国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
例年に比べて気温が高いミシガン。
雪もなんだか今年は少ないです。

このところ、週末ばかりに降っていた雪ですが、気温が高いものだからすぐに溶けてしまいます。
車で出かける身としては嬉しいのですが、例年と比較してちょっと拍子抜けの感もあります。

この週末も先週に引き続き雪でした。
しかも結構本格的に降り・・・

↓先週の雪が溶けて地面むき出しになっていたけど、この雪であっというまに白く塗りなおされました。
IMG_3137.jpg IMG_3139.jpg



↓でも(29日・日曜日時点の)気温は華氏約32F(ゼロ℃)。例年のミシガンにしてはとても
暖かいです。
IMG_3138.jpg


今回もすぐに解けちゃうかな
                      

そうそう。大雪降る日曜日、出先のついでにNoviのKrogerというグロッサリーストアで買い物してきました。

ここのKrogerは、我が家の地元にあるKrogerとは違い、日本食が沢山置かれています。
なんでも、昨年大掛かりな日本食コーナーができたとか。
お店全体の雰囲気も、我が近所のKrogerとはちょっと雰囲気が異なり、お洒落でハイソな感じ。
デリコーナーでは、チーズの種類も多い~。

この日、日本食のセールをしていました。

キッコーマン特選丸大豆醤油(大瓶)がなんと$4!!

通常、日系スーパーだと$8~$9くらいするのでは?セールでもせいぜい$6.99位?
4ドルとは安い!安すぎる! 何かいわくつきか?(んなわけないだろ)

あと、ハウスバーモンドカレー(小箱)は、$1.29。
約100円ってこと?これも安い!!


↓いわくつきだろうが何だろうが(←そんなわけないっつーの)醤油は迷わず2本購入。
 カレーも買った。
IMGP9575.jpg


まだ、セールは続いているかな?
お近くにお越しの方、チェックしてみてはいかがでしょう。

                       

さて、一夜あけて月曜日。

朝は氷点下10℃くらいと寒かったけれど、日中の気温はゼロ℃まで上がりました。

それでも、裏庭の雪は解けることなく残ってます。
IMGP9576.jpg

我が家の住宅街の道路も大雪が残っていて、運転も慎重になってしまう。

しかし、明日の予報は雨。気温は華氏48度(8.9℃)まで上がるそうです。

これで、また雪は解けますね・・・。

スポンサーサイト
2012.01.30 / Top↑
まだ引っ張ります。クリーブランド1泊2日の旅。

ロックの殿堂を後にしてこの日泊まるホテルにチェックイン。

今回、宿泊したのはDoubletree by Hilton Hotel Cleveland Downtown Lakeside。(長っ)
クリーブランドの旅行を計画したきっかけの1つは、ホテルの特別セール料金情報をゲットしたこともあります。

元々リーズナブルなカテゴリーのこのホテルですが、週末限定セールということで、1泊$89というお安さ。
チェックイン時に、フロント係が熱々の大きなクッキー2枚くれたし、部屋は18階建ての17階。
バスローブもついていて、部屋にはミネラルウォーターのボトルもサービスされていて、なかなか。

部屋もモダンな感じで清潔感があって、悪くないじゃない。
P1020508.jpg P1020510.jpg

・・・て、言うか

昨夏のUP旅行では、くたびれたモーテルばかりに泊まっていたので、ホテルはやっぱり嬉しいのだぁ~! 

このホテル。ダウンタウンの北端に位置しておりエリー湖や空港からは近いのですが、レストランが密集するエリアからは少々遠い。冬は歩ける距離ではありません。

でも、ホテルのサービスでダウンタウン内の行きたいところまでワゴンで乗せていってくれるシャトルがあり便利でした。

クリーブランドに関する知識ゼロの我ら。相方がホテルのフロントの人々に、ダウンタウン内のお勧めのレストランを聞いたところ、ステーキ系のレストラン2つとポルトガル・スペイン料理のお店1つがあがりました。

ステーキはまあどこでも食べられるし、普段ポルトガルやスペイン料理なんぞを食べるチャンスは余りないということで後者を選択。お店の名前は「Mallorca Restaurant」。

さて、ホテルのシャトル。こちら乗り合いタクシー調で、他のお客さんと一緒。行き先は別々なので、近い順に止まってくれます。
我らと乗りあったのは、20代後半から30代のアメリカ人男性グループ5人。
皆、酔っ払っているみたいで上機嫌。うるさいうるさい。
我らにもやたらと話しかけてくる。
我らはドライバーに行き先を告げ、ドライバーは彼らにも「どこ行く?」と聞くと、
「うーんと、どこでもいいよ。セクシーでホットなウェイトレスがいるところがいい♪」なんて言う始末。いちおうレディー(あたしのことよ)が同乗してるっていうのに、お下劣な話が出てくる出てくる。。。

幸い、Mallorcaはさほど遠くなかったので我らはすぐに下車できました。

レストランは混雑してました。
予約無しで行った事から、通された席は入り口そば。
扉が開くたびに、外からの冷た~い風が入ってきて、寒い寒い!

せっかくのスペインレストランだったので、本当だったらパエリアを頼みたかったところだけど、相方はパスタと決めていたので、一人でパエリアも食べきれないじゃんっとてことで諦めました。
前菜には、ムール貝のガーリックオイル蒸し。

・・・店内暗すぎて写真は非常に分かりづらいけど、とりあえずフラッシュたかずに撮り続けました。

(左)メインについてくるサラダ。(右)ムール貝。ガーリックソースめちゃうま。写真暗すぎ。
P1020512.jpg P1020517.jpg

メインについてくるサイド。素朴で豪快な感じ。(でもやっぱり写真暗すぎ)
P1020519.jpg P1020520.jpg

(左)相方が頼んだロブスターラビオリクリームソース。(右)私はチキンガーリックソース。やっぱり写真が暗すぎて修整したら目が粗くなってしまった。
P1020518.jpg P1020521.jpg

相方のラビオリは美味しかったそうです。私のメインはう~ん、まあまあってとこかな。

ここのお店のお勧めの理由は、お店の人が全てスペインやメキシコの人?店員たちの公用語はスペイン語で、アメリカ人らしき人は見当たりませんでした。
ラテン系らしく、とーっても陽気な人たちがサーブするのが面白いと聞いて来たのだけど、特にそんな感もなかった。
ただ、とても人気店のようで常に満席でした。

寒いのであまり長居する気にもなれず、早速相方がホテルに電話して、シャトルでお迎えを依頼。

会計済ませて、店を出ると・・・
意外や意外。既にお店の前にホテルのシャトルが我らを待っていました!

しかも、シャトルの中には見覚えのある男たちの顔が。
「あーっ!」と笑顔で私たちを見て手を振っている。

行きに乗り合わせた5人組でした。。。

いやぁ、また一緒になったねぇ」「奇遇だねぇ」などといわれながら乗車する我ら。
この5人組。行きよりさらに酔っ払い度が増していて、そりゃもううるさいうるさい。

しかし・・・この5人組。何しに男だけでクリーブランドに来てたのかな?
聞かなかったけど。
まあ、おそらく出張か研修ってとこでしょうか。

                    
翌日。

特にクリーブランドで他に行きたいところが思い浮かばず。。。
部屋に置いてあったガイド雑誌をペラペラめくっていて目に付いたのがTower City Center

クリーブランドのターミナルタワー・スカイクレーパーの1階から3階までの敷地を有する ショッピングセンターということで、お洒落で華やかなモールを想像していたのですが・・・

なんか違う。

なんだか寂れた雰囲気・・・

お店の数も少ないし内容が・・・どうも興味をそそられるお店が見当たらない。

唯一クリーブランドの名物を売るお店?お土産屋さん?らしい、クリーブランドショップというものがあったけど、日曜日のこの日はクローズ。

↓そしてモールは全体的に暗い。
P1020534.jpg

モール内にはフードコートもあって、JAPANなんて大きな看板を掲げた和食ファストフード店なるものもあったけれど、炒め物ばかりのこのお店、日本料理らしくはなかったし、他のお店も全然パッとしない。

ちなみに、ここは駅と直結しています。

↓タワーシティセンターの地下が電車と直結。なんだか東京の地下鉄を思い出しました。
P1020535.jpg

ミシガン州は、長距離列車のアムトラックやデトロイト市内のモノレールは走っているけれど、こういった短距離私鉄電車が無いので新鮮な気持でした。

しかし、結局このタワーシティセンターは見所も特に見当たらなかったので、ランチをして帰ることに。

↓ちょうどすぐそばにハードロックカフェが。センター内からも入店できます。
IMG_3123.jpg P1020533.jpg

ハードロックカフェ。久しぶりに行きました。約2年前のBiloxi(ミシシッピ州)以来。前日にロックの殿堂見学したし、ロックづくめで良いんじゃない。

↓左は相方のハンバーガー。右は私のBBQポークサンド。
P1020528.jpg P1020529.jpg

普通に美味しかったです。しかしすごいボリューム。


クリーブランド、事前の下調べが少なかったせいか、あまり見所を見つけることができませんでした。
ダウンタウンは、デトロイトのダウンタウンを縮小した感じ。
デトロイト(の住宅地)ほど荒れた雰囲気はないものの、なんとなくあまり治安は宜しくない雰囲気でした。

かかりつけの歯医者さんは、むかし家族でクリーブランドにあるSeaworldに行ったそうだけど・・・今もあるのかな?
オハイオにシーワールドってピンとこないけど。。。

ここにまた来ることはまあ当分ないと思うけど、近くに立ち寄ったら、WEST SIDE MARKETだけはまた訪れてみたいなぁ~と思いました。

2012.01.28 / Top↑
クリーブランド1泊旅行。
WEST SIDE MARKETの次に訪れたのは、The Rock and Roll Hall of Fame (+museum)。
こちら、アメリカのみならず世界的にも有名な「ロックの殿堂」。
殿堂入りしたスター歌手(ロックに限らず、ソウル、R&B、ポップス、カントリー等あらゆる分野の
歌手)にまつわる品々が展示されています。

途中で通過した、クリーブランドインディアンズの本拠地。Progressive Field。
IMG_3107.jpg

昨年シーズン途中で、福留孝介選手がここインディアンズに移籍しましたが、現在彼はFA中。
インディアンズに留まるのか、他球団に移籍するのか?注目されるところ。
                            
日本人メジャーリーガー移籍といえば・・・
つい数日前に、松井秀喜選手がデトロイトタイガースに移籍か?!?なんてニュースが飛び交っていましたが、タイガースは、プリンス・フィルダー選手という超大物選手を獲得してしまったため、
ゴジラ松井のデトロイト行きがほぼ消えてしまいました・・・ああ残念!!

おぉっ 相変わらず、話しが横にそれてしまった・・・。


さて、車はロックの殿堂に向けてさらに進みます。

ロックの殿堂は、五大湖の1つであるエリー湖岸に位置しています。夏に訪れたら、港町の雰囲気を満喫できて気持よかっただろうなあ。。
↓あ、エリー湖が見えてきた。湖面は灰色でどんより~。冬だから?元々汚いから?
IMG_3109.jpg


この博物館には併設する駐車場が無く(なんでやねんっ)、お隣の五大湖科学センター(Great Lakes science Center)の駐車場に停めるしかありません。(駐車場料金は$10。ロックの殿堂のチケット売り場でスタンプを押してもらうと$2割引の$8)

結構高い駐車料金とるくせに、この五大湖科学センターからお隣のロックの殿堂まで建物つながりではなく、外を歩かなければならない。。
暖かい時期なら全く問題ないのけれど、この寒い季節に屋外を歩くので寒い寒い。
この日は氷点下8度くらい。

↓例年の今頃だと湖岸はカッチカチに凍るけど、今年は今のところ暖冬なので、完全には凍っていません。それでも、やっぱりサーブー
P1020489.jpg

そしてたどり着いたロックの殿堂博物館。
P1020502.jpg

こちら入場料大人$22とちょっとお高め。


地下1F、展示室入り口そば(チケットが無くても入れるエリア)には、「ジャンプ」でおなじみヴァン・ヘイレン(アレックス・ヴァン・ヘイレン)のドラムセットが。
IMG_3115.jpg

↓こちら中央のギターはガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)のギタリストのギター。
 確か元メンバーのスラッシュのものだったような・・・(自信ないけど/汗)
P1020495.jpg

ところで、この博物館は展示館内は写真撮影禁止。
せっかくのお宝がたくさ~ん展示されているけれど、ビデオも写真も一切撮れないの。残念!

早速、チケットを購入して展示室内に入りました。

意外だったのは、かな~り古い年代の音楽(ソウル・ブルース系多し)の資料がとっても多かったこと。殆どは、私の知らないアーティスト。
中には、日本人にもおなじみのレイ・チャールズやスプリームス、ジェームズ・ブラウン・・・その他、デトロイトのモータウン博物館「Hitsville」でおなじみのアーティストたちもいっぱいいましたが。。。

それでもやっぱり、一番大きなスペースをとって沢山の展示物があったのがエルビス・プレスリー。
さすが。彼はアメリカのロックの帝王ですね。
ここは、彼のライブのビデオなども上映されていて、観客の中でも一番人気スポットでした。

ビートルズのコーナーもあったけれど、思ったより小さくて驚きました。
やっぱりここはアメリカだから?
そんな中、オノ・ヨーコにまつわるものもちょこちょこと見当たりましたよ。

ジョン・レノンがオノ・ヨーコと過ごした頃、一時期使っていたピアノも展示されていました。

そうそう、昨年から今年の2月26日まで、期間限定でWOMEN WHO ROCKという女性ロッカー(ミュージシャン)の特別展示が開催されているのですが、その展示室になぜか、オノ・ヨーコのコーナーがありました。結構なスペースとって。驚いた!

更にレディーガガが子供の頃、練習していたピアノも展示されていました。
これって全て寄付なのかな?もしそうだったら太っ腹~・・なんて思いながら眺めておりました。

展示室内には、小さなシアターホールもあり、殿堂入りしたミュージシャン達のライブ映像がひっきりなしに上映されています。(出入りは自由)
我らが入ったときは、サイモン&ガーファンクル-アレサ・フランクリン-メタリカ・・・と思いっ切り多様なジャンルのアーティスト達のライブが上映されていました。

心臓にズシンとくるようなドルビーサウンド。
一日中このシアターで時間潰ししても飽きないだろうなぁ。

写真が無いので、説明だけではわかりにくいけど・・・

とにかく沢山の展示物で、いったい何をどれだけ見たのか、はっきりと覚えていません(汗)。

ただ、ちょっと残念だったのは、沢山展示されてるであろうと期待していたのに、一切展示物が見つけられなかった大物ミューシャンが何人かいたこと。

たとえば、ジャーニーやホール&オーツ、アースウィンド&ファイヤーなど。
見落としただけ?それとも彼らは殿堂入りしてない?まさか!


↓1Fロビーに飾られていたギターのオブジェ。これは、オノ・ヨーコがペイントしたそうです。
P1020497.jpg P1020498.jpg

↓こういった奇抜なオブジェも沢山飾られています。
P1020499.jpg P1020500.jpg

新しくて綺麗な博物館。
お宝も満載。
ロック好き(洋楽好き)の人にはたまらないでしょう。$22の入場料も納得。

・・・でも、個人的にはデトロイトのHitsville U.S.Aのほうが好きだなぁ。
と、ミシガンびいきの我らなのでした。。。

2012.01.24 / Top↑
この間の週末。
オハイオ州のクリーブランドに行ってきました。
IMG_3082.jpg IMG_3089.jpg

                 CLEVELAND

特に理由はなく、ただこの寒くて退屈な季節、どこかに行って何かをしたかったということで。
南国にバケーションするくらいの余裕があったらよかったのですが、中途半端に休暇を楽しもうとした我ら。
・・・しかし、オハイオ北部に位置するクリーブランドも気候はミシガンと全く一緒。
サブイサブイ。

特に先週末から土曜にかけて寒波がやってきて、雪が比較的多く降ったもんだから、行きのドライブもちょっとした恐怖だったし、現地では外を歩いたりもしたので寒かった~。

今回行きたかった場所は2箇所。

クリーブランドのダウンタウンにある、THE WEST SIDE MARKETという大きな市場と、The Rock and Roll Hall of Fame and Museum (ロックの殿堂)

まずは、WEST SIDE MARKET。

P1020487.jpg IMG_3101.jpg


レンガ造りの年季の入ったビルと、うなぎの寝床のような細長~い平屋の建物の2棟から成ります。
レンガ造りのビルのほうには、お肉屋さん、魚屋さん、ベーカリーのほか、色々な国のデリやホームメードパスタ専門店、スパイス専門店など、ありとあらゆる店舗が出店しています。
一方、長屋風(?!)の細長~い建物は青果市場。
1つの経営者でなく、何店もの青果店たちがそれぞれ小さな区画を間借り(?)して野菜や果物を売っています。

なんでも、この市場1840年から始まったとな。アメリカにしては歴史の古い市場なのです。

IMG_3090.jpg

↓2階部分から撮影した市場の風景。
IMG_3091.jpg



↓(右)のチョコレートの写真撮った瞬間、お店の人の手がショーケースにニュッと伸びてきたので、ちょっと怖い画像になってしまった。
IMG_3093.jpg P1020475.jpg


↓手前はヒラメ(Flounder)。でかい!!1ポンドあたり$5.99(450グラムあたり450円弱)は安い?高い?日本と比較したら絶対安いよね・・・。
P1020476.jpg

↓ホームメードパスタのお店。どれも美味しそうだけど・・・あ、あれっ?!?
(右)なんとフレッシュラーメン?!?
P1020482.jpg P1020483.jpg
                          
相方は「買ってみようよ!」と言ったものの、結局買わず。
アメリカ人の手打ち(?)ラーメン・・・コシ無さそうだし・・・

11時半になり、お腹も空いてきたので、市場の中にあるレストランでランチ休憩。

↓小さな食堂風のカフェレストランだけれど、人気のようでほぼ満員。
IMG_3098.jpg IMG_3097.jpg

この日はとても寒かったので、ホットコーヒーと暖かいスープ(&パン)の気分。
でも、スープは大抵サイドメニューだからなあ。。。スープとパンだけって頼めるかなあ?メニューにパンは載ってないけどなあ。。。
まあ、色々悩むより聞いてみようということで、ダメもとで、サンドイッチやバーガーでなくパンだけ頼めるか聞くと大丈夫とのこと。しかもトーストするかそのままが良いかまで訪ねてくれました。

↓(左)ベーコンとインゲンのトマトスープに軽くトーストしたパン。(右)相方はクラブサンドイッチ。
P1020478.jpg P1020479.jpg

3ドルもしないスープだったけど、美味しくて温まりました。

ランチの後は、別棟の野菜市場に行ってみることに。

↓こちらは、本当に細くて長~い建物にところせましと、八百屋さんたちが自慢の野菜や果物を売っています。
IMG_3096.jpg

どの店の前を通っても、「ねえ、ちょっと!アスパラ新鮮だよ、どう!?とか
「そこのご婦人!甘いオレンジどう?半額にするよ!」と店員さんたちの売り込みがすごい。
この感覚どこかと重なる・・・と思ったら、そう、年末のアメ横でした(笑)。

この日は車にクーラーボックスも積んでいたし、なんといってもこの寒さ。野菜や肉を買うことに全く問題はなかったんだけど・・・結局生鮮食品は買わず。

野菜に関しては、種類も豊富で形もそろった綺麗な野菜が多かったけど・・・
結局、いつも行く市場「JOE RANDAZZO'S」のほうが安いんですよね(笑)。


レンガ造りの市場に戻り、再度ぶらぶら・・・

そこである店の前で足が止まりました。

↓スパイスや塩を売っているお店。
P1020484.jpg P1020485.jpg

特に沢山の種類の塩に目が釘付け。

散々迷ったあげく、ありきたりかもしれないけれど、ヒマラヤピンクソルトと、なぜかハワイアンレッドソルトなるものを購入。

このお店、頼むとソルトミル(塩引きの瓶)につめてくれます。(プラス$1)

↓左はヒマラヤンシーソルト。ソルトミルに入れてもらいました。右はハワイアンレッドソルト。色がすごいね。
IMGP9562.jpg

$1追加するだけでソルトミルに詰めてくれるなんてお得・・・と思ったけど、実際使ってみたら、このミルの引き具合がイマイチ。なんとなく、そのまま粗塩が出てくる感じでした(苦笑)。


この後、小さなチーズを買ってこの市場を後にしました。
買ったものはごくわずかだったけど、ああ~、面白かった!満喫です。

もし自宅の近くにこんな市場があったらいいなぁ~


またまた長くなってしまったので、ロックの殿堂については次回の記事で!


2012.01.24 / Top↑
花金(←もう使われてない言葉?)の今日。
友人に誘われてNoviのレストラン「Diamond Jim Brady's」というビストロでランチしてきました。

IMGP9556.jpg

ここは、Novi Town Center というモールの中にあります。
比較的大きな敷地のモールですが、そのテナントの半分は空っぽ・・・。
ここには大きなBorder'sというチェーンの本屋さんがあったのですが、このBorder'sも経営破たんしてしまい、今は空のテナント。
広い敷地だけに、ゴーストタウンのような雰囲気も。。。

このモールには、私の好きな「BoneFish Grill」というシーフードレストランもあるので、ここには何度か訪れていますが、それ以外では殆ど近寄らないこのモール。
・・なもんでこの「Diamond Jim Brady's」というお店の存在に気づきませんでした。

お店に到着したのは午後1時頃。

↓入り口付近にはパティオも。暖かい季節はここでワイン飲んだら気持良いだろうなぁ。(景色は特に良くないんですが・・・)
IMGP9557.jpg

既にランチのピークは過ぎているかと思いきや・・・店内は満員御礼。
入り口付近に待っているお客さんが10人ほどいました。

友人がお店の案内係に順番待ちのための名前を告げ「なんでこんなに混んでるの?」と聞くと案内係の女性は
「金曜だから♪」と。
やっぱり花金じゃ~ん♪(・・・ってもう使わない?)
                                
             
忍耐強く20分ほど待って、ようやく席に通されました。

ビストロという名だけあってワインの種類が多い!そして全体的に食事の種類はそれほど多くないけれど、ワインに合うおつまみ(レバーパテとかチーズとか)もメニューにあります。

しかし、やはりランチはバーガーやサンドイッチの種類が多い。ここら辺はアメリカらしいですね。

サンドイッチにも心惹かれましたが、今日は私も友人もメイン料理を注文。

↓(左)パンと(右)サラダが付いてきます。私たちはハウスサラダ。
IMGP9552.jpg IMGP9553.jpg

サラダはシーザーサラダかハウスサラダが選べます。
この日選んだハウスサラダに、ドレッシングはシトラスビネグレット(柑橘系ビネガー風)ドレッシング。
このドレッシングが美味しい!さわやかな柑橘系のドレッシングは甘すぎずしょっぱすぎず。ヘルシーかつおいしー♪
パンも美味しかったです。

↓(左)私が選んだサーモン。(右)友人はフィレミニョン。
IMGP9555.jpg IMGP9554.jpg


いずれもサイズはアメリカにしては小ぶり。このサイズがまたちょうど良い~!サーモンの盛り付けも良い感じ。
ちなみに、友人のフィレミニョンには通常ポテトがサイドとして付いてくるのですが、彼女の好みで変わりにコールスローサラダをつけてもらいました。そういう融通が利くところも嬉しいですね。

・・・ところで、サーモン注文時にウェイトレスは「焼き方はミディアムかミディアムレアどちらにします?」と聞いてきました。
                         
魚にもステーキみたいに焼き方の注文できるんだ・・・でもミディアムレアって大丈夫??
もしかして刺身グレードの鮭?
結局ミディアムにしたけれど、魚の味はとぉーっても美味しくてこれ本当に刺身グレードかも・・・って思いました。
そして、良かったのは味が濃すぎないこと。


アメリカのレストラン(特にファミレスやカジュアルなレストラン)は、味が濃すぎる(塩辛すぎる)場合が多く、時には本当に辛くなることもあるのですが、ここで食べたサーモンは味付けが控えめ。(でも、味がしないっていうわけではない)
鮭の美味しさを引き出せる加減で味付けを薄めにしてるのが良い!

そのようなわけで、量といい、ヘルシー志向な味付けといい、見た目といい・・・全てがなかなか良い感じなので女性に受けそうなビストロです。

しかし、この日は男性客(ビジネスマン風)が多かったような・・・。
ビストロらしく、昼真っから、ワインのデキャンタ頼んでムール貝のワイン蒸しやレバーパテを肴に飲んでる人が多かったな。(←昼間っからいいねぇ~。やっぱり花金だ←しつこい?)
                              
私が住むエリアとしては、ちょっと(だけ?)異色のお店。


今度は夜に来たい。リピ確定です!

(ここはさすがに閉店しないだろーねぇ。。。)

≪紹介のお店≫
Diamond Jim Brady's
住所:43271 Crescent Blvd, Novi, MI
   Novi Town Center
電話:(248) 380-8460


2012.01.20 / Top↑
もう10年以上前から悩まされている肩こり。
良くなったり酷くなったりと山はあったけど、最近また酷くなってきました。
                    
おまけに首痛、更には片手の痺れまで加わってきたので、先月の半ば頃からカイロプラクティックに通っています。(←最初、「しびれ」は脳梗塞等の病気を疑いましたが、血圧正常・ろれつ麻痺や頭痛、めまい等は一切無く、肩甲骨周りの僧房筋からつながる痺れであることから肩こりによるものと判断した次第です)


日本に住んでいた頃から、カイロには定期的に通っていた私。
私の場合、整体では効果がなかったのにカイロは不思議と即効でした。

特に私に効果が高かったのは、「アクティベーターメソッド」という治療法。
いわゆる「ボキッ ボキッ」と間節をまわして(?)骨を鳴らすものではありません。

アクティベーターとは注射器のような形をした(針はありませんっ)器具で、器具についているバネの反動で、ステンレス製の小さなハンマーのようなものが神経に刺激を与えます。
アクティベーター器の構造・機能の詳細はコチラ(アクティベーターネットワークジャパンのHPより

全く痛くありません。むしろこの衝撃が気持良い。

治療時間は日本もアメリカも同様で、実際にカイロプラクターが処置をするのは、わずか5分程度。
こんな短い時間で効果があるなんて、最初は信じられなかったのですが。。。

日本で初めてカイロを受けるきっかけとなったのは、肩こりではなく腰痛。
いわゆるぎっくり腰ではなく、突然現れた鈍痛。
歩けるけれど、常に痛くて日常生活にも支障が出るほど。
整形外科に行って効果がなく、整体でもダメ。
すがる思いで次に試したのがこのカイロプラクティック。知人から勧められて初めて試してみました。
                       
日本では、数少ないアクティベーターメソッドの資格を持っていたカイロプラクターにより治療を受けたのですが、これが想像以上の即効。

カイロの場合、症状が酷いときは連続して治療を受けることを推奨されます。
わずか5~10分の治療を最低でも週3回通院するように言われます。

ここで問題なのが治療代。

日本ではカイロプラクティックの治療は保険適用ではありません。
私の通っていたカイロでは当時1回あたりの治療6千円でした。
週3回通うとしたら週に1万8千円!
初日はレントゲンも撮り治療と合わせて2万円ほどかかったので、はじめの週は3万円以上の出費。
痛い痛い痛い~。腰じゃなくて懐が痛い~っ!!

しかし・・・(ここからは、私の場合の経験談。効果は個人差があります

初回から驚くほどの効果でした。
数回、腰の辺りから背中をパチン・パチンとアクティベーターを打たれるだけでかなり痛みが和らぎました。
痛みを10段階(高いほうが痛みが酷い)とすると、8だったのがこの日の1度だけで4くらい(半減)になったのです。

これで、高いけど週3回行ってみようという気になりました。

この3度通っただけで、もうカイロでの腰痛の治療は要らないと思うほどになりました。
その分、出費は酷かったけれど。。。
                          
アメリカに来てカイロを受けるのは初めて。

相方はカイロを信じない人です。
そもそも相方自身、肩こりに悩まされる体質ではないので、その苦しみがあまり理解できない。
しかも、わずか5分の施術で何十ドルも取る治療法は彼にとって「眉唾もの」でしかないのです。(気持は分かる)

相方の反対を押し切って通い始めたカイロ治療院は、友人(アメリカ人)に紹介してもらった場所。
自宅からも遠くないし、保険適用(ここ重要)、そして日本人患者を治療したこともあるということを聞いていたので、安心して行ってみました。
・・・が。
受付やカイロプラクターは日本語が出来ないのはもちろんのこと、とーっても早口でドクターに限ってはスラング混じり。(若いドクター)外人相手の話し方ではない。
最初数回は相方についてきてもらったのですが、相方の通訳(英語→英語)がなければわからないほど。

最後には「私は英語が達者じゃないので、ゆっくり説明してください。あと、何度も聞き返すけどどうか忍耐強くいてください」とお願いする始末。
するとドクターは「Cool!」と発して(汗)「問題ないよ、その点はきちんとケアするから」と笑顔。

・・・しかし。結局ドクターの早口は今も変わらず。私も諦めることなく何度も聞き返しています。スラングは使わなくなったような気がします。

もうすぐ、通い始めて1ヶ月。
保険適用とされていたのは、最初のレントゲン撮影だけで、後の治療は全て実費。
週2回通ってきたけれど、お金が水のように消えていく・・・。

でも、お金が減るのと比例して、痛みもかなり減ってきました。

ドクターは
「効果あるみたいなんでそろそろメンテナンス時期に移行しても良いと思う」と言いました。
メンテナンス時期とは、毎週数回通っていた治療から、週1回→月1回・・・と頻度を減らし、最終的には半年に1度定期健診のように様子を見て、コンディションを保つというもの。(だと思う/汗)

財布からお金が一瞬のうちに消える恐怖は、肩こりの痛みとは違った『心の奥深くが重くなる痛み(!)』があるので、そろそろ頻度を減らして通院終了にもって行きたいと考えています。

今後は、頻繁にカイロのお世話にならないよう、肩こり軽減の生活にシフトしなければ!

そういえば、日本のカイロの先生からも言われてたっけ・・・
「PCを使う時間を減らしなさい」と。

特にノートブック型のPCは、前かがみになる姿勢になりがちなので肩こり持ちにはとても悪いそう。
当時は仕事をしていた(&会社のPCはノート型)ので、そう言われてもどうにもならなったのですが、今は減らそうと思えば減らせるもんね。(ブログ書いてる場合じゃないってか)

・・というわけで、長くなったけど今日の記事はこの辺で。

≪オマケ≫
今通っているカイロ治療院で貰った痛み止めジェルのサンプル。ほんの少量だけで効果があるので、けっこう長持ちしています。
IMGP9549.jpg



2012.01.19 / Top↑
昨日の月曜日は、Martin Luther King, Jr. Day(キング牧師の日)で祝日。巷は3連休。
この連休の前半土曜~日曜、相方の両親が我が家に滞在しました。

例年だと、義両親はクリスマス後から3月末まで南部(フロリダやアラバマ)でキャンピングカー避寒生活をするのですが、今年は1月はミシガンに留まり2~3月の2ヶ月を南部で過ごすことにした
そうです。

理由は、1月はたとえ南部であっても寒い日が多いので、結局キャンピングカーに篭りきりになる日が多いんだそうです。風邪をひいたりすることもあるそうな。

ミシガンの冬は厳しいけれど、家の中は暖かいので、同じように屋内缶詰になるなら我が家のほうが良いでしょってことで、1月はミシガン滞在を決めたそうです。

今年のミシガンは今のところとても暖冬なので、結果的には正解だったかも。

そんなわけで、年が明けて早速やってきた義両親。
毎度のことながら、たーっくさんの食料を持って。

毎回「食べ物はそんなに持ってこないでね」と言うのだけど、我らが餓死寸前の生活をしていると
思っているのか(?)、「食べ物はあって困るものじゃないから」とか「今回は本当に少ないのよ」とか(←実際すごく多い)言いながら持ってきてくれます。

今回は、
- 食パン1袋
- ハンバーガー用のバンズ1袋
- 自家製のスラーピージョー1ガロン
- キルバッサ(ポーランドのソーセージ)40センチはあろう長いソーセージ6本
- ジャガイモ5個
- 冷凍さやインゲン1袋
- 手作りバナナカスタードパイ1ホール
- バナナブレッド直径20センチ大 2つ
- ビール24缶1ケース
- ワイン2本
        ・・・とその他こまごまとしたものを持ってきてくれました。

圧巻はスラーピージョー。
この日のランチに皆で食べようと、お義母さんが自宅で作ってきてくれました。
スラーピージョーとは、ミートソースのようなものだけれど、ほんのりBBQソースの味がします。

↓写真を撮り忘れたので、レシピサイトのサンプル写真を拝借。
sloppy-joe.jpg

写真を見てもわかるように、具がミートソース状なので綺麗に上手に食べることが至難の業。
ダラダラとスラーピージョーがパンの間からはみ出て手も皿も汚れてしまうので、スラーピー/スラッピー(sloppy)と言われるのです。

しかしこの言葉とは裏腹に、味はなかなか。
キーウェストで初めて食べて以来、わが家でもたま~に(インスタントのソースの缶とひき肉を使って)作ります。
義母は義姉から美味しいスラーピージョーのレシピを入手したとのことで、インスタントのソースを
使わずに作ったそう。これが美味しかった。

・・・しかし1ガロンとは驚いた。

家族4人で食べても(私以外、皆2個食べていた)大量に余り、義両親が帰った日曜の夜、相方と二人で再度食べたけど、まだ無くならない。そんなわけで、今日相方がランチに持って行きました。


次に圧巻だったのは、キルバッサ6本。
長い(40センチ前後)ソーセージだったので、一食ではとてもだけど消費できない。

こちらもこの日の夕食用に・・・と義母がポーリッシュマーケットで買ってきたのですが、半分も減りませんでした。

なので夕べ。相方と二人の夕食にいただきました。

↓私は小さい1ピース(この1ピースで6分の1本/汗)だけ。土曜は3本食べたけど・・・。
IMGP9547.jpg

まだ沢山あるので、今夜の夕食もこのキルバッサ(汗)。
毎回ソーセージだけで食べるのも飽きるので、今日は白菜といっしょにクリーム煮にしちゃおうかと(無理やり)考えています。
                      

そして、私の好きなバナナカスタードパイ
IMGP9541.jpg

こちらも私の好きなバナナブレッド。これを2つも持ってきてくれました。
IMGP9548.jpg

このバナナブレッドが中がしっとりしていてとーっても美味しい。
お菓子やパン作り等があまり得意でない私ですが、こればかりはレシピを頂き焼く予定。

ちなみにお義母さん・・・この甘くてしっとりしたリッチな味のバナナブレッドにバターを塗って食べてます。相方もお義父さんも・・・なんでそこまでカロリー上げる?!?
                  

今回も義母の希望で野菜・果物市場、「JOE RANDAZZO'S」に二人で行ってきました。
その後、近所のドラッグストアやCOSTCOに行った以外は家でゆっくり。
これがいつもの、我ら家族の過ごし方。

相方と義父はフットボールのTV観戦で大盛り上がり。
私と義母は食べ物の話題でずーっとお喋り。
お隣のLさんとは違って(あわわ)、食べ物の話でも義母となら盛り上がります。
しかし、義母は時々アジアの食べ物について天然勘違いが見られます。

例)
義母「私がお気に入りの食べ放題のお店があってね。日本食レストランなんだけど。日本食は美味しいわよね~♪」
私「へえ~。例えそのお店、何が美味しかった?」
義母「お父さんはモンゴリアンBBQが好きでね♪ 私はマンダリンオレンジチキンが好きなの♪」
私「・・・・・・・・・」

マンダリンオレンジチキンって和食じゃないよな・・・(チャイニーズ?)
モンゴリアンBBQにいたっては、『モンゴリアン』って国の名前まで入ってるし・・・

一応、最初にこの話し聞いたとき、モンゴリアンBBQとオレンジチキンは和食じゃない旨を話したのだけど、どうもこれらが和食だとかな~り深くインプットされているみたいで、この週末もそんな会話に。。。(今回は訂正せず流しました

まあ、アメリカ人の高齢者で和食に特に通じてない人にしてみれば、日本も中国も韓国もモンゴルも一緒でしょうね。
うちの両親だってフランス料理とイタリア料理とアメリカ料理の違いもわからないだろうし。

今回もお腹一杯で過ごした義両親との週末。

今度彼らが我が家に来るのは南部から戻った4月。
毎月我が家にやってくる義両親が2ヶ月来ないとなると(羽が伸びる反面)なんだか拍子抜けしちゃう。


ところで、義両親が帰った翌日。3連休最後はまたもや・・・

TOKYO BUFFETで相方とランチ。(相方も最近気に入ってます)
IMGP9545.jpg IMGP9546.jpg
寿司を食べない相方も、こってり料理に疲れた私も、どちらも満足できる料理があるところがグー。

スラーピージョーやキルバッサも良いけど、やっぱり私はこれが好き。
IMGP9542.jpg

相方はというと、ピザと・・・・

やっぱりデザートが好き。
IMGP9544.jpg

私は写真の寿司の後に2皿追加。殆ど寿司。ご飯率高し。
相方はピザ6切れ(大きめピザ1枚分)や餃子のほか、上の写真のアイスクリーム2皿分。

いやぁ~。満腹満腹。

食い倒れた3連休でした。

体重計に乗るのが・・・怖い・・・

2012.01.17 / Top↑
夕べは、2012年初の外食ディナーに相方と行ってきました。

行った先は私の好きな店の1つである「Bar 7


↓写真はお店のHP http://www.7westbloomfield.com/ から拝借
home_image.jpg

このお店、ここがすごい!・・・という特徴は別に無い、普通のアメリカのバーグリルなのですが、
ゆったりできる店内と値段の手ごろさ(特にハッピーアワーがお得)、そして味がこれまたなかなかな(よろしい)のです。

思い切りアメリカンなハンバーガーやバッファローウィングやピザがあるかと思えば寿司バーが
あったりして、統一感の無いレストラン。
なのに、お寿司の味も合格レベルで(って、巻き寿司しか食べたことないけど)、これまで何度も通っていました。
                        
このお店に来るのは、10月に「熟女の夜の会」で来て以来。
相方はかなり久しぶりの来店です。

                        
私のここのお勧めはハッピーアワー。
ピザ全品やアペタイザーとロール寿司の一部が半額。ビール・ワイン・マティーニ・カクテルといった飲み物も割引になるハッピーアワー。
この時間帯に行くととーってもお得です。

・・・しかし。

前回の「熟女の夜の会」で発覚したのが、夜7時までだったハッピーアワーが夜6時までに短縮されてしまっていたのでした。

今回はハッピーアワーは逃さんぞ!・・・といういことで、相方が仕事から帰ってすぐに家を出発。
ハッピーアワー終了30分前に滑り込み。(←どうよ、この意気込み。)

店内は、ガーラガラ。
平日の早い時間帯だから?

しかし、このお店が満席になっているのを見たことがない。
(唯一、混雑していたのは金曜の夜に来た「熟女の夜の会」のとき。お店を出た11時ちょっと前はバーカウンターを囲むようにかなり混んでたけど)
                      

さて、早速席に着いて、残り30分のハッピーアワーメニューを見ると・・・
あれ?なんか違う!

時間が短縮されたハッピーアワー。内容も変わっている。
かなりお得なピザ全種類半額がなくなっていた。
かなり多くの種類のアペタイザーやロール寿司が半額だったのに、今は対象商品が2~3種類に減っていて値段も半額でなく$7に。

飲み物の内容は今までのまま。

↓早速頼みました。私の好きなアップルマティーニ。
 アルコールかなり強くて、お水の氷を何度も追加。いぁーん、お酒が弱いわ・た・し。
Photo01111721.jpg


ハッピーアワーメニューが変わってしまい、ピザ食べる気マンマンだった相方もちょっとしょんぼり。。。結局、ピザ気分は抜けなかったので注文しました。

私は、ハッピーアワーメニューから2品注文。

(携帯で撮った写真なのでわかりづらくてごめんなさい)

↓相方のピザ。Meet Lover。その名の通り、肉類ばかりのトッピング。うげ。
Photo01111739.jpg

↓私は(左)Lucky 7 Rollというロール寿司と(右)Steak Biteというアペタイザー。
Photo01111740.jpg Photo01111740_1.jpg

このラッキー7ロールという寿司は、写真だと分かりにくいのですが、ツナとカニカマとアナゴ(うなぎ?)そしてアボカドが入っている巻き寿司で、上に天かすがふりかけられ、更にその上に甘辛い照り焼き風ソースと辛いスパイシーソースがかけられます。
辛いのが苦手な私は、スパイシーソースを抜いてもらって注文。
なかなか美味しい!お米も日本のものと変わらないし、アナゴ(うなぎ?)が美味い。Ninja sushiとは大違い!

Steak Bitesは、小さく切った牛肉と野菜をいためて、なんやらわけわからん(?)ソースで味付けされ、上に揚げ玉ねぎフレークが乗っているもの。
こちら、少々塩気が強いけど、やっぱり美味しいわ!赤ワインが欲しくなる味。

ちなみに、相方の頼んだ「肉ラブ」ピザもかなりヒットだったようです。(Pizzeria Bigaよりこちらが好きだってよ)
                      

ウェイトレスは、ハッピーアワー終了直前に「もうすぐハッピーアワーが終わるけど、今のうちに注文したいものある?」と聞きに来てくれる親切さ。
やっぱりこのお店好きだなぁ~。

・・・しかし。。。


私たちが入店した5時半頃から、お店を出る7時過ぎ頃まで・・・店内悲しいくらいガ~ラガラ
                      

なんだか不吉な思いが頭をよぎってしまった。

・・・そう。
あの、私がとっても気に入っていたシーフードレストラン「Mahi Mahi Fish Grill」。
あんなに美味しくて、魚介類に対して舌が肥えた日本人の間でも好評だったのに、あっちゅー間に閉店してしまいました。

このお店も、もうすぐ・・・?なんて思ってしまいました。
だって、あんなに気前良かったハッピーアワーの時間も内容も変わってしまったということは、採算取れてないのよね。

日本でもアメリカでも、外食産業は非常に厳しい今日この頃。
生き残りを賭けて大サービスするお店もあれば、大サービスでは採算が取れないためサービスの枠が狭まってしまうお店もある。

いまだに、満員・待ちの列が並ぶようなお店も界隈にはいくつかあります。
その影で、突然閉店するお店は数え切れないほど。
私のお気に入りだったお店も、何軒か姿を消しています。

ああ、どうか7は今しばらく無くなりませんように・・・!!

2012.01.12 / Top↑
少しさかのぼって、昨年の暮れのお話です。
                                           
この間の年末は、相方は有休消化ということで2週間もの休みがありました。

2週間も!

・・・しかし、この時期バケーションは高いから・・・多くの人々があちこち旅行に行かれるなか、
庶民な我らは旅行に行くお金が捻出できず(涙)。
せっかくの2週間もの休暇だったけど、家でダラダラゴロゴロフニャフニャしてました。

え?お金使わなくても、ダラダラゴロゴロフニャフニャしない方法はいくらでもある?
もっとしゃきっとせいっ!・・・ですか?!

確かにご指摘の通り。しかし相方いわく

「2週間何もせず ”ダラダラゴロゴロ・・・”(←とは言わないが)家でリラックスするのは、
何物にも変えがたい贅沢なのさ。ハッハッハ」と不敵な笑顔で語るのです。

まあ、確かに相方の休暇といえば毎回日本に行ったり旅行に行ったり・・・と忙しい毎日を
過ごしてきた私たち。長時間フライトの翌日、相方は毎日仕事だったしたまにはゆっくり
させてやろうかな。(←かなり上から目線のあたし)

しかしそれにしても、本当にダラダラゴロゴロする相方。
朝6時頃には起床するのですが。。。
相方が朝早く起きる習慣はもう10何年も前から続いているため、彼はどうしても寝坊ができないのです。疲れていてもとりあえず6時頃には起きてしまう。
・・・そして、ずっとリビングのカウチでゴロゴロしているうちにうたた寝・・・結局寝坊と一緒じゃん!ベッドで寝てなさいっつーの!!

こんな毎日では、嫌だ!ということで、この休暇中何度か外食に連れ出しました。

特に、今回はせっかくの平日休暇だったので、我ら夫婦としては珍しくランチを食べに出かけ
ました。

まず、最初は私の好きなTokyo Buffet。ここは、和洋中色々な種類のお料理が楽しめる食べ放題のお店。
特にお寿司と点心が充実しています。

↓(左)当日はあいにくの雨。
 (右)クリスマスは3日前に終わっているにもかかわらず、まだツリーが飾られていました。
    ラーメンのちょうちんが東京を思い起こさせます・・・って起こさせないちゅーの。
Photo12301202.jpg P1020449.jpg

師走の忙しい平日。しかも雨だったのでお店は空いてるかしら?・・・と思ったらとんでもない!
これまで見た事がないほど混雑していました。
このお店、とーっても広くて座席が多数あります。いつも半分も埋まってないのに、この日はまさに満席。これだけ広いお店が満席になると圧巻です。

席に着くなり、アジア料理にはお茶という組み合わせの良さが分からない相方はペプシコーラを
注文。
私は目当ての寿司を取りに行こうと鼻息が荒い。
このお店、日本人オーナーじゃないけれど、お寿司はこのエリアにしてはイケてます。
                              

私の最初の1皿は寿司で埋め尽くされ、2皿目はムール貝の蒸し焼きやエビのカクテル、イカや
エビのマリネといったシーフードメインの前菜。
           
相方の最初の1皿は、山のようにてんこ盛りにされた餃子とシュウマイといった点心。餃子も
シュウマイもそれぞれ15個ずつ以上食べてました(汗)。

これらいずれも食べるのに必死で写真撮り忘れ。&完食。

やっと一息ついて、落ち着きを取り戻した(?)私は次の皿を取りに・・・

↓・・・ってやっぱ寿司かー!!
P1020450.jpg

ちなみに、上記写真と同じ・もしくはもっと大量の寿司が既にお腹に収まっています。この日の私。食べて食べて食べまくる。

↓(左)こちらは私が寿司の次に食べた点心。トータル4皿目。(右)点心を大量に堪能した相方もやっぱりアメリカ人。次はピザか・・・(実際は3切れ食べてました)
P1020451.jpg P1020452.jpg

そろそろお腹も一杯になってきて、ゆっくり休み休み食べる我ら。
ふと、テーブルを見ると飲み物メニューが。

このお店、夜にお酒を飲みながら食べたことはないけれど・・・あんがい飲み物メニューも充実してます。
ビールの種類もアメリカ産、日本産、中国産、韓国産・・・と各種ありますが・・・。

えっ?!何?

↓充実した飲み物メニューだけど・・・あれ?なに?キリンキチバン?
P1020454.jpg P1020453.jpg

その下には、キリン一番(絞り)が記載されているけど、キリンキチバン絞りなんてあるの?アメリカ限定?
相方に聞いたら、「印刷ミスに決まってるじゃん。飲み物メニューの写真撮ってどーすんの?」とブログに載せると分かっていて、呆れ声で聞いてきました。

印刷ミスに決まってると言うけれど、キリン一番(絞り)が6ドルで、キリンキチバンが4.5ドルなので、今度夜来たとき注文してみようか(笑)。
                           

この後、私は更にタコの握りと白身魚の握りを2貫ずつ追加で食べました。
相方は「もう、お腹一杯で食べられなぁい~」と言いながら、「でもデザートは別腹♪」と言わんばかりに、アイスクリームを取りに行くぶりっ子ぶり。

こちら、平日のランチバフェは以前より少々値上がりして$9.99となりましたが、
それでもお値打ち。
15%オフのクーポンも手に入るので、行く価値絶対にありです!


さて、別の日。
                        
今度は、同じくSouth Fieldという街にあるピッツェリア。その名も「Pizzeria Biga(ビガ)」に
行って参りました。

こちらは、以前に熟女の会(←既に定着した名前?)で初集合したお店。
あーびぃさんに教えてもらったこのお店。ミシガンではめずらしく釜焼きの薄~いパリッパリの生地が楽しめるピッツェリアです。

いつも、シカゴスタイルのディープディッシュピザや、パン生地のような分厚い生地のピザを愛する相方に、どうしても、このお洒落(?)なパリッパリのピザを食べてもらいたく、連れて行きました。

このお店は、平日ランチの特典はピザ1枚注文につき、スープかサラダが付いて来るといっただけの、ちょっぴりしけた(?)サービスですが、このサラダもスープもなかなか本格的。

前回、熟女の会ではサラダをつけてもらったのですが、これだけでメインサラダになりそうなくらい、大きくて美味しいサラダでした。

↓そのときのサラダの写真。
IMGP8439.jpg

今回は、相方も私もスープを選択。相方は無難なミネストローネ。味は普通。
私はナスのガーリックトマトスープ。こちら大当たり!!

↓見た目では伝わらないけれど、ガーリックの風味豊かで、ナスをペースト状にしたビスクスープ。美味しかった!
Photo01021214.jpg

相方はお店のオリジナルピザとも言える「Biga Brend」というピザに、ペパロニをトッピング。
私は、トマトソースではなく、バジルソースの「Pesto Genobeze」のピザを注文。

↓どちらもパリッパリでGOOD!!特に私の(右)のジェノベーゼは、日本の釜焼きピザのお店に負けずとも劣らない美味しさ!
Photo01021222.jpg Photo01021222_1.jpg

一人一枚は多すぎたものの、残りはお持ち帰りして翌日まで堪能しました。

店内は小洒落たカフェ風。
東京にポンと出来ても人気が出そうなお店です。


普段友達と行くようなお店に相方と行くと、これまた不思議な気分。


旅行には行けなかったけれど、相方が休暇に入った頃から私が酷い首痛でカイロの治療に
通い始め、結局なんだかんだと予想外に出費しながら慌しく年は暮れていったのでした。


≪紹介のお店≫
TOKYO BUFFET
住所 : 25333 W 12 Mile,
SouthField MI 48034
Tel : 248-208-0088
Fax : 248-208-9882

Pizzeria Biga
住所 :29110 Franklin Road
Southfield, MI 48034-1105
Tel :2481-750-2500
2012.01.10 / Top↑
前日の1月3日は、ふいの落雷にあったようなハプニング続きでしたが・・・

翌日1月4日は、予定通り懐かしい友達が我が家にやってきました。

ミシガンに移住してすぐに仲良くなったPippiちゃん。現在は日本在住。

2ヶ月前に、私と相方で日本に里帰りした際に会ったばかりだったので、それほど久しぶりではなかったのだけれど、ここミシガンで会うのは本当~に久しぶり。

共通の友人2人も彼女に会いに来ました。

彼らも、Pippiちゃんと同時期に知り合った友達でよく4人で遊びました。

仕事を抜け出してきてくれたあーびぃさん。遠い街からはるばるドライブしてくれた小太郎さん。

久しぶりの面子がそろって楽しい一日を過ごしました。


今回はこのメンバーに1人新顔が加わっています。

それは、Pippoiちゃんの長女。日本で生まれた1歳児。

女だけの集まり。

前日のハプニングは「酒の肴」・・・ではなく「お茶の肴」となって、楽しい話題に早代わり。

Pippiちゃんはすっかりママ業が板についてました。

あーびぃさんと小太郎さんは、初めて会うPippiちゃんのお嬢ちゃんにメロメロ顔。
たまり溜まった話しで、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

あぁ、楽しかった!!

↓今回、Pippiちゃんがお土産として皆にくれたお菓子。日本ではちょっと前から流行っている「ガトーラスク グーテ・デ・ロワ」。
IMG_3073.jpg


以前、別の友人(@日本)がお土産として贈ってくれて、大好きになったこのラスク。
今回は、ホワイトチョコレートがけのものです。

↓(右)のようにホワイトチョコレートコーティングされてます。ピンボケごめんなさい。
IMG_3080.jpg IMG_3081.jpg


すんごーーーーーく美味しかった!! ありがとっ!!

Pippiちゃんはあっという間の滞在で、ミシガンを離れてしまったけど・・・
また日本で会いましょっ!

なぜなら、彼女は私の実家から電車で20分ほどのところに住んでいるから。

次回会うの楽しみにしてます!

2012.01.09 / Top↑
1月3日。
                     
日本ではまだお正月色いっぱいのこの日ですが、アメリカではお正月気分はすっかりなくなり
通常モード。

翌日の1月4日は、友達が遊びに来る予定。
ミシガンで知り合った彼女は、その後ご主人のお仕事の都合で日本駐在となってしまったのですが、久しぶりにアメリカに一時帰国中。
昨年11月、私と相方が日本に帰った際、我ら夫婦はこの友達夫婦のお宅にお邪魔して楽しい
時間を過ごさせて頂きました。
・・・そんな友人の訪問を控え、この日は散らかっていた我が家の掃除や溜まっていた洗濯を一気に片付ける予定でした。

しかし、予定は崩れるもんですね。
                          

朝、一人でお雑煮を食べていると、口の中で硬い物が『ゴリッ』!!

えっ!お餅や大根やニンジンがこんなに硬いはずないぞ!・・・まさか・・・

                

下の一番奥の歯のクラウンが外れた。。。
この歯は昔、虫歯になり日本で根の治療も済んでいたのですが、このお雑煮の餅にひっついてクラウンがバコッと外れてしまったわけです。クラウンが取れた歯には大きな穴ぼこが・・・。

この状態じゃ、非常に不便。

歯医者に連絡すると2時頃なら歯科医師が時間が取れるとのこと。
この歯では、食べ物もとても食べづらい(穴ぼこが気になって咀嚼しずらい)のでお昼抜き。

歯科予約時間まで、リビングに散乱したままで年を越してしまったクリスマスツリーのオーナメントを箱に入れて地下に運ぶ作業すること2時間。
その後歯科医院へ。

                        

幸い、外れたクラウンは損傷がなかったので、歯科医師も「よかったね。このまま使えるよ」と。
休み明けで非常~に混んでいた歯科医院でしたが、歯科医師も助手もとーっても親切で互いの
正月について話したり、日本の正月について色々説明したり・・・と和やかな雰囲気の中、綺麗に外れたクラウンを元に戻してくれました。
ほっ 
                        

3時過ぎに帰宅。
さて、予定が狂ったけれど、これから掃除・洗濯だいっ!
あっ その前に、明日は友達が家にやってくることだし、ケーキでも焼いちゃおうかな。
洗濯しながら、簡単に焼けるケーキのレシピを検索しているうちに相方が仕事から帰ってきました。

そして相方が帰宅してすぐ。4時過ぎにドアベルが鳴りました。
このとき思い出した。
あっっ 今日は、エアコンディショナー(&ヒーター)の点検のため、業者が来ることになっていたのです。


相方も私もエアコン点検の業者と信じて、ドアを開けるとそこには隣人の女性が。。。

この女性(Lさん60代女性 一人暮らし)は、なんというか・・・
「家政婦は見た」風の女性なんです。
「家政婦のミタ」じゃないっす。市原悦子演じる、家政婦がその働き先で起こる色々な事件・出来事をゴシップ風に眺めるドラマ、まさに、あの家政婦的な女性なんです。

我が家も、彼女の視線を常々感じています。
相方が庭仕事しようとして外に出ると見計らったようにLさんも出てきて、世間話しに小一時間
捕まってしまうなんてことも珍しくない。

そして近隣の人の噂大好き なこのLさん。
この住宅が新築で建った頃から20年以上住んでいる、この住宅地のことなら何でも知っている
オバさんなのであります。

そんなLさん。
ドアを開けるなり
「こんにちわ・・んもぅー やんなっちゃうんだけど、ドアの鍵持たずに自分でロックしてしまって、
締め出されちゃったの。娘に連絡したいから電話貸してくれる?」と。

相方は、「そりゃ大変だ!もちろん使って」と電話を差し出しました。

・・・Lさん。娘さんに電話したものの・・・。留守電だったため、「家から閉め出されたので鍵を持ってすぐに来てくれ」というメッセージを残して電話を切りました。
 
                                                  
この日の気温はマイナス8度。
自宅に入れなくなったLさんを外に出しておくことはできません。
Lさんに、「娘さんが来るまでうちで待ってれば。入って入って。」と相方と共に薦めました。

部屋に入るなり、Lさんは
「わぁ~、久しぶりね。この家に入るの。(前のオーナーの)Cさんが居たころ以来」
という一言を聞いて、一瞬鳥肌が立ったのは気のせい??
                   
Lさんは「自分でも呆れちゃうわ。いつもならジャケットのポケットに鍵を入れてるんだけどね、今日に限って別のジャケット着てて・・・郵便受けに郵便物取りにいくだけだったから、
ドアも開け放しにしていたんだけど、風で閉められちゃってね・・・」と何度も何度も繰り返してます。


覚えてらっしゃる方もいると思いますが、私は2度家から閉め出されたことがあります。
1度はLさんのように、私自身で(そのときの記事
もう1度は、相方が知らずに私を締め出してしまいました(そのときの記事)。
いずれのときも、ご近所さんに助けてもらいました。

あ、ちなみに、どちらのときも最初はこのお隣のLさんの家に行ってドアベル鳴らしたんですが、2度とも彼女は留守だったのか何だか、応答がなかったです。(汗)

まあ、いずれにしても、締め出された気持はとーってもわかります。
私は幸い冬じゃなかったけれど、今回の場合はまさに冬。外で娘さんが来るまで待たせるなんてことはできません。

Lさんは現在一人暮らし。
以前は30代の息子さんと一緒に住んでいたのですが息子さんはフロリダに移住。その後娘さんがLさんの家に移り住み、娘さんの愛犬(パグ♀)と一緒に暮らしていました。
その後、娘さんと犬はLさんの家を出て、Berkley(バークレー)という街に住んでいるそうです。

我が家からは車で15分~20分程度の距離なので、すぐに来てくれるだろうと期待していました。

しかし・・・
                     

1時間経っても戻ってこない。
Lさんはしばらくは締め出してしまった自分の愚かさを何度も何度も繰り返し罵って(?!)いましたが、その後ご近所の話し(ゴシップ)や料理の話しをペラペラ話すようになり、かなりリラックスしてる雰囲気。

相方は「ぼっ ボク車のガソリン入れてこなきゃならないから、ちょっと出かけてくるね。cojicoji、ヨロシク!」ときた。

(やっ やられたー) と心の叫び。


近所のガソリンスタンド3往復しても余る位の時間、相方が戻らない間、私一人でLさんとお喋りしていました。
その間も
「あぁ~、早く娘さん迎えに来てくれないかな!私、掃除したいんだけど・・・」)
「あぁ~、今、娘さんが来てくれたら、まだケーキ焼く時間あるかな・・・」)
などといった思いが心を駆け巡り、Lさんが得意そうに
「アメリカの料理で覚えたいものある?私が喜んで教えるわよ。例えばミーとローフはぁ・・・」と色々説明してくれているのですが全く耳に入らず。まさに ♪右から左に聞き流す~♪(←懐かしい)。

                                           
夕方5時半を過ぎて辺りが暗くなってきた頃、電話のベルが鳴りました。

「あっ もしかしたら娘さんかも!」とあわてて電話に走りました。

我が家の電話を使って娘さんに電話をした為、番号履歴を見て折り返しかけてくれたに違いない!!・・・と強い期待をこめて応答すると、電話はエアコン業者から(ガクン)

業者の女性社員が明るい声♪で「担当者があと20~25分くらいでそちらに着くので宜しくね!」とのこと。

ああ、業者が来ること忘れてたぁ~!!

相方が長い長いガソリン給油から戻ってきてすぐに、エアコン業者がやってきました。

掃除したい・・・でもできない。ケーキ焼く?・・・とんでもない!Lさんが横から色々とダメ出しするに違いない。(料理の指導は義母だけで十分)
                       
6時過ぎ。Lさんが我が家に避難して2時間。
とうとう相方が
さっき、娘さんに電話つながらなかったから、もう一度かけてみたら?」とLさんに
聞くものの、Lさんは
ううん、大丈夫。きっとメッセージ聞いてると思うから! それでね!cojicoji、ティラミスの作り方はね、すっごく簡単なのよー!・・・」と料理の話しで夢中。およよ


あ。ちなみに、Lさんとの会話は本当に疲れます。私たちがLさんの長い話を聞いてそれに一通り反応した後に、私や相方もそれに関連することを言うけれど、我らの発言は全てスルー
自分の言いたいことだけを言う。そして別の自分の興味のある話題に移る。。。
                         
結局、娘さんが我が家に来たのは、午後7時。トータル3時間我が家に居ました。
その間、私は何もできず。

ドアを閉めて、へなへな~・・・と床に座り込んでしまいました。まるでマンガのように。

                         

Lさんが帰った後も、まだエアコン業者は地下室でメンテ作業。

業者は点検終了後、「ヒーターと加湿器(家全体の)が間違って設置されているので加湿器が機能していない」という診断をしてくれました(ええっ!)。(←誰がそんなことしてたの?!そういえば去年ヒーター壊れたっけ。そのときの業者?!?)
この修理をまた後日しなければならないので、新たな出費を確認したこの日。

                   

朝食のお雑煮の餅に引っついて外れた歯のクラウン事件から始まり、とにかく想定外のハプニングが重なり、予定していたことが全く出来ませんでした。

エアコン業者が去ったのは夜の7時半過ぎ。
それからあわてて夕食の準備+掃除をしました(涙)。

その日の夜、たまたま義母から電話が。相方は待ってましたとばかり、この日の出来事を愚痴ってました(相方も案外ゴシップ好き)。
義母は、「お隣さんは寂しい一人暮らしのおばあさんなんだから・・・やさしくしてあげなさい」と。

たしかに・・・そうだけど・・・
(相方、ヨロシク。)


こんなハプニング続きでどうなることかと思ったけれど・・・
翌日は友達と楽しい日々が過ごせました。

かな~り長くなってしまったので、続きは次回に。
最後までお読みいただいた方、お疲れさまでした~。(疲労をおすそわけしてないと良いんだけど・・・)

                           
2012.01.05 / Top↑
        謹賀新年 

昨年もお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                               
日本の皆様は、今年はどんなお正月を過ごされていますか?
ミシガン(その他海外)にお住まいの皆様は、日本らしいお正月を過ごされていますか?
それともお住まいのお国流に過ごしてますか?

私はというと、今年も日本風のお正月をめざしました(見かけだけ?)。

まずお飾り。
・・・といっても、こちらでのお正月らしいお飾りには限りがあるため、日本から買ってきた小さな鏡餅とこちらで購入した造花で、「《超》なんちゃってお正月のフラワーアレンジメント」。
あとは、干支の置物。

31日に飾ると一夜飾りになってしまい縁起が悪いので、これだけは30日に済ませました。

↓クリスマス用のもみの木の枝やヒイラギの実なので、、どうしてもクリスマスっぽいか。。。
これがいっぱいいっぱい。

P1020456.jpg P1020461.jpg

考えてみたらもみの木だったら造花ではなく本物の枝が手に入ったんですよね。
義両親の家の裏庭には、商売できるほど沢山のもみの木が生えています。(前回の記事の写真にもあるように)
もみの木といえばクリスマスツリーだけれど、同じ松科なので組み合わせるものによってはお正月っぽくなるだろうし。
先週、義両親から枝を3,4本貰ってくれば良かったとちょっと後悔。
来年は本物の松(・・・といっても、モミの木)でお飾りしてみたいです。

                               
お正月の鏡餅は、11月に日本に里帰りしたときに、小さなものを2つ買ってきました。

そうなると、お餅の上に載せる小さな葉つき橙(だいだい)が欲しいところ・・・。
・・・まあ、橙は無理ね。じゃ、小さいみかんは・・・?

                      
・・・ということで見つけました。

↓こちら意外にも、ポーリッシュマーケットで見つけたもの。
しかも安い。いくらか忘れたけど、この2つで1ドルしませんでした。
P1020458.jpg

これで鏡餅もOK。

↓かなり小さい鏡餅。みかんがやたらデカくみえます。(右)の鏡餅は、なんと100円ショップで買ったものです。中にお餅だって入ってるし、これはいいですね。
P1020462.jpg P1020455.jpg

↓干支の置物も万全。2012年の辰(竜)ちゃんがスタンバイ。うさぎ君、1年間ご苦労様。
P1020463.jpg
                                

さて。
大晦日の31日は嵐のような慌しさ。

日本風のお正月を迎えたい・・・しかしお節は高い・・
というわけで、お料理上手でもないくせに、今年もいくつか私でも作れそうなものを手作りしました。
大晦日だけの1日勝負。

今回は例年通り、紅白なます,お煮しめ,伊達巻に加えて
栗きんとんにも挑戦。

しかし、この栗きんとんは超思いつきだったので、栗の甘露煮も無いしくちなしの実も無い。水あめもないので砂糖とコーンシロップで代用。
栗は袋で売られていた甘栗で代用することに。

↓出来上がり・・・なんだか、栗きんとんと違う。甘栗は黒いし(汗)。
IMGP9532.jpg


栗きんとんというよりも、栗入りのスウィートポテトな味だけど、これがまたイケル。
甘すぎる栗きんとんよりはっきりいって好み。
相方のウケも良い。・・・ということでこれでよしとします。

一日中キッチンにいるなんてこと、めったにないよね。
ようやくその日の目標達成し、遅めの夕食で一段落。

↓年越しそばを食べながら、TVジャパンの紅白歌合戦を観ているうちに大晦日の夜は更ける・・・
IMGP9529.jpg

そして日付変わって元旦!
                    

今年も”超小型”のお重に入れたお節(もどき?)。

IMG_3026.jpg

↓大晦日一本勝負の成果(ピンボケご免!)
IMG_3048.jpg

IMG_3041.jpg


伊達巻大成功!

↓そして今年も午前中からお酒と共にいただきます!
IMG_3039.jpg

↓〆はお雑煮。
IMG_3052.jpg


この至福の瞬間のためだけに、大晦日は一日料理に専念します。

ああ、やっとこれで日本らしいお正月を迎えられたわ・・・ほっ。

あーっ でも!!

お飾りや料理に気をとられて、掃除全然してませんでした!!

大掃除どころか、掃除もまともにせずに新年を迎えてしまった。

お正月飾りとお節に囲まれて散らかった家・・・。
リビングにはクリスマスの飾りが足の踏み場も無いほど散乱してます(汗・汗・汗)

こんなんでいいのかね。

まっ まあっ!!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします~。 

2012.01.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。