国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回の記事では、久々に会った義姉ファミリーのピアス&タトゥーネタで終わってしまったので、
今回は実際のクリスマス編。

                        

我が家のクリスマスはいつもミシガン州内にある義両親の家に集まって行われます。
サンクスギビングはウィスコンシンの義姉の家の場合が多いかな。
我が家でホリデー行事を行ったことは今のところ一度もありません。

12月23日。
我が家からは車で3時間、義姉の家からはなんと8時間もかけて義両親の家に集合。

↓数年前から、義両親は大きなツリーを飾ることをやめています。それでも、義母が飾った可愛いデコレーションのツリーはカラフルで相方の超好み。
P1020417.jpg P1020420.jpg


23日の夜は義姉家族と私たち以外に、叔母家族がやってきたのでバフェスタイルの夕食。

シュリンプディップ、スピナッチディップ、ハマス・・・等のディップ類にクラッカーやパン。
イタリア風マリネサラダ、ミートボール、ポテトサラダ、デビルドエッグ、キルバッサ(ポーランド風ソーセージ)、その他沢山のおつまみ類と、ケーキやパイやクッキーやチョコといった、超甘いもの。

お義母さん、頑張って沢山の料理を作りました。お酒を飲まないお義母さんですが、この日は手作りサングリアもあって、それは美味しかったです。

24日(イブ)の夜はローストビーフとチーズポテト。それにグリーンピース。・・・野菜が少ないぞ。

相方は、じゃがいももグリーンピースも野菜じゃないか!・・・と言いますが(確かにそうだけど)、朝からずっと繊維質の少ない食事だったので、耐えられずに近所(・・・といっても車で20分)のグロサリーストアで野菜ジュースを買ってきました。

ところで、クリスマスプレゼントを開けるのは25日のクリスマス当日にするのが一般的ですが、
我が家ではもうサンタを信じる子供はいない。
・・・ということで、義母の強い意向により24日のイブの夜にギフトを交換することにしました。

↓23日にこの家に着いたときからワクワクと気になっていた大量のプレゼント。
P1020418.jpg


実は、義両親からのギフトの半分以上は、私は既に何を貰ったか知っていました。
・・・というのも、今年義両親は私たちにスノーブロワー(雪を吹き飛ばすマシン。豪雪地帯にはあるととても便利)を買ってくれたのです。かなり大きなもの。高かったろうに。。。

それに加えて、個人のものもいろいろと買ってくれました。

その一部は、義母に連れられて一緒にデパートに行って私が直接選んだもの。
「本人が一番気に入ったものをあげたいから」という義母の意向。・・・なんともありがたいことです。
そこで衣料品やアクセサリーを買ってもらったので、もう十分すぎるほどだったのに、更にサプライズのギフトが5つもありました。
                  

義姉ファミリーからも色々と頂いたので、私あてだけで沢山のギフトが・・・

↓(左)写真に納まりくらないほど沢山貰いました。(右)その中のほ~んの一部。上の黒いワイヤーの丸いものはワインのコルク入れ。デコレーションです。その下はプランタースタンド。こちらもとっても素敵でした。
よく見えないけど、下の白い箱の中には洋服とアクセサリーが入ってます。(←自分で選んだ)
P1020430.jpg P1020442.jpg


↓今年特に気に入ったギフト。(左)ピアスの(!)義兄が大理石を研磨して作ってくれたワイン栓と栓抜きとボールペン。すっごく滑らかにつやつやに仕上がっています。(右)義姉が手作りしたクリスマスデコレーション。本当~に可愛いの!!
P1020448.jpg P1020444.jpg


義姉夫婦・・・とっても起用です。他にも沢山貰ったけれど、上記2品は心もこもってて本当に嬉しかった!!

                  
私たちからのギフトはというと・・・。

我ら夫婦と義姉夫婦からということで、一緒にトレッドミル(ランニングマシーン)を買って義両親に
贈りました。
膝の弱い義両親はリハビリもかねて、ウォーキングすることを医師から薦められています。
今年の夏、彼らのトレッドミルが壊れてしまったため、新しいものを贈ることにしました。
想像以上に喜んでもらえて本当~に良かった。

プレゼント(フライング)交換したイブの翌日のクリスマス。


↓かろ~じて、ホワイトクリスマスな感じ?例年より断然に雪が少ないです。
P1020435.jpg

23日と24日には雪が降っていたのですが、クリスマス当日は雪も止み気温も比較的高かったので、雪が溶け始めてました。
                       

私たちは例年は26日まで義両親の家に滞在するのだけれど、今年は25日の夕食後に帰ることに。

あ、これは私の意向ではなく、あくまでも相方の選択です。(ここ重要?)
夕食・・・といっても、ホリデー行事の夕食は我が家はいつも2時頃。夕食というよりも遅いお昼と言った感じ。

2日続けてこってりした高カロリー食(肉メイン)を食べていると、だんだん胃も心も疲れてきました。
なんてったって夕食だけでなく、朝食も昼食もこってりだから。

↓クリスマスの朝の朝食はこちらの義母手作りシナモンロール(全てfrom scratch)、そしてベーコン。
P1020433.jpg

                     
そして。
クリスマスのディナーは、ハム,スイートポテト(ヤム芋のブラウンシュガーロースト),マッシュポテトとグレービーソース,コーンブレッドスタッフィングにコーンといった、ビタミンミネラル繊維質が極めて少ないメニュー。

心の中は、白菜とねぎと豆腐を鍋で煮てポン酢醤油で食べることを夢見て・・・でも、そんな夢は
もちろんかなわない

家族だけなのできどったことはせず、かな~りカジュアル。バフェスタイルで各自適当に取りました。

↓私はこんな感じにシンプルに。・・・しかし何カロリーあるんだろっ。
P1020440.jpg

こってり食事に飽きてきてるけれど、それでもやっぱり美味しい。ハムはもちろんのこと、コーンブレッドスタッフィングは美味しかった。私には作れない味だわ。

しかしいつも思うのです。
義母は作る料理の量が多すぎる。
例えば大人8人いるとしたら、その倍以上の20人分は作ってるのではないだろうか・・・と。

義母いわく、「お腹いっぱい食べさせることが愛情の証」。なので、意識して多めに作っているのはわかるのですが、彼女の意識した人数よりも、実際に多く作られています。

25日の夕方、彼らの家を後にする際・・・
例のごとく沢山の、本当~に沢山の食べ切れなかったお料理を持たされました。

帰宅して食べ物を冷蔵庫に・・・しかし冷蔵庫に入りきらず、一部の食料はガレージにおいてあります。(こちらでは、冬はとっても寒いのでガレージにおいておくと冷蔵・・・いや、冷凍機能になるのです)

26日以降は毎日のように、頂き物を食べ続けています。

義母のたっぷりの愛情、時には罰ゲームか?!?って思うことも。(おっ言っちゃった)
ああぁ~!!鍋が食べたい!! お茶漬け食べたい~っ!!!


まあ、この高カロリー食べ物地獄も例年通りですが、素敵なギフトを頂いて久しぶりに家族全員集合して。。。
・・・そんなところも例年通り。良いクリスマスでした。

                        

《おまけ》
帰宅してから、我ら夫婦二人のギフト交換会。

↓ひっそり寂しく残ってるギフト・・・
P1020446.jpg

しかし、今年のメインのギフトは・・・


↓相方から私へ。トレッドミル。
IMGP9520.jpg


義両親に贈ったトレッドミルと全く同じ型のもの。
お店で色々物色した結果選んだこのトレッドミル。
お店の人に 「じゃ、これ2つください」と言ったとき、さすがにちょっと驚いてましたわ(笑)。

高カロリー食品食べ続けているので、こちらの出番がかなり多くなりそうです。

走れ cojicoji!!!
                 あ・・・ 歩いてる・・・。





スポンサーサイト
2011.12.29 / Top↑
いよいよ、今年もあと残すところ4日となってしまいました。(アメリカでは)

日本の皆さん、クリスマスは楽しく過ごしましたか?ケーキ食べましたか?(KFCは?)
                    
年賀状は無事投函しましたか?
私は日本に居た頃、毎年この時期になると深夜遅くまで半泣きで年賀状作成をしていました。
苦くも楽しい思い出ですわ。。。
                    

アメリカに来てからというもの・・・。
毎年この時期には大きな行事があります。

もちろんクリスマス休暇。
相方の家族と過ごすクリスマス。
                    
今年も行ってきました。

23日の午後自宅を出て、夜に義両親の家に到着。

この日は義姉家族に加えて、義父の妹(相方の叔母)とその娘(相方の従姉妹)とその息子(相方の従姉妹の子供?)2人も義両親宅を訪れて家族でパーティーをしていました。
叔母と従姉妹家族に会うのは1年以上ぶり。
従姉妹(30代後半?)は、最近離婚したばかり。息子2人の親権と家の権利を取り新しい生活を始めました。
元気ないのかな?・・・と思ったけど、とんでもない。サングリア片手に、義姉と楽しそうに盛り上がってました。
                     

ところで、今回はcojicojiオバサンにとってショックな出来事が。。。
マット(甥っ子。以前、我が家に突然彼女を連れてゲリラ訪問した)が腕にタトゥーを入れてしまいました。
しかもでかい。
なんでも3日前に入れたばかりとな。。。
うげーーっ!!

彼は現在大学生で来年卒業予定。
まあ、いまどきの若者にとってタトゥーはお洒落の一部なんでしょうが、私はタトゥー反対派。
だいたい、私なんかの時代だと、タトゥー=刺青:ヤクザ・・・なんですよ。
いまどきでは、エリートビジネスマンやドクターでもお洒落としてタトゥー入れてる人がいるようですが、私的にはあり得ない。
正直がっかり・・・若い綺麗な肌に傷をいれるなんてもったいない。
あ、ちなみにピアスはOK派(というより大好き派)なんですがね。
それでも、ヘソピーとハナピー・・・その他耳たぶ以外のピアスは、断固反対派!!
結構保守的です。私。。。

そのマット。今年我が家に連れてきた彼女とは別れてしまったそうです。
はっ 早っ!!
今はというと・・・ ステディな彼女はおらず複数の女の子とデートしてるそうです。やっぱり遊び人だ・・・(汗)

一方、マットの弟ザックはというと・・・
高校生の頃から付き合っていた、いわゆる「High School Sweet Heart」の彼女とは数ヶ月前に別れてしまったという情報を入手していました。(←だんだん、マエチュー化していくわたし)
                      
このときは驚きました。
ザックは文武両道の優等生。高校では成績はオールA。
医師をめざして大学の医学部できっちきちのスケジュールで勉強中の19歳。
女の子にモテルナンパ系の兄とは違って、どちらかというと地味で真面目で不器用タイプ。
家族はこのまま高校の頃からの彼女と結婚するのではないかと思っていたのですが・・・。
この二人、同じ都市にある大学(別々の大学だけど)をそれぞれ選んで、大学進学後もデートしてたのだけど。
ザックの勉強や学校行事が忙しくなりすぎてすれ違いが生じてしまったそうな。

そして・・・

そんなザックに、新たな彼女ができたとな!
                    
そして、その新しい彼女の写真を義姉から見せてもらいました。。。。。。。。。が・・・・・・・。
なっ なっ  なんと、その彼女は私の嫌いな顔ピー(←って言うか?))が・・・。
鼻と唇の下。うげえっ!
痛そう!・・・もしくはでかいにきびかイボに見える。
せっかくの綺麗な顔立ちが台無し!

相方が「まっ ピアスだけならいいよ。タトゥーしてないだけね。」と義姉に言うと、
「いや、小さいタトゥーも3つあるんですってよ」 とな。

おぇぇぇぇぇぇ~っ?!? と声を上げて驚く私と相方。

この彼女。
ザックと同じ大学で勉強中。医師の道は諦めたそうですが、看護士を目指しているそうでかなり勉強家だそうです。

人は見た目・・・ピアスやタトゥーで判断してはいけないってのは分かってるんだけどね。
綺麗な肌に傷つけるなんてもったいないなあ。。。

しかし、長男がタトゥーを入れて、次男の彼女がハナピーとクチピー(って言うのか?)して、タトゥーがあるって聞いた義姉はどんな気持だろうか。。。
彼女いわく「最初はがっかりしたけれど、人間は中身だからね!」と苦笑してました。
やっぱり自分自身に言い聞かせるような口調だったし。。。

そして。
そういうのがいかにも大嫌いそうな父親である義兄はどう思ってるのだろうか・・・
・・・と、義兄を見ると・・・。

え?

あれ?

                    
一瞬、目を疑いました。

義兄の耳にピアスが・・・。  

うそでしょう?!?

相方や私より年上の義兄。

大学生の子供がいる義兄。

お洒落とは程遠い雰囲気。趣味はDo it yourself(大工仕事)と車いじり。
いかにも「ザ・アメリカの男」風の雰囲気。
しかし、家族をこよなく愛し、仕事バカと言えるほど真面目に働くこの人がこの歳でピアスって、どーしちゃったの?!?!?!?

 義兄、息子たちのやりたい放題についに自分もぷっつん?!?  
(↑ファミリー新聞があるとしたら、この言葉を大見出しに使いたい)
               

なぜか・・・相方も私も直接義兄にピアスのことは触れられませんでした。

帰りの道中で「なんで彼、ピアスの穴、いまさら開けたんだと思う?職場で変に思われないのかね?」と相方と話していたのだけど、相方も義兄に直接聞けなかったと。
本当に謎・・・

次回、相方が義姉と電話で話す機会があったら、それとなく聞いてもらうとします。

今回は家族のゴシップネタで終わってしまったので、クリスマス休暇本番の内容については、次回の記事で!

2011.12.27 / Top↑
昨日の22日はクリスマスまであと3日ということもあり、モールやスーパーといったあらゆるお店は大混雑。
普段ガラガラな駐車場も、駐車スポットを探すのが大変なほどでした。

アメリカでは一年を通して最大のお祝い事であるクリスマス。
寸前に駆け込みで、クリスマスプレゼントを買いに出かける人が多いんですね。

そんな、アメリカ版師走を絵に描いたような昨日。

↓クリスマスとは程遠いこの看板。 に・・・忍者? 寿司?
IMGP9511.jpg

自宅から比較的近いこのお店。
前からこの看板が気になっていたものの、あまりの名前のベタさ&怪しさに近づかずにいました。
(当然オーナーは日本人ではない)

しかし、昨日初めてここで友人とランチしてしまいました。

店内は意外にも混雑していました。
しかし、日本人らしい客はゼロ。(私以外全員白人)

実際にこのお店、アメリカ人の友人のお気に入りのお店。

「まあ混雑してるから美味しいんだろうな。」と期待してみました。

↓アペタイザーとして友人と分けました。名前は「seafood pancake」。いわゆる海鮮チヂミみたいなもの。チヂミと同様のタレをつけて食べます。
IMGP9512.jpg


お味は・・・

悪くないんだけど食感が・・・
エビとイカはぷりぷりしてるけど、生地がどうもベチャベチャしてる。
この程度なら自分でも作れそう。

↓そして、こちらがランチメニューのカリフォルニアロールとスパイシーツナロール。(右)は友人が同じ内容でご飯だけ玄米で注文。寿司の大きさと量に比べて皿が異常にでかい。
IMGP9513.jpg IMGP9514.jpg


お味は・・・

んんんんっ!!ご飯がまずい!!
お米が、日本のレストランで使ってるものと確実に違う。もしくは炊き方、間違えた?!?
とにかくボソボソで水分が全く足りず、あまりの乾燥にお箸でつかむと崩れてしまう。
なんじゃこりゃーっ!!

ランチで付いてくるサラダのドレッシングも美味しいし、お味噌汁も悪くない。
お店の人の感じもとっても良かったのに、このご飯には本当にがっかりしてしまいました。


                              
そして夜。

この日は相方と、自宅から車で30分ほど離れたところで開催されているイルミネーションスポット「Wayne County Lightfest」に行く計画でした。
これは、ミシガン州ウェイン群が主催する、Hines Driveという道路が長距離にわたって美しいクリスマスイルミネーションに飾られる催しで、年末まで開催されているものです。
当ブログでもおなじみのナッチャラさん情報でこのイベントを知り、今年は行ってみようということになりました。

この催しは毎晩夜7時から開催されるとのことだったので、我らは近所のレストランで夕食を済ませてから見に行く計画としました。

一眼レフカメラを手に取り家を出ようとしたら・・・

なんと、レンズが壊れていて動かないではありませんか!!

このカメラ、大・小1つずつのレンズがありますが、小さいほうのレンズが壊れてしまった模様。
大きいレンズは超ズーム専用レンズなので、近くのものを撮影することができません。
Hines Driveの美しいイルミネーションを一眼レフカメラで撮りたかったのに、なぜ壊れてる・・・。

ショックを受けながらも、とりあえずレストランに行く途中でお店に寄ってレンズを買おう・・・ということになり、Best Buyへ。
しかし、お目当てのレンズは売られておらず「注文」になってしまうとのこと。
今夜欲しいんだよ~っ。
そんなわけで、Best Buyは諦めて店をでました。
しかし、それ以外に近隣のお店が思いつかない。

どうしてもレンズを買いたがる相方に、「デジカメもあるから、今日は無理してレンズ買わなくていいよ」となだめて、今日の目的のHines Driveから程近いレストランへ。

訪れた先は、Livoniaという街にある「Giulio's Cucina Italiana」というイタリアンレストラン。
初めて訪れたお店ですが、ウェブサイトの雰囲気がとっても良くて、10ドルオフクーポンもあったので行ってみることに。


お店の扉をあけると、店内はとっても良い雰囲気。
天井も高くて広めにとったテーブルの感覚。ゆったりとお食事が楽しめそうです。
店内がちょっと暗すぎのイメージがあるけれど、それもムーディーな雰囲気??

↓店内の写真を撮らなかったので、お店のウェブサイトから写真拝借。(Photo by: giulioitalian.com)
photo_7590_20110506.jpg

実際の店内は上の写真よりずっと暗い感じで、クリスマスデコレーションが素敵にされていました。

・・・しかし。

お店はがーらがら。

もうすぐ7時になろうとしているのに、空席がやたら目立ちます。

そして広い店内なのに、なぜか2人がけの小さなテーブルに通されました。
店内を見ると・・・
2人組の客は殆どがこの小さなテーブルに通されて、4人がけのテーブルは殆ど空席。

「きっと、予約で一杯なのかな?」と思ったり、
「それにしてもディナーのピーク時間帯にこれだけ空いていて大丈夫?」と不安になるものの
「今日のランチの例もある。SUSHI NINJAは混雑してたけど不味かったし、空いててもすごく美味しいかも」と自分に言い聞かせたり。。。

暗くてなかなかよく見えないメニューから選んだものは、相方がカネロニ。私はチキンマルサラ。

以下の写真は店内暗すぎる&フラッシュたいてないので、修正したもののとても暗いですがご了承ください。

↓私は好物のスパークリングワインで乾杯。凍る直前かと思うほどキンキンに冷えていてなかなか良い感じ。
 (右)グラスにデンファレの花が浮かんでいてロマンチックな演出も◎。
P1020409.jpg P1020411.jpg

出てきたパンも、オリーブオイルとパルメジャンチーズで美味しくいただき、
「このお店大丈夫だ!」と確信。

しかし・・・

↓ディナーについてきたスープ(ミネストローネ)は味がしない。
P1020410.jpg

相方は、塩・こしょうをこれでもか!!・・・というほど投入していたけれど、私は「健康にいいから」と自分に言い聞かせてこのままいただきました。しかし、味がしない~。

そして肝心のお食事。

↓(左)がチキンマルサラ。(右)がカネロニ。本当に暗くてよくわかんないね。
P1020412.jpg P1020414.jpg

やっぱり味がしない!! 
このお店、ヘルシー志向?!(塩分控えめ?)
・・・でも、それにしても、もっと工夫の仕様があるだろっ!って突っ込みたくなるほど味が薄い。

ちなみに私のチキンはとっても柔らかくて、調理の仕方は最高でした。
どうしたらこんなにやわらかく、でも中まで完全に火を通すことができるのだろうか。
チキンのムネ肉って普通パサパサしがちなのだけど、この肉の柔らかさだけには感服です。
(しかし味付けが・・・)
相方のカネロニはやっぱりパンチが無い、ボケた味だったそうです。
でも、パスタはアルデンテだったとのこと。
あああああああっ 残念!


・・・店は結局、我らが去る時までガラガラのまま。

お店を同時に出た別のカップルが、相方に向かって「このお店どうだった?」と聞いてきて相方が、
「うーん、イマイチかなあ。」というと、その中年女性は

ンまああああああああああああああああああっ!!なんですって?!?」と驚きの声をあげて、
「このお店はこの辺りでは一番のイタリアンなのよ!どこのお店が好きなの?」と聞いてきました。

ちょっと驚いた相方、後ずさりしながら
「い・・・いや、僕らこの辺りに住んでないからさ。」というとすぐさま「どこに住んでるの?!」と聞いてきて・・・そしてエリアを伝えると「ふうん・・・そう。このお店は本当に評判が良いのよ」と続ける。

よくよく聞くと、彼女のお友達がこのお店を経営しているそうだ(汗)。だからって、見ず知らずの我らにそこまで押せ押せで押してくるのには驚いた。

まあ、そんなこんながありましたが、さあ!これからイルミネーションを見に・・・!!

・・・と外を見たら土砂降りの雨。

このライトフェスティバルのウェブ情報によると、大雨で道が浸水するとフェスティバルはその日は中止とのこと。
どうするか迷った末、カメラのレンズも壊れてるし雨の中開催されていても堪能できそうにないし、今日はなんとなくついてないので、このまま帰ろうという結論になりました。


結局、ランチもディナーも始めて行ったお店ですが、リピの可能性ゼロ。
「負けず嫌いなタイトル」をつけてみましたが、たまにははずすのもよしとしよう。今後の学習のためにね。

(あっ ところで、以前記事にしたお気に入りのシーフードレストラン「マヒマヒフィッシュグリル」はなんと、閉店してしまいました~!いつもガラガラだったから、やっぱりビジネスが続かなかったのですね。。。
あのお店は美味しかったのに残念だ・・・。)


昨日は、お目当てのライトフェスティバルも見れずに終わって、全てが肩透かしの感じの一日でした。
あ、でも友達とのランチは楽しかったですよ。笑いすぎて涙がでた。

                                                   
さあ、明日はクリスマスイブ。
これから、相方の両親の家に行きます。

では、皆さん良いクリスマスを!!







2011.12.23 / Top↑
クリスマスまであと4日。
皆さんは楽しい計画はありますか?

私のクリスマスは・・・相変わらず相方の実家ですごします。
自宅でクリスマスを迎えたことがないので、自宅のクリスマス飾りをするもののなんとな~く寂しい気分です。

実は相方両親や義姉に、我が家に集合してクリスマスをしないか打診してるのだけれど、毎年却下。

義姉の家から我が家は遠すぎるそうで。甥っ子たちが大学でてんでバラバラの場所に住んでいるので、ウィスコンシンの彼らの家に戻ってから我が家に来るには遠すぎるんだって。・・・といっても、義両親の家と1時間しか違わないのだけど。その1時間はやっぱり貴重といえばそうかも。
それにしても、我らも何度か彼らの家まで9時間かけて行ってるので、一度くらいは我が家でもホリデーシーズン過ごしてみたいのだけど。。。いつか実現するといいなぁ。


しかも今年は。。。
我が家での友達とのクリスマスパーティーも無し。去年は楽しいパーティーしたんですが。。。
11月末に私が日本に里帰りしていたため、クリスマスパーティーの計画ができずじまいだったのです。

それでも、クリスマス気分は味わいたくて、デコレーションしちゃいました。

IMGP9467.jpg IMGP9495.jpg


IMGP9505.jpg   IMGP9508.jpg

↓左のガラスのスノーマンは、今年の夏のUP旅行でSt.Ignaceを訪れた際に、雑貨屋さんのセールで買ったもの。
IMGP9504.jpg  IMGP9507.jpg


IMGP9496.jpg IMGP9494.jpg


肝心のクリスマスツリー。今年はいつもの大きなツリーを出しませんでした。

↓3分の1もない、小さなツリーで我慢。テーブルの上に乗せて大きく見せてるけど、実際は小さいのよ。
IMGP9498.jpg

クリスマスツリーは飾ってるときは楽しいのだけど、しまうのが大変。
ツリー自体の片付けも大変だけど、数あるオーナメントをしまうのが、大仕事。終わるのが毎年2月になってしまいます。これは私が片付けが下手で嫌いってのもあるんだけど(汗)。
今年はパーティーも無く、例年通りクリスマス当日は自宅にもいないので、大きなツリーはスキップすることにしました。

↓色は去年(ピンク・ゴールド・茶色)とは一転して、赤がメイン。
IMGP9499.jpg IMGP9501.jpg

カラフル好きな相方からは評判良かったけど、やっぱり私はシックな色合いが好きだなあ。

                        
さて。
今年はパーティーは無しですが、先週は我が家で合同誕生会(?)なるものを開催。

以前のブログでご紹介した、初めての「夜のお出かけ」をした「女子会(←熟女会)」のメンバーです。
偶然にも私たちの誕生日が11月、12月、1月に固まっていたので、こうなったら合同誕生会をしちゃおうということになりました。
旦那・子供抜きの女だけの合同誕生会。
相方は自宅にいたけど、女だけの会なので仲間に入れてあげない。

冬の夜道をわざわざ来てくれるだけでもありがたいのに、皆さんとーっても素晴らしいものを持ち寄ってくれました。

あーびぃさんははるか遠いMacombという街にあるイタリア系マーケットのカポナータ。
前から評判を聞いていて食べたかったのでとっても嬉しい!美味しかったです。

yukoさんは仕事帰りにわざわざお店に寄ってくれて、スパークリングワインとエビのマリネに美味しいデザート盛り合わせの巨大ボックスを持参して登場。
どれも美味しかったです。

お料理がテーブルにところ狭しと集合。
P1020402.jpg

↓まずはyukoさんからのスパークリングワインで乾杯。
P1020401.jpg s-IMGP5506.jpg


ナッチャラさんはというと、大きな荷物を持参して登場。

↓まずはコチラ!納豆せんべい。日本で流行ってるとか。(右)の写真見て!ちゃんと手巻き寿司風になってるんです!
IMGP9485.jpg P1020400.jpg


ナッチャラさんと殆ど同じ時期に日本に帰っていたけど、この納豆せんべいの存在は知らなかった。
味はというと・・・本当に納豆の味がする!美味しい!本当に美味しい!

ちなみに、ナッチャラさんの大きな荷物・・・その中身とは・・・

↓炭酸水を造る機械。
s-IMGP5494.jpg


これで炭酸水を作って皆に振舞ってくれました。
写真下に見える、小さなパッケージは炭酸水用のフレーバーです。
私たちはピンクグレープフルーツフレーバーをいただきました。美味しかったよ!!

そして、彼女の大荷物のもう1つの内容は・・・

↓なんとアボカドとスモークサーモンの寿司ケーキ。
P1020403.jpg

↓ろうそくを付けて本当にバースデーケーキ風!
s-IMGP5509.jpg


熟女の合同誕生会にぴったりじゃないですか!
美味しかったよー。ご馳走様。

そんなわけで、準備していたたこ焼きとトマトソースのミートボールの出番なし。
ホスト役のはずが、人様のご馳走ばかり頂いちゃいました。


                  

今年はクリスマスパーティーが無くていまひとつ盛り上がりに欠けてましたが、この」イベントで気分でした。


                 
さて。
今週は相方と、近隣で開催されているクリスマスライトを見に出かけるくらいで、あとは義両親宅のクリスマス休暇を待つばかり。
                       

ちょっと早いけど、Merry Christmas!!

IMGP9497.jpg

皆様も、良い休暇をお過ごしください。


2011.12.21 / Top↑
さて、クリスマスも目の前となっていますが、日本里帰りの日記はまだ続いています。
それも今日が最後。

今回は、日本で食べた美味しい食べ物の総集編。


ご存知の通り、今は円高ドル安。
アメリカから来る身としては、これがかなり痛い。

今回は『非グルメ』の相方も一緒だったので、ちゃんとしたお店(?)には殆ど行っていません。

行ったのは、居酒屋とファミレスとラーメン屋とファストフードがメイン。
それでも、涙物の美味しさでしたよ。。。日本に住んでいたころはそんな実感あまりなかったんだけど。。。
やっぱりアメリカの食べ物に慣れてしまうと、日本の味がこんなにもありがたいのね。

これまでの記事でご紹介した食べ物以外で、美味しかったもの・・・もしくは味はさておき記憶に残ったものを写真でご紹介します。


《ファミレス編》
家族での外食は殆どがファミレスでした。
そのほうが簡単で、写真つきのメニューでわかりやすく相方も喜ぶ。

↓滞在中何度か通った和食のファミレス。(左)私は、納豆・エビ・マグロ中オチ・イカ・錦糸卵にイクラ・・・といった大好物ばかりの夢のどんぶりとうどんのセット。(右)相方は大辛チゲ鍋のうどん
セット。こちらも相方大好物でリピ。
Photo11102226.jpg P1020359.jpg

↓名前は忘れたけど、胡麻ダレ風の汁につけて食べるザルうどん。なぜか(?)フランス産豚肉付き。
P1020360.jpg

胡麻ダレ汁がうどんに合う合う!このチャーシュー風の豚肉がとーっても美味しかった!!
P1020361.jpg P1020363.jpg

↓ジョナサンにて。(左)相方はピザ。この手のピザはミシガンではまず見かけない。(右)私は
ヘルシーカレー。ヨーグルトとサラダ付き。トマト味のカレーに五穀米ごはんがばっちり。
P1020364.jpg P1020366.jpg

《ラーメン屋編》
ラーメンはやっぱり何といっても、栃木県の親戚の家のそばにある食堂のラーメンが一番好きですが、地元のラーメン屋も楽しんできました。

↓両親が好きで殆ど毎週通っている中華料理店のラーメン。正統派のスープは好みなんだけど、麺がちょっと柔らか過ぎました。でも値段は500円前後と、とっても安いです。
P1020233.jpg

↓一方、若者に人気の硬めの麺。地元の製麺所併設のラーメン屋。
(前回の里帰りでも行ったところ)
 (左)私の付け麺はこのお店のオリジナルで、魚の出汁がとーっても強いスープ。
(右)辛いもの好きの相方は、辛い付け麺。
P1020285.jpg P1020286.jpg

こちら・・・相方からはかなり不評。
理由は・・・付け麺の場合、麺の注文時に「熱盛り」か「冷盛り」かを聞かれます。
相方は熱い食べ物はいつも「熱い!」と文句を言うため、私が勝手に「冷盛り」を注文してしまったのですが、冷たい麺を熱いスープに入れるとスープが冷めてしまったため、「スープが台無しだ!!!」と私に文句タラタラ・・・魚の出汁が強いスープも「Fishy」といまひとつ好みじゃなかったみたい。美味しいんだけどなあ。

ちなみにここのお店、麺が「並盛り」とそれよりかなり量が多い「中盛り」の料金が同じです。
そのため、欲張りな私は「中盛り」で注文したのですが多すぎた。
結局、私は頑張って殆ど食べたのだけど完食できず。相方は大量に残してしまい・・・お店の人、ごめんなさい。

《居酒屋編》
居酒屋は毎回友達との会合で使っていました。
友達は皆、私の希望を優先的に取り入れてくれて場所を選んでくれて、本当に本当にありがたいです。
私の希望はというと「安いとこ(とくにビールが)」、「美味しいとこ」。
まあ、誰だってそれが希望だわよね。

↓藤子・F・不二雄ミュージアムに行った帰りにまっちぃと一緒に行った居酒屋「笑笑」(わらわら)。
(左)お餅をベーコンで巻いた串。(右)定番のオムそば。
P1020231.jpg P1020232.jpg

いやぁ、この餅ベーコン・・・すっごく美味しい!私も相方もまっちぃも目がハート。

日本に住んでいた頃は、「笑笑?いやだよ、あんな安っぽいところ~」なんて思っていたのだけど(お店関係者の人ごめんなさい)、日本から離れたせい?それともお店が腕を上げてる?
理由はどうであれ、とにかく笑笑のポイントがぐぐぐぐーーーんとアップしました。
安いお値段はそのまま。(私たちの行った店舗は)居心地も良く、メニューも豊富でサイズが小さいながらも、安い価格設定なので色々と楽しめる。

最近では270円均一居酒屋とか、外食産業もあの手この手を使い創意工夫してますね。貧乏旅行者には本当~にありがたい話しです。

↓こちらは、中学もしくは高校時代の友達(marya, Keiko, Sayuriちゃん)と行ったお店。わたみん家。(左)シシャモも七輪焼き。(右)ナンコツ唐揚げ。
P1020290.jpg P1020291.jpg

シシャモ美味しかったぁ~。七輪で焼いてその場で焼きたて食べるのって、やっぱり贅沢~!
他にも色々と美味しいものがあったのだけど、このメンバーで会うといつも話題が次々と出てきて話に夢中になってしまい、毎回毎回写真を撮るのを忘れてしまうのだ。

ここも美味しくて、お値段も良心的でとっても良かったです。

ちなみに、べるゆきとnapo、Hitoeちゃん、wacky & Kou-chanと行った天狗もとっても良かった!!
しかし、この日カメラを忘れてしまい写真が無い・・・残念。


《ファストフード編》
↓こちらマクドナルドで期間限定販売のKBQバーガー。KBQとは、Korean BBQの略。
 マクドナルドのハンバーガーパテに加えて、甘いプルコギとピリ辛のコチュジャンソースがトッピングされています。(チーズ&レタスもついてます)
P1020134.jpg

これがまたまた美味しかったです~。辛いの苦手な私にはちょっと辛すぎた感もあるけれど、
好物のプルコギの甘さがたまりません!!これ、定番メニューになればよいのに・・・。

ちなみに、私がこのバーガー1つ食べている間に、相方はマックポーク3つ食べてました(汗)。

                         

↓こちら、実家の地元にあるバーガーキング。私はここにレディースランチコンボ(セット?)ということでスパイシークリスピーチキンサンドのセット。
P1020280.jpg P1020281.jpg

このチキン・・・辛っ!!
普通の人にとっては、ピリ辛くらいだと思うけど、私には辛すぎた。他のメニューと比べてお得だったので選んでみたけど、ちょっと失敗。

しかし、このバーガーキング@日本。高いぞ!
相方は普通のサイズのバーガー(照り焼きバーガーとワッパーだったかな?)を注文したんだけど、私のレディースセットと合計して1,300円くらいいってしまったよ。しかも飲み物はセットの1つだけ。
こんなお金出すならファミレスのランチのほうがよっぽど良かったわい。

この値段設定で、マクドナルド並みのお得なコンボがないとなると、またもや日本撤退・・・なんてことにならないか、バーガーキングの今後の行方がちょっと心配です・・・って別に私が心配する必要ないか。

とにかく!

バーガーキングは日本ではもう行くことはないでしょう。地元(アメリカ)のバーガーキングのほうがよっぽど安くて美味しいわい。

《おやつ・デザート編》
↓藤子・F・不二雄ミュージアムで買ったドラえもんオリジナルドラ焼き。見た目は可愛いけど、味は普通のドラ焼き(当たり前か)。1つ200円とちょっと高価格です。
P1020302.jpg P1020300.jpg

↓ファミリーマートで買ったコンビニデザート。どうしてもモンブランが食べたくて買った2品。
(左)パンプキンのモンブラン風。(右)普通のモンブラン。
P1020367.jpg

いまどきのコンビニのスウィーツは本当に美味しいですね。こちらでちょっとお高めなスーパーで買ったデザートより美味しいくらい。

↓こちらは、栃木の親戚からいただいた名物のデカ梨。どうよ、このみかんと比べた大きさ!
P1020289.jpg

甘いだけでなく、とーってもみずみずしくて美味しい梨でした。
相方もこんなに美味しい梨は食べたことがないと絶賛。

                                 

ああ、日本はあらゆるものが美味しい。
高いものはもちろん、安いB級グルメがこれまたたまらん!!

日本からたこ焼きメーカーを買って持ってきたので、ミシガンでも日本のB級グルメを堪能したいと
思います。

・・・が。。。

タコが高いのよね。こちらは!!
                         
なので、カニカマか何かで代用するわ。



《おまけ》
地元から程近い街。
見慣れた看板に、思わずシャッターを切ってしまいました。

↓ビッグボーイ。日本にも店舗あったんだ・・・(知らなかった)

P1020284.jpg P1020283.jpg

右のビッグボーイの人形。
ポーズは一緒なんだけど、何かがアメリカとは違う・・・と相方がつぶやいてました。

バーガーキングで失敗したので、このお店にはとりあえず入らなかったけど、いつか行ってみたいかも。

2011.12.19 / Top↑
昨日の朝。ローカル局FOX2のニュースでのこと。

いきなり
日本ではKFCでクリスマス?
というテロップとアナウンスに反応してしまいました。

そう。
日本では、ケンタッキーフライドチキンといえば、クリスマスに大人気のメニュー。
私も昔は家族でパーティーバーレルを予約して、クリスマスイブにかぶりついたもんだ。



アメリカではクリスマスのディナーといえば、ハムかターキー。
チキンを食べることもあまりない(ご家庭によってはローストチキンもあるかもしれませんが)けれど、KFCのフライドチキンを食べるなんてことはまずありえません。

なので、日本のこの風習はテレビで特集されるほど、珍しいものなのです。
FOX2 NEWSでは、日本のKFCの小洒落たCMを流しながら
「何週間も前から予約を受け付ける」とか
「何時間も行列に並んで買う」と紹介されていて、キャスターたちが驚いてました。(苦笑)

そういえば、私も始めてアメリカ人とクリスマスディナーの話しをしたときに、日本ではKFCが人気という話しをしたらそりゃもう驚かれたものです。
私はてっきりアメリカも同じだと思っていたんだけどね。

クリスチャンにとってクリスマスは宗教色が強い祝日。
ファストフードを食べるわけにはいかないってのは分かる気もしますが・・・
(しかし私はKFCのほうが好きかも。およよ)
                        


さて。
前置きが相変わらず長くてごめんなさい
もうすぐクリスマスですが・・・時はさかのぼって日本里帰りのお話し。

11月中旬。1年以上ぶりに銀座に行ってきました。
P1020125.jpg

街中は既にクリスマスの雰囲気でいっぱい。

                       
↓銀座名物、「ミキモト」のツリーも既に飾られていました。多くの人たちに混じって私も写真撮影。
しかし悲しいかな またもやピンボケ。
P1020105.jpg


↓ツリーの下もすっごーくきれいなデコレーションが・・・
P1020111.jpg


↓そしてミキモト本店の2階から撮影。
P1020109.jpg

外からと中から、美しいツリーを堪能しました。

                  

この後、当ブログに時々コメントくださるおなじみRさんと、H氏(Rさんの上司, 私も以前同じ会社に勤めていた)と銀座で会いました。

今回は(も)集合は居酒屋。
夜の会合は、やっぱりお洒落なレストランやバーよりも居酒屋が嬉しいcojicoji夫婦。
居酒屋フード&ドリンクはアメリカに住んでいると、どれもぜいたく品です。

↓この時期は鍋が美味しいっすね。
P1020128.jpg


この日は、ありきたりの飲み放題つきのコースメニューだったのですが、それでもどれもが
美味しかった。
やっぱり日本は美味しいなあ。。。

久しぶりにお会いしたRさん、そしてもっと久しぶりにお会いしたH氏との積もる話しは尽きません。
今回H氏とは初対面だった相方も、H氏とすぐに打ち解けて楽しく会話していました。
相方の超・超・超くだらないギャグにもバカウケしてくれるH氏。
またこのメンバーで会いたいと言い合いながら、あっと言う間にお開き時間。

                       
せっかく都会(!)まで来たのだから・・・と。

↓良い香りにつられて行列に並んでまで買ってしまった銀座マネケンのベルギーワッフル。
(一番右の紫のワッフルは紫芋)
P1020126.jpg P1020133.jpg


いやあ、行列できただけあって、美味しかったです。
あ、でもこのマネケンて関西が本店でしたよね。。。

               
銀座から、地下鉄と私鉄乗り継いで実家まで戻った我ら。

自宅から銀座まで歩いて来れる、Mちゃんが羨ましいと思った夜でした。


2011.12.16 / Top↑
私たちが日本に里帰りしていた11月は紅葉シーズン。
関東地方では少々先といった感もありましたが、下旬になり気温も下がってきて、近所にある木々の葉も色づいてきていました。
そんな中、実家から比較的近い紅葉(もみじ)の名勝「平林寺」に家族で行ってきました。

                            
ここ平林寺は、埼玉県新座市にあり江戸時代の川越藩主「松平信綱公」の菩提寺でもあります。
埼玉県の自然が残る雑木林に囲まれたこのお寺。
雑木林も含めると面積は約43万平方メートルに及びます。
そしてこの美しい雑木林は国の天然記念物に指定されています。

都心から程近い土地にありながら、豊かな自然に恵まれた広大な雑木林。
秋には美しい紅葉が鑑賞できる有名なスポットです。

                            
私がこの平林寺に最後に訪れたのは、確か小学校低学年。
課外授業でここを訪れて以来だったと思います。

だもんで、とーーーーーーっても久しぶり。
我が実家から車でわずか15分程度の近さなのにね。

↓入り口。まだ緑の葉と赤く染まった葉が両方ありますね。
P1020357.jpg


この日は祝日ということもあり、平林寺は沢山の観光客であふれかえっていました。
P1020309.jpg

人を入れないで写真撮影することが非常に難しいほど、人・人・人で賑わってしましたが、ここからは面倒な説明抜きで、美しい11月の紅葉あふれる平林寺の写真をご覧下さい。

P1020308.jpg


P1020317.jpg

P1020319.jpg


↓紅葉以外の木々もそれは沢山ありました
P1020328.jpg


↓この木は樹齢何百年・・・?千年以上だったかな?
 P1020311.jpg


↓松平信綱公のお墓もここにあります。
P1020327.jpg P1020330.jpg

↓(左)松平家墓所のそばにはこのような石が並んでいました。(右)横に向かって生える珍しい木。
P1020333.jpg P1020331.jpg

↓写真愛好家たちが沢山いましたよ。・・・一方、私の写真は一眼レフじゃないし、やっぱり画像がイマイチねぇ。。。
P1020321.jpg

P1020347.jpg

↓珍しく人が入らず撮れた。趣のある小道。
P1020351.jpg

↓ここには、竹林もあります。それはもう幻想的・・・
P1020352.jpg

P1020353.jpg

緑・黄色・橙色・赤・・・色彩あふれる世界。さすが、彩の国「埼玉」(なんちて)。

P1020318.jpg P1020337.jpg

お天気も良く、森林浴を心から楽しめた一日でした。
両親も歩き疲れたと言いながらも、楽しい一日になったようです。


P1020315.jpg

ミシガンと日本両方の紅葉が楽しめて、得した気分の今年の秋でした♪

2011.12.14 / Top↑
日本への里帰りで楽しみにしているのは、日本でのおいしい食べ物と友達との再会。
食べ物はもちろん楽しみだけど、友達との再会はそれに増して楽しみです。
日本で長年仲良くしていた友達と離れて3年半。
今では年に1、2回会えるだけとなってしまいましたが、それでも変わらず心から楽しくしていられるかけがえの無い存在です。
                       
一方ミシガンでは・・・
ミシガンに移住して3年半。幸い、数は多くないものの素敵な友人たちに恵まれています。
しかし悲しいのは、そんな友人が日本に(永住または長期)帰ってしまうこと。

今回、日本に帰ってしまった友人二組と会うことができました。

                       
1回目は前の記事でもふれた高層マンションに住んでいる友人家族。
1年ぶりに会い、積もる話も話しきれないくらいでした。

そしてこの日は2組目。
今年、ミシガンから日本に(永住)帰国してしまったご家族です。

彼らとも他の友人同様に、家族ぐるみで仲良くさせてもらっていました。
3歳になる長男S君は相方と意気投合(相方3歳児と同じ脳内環境?)しており、相方もS君が
我が家に遊びに来るのをいつも楽しみにしてました。そんな彼らが日本に帰ってしまい、私も相方もそれはそれは残念に思ったものです。

でも不幸中の幸い(?)か、彼らの帰った先は東京。
私の実家からもそれほど遠くないので、里帰りの際には会えるもんね!
・・・と自分に言い聞かせたものです。
今回、初めて彼らの新居にお邪魔してきました。

                         
友人(Mちゃん)家族は現在、東京都中央区に住んでいます。
ご主人の職場までも銀座までも歩いていけるという羨ましすぎる環境の中、この夏に生まれた
第2子女児とS君の子育てをしています。
友人宅の最寄の駅を下車した我らは、とりあえずケーキでも買おうとお店を探しましたが・・・
                          
無い!!
ケーキ屋さんが無い! 
銀座まで歩いていける距離ではあるけれど、徒歩15分はかかりそうだし・・・
どうしよう・・・どうしよう・・本当にお店が無いのかな?と駅前交差点をうろうろ・・・
「交差点渡ってあちら側を見てみよう」と信号を待っていた我らの背後から、相方の名前を叫ぶ男性の声が・・・

振り向くとMちゃんのご主人Sさんがこちらに向かって走ってきました。

彼はバスで外出し、バスの中から横断歩道で途方にくれている我らを発見したそうで、バスの中から窓をたたいて我らに声をかけたそうですが、全く気づきませんでした。(笑)

「いや、実はケーキ屋さんを探してて・・・」と言うと、
「あっ そうだったの。大丈夫大丈夫。今さっき買ってきたから。」と、手にはケーキの箱が。。。

なんともメンボクない。初めて友人宅訪問なのに菓子の手土産買えず・・・。
そしてこのまま、我ら3人連れ立って彼らのマンションに向かいました。

                         
到着してドアを開けるとS君が玄関に向かって走ってきました。

話しによると、S君は相方が来るのをそりゃもう楽しみにしていたそうで(私は?)、朝から母親
のMちゃんに向かって「ねえ、相方(とは呼ばないが)何時にくるの?いつくるの?」とずっと聞いて
いたそうです。
でも、ドアを開けて「ハーイ!S君!元気だった?」と話しかけると、「きゃっ」と叫んで奥の部屋に
駆け込んでしまいました。
久しぶりの再会で照れていた模様・・・うーん、かわいいね。

すぐに出てきたので、相方がアメリカから買ってきたCarsのカードゲームを渡すと、相方の周りを
飛び跳ねて喜んでいました。本当に可愛い!!

そして、生後4ヶ月のFちゃんとも初のご対面。
このFちゃんがまたまた素晴らしいおとなしい良い子で殆ど泣かない。
「おとなしい子」と話しには聞いていたけど、とにかくお利口さんでよく笑う。
生後わずか4ヶ月ながら、とても人間のできた赤ちゃんでした。
                           
まずは初対面のFちゃんを抱っこして写真撮影会。
相変わらず、赤ん坊を抱くのがとても下手な私と比較して、相方はそりゃもう慣れたもの。
さすが隠し子がいるだけあって・・・じゃなくて(←冗談)、いまやすっかり成長した2人の甥っ子の
面倒をよく見ていただけあって、子供の扱いに慣れています。
                          

しばらくしてSさんの買ってきてくれたケーキを頂きました。
銀座徒歩圏内はお店が違う!!GIOTTOの美しいケーキに目がくらむ私。

↓こちら私が大好きなモンブラン。・・・しかし相方にとられてしまった。くやしーっ!!
P1020241.jpg

味見させてもらったらゲキウマーーーーーっ!!
繊細かつ美しい味・・・アメリカでは決して味わうことのできない(?)細やかで柔らかな栗の
クリーム!!
相方も絶賛してました。

↓相方にモンブランを取られた私ですが、他のケーキもそりゃもう美味しそう。私は(左)のフルーツたっぷりのタルト。美味しかったぁぁぁ!S君は大好きなイチゴのケーキ。
P1020243.jpg P1020242.jpg

↓味もさることながら、目でも楽しめる・・・
P1020244.jpg P1020246.jpg

しばし、とーっても贅沢なひと時でした。
窓からは中央区の高層ビルや川の眺め。
我が家の窓から見える「森、時々野生の鹿」の眺めも悪くないけど、この都会の眺め!!
たまりませーんっ!!

                          

さて。
友人宅で積もる話しを沢山したり、カードゲームで遊んだりしているうちにすっかり辺りは暗くなりました。

この日の夜は、私のリクエストで皆で近くのもんじゃ屋さんに行くことに。
もんじゃ好きの私と、もんじゃ初体験の相方。
さてどうなることやら・・・
                          

我らは散歩がてら、もんじゃ街のある月島まで歩いていきました。

↓この日に訪れたもんじゃ屋さん「おしお」。こちらは駅前店ですが、もんじゃ街にもお店はあります。
P1020251.jpg

座敷で座るのが辛い相方のために、ゆったり椅子に座れる席のあるお店をMちゃんが選んで
くれたのでした。

通されたテーブルに着席すると、S君は相方の横に着席(笑)。パワー全快ではしゃいでいます。

さて、まずは鉄板焼きを楽しみましょう。。。ということで、エリンギ焼きとコーンバター。
そして、ミシガンではお手軽に魚介類が楽しめないので、ここで魚介類盛り合わせを注文。
P1020256.jpg P1020255.jpg

エビ、ホタテ、イカ、イカゲソ、そして牡蠣・・・バターで焼いて醤油をたらして・・・たまりませんっ!!
エリンギもしゃきしゃきしてて美味しかったぁっ!!そういえば、エリンギはミシガンでは見かけませんねぇ。。。
(追記:エリンギ、ミシガンで売ってました。アジア系スーパーはもとより、先日はアメリカのグロッサリーストアmeijerでも売られているのを見かけました。普段気にして探していなかったから、見かけないと思い込んでいたのでした。失礼しました!/ちなみにエリンギは「King Oyster Mashroom]や[King Trumpet Mashroom]という名前で売られています)

大好きなバターコーンを食べてS君も大喜び。

そしてお次はいよいよもんじゃ。

もんじゃ初心者の相方にもんじゃに慣れてもらいたい一心で、相方の好きなトッピングを探してみると・・・
ありました。ありました。
ピザもんじゃ。
これなら相方も食べられるでしょう。
そして私も、もんじゃの中で一番好きな「明太子餅」もんじゃを注文させてもらいました。

もんじゃの第一弾は、お店の人に作ってもらうことに・・・。

↓こちらプロが作ったピザもんじゃ。チーズが良い感じに溶けてきます。
pizzamonja.jpg

相方は一口食べた途端、「GOOD!! !」と目がハート。
まるでピザの上の具の部分を食べてるみたいなんだそうです。
確かに良い感じ・・・ビールやお酒に合う合う。

もともと、もんじゃはチーズと愛称が良いですからね。これはかなりヒット

そして、次の明太子餅もんじゃは私が作ることに。。。
                          

その昔、月島のもんじゃに通ったものだ・・・そして、お店のおかみさんにダメ出しされながら、
作ったもんじゃ。懐かしいなぁ~。・・・と遠き思い出にふける私。

相方が「本当に作れるのか?」と疑う中、「大丈夫まかせとき」と始めたものの、
キャベツや具だけを先に鉄板に入れようとしたのに、汁までジュジューっと流れてしまい、
焦る焦る・・・。
それでも、なんとか出来上がりました。

↓(左)cojicoji作明太子餅もんじゃ。ちょっと形がいびつ?(右)Sさん(お父さんのほうね)の作ったお好み焼き。
mochimentaimonja.jpg okonomiyaki.jpg

やっぱ美味しい~っ!形がイビツでも問題ない!味は一緒!!

もんじゃをつつきながら、「あれ?なんか静かだな」と思ったら相方の横にいるS君がすやすやと寝ていました。
昼間からパワー全快ではしゃいでいたので疲れてしまったのね。。。

結局、このあと焼きそばも作ったのだけど、S君はお店を出るまで眠りっぱなしで、バターコーンしか食べられず。。。(涙)。
焼きそばはお持ち帰りとしました。
                           

鉄板焼き、もんじゃ、お好み焼きを堪能してお店を出ました。
あ、ちなみに4ヶ月女児Fちゃんも一緒にいました。殆ど寝てるか起きていてもそりゃもうおとなしくて、感動ものの優等生。

MちゃんとSさん(背中には眠りから覚めたばかりのS君)は、相方のために月島もんじゃ街の散策に連れて行ってくれました。

↓小さくて汚いお店も沢山あるのだけど(そういうお店が美味しかったりする)、月島もんじゃ街自体はきれいです。遠くにそびえ立つ高層マンションが大都会中央区らしいですよね。
P1020279.jpg

↓このもんじゃ街にはこのような路地裏が沢山あります。そしてその路地裏にも沢山の穴場あり。
P1020277.jpg

会社帰りに月島まで地下鉄に乗ってやってきたものです。
懐かしいなぁ・・・
そんな気持でもんじゃ街を歩く私と、初めてみたもんじゃ街をもの珍しそうに眺めながら歩く相方。

相方にとっては、同じエリアに同じ業種のお店が何十と並んでいるのが不思議でたまらないようです。
もんじゃ屋さんばかりが集中してビジネスが成り立つのか・・・と。

成り立つお店は長いこと存続し老舗となります。
しかし、やはり経営が続かず閉店となるお店もあるのかもしれません。

それでも、「月島のもんじゃ」という街の特色で、「もんじゃを食べるなら月島に行こう」という客が今も多いんじゃないかと思います。

長いこと、もんじゃを食べてなかったけど、本当に何年ぶりかにもんじゃを味わい、またすぐに食べに行きたい気分になりました。
次回相方と日本に来たときにもまた行きたい。

一通り散策した後、我らは月島駅から帰宅の途につきました。

地下鉄の階段を下りて我らの姿が見えなくなるまで手を振り続けてくれたMちゃんファミリー。

この日も、心に残る楽しい思い出となりました。


・・・後日。

相方はミシガンに戻り、あらゆる人(家族や職場の人)にもんじゃの話しをしてるようです。
もんじゃがどんな食べ物であるか・・・てことを。
これ、アメリカ人にも日本人同様、好き嫌いが分かれそうだけどね。とりあえず、相方が受け入れてくれてホッとしました。


Mちゃん、Sさん、S君、Fちゃん! 本当に楽しい時間をありがとうございました!!!


2011.12.12 / Top↑
(前回からの続き)

さて、いよいよ入館!

下調べ周到なまっちぃ情報によると、このミュージアム内にあるカフェが人気だそうな。
そして、そのカフェはあまりにも人気があるため、待ち時間が平均120分(2時間!)位だそうな。
さらに、カフェでは待つための番号札をくれるそうな。

・・・そんなわけで、入館してまっ先に向かったのはカフェ。
番号札を貰い、約1時間半後をメドにカフェに戻ってくる計画で、さっそく館内見学開始。

このミュージアムには、藤子・F・不二雄氏が描いた漫画のカラー原画や第1話の原画など、貴重な資料を見ることができる展示室が2つあります。
この2つの展示室は残念ながら写真撮影不可。
写真でご紹介できないのが残念ですが、この展示室は見ていて時間を忘れるほど楽しかった!
数多くの古い原稿が展示されていて、今のアニメとはまた違った、当時の藤子・F・不二雄の世界が広がっていました。
当時の古きよき原画や複製画がある一方で、現代のテクノロジーを駆使した展示も。

漫画を創作する行程を、ドラえもんとのび太が分かりやすく説明する立体映像がありました。
ただの映像ではなく、(本物の)ショーケースの中で繰り広げられる3Dの映像。
原稿用紙の上をドラえもんとのび太が駆け回って漫画を描いていく様が見れます。
(すんません!上手く説明できないけど・・・イメージ分かってもらえたでしょうか??)
ここは大人気で、この立体映像を見るためにさらに並ぶことになりました。

この展示室を眺めていたらあっという間に1時間半が過ぎてしまいました。

あわてて我ら一行はカフェに行ってみると、まだ自分たちの番はまだ先。

時間つぶしもかねて、屋外の展示物を見学することに。(こちらは写真撮影可)

屋外の展示も、そりゃもう楽しい藤子・F・不二雄ワールド!

↓建物を出てすぐに目に付くのが芝生に寝転ぶパーマン1号と2号。
P1020171.jpg


↓こちら建物の壁にあるオバケのQ太郎(とO次郎)。写真撮影用のフレームが設置されていますが・・・
P1020166.jpg

これが難しい。人を入れて撮ろうとするとどうしてもボケてしまう。
QちゃんとOちゃんだけを撮るためのフレームなのかな?
とりあえずこんな感じになります。
P1020167.jpg

ボケない写真が撮れるまで撮り直ししたかったけど・・・後ろには写真撮るための長い列・・・あまり粘るわけにもいかないのでその場を去り再びカフェへ戻ると、ほどなくしてようやく私たちの番が。

↓こちらが大人気のミュージアムカフェ。天井も高くゆとりのある空間ですが、とにかく大人気で
待ち時間長すぎ!
P1020174.jpg

↓人気の理由はやっぱりキャラクターを意識したメニュー。ドラえもんのドリア(ドリアもん)は
お隣で食べてる人がいましたが、なかなかのボリュームで美味しそうでした。
P1020176.jpg

ここでは私たちはお茶をしただけ。
私とまっちぃはなんといってもキャラクターアートが施されているラテ。
コーヒーが好きでなく、喉がカラッカラの相方は好物のカルピス。

↓(左)相方注文のカルピス。グラスにはドラミちゃんが・・・しかしサイズが小ぶりで相方には
物足りなすぎ。(右)紙製のコースターもお持ち帰り必須なほどすばらしい。
P1020175.jpg P1020180.jpg

ちなみに、注文時にお店の人に「ラテの模様は好きなキャラクターが選べるんですか?」と聞いた
ところ、「そのときのお楽しみです」との返答が・・・
えーっ ドラえもんが欲しいのにぃっ! ジャングルクロベエとかウメボシ殿下だったら
どーしよー!! (←結局そういうマイナーなキャラクターは無かったのだけど)

そしてやってきたのは・・・

↓やったー!私のラテ(ヘーゼルナッツだったかな?)はドラえもん!
 まっちぃのバニララテはパーマン。
P1020179.jpg

ドラえもんを崩すのが嫌で、飲みだすまでに時間がかかったことかかったこと・・・。

ラテを飲み終わると、カップの中にもキャラクターの絵が。

↓ちょっと汚れたカップで失礼。・・・あれ?この人誰?
P1020185.jpg

これ・・・ジャイアンだそうです。
しかも「きれいなジャイアン」だって。

私はそのエピソードを見たことが無いのですが、なんでもあらすじによると、ドラえもんの道具の1つの「きこりの泉」。
これはイソップ童話 『金の斧』を元にしたもので、そこに物を落とすと泉から女神ロボットが
出てきて、「あなたの落としたものはこの綺麗な○○ですか?」と聞いてくるとな。
そして正直に答えると、正直さを称えて上位品がもらえるそうな。
この「きこりの泉」のことを知った欲張りなジャイアンは、自分のおもちゃ全てをこの泉に投げ込もうとして、勢い余ってジャイアン本人が泉に落ちてしまったとな。(んな、アホな)
それを知ったドラえもんとのび太がきこりの泉に駆けつけると、泉から出てきた女神ロボットが
「きれいなジャイアン」を差し出してきたそうな。
そこでのび太は「違います、もっときたいないの」(←爆)と答えたそうで、その正直さを称えて
きれいなジャイアンを貰うことになり、本物のジャイアンが戻ってこれなくなった・・・というストーリーだそうです。
私の周囲の友人たちは意外にもこのストーリーを知ってる人が多かった。

そして、このミュージアム内には、きこりの泉とその中から出てくるきれいなジャイアンを見ることができるそうです。
これは絶対見ないわけにはいかない!!

とりあえずカフェを出て、近くの展示物見物を続けることに。

↓館内には大きなドラえもんのガチャガチャが。我らも早速1つ購入。ドラえもん狙いだったのだけど、出てきたのは恐竜のおもちゃでした。
P1020202.jpg

このミュージアムは緑に囲まれた丘陵に沿って建っています。
2階(3階?)から外に出る扉があり、屋外にはドラえもんにたびたびでてくる「原っぱ」が再現されていました。

↓屋外写真撮影一番人気の原っぱ。
 ここでよくのび太がジャイアンやスネオたちと遊んだり野球したりしてますね。ドカンはほんとうに
 ドカンの形をしていて、 中に入って遊んでいる子供たちもいました。
P1020187.jpg


↓どこでもドアもあるよ。外もだんだん暗くなってきました。。。
P1020193.jpg


↓これは映画バージョン?恐竜とドラえもんたち。
P1020194.jpg

すっかりと日がくれて、昼間に訪れたオバQとO次郎のもとに再び訪問・・・

↓夜がこれまた素敵なのね。ライトアップが・・・思わずQちゃんドアップで。
P1020197.jpg P1020199.jpg

ところで、このミュージアムは入場時にショートムービーのチケットがもらえます。
館内にあるミニシアターで本物さながらの高画質な映画(10分くらいの短いもの)が見れるのです。こちら時間制となっていて、約15分に1度上映されます。
ミュージアムの閉館時間は午後6時。
辺りも暗くなってきたので、急いで観にいかねば!

↓ミニシアターに入る前の注意事項がモニターから流れていました。(左)飲食と携帯禁止・・・
 そして・・・(右)ねずみ来場不可(笑)。
P1020212.jpg P1020213.jpg

短いながらもこのショートムービーなかなか面白かったです。子供の気持に戻ってワクワク
しちゃいました。

さて、時計を見るともう5時過ぎ・・・あっ お土産買わなきゃ!!

(左)お土産屋さん(ミュージアムショップ)は大混雑。(中)ショップ内にもアニメのモニターが♪
(右)この大型ドラえもんフィギュア、お値段なんと\60,000!! 買う人いるのかな?
P1020207.jpg P1020209.jpg P1020208.jpg

オフィシャル商品だけあってお値段、なかなか高いです。
限られた予算で欲しいものを厳選購入。
嬉しいことに、英語版コミックが売られていました。1巻を持っている相方には2巻と3巻を購入。

↓その他購入例:ドラえもんのマグネット。高いだけあって(オフィシャルだけあって?)なかなか
すばらしい出来栄えです。
IMGP9452.jpg


すっかり満足した我ら。
じゃ、トイレにでも寄って帰ろうか・・・と思ったものの、何か忘れてるような。。。


あっ 美しいジャイアンを見てない!!

あわてて、「きこりの泉」をさがしてウロウロ。

館内の従業員の人に場所を聞いてあわててそちらに向かいました。

こちらも屋外。
どっぷり暮れたところにある泉。ある意味神秘的?

↓おおぉぉぉ~!きれいなジャイアンが出てきた。本当に水の中から出てきたぁ!
P1020214.jpg

いや、これ実は泉の横に手回しレバーがあって、それをぐるぐると必死にまわすと水の中から
きれいなジャイアン人形が出てくるしくみ。写真撮影するには、誰かに一生懸命レバーを回して
もらわなきゃならないわけ。
一人観覧だと撮影難しいかも?(人に頼むしかない)

これは相方が必死に回したものです。

↓しかしこれ、ジャイアンっていうか・・・別人だね。
P1020215.jpg

↓泉に戻っていく姿は哀愁を感じました。。。さいなら~
P1020216.jpg P1020217.jpg

このきれいなジャイアン、最後に我らを大いに盛り上げてくれました。

最後はお手洗いに寄って帰りましょう。

↓お手洗いのサインもこのミュージアムならでは。
P1020225.jpg

女性がしずかちゃんで、男性は・・・このヘアスタイルのび太じゃないよね?パーマンのミツ夫君とも若干違う・・・?誰?
P1020222.jpg P1020224.jpg

午後2時に入場して、退場したのが午後6時過ぎ。
2時間もあれば見終わってしまうと思っていたのが大間違い。
まだまだもっと居ても良いくらい見足りない~!

帰りのバスでは、登戸駅に着く寸前に運転手が
「当バスはまもなく登戸駅に到着します。直通バスなので不要ですが、この機会ですので思う存分降車ボタンを押してください」
とアナウンス。

↓やっぱり押したくなりますよね。このボタン。
P1020229.jpg

この気の利いたジョークに乗客一斉にボタン押しまくり。私も負けてなるものかっ!と押しました(笑)。

↓バスの往復チケット(見つかりました)。ねっ なかなか記念になる切符でしょ?
IMGP9451.jpg

あぁ~楽しかった!!
相方も大満足。本当に楽しかったようで、ミシガンに戻ってからも色んな人に話してます。
(でもアメリカ人、藤子・F・不二雄知らないんじゃないかな。。。)
私はというと、チャンスがあったらまた行きたいくらい大満足!です。

ちなみに、入場料は大人 1,000円。最初「ちょっと高いかも?」と思ったけど、いやいやそんなこと
ありません!
藤子・F・不二雄ワールドが好きな人は、値段以上にたっぷり楽しめちゃいます。
難点はやっぱり混雑してることかな。どこに行っても人・人・人。

今回はまっちぃのすばらしい下調べやチケット購入といったアレンジのおかげでここまで楽しめました。まっちぃ、ありがとうー!!本当にいつもありがとう~!

《チケットの購入方法やアクセス等の詳細はウェブサイトで》
http://fujiko-museum.com/ticket/


2011.12.07 / Top↑
この記事長いです。
しかも1度に書ききれないので前・後編に分けさせてもらいます。
完全に個人的好みな世界。
                    

今回の里帰りで非常に楽しみに(特に相方が)していた予定がありました。

それは藤子・F・不二雄ミュージアム見学。

相方はドラえもんの大ファン。
昔、友達から英語版のコミックを貰って読んで以来、このドラえもんが大好きになったんだって。

藤子・F・不二雄ミュージアムとは、神奈川県川崎市にあります。
長年、川崎市多摩区に住んでいた故 藤子・F・不二雄氏とゆかりのあるこの土地で、彼の代表作「ドラえもん」、「オバケのQ太郎」や「パーマン」、その他多くの作品の原画・記録等が展示されているこの博物館。
オープンしたのは、今年の9月。

まっちぃがこの博物館の存在を教えてくれ、それを知った相方は目がハート「行きたい!そこ行きたい!」と。

しかし問題が入場券。

この博物館は、日時指定の完全予約制。
この予約は、希望する観覧日の1ヶ月以上前から開始されるので、我らが11月に日本に着いた頃には売り切れてるかもしれない。
なんといっても、9月にオープンしたばかりですから。。。
我らが希望する日程の入場券の発売開始はなんと9月30日。

そこでまっちぃにお願いして予約をしてチケットを事前購入してもらうことに。
まっちぃも一緒にミュージアムに行くと言ってくれました。

                     


さて、当日。

ミュージアムの最寄駅「登戸駅」に到着すると、「ドラえもんの像」があるとのまっちぃ情報。

↓もしかしてあれ・・・?小さくてよくわかんないわ。
P1020135.jpg

↓近づいてみたら・・・たっ 確かにドラえもんです。小さいけど立派です。かわいいねぇ。
P1020136.jpg

この登戸駅からミュージアムへは、シャトルバスが出ています。
価格は片道200円。往復だと400円。・・・ちょっと高いわね。

でも、往復チケットはドラえもんの絵が描いてあるかわいいもの。
(今、荷物のどこかに紛れ込んでしまい、見つからず写真掲載できず残念)
記念に残せる切符です。

しかもバスは・・・

↓すごーい!藤子・F・不二雄の漫画がペイントされてる!
パーマンとコロ助(キテレツ大百科)と後部にドラえもんの絵が・・・
P1020139.jpg

私たち以外にも、バスを待っているお客さん殆どが、この可愛いバスの写真を撮りまくっていました。

シャトルバスは数種類あります。
↓以下の2種類の他にも2,3種類あるようです。
P1020138.jpg P1020141.jpg

↓後ろ姿・・・。
P1020137.jpg P1020143.jpg

ところで。
この後姿のナンバープレート。どちらも21-12となっているの見えますか?
これは、ドラえもんの生まれた年「2112年」をモチーフにしているそうです。
これ、まっちぃ情報。(まっちぃ下調べグッジョブ!)

さらにさらに!!
ドラえもんのお誕生日は2112年9月3日。
なっなんとっ 相方の誕生日9月2日。
ドラえもんが大好きな相方、誕生日はわずか一日違いだった!!星座も一緒だから性格も似てるのかな?(笑)

・・・実は最初、ドラえもんの誕生日が9月3日と聞いて「相方と一緒だー!!」と大騒ぎしました。
相方にそれを言うと「ボクの誕生日9月2日・・・」と。
2年前は彼の誕生日忘れてたし、あたしったらダメ妻・・・。
とにかく1日違いだなんて、よりいっそう他人に思えないドラえもん!

バス乗り場は長蛇の列でした。
この日の私たちの入園時間は金曜日午後2時。
平日の昼間なのに、ミュージアムはかなり混雑している模様。
人気だ・・・チケットまっちぃに買っておいてもらって良かった。

1本目のバスに乗れず、次のバスにようやく乗れました。
しかし混雑のため立ち。

ちなみにこのバスは、車内も凝っています。

↓下りる際のボタンと座席は(私たちのバスは)パーマンのモチーフ。ドラえもんボタンもきっとあるんだろうな。
P1020154.jpg P1020229.jpg

P1020227.jpg


バスがミュージアムに到着し、入り口に行ってみるとそこも長蛇の列。
うわぁ~。入場制限あるっていうのに、なんだこの混雑具合は。

列で入場を待っている間も、建物のショーケースには藤子・F・不二雄先生の漫画のキャラクターフィギュアが飾られていたりして、退屈しのぎにもってこいです。
↓(左)はエスパー魔美という漫画だそうです。私はこの漫画知らなかったのだけど、TVでも放映されてたんですね。
 (右)はキテレツ大百科。私はコロ助が大好き♪
P1020159.jpg P1020161.jpg

↓もちろんドラえもんもあります。マニアにはたまらんねぇ~。
P1020162.jpg P1020156.jpg P1020160.jpg


長蛇の列の客層はというと・・・

確かに小さい子供を連れた家族連れもいるのですが、圧倒的に多いのが30~40歳代の大人たち。
藤子・F・不二雄の漫画といえば、この世代に人気ですよね。

館内は、藤子・F・不二雄の漫画の原画やその他とても貴重な資料が展示されています。
この展示室では、「おはなし電話」というトランシーバーのようなものを持って回ります。
建物の入り口で配られるこの「お話し電話」は、展示されているものの番号を押すと、その資料の説明音声が流れてくるというしかけ。
最近、色々な博物館や水族館等で見かけますよね。

この「おはなし電話」、なんと英語バージョンもあります。
なんだか国際的ね。
相方・・・よかったね。(←私の下手な英語でイチイチ説明しないで済んでホッ)

さあ、おはなし電話を貰っていざ入館!!

・・・と長くなったので、次回「後編」に続かせていただきます。

まった見ってね~   








2011.12.05 / Top↑
早いもので、今日から12月。
師匠も走る「師走」とは良く言ったもんだ。
この時期、日本から戻ってきたばかりなものだから忙しくてせわしない・・・
・・・そんな中、昨日義母から電話。
まだ日本から戻って1週間たってないというのに、この週末義両親がうちに泊まりにくるって!
3週間後にはクリスマス休暇で彼らとどっぷりたっぷり一緒に過ごすっていうのになぜ今・・・?
掃除が間に合わないよ~(泣)。

さてそんな中、掃除は後回しにして、日本滞在時の記事を書いています。

                      

今回の里帰りでは、1年ちょっとぶりに母の実家のある街へ家族と行って来ました。
場所は栃木県北部。

今回の目的は入院している伯父のお見舞いと親戚との会合。そしてご先祖様のお墓参りでした。

↓栃木県北部ですが、11月中旬で紅葉の見ごろはまだちょっと先といった感じでした。
P1020068.jpg


まずは従姉妹や伯父・伯母の家を訪問。
この街には母方の親戚が多く在住しているので、「あそこに行ったら、こちらにも行かないと失礼」・・・といった感があり、大企業のVIPさながらの分刻みのようなスケジュールでした。
それにしてもどの家に行ってとても歓待してくれて・・・親族の暖かさを感じちゃいます。

今回も近くのホテルに滞在。

夜は親族を招待して、ホテルのレストランで宴会をしました。

↓今回の里帰り一番の贅沢?会席料理。
P1020059.jpg


↓写真に納まりきらないくらい、どんどんどんどん料理が出てきます。
(右)は白身魚・・・鯛かな?の蒸し物の上に大好物のウニがっ!!
P1020060.jpg P1020061.jpg

伯父・伯母や従姉妹たちとご馳走食べながら久しぶりに楽しくゆっくり話しができました。
高齢の母も楽しんでいたようです。

                      
このホテルには温泉もあるので、1年以上ぶりの温泉も堪能しました。

普段湯船に浸かることをしていない(シャワーだけで済ませている)ので、広々とした浴槽は本当~に気持良いね!
湯上りに、脱衣場にかかげてある温泉の効能を1つ1つ読んで、健康を実感したりして。。。
ああ、至福


                       
翌朝。快晴。

日本のホテルのお食事はやっぱり和定食に限る!
ご飯、お味噌汁、塩鮭、佃煮、漬物、山菜の煮物、納豆、タラコ・・・ああ、たまらんこの組み合わせ!

P1020064.jpg

相方も和定食を堪能・・・しかし・・・

苦手な納豆は父に譲り、さらに・・・
                      
↓もっと苦手なタラコは私のもとに。タラコ大好きな私は2人前いただき!!塩分とりすぎ?
P1020065.jpg

かわいそうなので、相方の好きな塩鮭を半分(←全部じゃない)あげました。

前日の分刻みのスケジュールの疲れがまだ少々残っていましたが、朝の温泉→ゆっくり朝食をしてパワーチャージ。
朝食後すぐにチェックアウトして、昨日も立ち寄った伯父・伯母の家に向かいました。


さて、昨年この親戚の家を訪れたときにも記事に書いたのですが、伯父・伯母の家で今回も大好きなアイツと再会できました。
そのアイツとは・・・

↓伯父・伯母の家の飼い犬。タロ。雑種犬 ♂ 
P1020072.jpg

このタロが本当~に可愛いんです。
全く吠えないフレンドリーな犬なので、番犬には頼りないけれど、とにかくおとなしくて可愛い犬。
なぜか相方のことが大好きで、相方が近寄ると尻尾をブンブンと振って飛びつきます。
去年は私の新品の靴におしっこしようとした、少々おバカなワンコですがとにかく憎めない。

伯父いわく「全く病気もせずに獣医知らず。とにかく手のかからない優等生」だそうです。

↓ちょっと足が短いところも可愛すぎ。
P1020042.jpg

そしてコチラが・・・

↓気まぐれ猫のタマ。(この家のペットは名前がベタすぎるシンプルさ。そこがまた好き。)雑種♀。
P1020075.jpg

彼女は本当に気まぐれです。
ニャアと擦り寄ったので撫でようとすると、ススッと逃げてしまう。

しかし、どういった風の吹きまわしか? 今年はとってもフレンドリー。
しばしば、私の膝の上にちょこんと乗っかってきて昼寝をしてました。

↓こんな風に目を閉じて、ゴロゴロと喉を鳴らして・・・
P1020090.jpg

しかし結構大きいこの猫、お・・・重い。

タロもタマもどちらも可愛くて連れて帰りたいほどでした。


↓帰り際、伯父・伯母と共に寄ったこのお店。店内も超素朴な小さな食堂。
P1020083.jpg P1020084.jpg

ここで、私が世界で一番好きなラーメンを堪能。
↓ちょっと日差しと影がかかってしまってよくわからないね。
P1020087.jpg

                                
ラーメン通では無い私。
特にラーメン好きでもない私。

ここのラーメンは今流行の有名店にあるような、超コシのある麺でもなく特に凝ったスープでもありません。

でも、あっさりした(魚と鶏ガラからとった)スープがよぉーくからむ細麺は驚きの美味しさで、ツルツルといくらでも食べられちゃいます。
昔ながらの中華そばと言った感じ。とにかくとってもおいしいのです。
特にスープがおいしい!ゴクゴクいけちゃう感じ。

世界一好きなラーメンを食べて最高な気分で終えた栃木旅行。

美味しさいっぱいの小旅行でした。

2011.12.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。