国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、一日中降っていた鬱陶しい雨が日暮れ頃からみぞれになってきました。
(夕方から夜にかけて運転していた私はビクビク)

そして今朝起きてみると・・・

↓銀世界・・・ (まだ夜みたいだけど、これでも朝の7時)
P1020378.jpg

日本からミシガンに戻ったとき「雪降ってるんだろうなぁ」と思ったのに意外にも雪は全くなく、我らの乗った飛行機がデトロイト空港に到着した際の気温はなんと15℃。
日本を発ったときの気温とほぼ同じ。

暖かいじゃーん。今年のミシガンは暖冬だねっ!楽勝楽勝・・・と思っていたのですが、やっぱりそうはいかなかった。

私にとっては初雪のミシガンだけれど、私たちが日本にいる間に既に初雪は降っていたのかな?
噂では今年は雪が多いようです。
実際はどうなんだろ・・・。多くないと良いのだけど。


本日朝9時の時点の気温はゼロ℃。氷点下じゃないだけまだ良いか。

11月も今日で終わり。
例年では10月に初雪があり、11月には雪が定着してる・・・なんてこともあるから、やはり今年は暖冬なのかな?

↓日が燦燦と照ってきています。
IMGP9438.jpg

今日の雪が解けるのも時間の問題ね。


スポンサーサイト
2011.11.30 / Top↑
デトロイトから成田までは、約13時間の飛行時間。
これが長い!
飛行機が苦手な私にとって、この長時間フライトは苦痛以外のなにものでもありません。

・・・しかし今回に限ってはいつもと違います。

マイレージを使って手に入れたチケットはこの往路(デトロイト→成田便)だけがビジネスクラス。
いつもの窮屈な席とは違ったフライトができます。

相方は
「機内では、僕らは他人のふりしよう。なんでかって?そりゃ美人スチュワーデスと仲良くなるために決まってんじゃん!」(←もちろんジョーク。)なんて言い出すし、
私は
「ああ~ シャンパン何杯飲めるかな?機内は気圧の関係で酔いが回りやすいからあまり飲めないよなぁ。でもシュワシュワ堪能したい~
・・・と二人とも旅行前から有頂天。単純で庶民すぎる夫婦。

空港に着きチェックインを済ませると、すぐに出国手続きをして空港内のラウンジへ。

デトロイト空港には計4つのデルタ航空スカイラウンジがあるようですが、我らは中央のラウンジを
利用。ラウンジの利用も普段では味わえないお楽しみ。

ラウンジ内。人のいない場所で、こーっそりとフラッシュをたかずに写真撮影しました。

↓落ち着いた雰囲気のラウンジ。・・・しかし、日本(成田)のラウンジのほうが綺麗かな。
P1010994.jpg

さて、お目当てのシュワシュワ(シャンパン)はどこかな?
・・・とリカーコーナーに行ってみたものの、シャンパンなし。がっくし。

↓仕方ないので白ワインで。・・・って、結局飲むんかいっ!相方はビール。
チーズやマフィンやプレッツェル、ハマスなんかもありました。
P1010995.jpg

ビール好きの相方。ここにはバドワイザーやクアーズより少々お高めのハイネケンもあって相方の目がハートに、腹がビヤダルのようになってました。

全体的には(飲み物、スナック、雰囲気全て)日本のラウンジに軍配って感じですが、それでも無いよりはずっと良い。
時間がなかったので、若干30分程度だったけどゆったりできました。
あ~。毎回当たり前のようにここを使える人が羨ましいわ。


さて機内。

今回、せっかく滅多に味わえないビジネスクラスということで、席は最前列を確保しました。
普段、格安チケットを買っているので比較的後ろ目の席ばかりの我ら。
この際だから、一番前に乗ってやろうということで。
先頭から3列目までは1列あたり4席。
この席もプライベート感たっぷりで良い感じ。写真も人目を気にせず撮れるぞ。

さて。。。私がジャケットを席のすぐ目の前にあるクロゼットに入れてたら、背後から
「私がやりますよ。私の仕事ですから・・・」という男性の声。
振り向くとそこにはスチュワートが笑顔で立っていました。

相方がかなり期待していた美人スチュワーデス。
・・・が、結局、我らの担当のFA2名は二人とも男。しかもオネエ系。

素人の私(?)が見てもすぐに分かるオネエ系スチュワート。見た目は完全に男性だけれど、身のこなしも言葉遣いもとてもフェミニン。
相方が心のなかで「チッ」と舌打ちしているのが聞こえるようでした。(苦笑)

でもこのオネエFAがとてもきめ細かいサービスで気が利く。
普段、エコノミー席でFAからは粗雑な対応を受けているので、この気の利いたサービスが嬉しい。

席につくなり飲み物がもらえるのもビジネスならでは。

↓やっとお目当てのシュワシュワ・・・!
P1020002.jpg

しかし、のんびりゆっくり飲んでいた私は、離陸時間となり半分以上シャンパンがが残っていたグラスを下げられてしまいました。あちゃっ。

↓普段は通路側を予約するため久々の窓際。窓からの眺めはエコノミーとはまた違って見えるわねえ。。。って一緒か。
P1020001.jpg

期待していた食事ですが、こちらはちょっと・・・いや、かなりがっかり。

↓スターターとして写真奥がトマトスープ。手前右がエビのカクテル(ソースは辛目)。右がなぜか(!)うどんのサラダ風?
P1020003.jpg

トマトスープはとっても美味しかったです。エビもまあまあ。・・・しかし、うどんはあり得ないマズさ。

↓サラダはドレッシング共々美味しかったです。
P1020004.jpg


しかし、メイン・・・。

↓(左)は相方注文のビーフ。(右)は私が注文したカモ。
P1020005.jpg P1020006.jpg

相方はこのビーフを大絶賛。私も味見させてもらったけれど、不味くはないけどそこまで絶賛するほどでも・・・

・・・そして、私のカモ。こちら、全くと言って良いほど、口に合わず。
とにかく美味しくない。マズイ!!

結局ふたくち食べてギブアップ。
笑顔が華やかなオネエ系スチュワートからは、皿を下げる際に
「あら?全然食べなかったのね」(←そんなオネエ言葉じゃないけど、口調が・・・)
なんて言われる始末。

復路(デトロイト行き)のエコノミークラスで食べたビビンバライスのほうが、よっぽどお口に合いました。
やっぱり味覚はエコノミー仕様?(涙)

↓しかしワインはとっても美味しかったです。写真左の赤ワインは深い渋みとブドウの香りが好みの味。名前を控えておいて後日買おうと思っていたのに忘れてしまった!
 デザートも美味しかったです。
 各種そろっていたのに、お腹一杯でフルーツとイチゴのチョコレートがけしか食べられず。(写真のワインはデザートワインで相方が頼んだもの。)
P1020007.jpg P1020012.jpg


このフライトで使われているボーイング747型機は新しくないので、フラットシートとはいかないけれど、限りなく180度近くまで倒れるシートはやっぱり快適。
若干傾斜があるため、前方にずり落ちてしまうので、ベッドのような快適さ・・・とはさすがにいかないけれど、エコノミーのあの辛さを考えたら天国。

成田空港に到着した際も「え?もう到着?まだこの席にいてもよろしくてよ。」なんて思ってしまうほど。
後ろ髪引かれながらも、13時間献身的なサービスをしてくれたオネエ系FAに別れを告げて機内を後にしました。
今でも、相方と「あー、本当に楽だったね」と語り合うほど。
なけなしのマイレージも使ってしまったし、もうあと10年は体験できないだろうビジネスクラスでのフライト。

これだけ堪能できたら元も取れたってものです。


ちなみに、デトロイト行きの復路便はエコノミークラスだったものの、前方ブロックで最後列。後ろに人がいなく我らの横も空席だったため、普段と比べてかなり快適でした。

しかし特筆することもないので、『デトロイトへのフライト編』はありません。

あしからず。。。



2011.11.28 / Top↑
今回は相方も同行。
通常は相方に先にミシガンに戻ってもらい、私は引き続き日本に長居しているのですが、今回は
相方と共にミシガンに戻りました。
2週間ちょっとの滞在だったのでいつもより短い里帰り。
忙しいスケジュールで体力的に少々きつい里帰りでしたが(←って自分が立てたスケジュールだけど)、楽しい思い出も沢山できました。

ところで、最近の航空券の高騰には本当に頭が痛くなります。
                     
我が家は駐在員でもなく、相方の仕事は全く出張がないのでマイレージもなかなか溜まらず、
さらにデルタ航空のデトロイト-日本路線は割引をしないことで有名な路線。
日本への直行便はこのデルタ航空のみなので、客の足元を見てるとしか思えん!
・・・と、航空券購入に関してはきわめて厳しい環境であります。

今回の里帰りも、実は年末年始にかかるようにしたかったのですが、航空券のあまりの高さに
断念。(今回は2人分だから)
そして比較的安い時期の11月で調査したものの、それでも一人$1,800。
庶民な私たちは、11月の航空券代二人分捻出もままならず、これまで長年コツコツ集めた
「なけなしのマイレージ」を使うことにしました。

しかしデルタ航空おそるべし。
一番安い時期と言っておきながら、直行便で一番安い日程でも一人120,000マイル也。
ノースウェストの頃は60,000マイルから直行便でチケットが取れたのに、デルタで60,000マイルでチケットを取ろうとすると、上海経由や北京経由、もしくは乗り継ぎ3回などという、あり得ないルートしか見つからない。
腹立つなぁ。。。

そんな中、直行便の最安値(最も少ないマイレージ120,000マイル)でヒットしたチケットは、
なぜか片道がビジネスクラス。
一方、往復共にエコノミークラスの直行便(同じフライト)で検索すると、なぜか190,000マイルと高騰してしまいます。
              まさに航空業界のなぞ。

なぜだかわからないけど、往復直行便で片道ビジネスクラスなら12万マイルでもまあ良しとしよう・・・ということで即予約。

ビジネスクラスかぁ~。
駐在員の皆様にしてみたら珍しくもなんともないでしょうが、超平民な我らはこのビジネスクラスに大盛り上がり。

私はこれまで何度か経験があるけれど、相方にとっては人生初のビジネスクラスでのフライト。
マイレージ使用チケットでもラウンジ使えちゃう?
食事はどんなかなぁ?
各席にパーソナルモニターがついてるのが嬉しいなあ。(←デルタのデトロイト-成田便のエコノミーにはいまだにパーソナルモニターが無いのですよ!座高の低い私は前方の大型スクリーンがいつも見えない。)
・・・なんて事前に夢が膨らんで止まらない平民夫婦。


さて、日本行きの道中はどんなお楽しみになるんでしょう。

次回に続きます。





2011.11.27 / Top↑
ご無沙汰しております。

突然ですが、今日本にいます。
一週間前に里帰りしてきました。今回は相方も同行です。

今回は(も?)家の事情での里帰りなので、友達や相方と旅行したり遊びまわったりすることは
なかなかできません。

それでも、母の故郷に家族で行ったり、限られた時間で友達と会ったりさせてもらっています。

友達たちは私たちの事情を理解してくれて、限られた時間をできる限り私たちに合わせてくれています。
本当にありがたいことです。

すでに2組の友人たちと会うことができました。
いずれも友人の家に遊びに行かせてもらいました。

奇遇なことに、この友人宅というのが、いずれも高層マンションの高層階。
普段ミシガンでは高層ビルを見ることが殆どないので、久しぶりに都会の雰囲気を満喫させてもらいました。

↓こちらは前回5月に帰ったときも遊びに行かせてもらった、べるゆきとご主人のマンション。
 東京スカイツリーのすぐそばにあります。31階からの眺め!!

P1020018_convert_20111117113532.jpg

今回も前回と同じメンバー。(べるゆき、Napo、kemeちゃん、ご主人のなおちゃん)
ただし、べるゆきのご主人が海外出張のためご不在。かわりに前回日本にいなかった相方が参加してます。

↓べるゆきは今回も皆のためにたくさんの美味しい料理を用意してくれました。
 それプラス買出ししてきた食料も入れて、テーブルはご馳走でいっぱい!!
P1020019_convert_20111117113630.jpg P1020021_convert_20111117113700.jpg

お昼前に開始したのに、あっという間に時間が経って外は真っ暗に!

↓これまだ夕方の時間帯なんですが・・・日本は今、最も日が短い季節なのね。
P1020033_convert_20111117113742.jpg

あわてて、居心地の良いべるゆき宅をおいとましました。
このメンツとは帰国前にもう一度会うことができます。

                 
翌日。
ミシガンで仲良くなった友達pippiさんご家族に会いにいきました。
彼らも高層マンション在住!いやぁそりゃもう良い眺めでした。素敵!

あまりの興奮と、会話に忙しすぎて写真を撮りそこねてしまったのだけれど、ガラス張りの角部屋から見る、都会の風景は素晴らしくもあり懐かしくもありました。・・・って、あたしったら高層マンションに住んだ経験はないのですが、職場から見る風景とダブったわけです。(汗)

そしてpippiさん手作りの美しく美味しいご馳走もそりゃもう感動ものでした。写真でご紹介できないのが残念。
1歳になる可愛いお嬢ちゃんはひとみしりの時期に突入していたようですが、時間が経つにつれて私にはなじんでくれました。(相方のことは最後まで怖がっていたようです。。。)

子育てに忙しいのに心こもったおもてなしをしてくださったpippiさんご夫妻、どうもありがとう!!

また近いうち会えることを楽しみにしてます!

日本滞在はあと数日続きます。
PCが簡単に使える環境ではないので、続きはミシガンに戻ってから書きますね♪

帰る頃は、ミシガンはもう雪なんだろうなあ。。。。。。

2011.11.16 / Top↑
またまた、行ってしまいました。

↓Mahi Mahi Fish Grill。
IMGP9358.jpg

今回も、友達のまいあんちゃんと一緒。

この日もボンゴレにしようかと、かなり迷ったのですがせっかくなので違うものに。

以前、yukoさんのブログで見た(yukoさんが頼んだ)白身魚のグリル。

↓まいあんちゃんは、この白身魚を地中海風の味付けで。コールスローとイエローライス(サフランライス?)とガーリックブレッド付き。
P1230756.jpg

↓私は、この白身魚をアジア風(照り焼き風)の味付けで。野菜のグリルとイエローライスとガーリックブレッド付き。
P1230760.jpg


今回も、おいしい~っ!!すごくおいしい!
ちなみに白身魚は、あまり評判のよろしくないティラピアです。
淡水魚なので独特の臭みがある魚なんですが、とーっても美味しかった。
ティラピアの味は若干出てましたが、臭みなど無くて本当においしい~。味付けも自分で作る照り焼きよりも好み。照り焼きというより、ちょっと洋風なお洒落な醤油ベースのソース?(←ってほめすぎ?)

しかし・・・この日も、店内はがーらがら。
                            
 
お店の女の子は私たちのことを覚えていました。
なぜなら、まいあんちゃんのお腹が大きいから。(もう臨月なのです)

前回お店に行った際に、この女の子が「何ヶ月?」と聞いてきて、まいあんちゃんが「あと2週間で生まれます」と答えるととても驚いていたっけ。

今回お店に再訪した際、彼女はまいあんちゃんに向かって「んまっ!!あと1週間ね!」と嬉しそうに言ってました。


                       


そして・・・・・・・・・・・

このわずか2日後。
まいあんちゃんは無事、元気な女の子を出産しました。

                         
                      
2日前に会ったときは、「まだ産まれる気配がないの」・・・と言い、軽やかな足取りで歩き、ランチし、運転していたので本当~にびっくりしました!

そして昨日、生まれたての赤ちゃんに会いにいってきました。
母子ともにとーっても元気元気。
ほんのちょっと前まで彼女のお腹の中にいた小さな命が、今こうしておくるみに包まれて父親(まいあんちゃんのご主人)に抱かれているなんて。命ってすごい。

まだ産まれて24時間も経っていない赤ちゃんを(こわごわと)抱かせてもらいました。

小さい~。そしてとっても暖かい。

子供のいない私にとって、彼女の偉業(+世の中の全てのお母さんの偉業)にはただただ感服するばかり。
母親って痛い思いをしながら、すごいことをやってのけるんだわ・・・とつくづくと思った日でした。


↓こちらは、まいあんちゃんの義理のお母さん(お姑さん)からの贈り物。黄色いバラがとっても可愛いね。
         IMGP9413a.jpg

                   
そして、今日。

日本で働いていたころに、仲良くしていた同僚兼友達の子が同じくアメリカで出産したという朗報を受けました。

去年から今年にかけて、私のお友達は出産ラッシュ。

全ての新しい命に、末永い幸せがありますように。。。


2011.11.04 / Top↑
なんでしょう、この投げやりなタイトルは・・・

                       
昨日は10月31日。
そう、ハロウィンでした。

朝から気分を上げるために、パンプキンドーナツで朝食。(3つ食べてないよ。1つだけね)
IMGP9377.jpg

近所の大型スーパー「Meijer」で買ったのですが、これがまた美味しかった。
レンジで10秒ほどチンするとこれがまた揚げたてフレッシュドーナツのよう。
                       

さてさて。ハロウィンに戻ります。
我が家の周辺の家には、小さい子供が殆どいません。
殆どの世帯で、子供たちはもう高校生から成人を向かえて独立してる子たちばかり。なので、元々ハロウィンでTrick or Treatをしに来る子供が極端に少ないです。

2年前は、わずか9人の子供しかTrick or Treatしに来ませんでした。(おととしの記事はこちら
昨年は小太郎さん夫妻も遊びにきて、子供たちがこなくても楽しめるよう夫婦2組でパーティーしました。
それでも、前年より多い14,5人の子供たちがやって来ました。(去年の記事はこちら
今年は小太郎さんご夫妻は、フロリダでバケーション(いいなぁ)。

                      

我が家も子供がいないので、今年は夫婦二人だけの盛り上がりに欠けるハロウィン。
それでも、夫婦自体が子供っぽい(性格な)ので、また数少ないながらも子供が来たときのためにキャンディーを用意しました。
そして昨年より力が入って無いながらもハロウィンのデコレーションして、玄関の外灯を付けて子供たちが来るのを待機していました。

↓いつも大量に余るので今年のキャンディー(チョコレート)は控えめ。
IMGP9400.jpg


辺りが暗くなる前の5時半頃から灯りをつけて、ドアの外を「今か今か!」と覗きながら待っていました・・・


・・・しかし・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こない。全然こない。誰もこない。

辺りは真っ暗になりんました。いよいよかっ?!?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然こない。

誰もこない。 

ドアの外を眺めてみると、遠くの通りを子供たちが数人歩いていたり、親の車に乗った子供たちが遠くの通りに建つ家を廻ってはいるようです。

しかし我が家の方面に来ることは全くありません。

やっぱりぃぃぃぃぃぃーーーー?!?  

以前にも書きましたが、我が家の立地に問題があるのです。
我が家は大規模なサブディビジョン(分譲住宅地)の中から枝分かれしたロータリーの一番奥にあります。
このロータリーを囲むように10軒ほど家があるのですが、メインの通りから我が家までは結構な距離があります。

さらにこの10軒のロータリー内の家のうち、灯りをつけている家(子供にお菓子をあげますよというサイン)は我が家以外に1軒のみ。
殆ど真っ暗なこのロータリーの奥まで寒い中、距離を歩いてわざわざやって来ずとも、メインの通りの家で大量のお菓子がもらえるので、子供たちはこのロータリーを素通りしてしまうのです。
我が家の目の前にある、ロータリー中央の植え込みには、沢山の草木が植えられていて、メイン通りから我が家の玄関はまるきり見えないので、彼らからしたら、我が家もキャンディーは用意していないように見えるのです。

それでも、昨年は3,4軒の家が灯りを付けていたので、このロータリーまで足を踏み入れた子供たちが何組かいました。
今年は、閑散とした真っ暗な我が家の近所のロータリー。
私たちは玄関だけでなく、ガレージ横のライトや2階の電気も全てつけて一生懸命明るくして待機したのですが、効果なし。

↓玄関にはハロウィンらしい飾りもしたのに。。。
             IMGP9388.jpg

IMGP9390.jpg IMGP9389.jpg


↓前庭やポーチにも、とりあえず「ハロウィンしてますアピール」の飾りもしたのに。。。(去年・おととしと全く一緒)
IMGP9392.jpg IMGP9395.jpg

IMGP9396.jpg IMGP9397.jpg


↓ポーチに上がった子供の顔にパープルの蜘蛛が当たって「きゃあ!」なんてしかけもしたのに。。。
IMGP9394.jpg


↓子供たちが来たら魔女の帽子とマントを身に着けるよう準備していたのに。。。
IMGP9398.jpg


9時近くになり、もう絶対にこないと観念して、電気を消しました。


結局、今年は一人も来ませんでした~。
一人も!!!


普段は、プライバシーが保たれたこの立地が大好きです。
子供は来ないけど、動物は沢山やってきます。
(特に今年は鹿が週に2,3回は必ず庭にやってきます)

                    

しかし、ハロウィンに限っては、人里離れた(??)ってわけでもないけど、この奥まった立地を恨めしく思います。

友達の家や相方の同僚の家では、200個用意していたお菓子があっという間になくなった・・・なんて話を聞くと、なんだかとっても寂しい気持になってしまいます。
子供のいない住宅地。。。

これから、我が家のロータリー(正式には cul de sac/カルデサック)を
  「高齢化ルデサック  と呼ぶことにしよう。

相方は
「子供が一人も来ないなんて最悪だぁ~っ!本当に最悪だぁ~!!」とひとしきり嘆いた後、
大量に余ったお菓子をちらっと見て、

まっ でも、1つだけ利点をあげるとしたら、このお菓子全部がボクのものになるってことだよね♪」と・・・。

予想していたことが起こったやばいやばい。
これ以上お腹の贅肉を育てられてしまったら困ります。

ということで、このお菓子はどこかに隠しておかねば。

あ~あっ
本当にがっかりだぜ。ちぇっ。
来年からハロウィンでお菓子を用意するかは未定。もうやめるかも。うーん。。。

《おまけ》

毎年飾っているこちらは、日本の友達Napoが贈ってくれたもの。
数あるハロウィンデコの中で、相方一番のお気に入りです。
IMGP9399.jpg


ハロウィンする・しないにかかわらず、これをはじめとしたデコレーションは来年も飾るとしよう。



2011.11.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。