやら・・・

《オマケ》
返品したバニティとカウンタートップ。
デザインも色合いも我家のトイレにぴったりだったんですがね。
引き出しが壊れていちゃぁ、使う気にもなりません・・・。

IMGP9776.jpg


(続く)



2012.06.25 / Top↑
トイレをリモデルする際に、一番重要だと思っていたもの。
それがバニティ(洗面台)。

このバニティ1つでトイレの雰囲気が大きくかわります。

機能と見た目。両方を重視して我家の変わった形(正方形や長方形ではなく五角形)のトイレのスペースに最も似合ったバニティを探さなければならないのです。

しかし、デザインの個人的好みだけに走ってしまうと大変なことに。。。

バニティを新しくすると決めてから、私は大忙し。

色々なお店に出向いて好みのバニティをチェックしたり、ウェブサイトのトイレリモデルのギャラリーを色々チェックして全体のデザインを検討したり・・・


↓最初に気に入ったバニティはこちら
IMGP9666.jpg

こちらは、The Great Indoorsというお店で売られていたもの。
この曲線がとてもクラシックで素敵・・・なんて思ったのです。

しかし、我家の家は全体的に赤みの帯びた明るい木目調の色合いなので、この濃い茶色がドアやMoldingの色と合わない・・・
個人的にはこげ茶色のような濃い家具やインテリアが好きなんですが・・・

そんなわけで、上のようなデザインでもっと赤みのある明るい色を探していました。

そんな時、相方が職場の同僚から進められたのがCOSTCOのオンラインショッピング。
店頭には無いのですが、オンラインで様々なバニティが売られてるとのこと。
実際にこの同僚も最近トイレの改装をして、COSTCOのバニティを買って大満足だったそうです。

私は通販でバニティを買うことに躊躇しました。
だって、実物が見えないから、写真の色と実際の色が異なるかもしれないし。
引き出しや扉の使い勝手が悪いかもしれないし・・・。

でも、相方が「とりあえず見るだけ見てみようよ!オンラインをさ!」というので、チェックしてみたら・・・

1つとても気になるものが目に留まりました。

↓それがこちら。上のThe Great Indoorsの商品にデザインが似てる!そして色がもっと明るい。
IMGP9671.jpg

しかも値段もとってもお手ごろ。これいいじゃーん!!

相方も大層気に入っていたので、じゃあ、これ買ってみるか?!・・・ってことであっさり購入。

しかし・・・

実際に家に配送された実物を見たら・・・

濃い!
エスプレッソに近いこげ茶!!

後に、この商品のレビューをウェブでチェックしてみたところ、
「色が思ったより濃かった」というレビューが3件ありました。(←買う前に読めよ!)

でも、もう買っちゃったし・・・私は腹をくくって、どうにか壁の色やタイルの色を調節するようにして、このバニティを使うことを考えていたのですが、相方が

「返品しよう!!」

と言い出しました。

返品するとなると、この重いバニティを自分で最寄のCOSTCOまで持ち込まなければなりません。
(電話で問い合わせたら、ピックアップはしないので自分で持ってきてねとのこと)

このバニティ、本当~に重いんです。御影石のカウンタートップがすでに取り付けられているので、それが重い理由。
ありえないほどの重さで、私の力じゃ全くの助けになりません。

なので、相方に「いいよ・・・返品なんてすごく大変じゃん。このバニティ自体は嫌いじゃないから、どうにかして今のトイレとコーディネートできるようにするから・・・」と言ったのですが、相方は

「そんなこと言っても、100%満足してないんだから、いずれ君は文句を言い出すに決まってる。それを考えたら返品しがほうがずっと良い」と言って聞きません。
どれだけ「私は文句言わないから・・・」と言っても信じてもらえない!あぁ困った!
(・・・でも正直な話・・・見栄えが良くなかったらいずれ文句言うだろうな/笑)

そんなわけで、返品しました。

あっけなくバニティが決まったと、喜んでいたのですが甘かった。

この先が長かったんですわ。。。

(続く)

2012.06.22 / Top↑
トイレ完成しました!

じゃーんっ!

Strasser20bathroom20vanity20recessed20shampoo.jpg


・・・てのは嘘。

全く嘘。

↑の写真は、リモデルのウェブサイトのギャラリーから引用した写真。

大体、我家の1階のトイレにはシャワールームなんてない。ただのトイレだけ。

こんな色合いにしたいなぁ~(壁の色以外)・・・と参考に保存していた写真なのです。

結局全然違う色合いになってしまったし・・・
しかもまだ、完成してないし・・・(焦る焦る)

                  

さて、今回はタイルについて。

色々なタイル屋さんをめぐって、サンプルとして数え切れないほどのタイルを購入した我ら。
本当は上の写真のような色のタイルに決めていました。

そうそう。
・・・実は、(前回の)壁の色が決まった時点でタイルやバニティ(洗面台のキャビネットやシンク)も決まっていたんです。

しかし、紆余曲折ありまして、購入したバニティが二転三転してしまったことから、色の組み合わせも
変更を余儀なくされ、タイルも当初予定していたものと変更してしまったのです。


本来は、上の写真にあるような、淡い茶系のタイルにしたかったのです。
元々の我家の家の色(ドアの色や木枠の色)から、濃い茶色が似合わないので、赤みの強いオーク系の色を重点的に探していました。

しかしなかなか思うようなものが見つからず、2回目のバニティ(←この意味は後日書きます)を決めたときに、同じお店で色の組み合わせを考えてタイルを注文。
そのお店で、専門業者にタイルの貼り付けを依頼しました。

タイル貼りの所要日数は2日間。
1日目にタイルを張り(所要時間3~4時間)、翌日まで接着剤が乾くのを待ってから、翌日にタイルとタイルの間の目地を埋める(所要時間1~2時間)ような工程です。

作業中、どのようにしたいか作業者が私に質問することもあるということで、日曜大工(と英語)が苦手な私だけでは心もとないことから、義両親に電話で作業予定日に泊まりに来て欲しいと依頼。

普段は「遊びにきて~」なんて滅多に言わない鬼嫁私が「来て来て」コールをしたら、義両親喜んでやって来てくれました。
ああ、ありがたい。。。
                    

我家に来た業者は、まだ20代前半のような若い男性・・・というか男の子。
素直な感じの可愛い子でした。

初日は正午を挟む時間帯での作業だったため、義母はサンドイッチを作って作業の男の子にふるまいました。

さすがっ!!やっぱり私一人ではできなかったわ。
義母の作ったアメリカ~ンでボリュームたっぷりのサンドイッチには、彼も大喜びでした。私だったらあやうくおにぎり握ってドン引きされるところだったかも・・・(←さすがにおにぎりはないか!)

タイルの向き・レイアウト、どこからどう始めたいか、その他私にわからないようなことをいくつか質問されて、若い頃自分の家を自分で建てたほどハンディな義父があれこれ私に希望を聞きながら的確に業者に答えてくれて・・・本当に助かりました!!!

では、出来上がったタイルをば・・・・


↓(左)Before・・・・   (右) After・・・
IMG_3535a.jpg   →       IMG_3540.jpg


上の、モデルルーム写真とは大きく異なって、濃い色のタイル。
未だに、個人的には一番上の写真のような色のタイルが好きなんだけど、濃い色のカウンタートップを選んだため、色々と悩んだ末に、この色にしました。


そして、トイレ(便器)。これ重要。

こちらではKOHLERやAmerican Standardといったブランドがメジャーですが、日本が誇るTOTOも売られています。
他のブランドに比べると若干高いのですが、お手ごろ価格のものもあります。

以前、2階のシャワーから水漏れが発生した際に、修理に来た水道管工の技師が
「便器は絶対にTOTOがいいよ。節水や流す力の性能が抜群だから。我家は全てTOTOさ!」と言っていたこともあり、私は今度トイレを取り替えるときはTOTOにしようと決めていました。

幸い、家からそれほど遠くないところにTOTOのモデルルームがあったので、物色にいったところ、私の欲しいものがすぐに見つかりました。
しかも一番お手ごろ価格。

その場で購入し、タイル貼りが終わってから相方が設置。

便器なんぞの写真で失礼しまーす。。。

P1020728A.jpg

がら~んとしたところに、低い便器。(日本とほぼ同じサイズだと思います)
トイレが余計小さく見えます。


さあ、あともう一息!!

・・・と思ったけど、この先が長いのですよ。。。あああ。

(続く)

2012.06.20 / Top↑
なんか・・・タイトルの文字、これだけ漢字が並ぶと読み難いですね(汗)。

年に1回の健康診断を心がけている我家。
相方は大の病院嫌いですが、普段の食生活や運動量から、生活習慣病リスクのある我ら夫婦。(ちなみに相方高血圧)
私は以前医薬関連の仕事に就いていたこともあり、「早期発見」をモットーにしているので、アメリカの病院に行くのは気が引けるけど、これだけは徹底して行うようにしてます。。

渡米してから、なかなかホームドクターが見つからず、病院ジプシーを行っている我ら。

今回行った病院も初めてで、ドクターも初対面。

相方と一緒に予約を入れたおかげで、一緒にドクターと面談することができました。
(医師や看護婦さんが何言ってるかわからないとき、相方がいると安心なのよね・・・って相方も日本語は全く話せないけど)

ここでは血圧測定や問診。一般的な内科触診。
そして心電図を受けました。

心電図はすぐに結果が出たのですが意外にもドクターが

「相方さんは異常なしだったんですが・・・cojicojiさんがね・・・あ、いや・・・怖がらせるつもりは全くないんですがね、いや、なんていうか、昔、心臓発作起こしたことありますか?」

と言うではないですか!!!

えーーっ 無いよそんなもん! 「もちろん無いです!」・・・と答えると

「貴方の心電図が過去に心臓発作を起こした波形が見えたので・・・」と。

あー
私って心電図で『異常なし』と言われたこと無いんです。
今まで、会社関連の健康診断でも必ず何かしかの異常結果が出ていました。

たとえば「徐脈傾向あり」とか「洞性不整脈」とか・・一瞬言葉だけ聞くと「ぎょっ」としてしまうような
文字が毎回並んでいます。

あるときは「反時計方向回転」なんてわけわからない結果も出たことがあります。

しかし、医師は決まって『心配する必要ないですよ』と言います。
なので、再検査の経験は一度も無かったのですが、今回のドクターは

「まあ、心配いらないと思うけど、問題ないことを確認するためにも一度心臓の超音波検査をしましょう。」と。
相方は異常なしだったため、今回は私一人予約をとって先週病院に行ってきました。


この日は朝の検査でしたが、心臓超音波検査(心エコー)は消化器のエコーと違って、絶食しないで済むので、朝食をしっかり採ってから病院へ。

受付を済ませてしばらくしたら検査技師が直接受付まで迎えにきて、検査室へ行きました。

検査技師(女性・・・ほっ)から、生年月日や担当ドクター名、今回心エコーを受けることになった理由等を聞かれ、早速検査開始。

上半身裸になり、渡された紙製の検査着に着替え、診察台に横向きに横たわります。
そして技師がプローブという探触子を心臓周りにグリグリと押し付けます。(←これはどの超音波も共通ですね)
痛いことは全くないのですが、この横向きに横たわる際に、腕を上に上げてる体勢が長く続き、腕の血が上ってしまったのが辛かったです。。。(←ちなみの経験談)

時々聴こえる心臓の音。
ドックンドックン・・・ではなく、超音波なので、なんというか「グォーーーングォーーーン」という、あまり可愛くない音でした。
あ、心臓の音に可愛い・可愛くないってのはないか。

この心エコー検査、想像より長かったです。
20分くらいしてたかな?
検査終了後、『結果は10日後にドクターから連絡があるから』と言われました。
もし、ここで異常が見つかったら、その後どんな検査(または処置)があるんだろう・・・とちょっと怖い気分にもなりましたが。。。
                     

昨日、私の携帯にドクターから電話が。

インド訛りの強い担当ドクターは、「あのね、先週の心臓超音波検査の結果ね。異常なしでしたよ。ノーマル!良かったね。」と。

良かったぁ~!!

しかし、その前に行った血液検査で、またもやビタミンD不足が判明してしまった私。
(おかしいなぁ・・・今年は太陽の日差しガンガンに浴びてるのに。。。
ドクターからは、ビタミンDサプリを採って(今回の用量は低いけど)、3ヵ月後に再診に来てくれ・・・と言われました。

どう見ても相方のほうが不健康な生活習慣してるのにな。。。悔しいな。

2012.06.18 / Top↑
最近恒例となってきたレディースナイト、またの名を熟女の会。今月も実施しました。

今回はちょっと珍しく、Milfordという街のイタリアンレストラン。
その名も、Coratti's on Main です。
食通(いや、酒通!)で色々なお店を知っているナッチャラさんご推薦のこのお店。

いやぁ、お勧めされただけあって、なかなか雰囲気が良い!こりゃぁ女子会・・・もとい、熟女の会にぴったりのレストランです。

まずは乾杯~♪♪熟女はエレガントにワインでいこう。

303433_10151028634344610_1870042246_n.jpg


↑の写真。乾杯の写真を撮り損ねたので、ナッチャラさんの写真を拝借しちゃいました。。。


アペタイザーは
シュリンプカクテルに・・・
IMGP9791.jpg


カラマリ・・・
IMGP9792.jpg

おおおおおおおおおおいしぃ~!

エビはプリプリ。カラマリは揚げたてさくさくで塩加減も良い!そしてカラマリに添えられていたニンニクたっぷりのトマトソースが美味しい。

これにパンとワインがあったら、夕食完結しちゃいます。止まらない~。

↓ってことでパン。このパンも美味しい。普通はバターかオリーブオイルだけど、このお店はトマトソースが添えられてました。
IMGP9793.jpg

ワインが回って陽気になりベシャリ(←いまどき使うか?)に夢中になって、メインの写真を撮るのを忘れてた!

メインはシーフード系パスタ2種を皆でシェアしました。
そちらの写真と記事は、yukoさんのブログでご覧ください(→コチラ)
そちらも美味しかった。


メイン2品だけだったのにお腹一杯になり、ナッチャラさんイチオシのティラミスを一人で食べる自信がなかったので・・・

↓・・・って結局は酒かぃ! 皆がコーヒー飲んでるのに、私だけポートワイン。甘くて美味しいデザートワインです。
左のティラミスは全員でシェア・・・かなり大きい。
IMGP9794.jpg


ティラミス美味しかったぁぁあ~。しっとりしてて。
かなり大きなサイズなので普通でも一人では食べ切れないかも。2人くらいでシェアが良いと思います。

今回も話題はたんまりあって、全員が張り合うように話まくる!あぁ時間が足りない~!!
それにしても話題の1つ1つが面白すぎて泣き笑い。頑張って引いたアイラインが落ちるよ。

ちなみに、この日の話題は再・再婚した松田聖子や、「いったい何度目の結婚?!」の堀ちえみといった、男性に好かれる(または守ってやりたいと思われる)傾向の女性有名人における行動心理の分析について。
そして、ナッチャラさんのクラブ体験談および外国人女性たちのクラブにおける服飾志向と舞踏技術について。

今回も色々と新しい知識を得たような気がします。


ちなみに、この日はちょっと遠かったのと夜ということで、私はあーびぃさんに乗せていってもらいました。
あーびぃさん、本当~にどうもありがとう。

次回の集合はデトロイトシティのフライドチキン屋さん(ファストフード)なんて話も冗談で上がってました。

しかし、皆、冗談みたいなことを本気で言うことがあるからなあ。(汗・・・)

ま、次回も楽しみです。


2012.06.16 / Top↑
2月から開始した1階トイレのリフォーム。
もう6月も半ばになるというのに、未だに終わってません。
どこまで非計画的な我家?!?

この間、友達を我家に招くことは殆どなかったのですが、それでも2,3回遊びにきてもらったことがあります。
そんなとき、1階のトイレが使えないと不便!

お客さんもそうだけど一番不便なのはここに住んでいる我ら。
1階にいる時間が長いのに、トイレのためにいちいち2階の階段を上がっていくのが面倒だこと・・・って、どんだけなまけものなんだって言われそうだけど、これが毎日だとかなぁ~り不便です。

                       
さて、時はさかのぼって2月後半。

前回の記事(こちら)にもあるように、洗面台のキャビネットをそのまま保存し、
カウンタートップとシンクを新しくしようと、Granite(御影石)を売るお店をめぐってみたのですが、
どうもどれもピンと来ず・・・
結局、まだ使える洗面台のキャビネットも新しく買い換えることにしました。

それが決まって、相方はさっそく洗面台全てとトイレの便器をとりはずしにかかりました。
洗面台のキャビネットはまだ使える状態だったので、いずれ地下室をフィニッシュすることがあったら、そのときに新設するトイレ用にとっておこうということで地下室に運び、古い便器はごみとして家の前に出しました。
この辺りでは・・・って言うかアメリカでは(?)家の前に出したごみを収集車が収集日に一軒一軒収集していくのです。
                  
「あんな古めかしい便器、ごみ収集業者は持って行ってくれるかなぁ~?日本だったら有料で業者に引き取ってもらうサイズだよなぁ・・・」と半信半疑だったけれど・・・

月曜日のごみ収集日の朝。
見事に持っていってくれました!やったー!さすがアメリカのごみ収集!(こちら日本とは違って毎週のごみ収集は有料)。

便器や洗面台の取り外しと並行して、相方は細かい枠やタイル剥がしを開始。

↓(左)床のタイル上にある木の枠で囲まれていた装飾(Moldingと呼びます)を外し(右)ライトのスイッチやコンセントの枠も外して・・・なんだか荒れ果てた雰囲気になってきた(汗)。
IMGP9649.jpg IMGP9650.jpg


↓タイル剥がしも開始
IMGP9659.jpg

タイル剥がしというよりは、タイル破壊と言ったほうが適切な表現かも。

↓あぁ~無残。。。
IMGP9660.jpg IMGP9661.jpg

この作業をしているときのうるささったら・・・まさに工事現場に住んでる感じ。

ちなみに、地元のホームセンターのタイル貼り業者にこのタイル剥がし作業をお願いした場合、
いくらになるか見積もりをお願いしたところ$400もすると聞いた相方。
「俺がやるぜいっ」と張り切りだしたのでした。
うるさかったけど、$400節約できて良かった。

タイルを剥がしたら、今度は壁のペンキ塗り。

ここで私の出番。

ホームセンターに出向いて、色々な色(←別にダジャレではない)を物色(←しつこいけどダジャレではない)しました。
条件はもちろん変わった色ではなくニュートラルな色ということ。
オフホワイト・・・ベージュ・・・といっても本当~にそれぞれ微妙に違う色が沢山あるので選ぶのが難しい。
結局色というよりも名前が気に入った「Pearl Earrings(真珠のイヤリング)」という色を選択。

ペンキ塗りは相方の仕事。(←私、働いてないじゃーんってか?)

アメリカ人にとってペンキ塗りは結構一般的で多くの人が経験ありのようですが、相方は初めてだったようで、これが結構てこずりました。

何度か凸凹のオウトツ(泡のようなものが固まって)が出来てしまい、何度も手直しをしました。
あ、手直しは私も手伝いましたよ。

↓こんな感じで、窓の周りや天井と壁の境目はマスキングテープや新聞紙を貼ってペンキがつくのを防ぎます。
IMG_3280 - Copy

そして、ペンキ塗りもようやく完成。

念のため・・・

↓リフォーム前の壁
IMGP9651.jpg


↓リフォーム後の壁
IMG_3535.jpg


まだ、ちょっとイメージがよく分からないけど。

この次はタイル選びと洗面台選び。そして新しい便器も買わなきゃ。

そういったものを選ぶのは私の仕事。
あら、わたしったらまるでインテリアデザイナー?!?  

なんて思っていたけど、これがとっても大変で失敗の連続。
もともとセンスがないからね。

それについてはまた今度・・・(続く)



2012.06.14 / Top↑
ちょっと前の記事で、赤ちゃんウサギがフェンス越えして我家の畑に入り込んだことを書きましたが・・・

そのときの記事 →コチラ

すくすくと育っていたほうれん草。
↓この頃はすこぶる好調で、時々まだ若いベビーリーフをいくつかカットしてサラダにいれてました。
IMG_3886.jpg

その美味しいこと~。
まさに「Tender」をいう言葉がぴったりのシャキシャキしながらも柔らか~い葉!もっと食べたいっ!と思いながらも、大きく育つまで待つこととして我慢に我慢をしていました。

それなのに・・・


やられちゃいました

先週のある日、夕方いつものように畑に水遣りをするため、フェンス内に入ると・・・

あ"----------っ! 葉が食いちぎられてる!
P1020763.jpg

一番美味しい葉の部分がぁぁぁぁ~っ!
2株あったほうれん草両方がこの状態でした(涙)。

ほっ 他に被害は?!?
・・・とあわてて周囲を見ると・・・

う"ぉーーーーーーーーっ! 茄子の茎が根元から喰いちぎられてポキッと折れているっ!!
IMG_3893.jpg

この他にも、もう1つの茄子の苗が茎の根元の部分から完全に喰いちぎられていました。

フェンスの扉はぴったりと閉まっていたのに・・・

                  

周囲を見回すと・・・フェンスの外に、例の赤ちゃんウサギがきょとんとした顔でこちらを見ていました。

                               

その可愛い顔に感動することも忘れ、怒り狂った私は

お前かいっ?! 私のほうれん草となすを喰いちぎったのは、可愛いお前さんかいっ?!?」と叫びながら追いかけると、びっくりした赤ちゃんウサギはピョンピョンピョンピョンッ・・・とすごい速さで逃げていきました。
(↑こうして、人間を怖がらない野生の赤ちゃん動物は人間を怖がるようになるのだろうか・・・しみじみ)


・・・ってしみじみしてる場合じゃないっ!

あの小さいウサギなら、地面との境界線部分が緩んでいる網のフェンスも簡単にくぐれてしまうのね!

こうしては居られない!

私はガレージに行き、使っていない針金製の低いフェンスを持ち出し、畑のフェンスの内側にぴったりと沿うように張り巡らし別の針金でくくりつけ、緩んでいる地面近く部分から動物が進入できないように補強しました。

しかし、この低いフェンスが畑全体の一周分無かったので、足りない部分は植木鉢を置いたりして、ウサギサイズの動物が入れないようにしました。


その効果があったのか、あの日以来被害にあっている野菜は今のところありません。

しかし、もうちょっと早く、愛しのほうれん草が食べられる前に補強しておけば良かった・・
後悔先に立たず・・・

↓こんなに可愛いけど、本当に憎たらしい。
IMG_3850.jpg

裏庭には、ウサギが大好きなクローバー(雑草)が沢山生えているのに、フェンスをわざわざくぐってほうれん草を食べるなんて・・・グルメなのね。(茄子は食べようとしたけど、美味しくなくて捨てた模様)


今シーズン、これ以上動物被害がありませんように。

2012.06.11 / Top↑
以前、我家ではトイレのリモデルをしているというお話をしましたが、実はまだ終わっていません。
2月に開始したというのに・・・。

途中経過について書こうと思ったけれど、想定外のハプニング続き。怒りの湯気
落胆のため息
ちょっと記事にする気力がまだ出ないので、そこから逃避して楽しい外食について書こうっと。
(また???)
                       
初夏を向かえ、これからますます暑くなってくるミシガン。
外食する際には、屋内より屋外のパティオ席に座って、冷たい飲み物が飲みたくなります。
だって、夏になると多くのアメリカのレストランは、ちょっと強すぎる冷房で冷たいビールどころか、
熱い番茶が欲しくなるほど冷えてるんですもん。
                      

一方の相方は、ホッキョクグマレベルの超暑がりなので、私が夏に外の席で食事したい・・・というと、一瞬顔が曇ります。
でも、寒い屋内席で私にブーブー文句言われるよりマシと思うのか、結構つきあいよく外の席にしてくれます。

この日はまだ5月なのに、非常に暑い週末でした。
冷たい地ビールが飲みたいね、ということで、Commerce Townshipという街にあるブリュワリー(ビール醸造所)のレストランに行ってきました。

ここには、パティオ席は無いと思っていたけど、小さい面積ながら屋外の席がひっそりとあったので、早速外に席を陣取りました。


↓小さな一角のパティオ席は緑に囲まれた案外落ち着く席です。日陰なので結構涼しくて暑がりな相方も安心。
IMGP9770.jpg

写真を見てわかるように、席の横にはツタのような植物が上のほうにびっしりと伸びていて、日陰を作ってくれています。
まさに緑のカーテン!

↓網が張り巡らされているようで、そこにツタが絡まって上に伸びています。
IMGP9769.jpg

日本では、今年も夏に向けてゴーヤの緑のカーテンを作っているお家が多いんだろうな・・・なんてこのツタを見て思いました。

それにしても緑のカーテンって本当に気持ち良いですね。

↓ビールも美味しい美味しい。この日は、このレストランスペシャルのSummer Shandy だか Summer Wheat (名前失念)
オレンジの風味がさわやかでフルーティーで美味しい!
IMGP9771.jpg

↓ミシガンチェリーサラダ(グリルチキントッピング)と、アペタイザー3種のプレート。
IMGP9772.jpg IMGP9773.jpg

食べ物は特筆するほどでもなかったけれど、この環境と美味しい地ビールで気分は上げ上げ

もともと人気なこのお店だけど、パティオ席は特に人気な(というか狭いので席数が少ない)ので、週末だったら7時より前に入店するのがお奨め。
まあ、皆さんあまり長居しないので、待っていてもすぐ空くと思いますが・・・。

しかし、この緑のカーテン。もっと暑くなると(特に夜は)、蚊が出てきそうな気がしないでもない。


《紹介のレストラン》
CJ's Brewing Company Commerce店
8115 Richardson Road
Commerce Township, MI 48382
248.366.7979
お店のウェブサイト:http://cjsbrewery.com/

2012.06.07 / Top↑
アメリカ人が大好きなメキシコ料理。
相方も相方の家族も例に漏れずメキシコ料理が大好き。

・・・でも私は苦手。
味が特に嫌いというわけではないのだけれど(あ、でも特に好きでもないです)。
ちなみに、私はシラントロ(パクチー)が大好きなので、パクチーを沢山使うメキシコ料理は好きでも良いはずなんだけどなあ・・・
きっとメキシカンのスパイス(チリパウダー等)の味が嫌いなんだと思います。

しかし、なんといっても、昔の出来事がメキシカンを食べることをなんとなく避けてしまっているのです。

                      

昔、アメリカ旅行で体調を壊してバケーションを棒に降ったことが2回あります。
それはいずれもメキシカンレストランで食事した翌朝に下痢・嘔吐といった胃腸障害。
私と一緒に食事をした友達は何ともなかったので、本当にそのせいか・・・といわれるとよく分からないのですが、それ以外に思い当たることが全くないのです。

いずれも、かなりエキセントリックで日本人観光客がいないようなメキシカンレストランでした。

この2回のうち一度は、ERに行き大きな注射を打たれて丸一日ベッドの中・・・というハメになりました。

その後も日本ではメキシカンレストランに行くこともありましたが、アメリカ国内ではなんとな~く、自分からは行かないようになっていました。

家でなんちゃってナチョスやケサディアを作ったり、サルサとチップを食べたりはしてますが。

そんな私がこの週末になぜかサルサやチップをつまみにマルガリータが飲みたい・・・気分になりました。
それを知った相方は喜ぶ喜ぶ。
早速、土曜日に相方と近所のメキシカンレストランに行ってきました。


↓それはこちらのお店。Camelia's Mexican Grill。
P1020746.jpg


考えてみたら、結婚してからアメリカで相方と二人でメキシカンレストランに来たのは初めてかも。
(メキシカンのファストフードは何度か行ってますが・・・)
相方もよく我慢してたねえ。
あ、でも奴も外食で和食やアジア系料理をあまり好まないので、日本食レストランも殆ど行ったことないんですがね。


早速、マルガリータを注文しました。

↓大きいグラスになみなみ注がれたマルガリータ。入店すぐにサーブされるチップ&サルサと一緒に。
P1020749.jpg

そうそう。
メキシカン好きには呆れられてしまいそうですが、私は本格的なサルサも苦手。
スーパーで売られている、Margaritaville ブランドのマイルド味のサルサ(甘みが強い)が好きです。

このお店のサルサも勿論、本格的な味だったので、私は砂糖を加えてみたところ・・・
美味しい!

甘いマルガリータと甘いサルサ&チップ。
ああ、至福~

しかし、相方甘すぎて食べられず、私が一人で平らげました。
でも、大丈夫。
サルサが空になると、ウェイトレスが「おかわりいる?」と聞いてくれるので、おかわりを貰ってそちらは砂糖を入れずに相方が味わうことができました。

↓カジュアルな店内。早い時間だったので空いていましたが、店を出る頃(7時ちょっと前)にはほぼ満席になってました。
P1020748.jpg


                        

さてメインの食事。

私はメキシコ料理の中で、数少ない好きなものが、ケサディア(メキシコ風ピザのようなもの)とファヒータ。
メキシコ特有のスパイスがあまり出すぎていない料理かな・・・なんて思ってます。

なもんで、今回注文した品もファヒータ。ビーフステーキのファヒータにしました。
ピーマンとタマネギとステーキを炒めたものをトルティーヤで巻いて食べるもの。
トッピングにメキシカンライスと豆のペースト、サルサもついています。
P1020750.jpg

↓(左)豪快な感じだけど、このお肉見た目によらずすっごく美味しかった!硬そうに見えるけど、とーってもやわらかくて、程よく脂も乗っている。(霜降り肉みたい)下手なステーキハウスの肉よりずっと美味しい。(右)は相方の大好物、ウェットブリトー。
P1020751.jpg P1020752.jpg

ひっさしぶりのメキシカンだったせいか?このお店が美味しいせいか?大満足でした。

幸い(?!)食後も翌日も体調は至って良好。

さすがに、やっぱり頻繁に食べるほど大好物にはなりませんが、たまにだったらまたあのレストランに行ってみたい・・・なんて思った初夏の夜。

ちなみに、相方のブリトーはやっぱり私の好みではなかった。


《紹介のお店》
Camelia's Mexican Grill
住所: 30685 W 12 Mile Rd,
Farmington Hills, MI
(Royal Oak にもお店があるそうです)
お店のHP: http://www.cameliasmexicangrill.com/
メキシカンな音楽が流れるのでご注意!

2012.06.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。