国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すんごく楽しかったベビーシャワーの翌日月曜日。
この日もとーっても楽しい予定がありました。

それは何かといいますと・・・・

Ann Arbor (アナーバー)でランチ!
2度目のアナーバー訪問です!!


今回は、アナーバーに恋こがれながらも、アナーバーのことを全然知らない私のために、当ブログでもおなじみナッチャラさんがアナーバーランチ&ちょっと散策を提案してくれたんです。

我が家からアナーバーまでに道のりは、どうしても高速道路を乗り継がなければ不便になります。
高速道路運転が相変わらず苦手で怖くて避けている私。
アナーバーまでは私にとっては上級コース過ぎてまだ無理。
そんな私をナッチャラさんがアナーバーまで一緒に乗せて行ってくれました。

この日はあいにく朝からザーザー降りの雨。
まず、ナッチャラさん宅近くで待ち合わせ。
待ち合わせ場所に着くと、ナッチャラさんはすでに私を待っていてくれました(感謝・感謝)。

結構な雨っぷり具合でしたが、アナーバーに着いたら小雨・・・ほぼ止んでいました。
今回はあいにくの天気だったことから、ナッチャラさんが気を利かせて、屋内で楽しめる「Kerrytown Market & Shops」というモールのような小さな市場に連れて行ってくれました。
IMGP9243.jpg IMGP9234.jpg

ここがまた面白い!
中には生鮮食品やチーズ等のデリ、アジア系の食材など、雑貨類・・・とありとあらゆるものが売られています。

IMGP9242.jpg

そしてそんな中、フードコートのような簡単なレストランと小洒落た(!)カフェもあります。
とてもとても可愛い雰囲気のモールで見ていて飽きません。

今回ナッチャラさんが教えてくれたのは、ここのシーフード屋さん。
IMGP9235.jpg

ぱっとみると、アメリカの魚屋さんといった感じで、ショーケースにはあらゆる種類の魚介類が並んでいます。
そして、そこでは調理してもらったものをその場で食べることができるのです。(メニューは限りがありますが)

↓店頭にこうしてメニューが掲げられています。
IMGP9236.jpg

↓そして(写真左)のように、ショーケース横に小さなテーブルと椅子がいくつかあって、そこで食事ができます。
IMGP9237.jpg IMGP9238.jpg

ここでナッチャラさんお勧めのニューイングランドスタイル(クリーム)のクラムチャウダーを注文。

↓(左)私もナッチャラさんも頂いたクラムチャウダー(パン付き)。(右)持ち帰り用にケイジャンシュリンプサンドも購入しました。
IMGP9239.jpg IMGP9241.jpg

このチャウダーが美味しいぃぃぃぃぃ!!
具沢山!お魚屋さんだけあって、ターーーっプリのアサリ(はまぐり?)が入っていましたよ。
チャウダーだけだとさすがにお腹が空くかも。でもこれ+サンドイッチだとちょっと多すぎ・・・悩みながらも、このサンドイッチは夜のお楽しみとして持って帰りました。
ナッチャラさんはサーモンのサンドイッチとチャウダーをご主人のために持ち帰っていました。

このお店、クラムチャウダーのほかに、フィッシュチャウダーもあるんです。こちらも魚の出汁がたっくさん出ていて美味しいんだろうなぁ~。

ランチが終わっても話が尽きなかったので、マーケット内にあるカフェでお茶をして、また楽しい会話に花を咲かせました♪

このマーケットの駐車場はメーターによる有料。
マーケット2階には可愛い雑貨が売られているお店がいくつか入っていて、ランチ後にゆっくり見ようね♪なんて話していたのに、カフェで時間ぎりぎりまでおしゃべりに夢中になっていたため、2階を見るのを二人ともすっかり忘れていました!

その後、雨が止んでいたので、ちょっとだけ近所をぶらぶらと歩いていると美味しそう~な匂いがただよってきました。(ランチ食べたばっかなのに)

↓こちらZingerman's Delicatessen
IMGP9244.jpg

IMGP9245.jpg

私はこのお店のことを全く知らなかったのですが、ナッチャラさんによるとアナーバーでは人気のデリだそうです。

早速店内を物色することに・・・
入る直前ナッチャラさんが「見るだけよ。買わないよ」とつぶやいていたのですが、店内に入ってびっくりー!
目玉ぶっ飛ぶ高さ!

いや、パンもデリ惣菜もチーズもどれもすっごく美味しそうです・・・しかし高い!!
そこそこのお値段のものもいくかあるけれど、殆どが恐ろしく高い。

例:エクストラバージンオリーブオイル小さな瓶(おそらく500mlかそれ以下)が20~25ドル。

でも店内は、押すな押すなの大盛況。
んまぁ~っ アナーバーの人たちってお金持ちなのねっ!!

私とナッチャラさんは、店内にあった試食用のバゲットとバルサミコ酢やオリーブオイルをいくつかお試しして、そぉーっと(?)お店を後にしました。

いつか、ここで大人買いできる日は私には・・・・ 来ないだろうな。

このお店の横には、ここのものが食べられるカフェもあるので、いつかランチを食べに着てみたいです。
(ちなみにランチのサンドイッチもお値段少々高め)

そうこうしているうちに、またまた大粒の雨が落ちてきたので、慌てて車に戻り帰途につきました。

しかし、アナーバーってやっぱりいいなあ~。
街並みがおしゃれで洗練されている感じ。レストランの雰囲気も「中どんな感じだろう?」とそそられる外観が多い。

我が家の近辺とは雰囲気が全く違って、なんだか海外旅行に来た気分(?)。

その夜、殴り合い覚悟で1つだけ買ったケイジャンシュリンプサンドを相方に見せると・・
意外にも、「美味しそうだね♪ボクも食べたいけどcojicojiが好きなだけ食べていいよ」なんて言うので、調子が狂ってしまいました。

しかし綺麗に半分に分けて、いただきました。あ、もちろんこれだけじゃ足りないので、他にも(義両親が持ってきたデリ食材を)頂きましたが。

相方の評判も上々。このエビもプリップリで美味しかった~。

                   
本当に楽しかったです。
ナッチャラさん、ありがとう!!


スポンサーサイト
2011.09.30 / Top↑
・・・って、私のじゃないですよ。(←って分かってるか/笑)
このたび、人生初めてのベビーシャワーに出席してきました。
                              
ベビーシャワーとは、出産を控えた妊婦さんを祝福するためのパーティー。
だいたい、臨月のちょっと前(?)辺りに開催されます。
出席者は家族・親族、そして友達。女性限定です。
ウェディングシャワーの赤ちゃん版と言ったところでしょうか。
                              
日本ではこのベビーシャワーという習慣がありませんね。
無事出産する前にこうしたお祝いを盛大に行ってよいものか・・・という心配がどうしても日本の文化ではあると思うので、賛否両論かもしれません。
でも、本人や周囲さえ良ければ、良い習慣だと思います。幸せな気分に浸れるし・・・。
とにかくパーティーが好きなアメリカ。
子供のいない私ですが、今回のパーティーも大いに楽しんできましたよ♪

今回の主役は友達のまいあんちゃん。
金曜日にも会った子です。

彼女のご主人は日本語ペラペラ(もうネイティブ並み)のアメリカ人で、今回のベビーシャワーは彼の実家で開催されました。

まず、遠方に住む友人の小太郎さんが我が家にやってきてそこから一緒に私の車で会場に向かいました。

↓会場に到着すると、いきなりガレージドアに可愛いサイン♪
IMGP9210a.jpg

ドアを開けて中に入ると、すでに沢山のゲストがそろっていました。
ゲストの数、なんと30人だそうです!盛大だぁ~。
この日は、当ブログでもおなじみあーびぃさんがカメラマンを依頼され、お嬢さん方と一緒に会場にいらしてました。

まいあんちゃんのお義母様と義理の妹さんが私達を出迎えてくれました。
お義母さんにとっては初孫となる赤ちゃん誕生を控え、もう嬉しくてたまらないご様子。母の愛って無限大ですね。

まいあんちゃんの義両親のお宅は湖へつながる運河沿いの閑静な住宅街のお屋敷。とても素敵なおうちです。
パーティー好きでセンスの良い、お義母様と義理の妹さんたちによってセッティングされたパーティー会場はそりゃもう可愛かったです。

↓可愛いナプキンで包まれたシルバーウェア。招待状のカードも同じデザインだったのです。
IMGP9212.jpg

↓タオルを折って作った可愛いぬいぐるみがディスプレイされてました。ベビーだけでなく大人も見とれちゃいますね。(右)の鮮やかな写真はあーびぃさん撮影のものを拝借しました。画像の違い歴然・・・。
IMGP9214a.jpg s-IMGP5042a.jpg

↓ゲストや家族たちからのギフトは写真一枚には納めきれないほどたーーーっくさん集まっていました。
IMGP9211.jpg


長身のまいあんちゃんはもうすぐ臨月とは思えないほどすらっとしてて、可愛いピンクパープルのサマードレスを着ていました。これマタニティドレスじゃないってんだから驚いた。とーっても似合っていました。
写真をアップで載せたいところだけど、プライバシーがあるので、後ほど遠くからのショットでご紹介します♪

パーティー開始後はしばらく飲食と歓談の時間。私たちもお料理を堪能させてもらいました。

↓(左)ドリンクバーも色合いが統一されていて素敵♪ワインやパンチ等のアルコールもありました。ついついワインに手がでてしまう・・・(右)お料理はたっくさんあったけど、日本人・米人ともに一番人気だったのがこのお寿司。
IMGP9215.jpg s-IMGP5041.jpg

↓サラダ類もとーっても美味しかった。この他にも沢山お料理あったんです。
s-IMGP5176a.jpg

食事もひと段落した頃、まいあんちゃんが、このお家の2階に作られた赤ちゃん用の部屋へ、ゲスト達を案内してくれました。

↓これは、一部屋丸々赤ちゃんだけのために用意された部屋。夫君の実家にこんな立派なベビールームが作られるなんて、とーっても贅沢!!
2011_09_25 010

写真には写ってないけれど、横には大きな大きなクマのぬいぐるみ(私より大きいかも・・・って言いすぎか?)が置いてありました。
そして、やはり写真には写ってないけれど、手前には大きな大人用のベッド(クイーンサイズかな?)がありとても広い部屋です。
私が東京で一人暮らししていた、1DKのマンションの部屋よりずっと広い・・・
恵まれた赤ちゃんだわ~
                        
この部屋を眺めて「はぁ~。」「ほぉ~。」とため息をついてると、パーティー開催者(まいあんちゃん親族)がやってきて、ゲームをするとの告知が。。。

                    G A M E     
これは、アメリカのベビーシャワーでも恒例のゲーム。
内容は、長い紐を用意して、主役のまいあんちゃんのおなか周りがどのくらいの大きさか、それぞれのゲストが勘で紐の長さを切る。そして実際のおなか周りに一番近い長さの紐を切ったゲストの優勝というものです。

まいあんちゃんは長身のせいか、おなかがあまり前に突き出てないんですよね。本当に細い。
最近メタボで腹回りが非常に出ている私より小さいんじゃないかと思うくらい。
・・・しかし、さすがに赤ちゃん一人が入ってるおなかなので、私より小さいわけがない。
そんなことで、私より若干太めに(長めに)紐を切ってみました。
周囲では「そんなに細いわけないじゃーん」と言われ、ちょっと後悔したのだけど・・・

結果は・・・かなり近かったです。ほんのわずか、それより長い程度。
嬉しいというより、正直ショック。私、こんなに腹出てるんだぁ・・・・・と。
結局優勝は逃したけど、楽しいゲームでした。(あ、でもショックだったけど)

                        
ゲームの後は、この日のメインイベントのプレゼントオープン。
上の写真でたくさん贈られていたギフトをゲスト達の前で主役が1つ1つオープンします。

↓こちら、まいあんちゃんが私からのギフトを開けている瞬間。YESのハートマークの子がまいあんちゃんです。
ちょっと遠いのでわかりづらいけど、このピンクパープルのドレスがとっても素敵に似合ってました。
IMGP9222a.jpg

ウェディングシャワーやベビーシャワーではResistration(レジストレーション)と言って、主役が欲しい品物を特定のお店で事前に選んでおいて、その目録の中からゲストは予算に見合ったものを購入できるというシステムが定着しています。
ゲストもギフトの選択に頭を悩ますことなく、主役もギフトが重なってしまうといったトラブルを避けられてとても良いシステムだと思います。

今回は招待状の中に、「カードの代わりに絵本を持ってきてくれませんか?赤ちゃんの図書館を一緒に創りましょう!」という小さなメッセージが入っていたので絵本も進呈しました。パーティを開催するご家族の粋なアイディアだなぁ~!

↓あっ 超ピンボケ失礼。。。やっぱりあーびぃさんのようには撮影できない!!こちらは、この本棚と中の本まるごとギフトです。確か親族からだったと思います。この他にも沢山の絵本が集まり、赤ちゃん用のライブラリーもすでに完成です!
IMGP9227.jpg

↓こちらもピンボケで残念ですが・・・やはり親族からだったと思いますが、沢山のギフトの中から、こんな風に洗濯紐のようなものに、可愛い可愛い赤ちゃんの衣類が洗濯ばさみではさまれているものが、手品のように箱から出てきました~。
IMGP9226a.jpg

アメリカ人はギフトの方法も凝ってるなぁ~と感心しきり。ただ、買ってラッピングして贈るだけの私ですが、今回の色々なギフトの仕方でちょっぴり目からうろこ。

色々な人からの色々な可愛いギフトを見てそのたびに歓声が上がってました。

                                
さて。ギフトオープンも終わり、最後にデザートを堪能する時間。

↓デザートコーナーも可愛いなあぁっ!(こちら小太郎さんから送っていただいた写真を拝借)
2011_09_25 024

プチシュークリームもイタリアのお菓子カノーリ(?)も美味しかったです♪

さらにこちら
IMGP9231a.jpg

これは赤ちゃんのケーキです。花のシールの部分に赤ちゃんの名前が描かれています。
このケーキは赤ちゃんが誕生するまで冷凍保存して、誕生したら家族で(?)食べるそうです。
かわいい習慣ですね。
                          

帰りにはまた、パーティー主催者であるお義母様が帰るゲスト一人一人にご挨拶。
こんな気遣いも、パーティーのホステスとしてさすがだなあ~と思いました。

その際にゲスト全員にお配りしていたプチギフト。

↓(写真右)左側は哺乳瓶の形をした棒つきクッキーです。可愛すぎて食べるのがもったいない~!
IMGP9253.jpg IMGP9255.jpg

あ、でも相方に食べられちゃう前に食べなきゃっ!!

とにかく、とーっても素敵なパーティーでした。

まいあんちゃん、元気な赤ちゃんを産んでね!!



2011.09.29 / Top↑
少々ご無沙汰しています。
持病のひどい肩こりがますます酷くなって、老いを感じる今日この頃ですが(!)、この間の週末は忙しくかつ楽しい週末を過ごしました。
まずは、金曜日~土曜日。

約3ヶ月ぶりに、相方のご両親が我が家に泊まりにやって来ました。
8月と9月は私たちが彼らの家に泊まりに行っていたので、特に久しぶりの再会ではないのですが。
                      
まず金曜日の朝、彼らが到着する前。
友達まいあんちゃんが我が家の近所に来る用事があったので、ちょこっとだけ会ってそれから一緒にランチをしました。

行った先はWest Bloomfieldにあるタイレストラン「Sawasdee Thai Restaurant」。

私は、ここに来るとほぼ毎回「Four Company」という4種類のシーフードと野菜をココナッツカレーソースで炒めた定食を頼んでいます。
4種類のシーフード・・・といっても、エビとイカとホタテともう1つはカニカマなんですが(苦笑)。
このソースがとっても美味しいんですよね。
私もまいあんちゃんもそれ系の気分だったのに、何か新しいものにも挑戦してみたいということで。。。

↓(左)最近私がハマっている、バジルと野菜の炒め物。ホタテをトッピングしてもらいました。
 (右)まいあんちゃんはチキンとブロッコリーのピーナッツソース。
IMGP9204.jpg IMGP9205.jpg
私のは、ピーマンてんこ盛り。こちらのピーマンは日本のものと比べて肉厚ででかい!

ここのお店は前回のカフェ風タイレストランと違って、ご飯もてんこ盛りでやってきます。
IMGP9206.jpg

お味は・・・バジル炒めも美味しかったです。相変わらず辛さゼロにしてもらったので、辛いタイ料理が好きな人には物足りないだろうけど、ご飯が進むお味。
一方、まいあんちゃんのチキンのピーナッツソースは単品で食べると美味しいのだけど、ご飯の
お供といった感じではありません。お酒のおつまみに良い感じ。これ、二人の共通な感想でした。
ああ、でもやっぱりFour Companyが一番美味しいな。

ゆっくりランチをして、おしゃべり楽しんでまいあんちゃんと別れて帰宅。
                           

義両親は、いつも通り告知時間より30分早く到着。
相変わらず、すごいすごい大量のお土産(殆ど食料)を持ってやってきました。
嬉しいんですがね、ありがたいんですがね・・・
大量なんですよ。いつも(涙)。
今回は、相方が「大量に持ってくると、いつも食べきれずに捨てることになってしまうからお願いだから量をセーブしてね」と言ったのですが・・・
いつもより若干控えめではあるけど・・・

↓(左)自家製ワイン(ブルーベリーとさくらんぼ)や紫キャベツの酢漬けを沢山。りんご約1.3キロ。ワインのラベルはファミリーオリジナルです♪
 (右)奥は手作りのキャロットケーキ、手前はCiabatta Bred(チバタブレッド:イタリアンブレッド)、アルミフォイルに包まれているものは、義母特性のガーリックブレッド。
IMGP9207.jpgIMGP9248.jpg

その他、相方のランチ用に冷凍にしてあるお手製のエンチェラーダ3食分、チーズたくさん、
ハムたくさん、りんご(約1.3キロ)、レッドスキンポテト約1キロ、翌日のランチ用に鶏肉,ピーマン,玉ねぎ,ドイツ風の生ソーセージ、ビール1ケース(相方用)、可愛いブルーの花瓶(私用)・・・

鶏肉、ピーマン、玉ねぎは我が家にあるから持ってくるなと言ったけれど、すでに買ってしまったそうで・・・(汗)
レッドスキンポテトは、なななななんんと40ポンド(18キロ)を買ったそうで
・・・理由は安かったからだそうで・・・って、安いからっておいおい・・・(汗汗汗)。食べきれないの分かっててなんでそんなに買うん?!
                           

今回は、義両親が来る前に冷蔵庫を(相方が)徹底的に整理していました。
おかげで、どうにか持ってきたものが収納できた・・・(ほっ)

これだけ大量の食料を持ってきてくれたのに、なんと夕食は義母の希望で外食となっ!!!
えええーっ!もったいないじゃん!
義母お気に入りの美味しいフィッシュ&チップスを出してくれるパブがあるので、そちらで夕食でした。(@午後4時半・・・早っ!)

さて、翌日土曜日は朝早くから、これまた義母が大のお気に入りの果物野菜市場
「JOE RANDAZZO'S」買い物し、その後COSCOで買い物。
そしてランチはBBQ。
                          
我が家の定番シシカバブとドイツ風ソーセージブラッツワースト。
IMG_2901.jpg

いつもはシシカバブを焦がしてしまうのですが、今回はなかなか綺麗に出来ました。あ、ちなみに写真のパンも義母持参。
IMG_2910.jpg

ランチをゆっくり済ませた後、義両親は帰っていきました。

しかし。


その日の夕方。
帰宅した義両親から電話。
なっ なんと、義父が相方の財布を勘違いして持って行ってしまったそうな。(財布の外観が似てたんだって)

相方は義父に「郵便で送ってくれ」と言ったのですが、義両親はどうしても手渡しで返したかったらしく、翌日、我が家への道のりの途中までやってきて、そこで相方と待ち合わせをして無事お財布が戻ってきました。

途中・・・といっても、義両親の家から距離にして200キロ近くのドライブ。
相方は我が家から80キロの道のり・・・どう考えても義両親宅から遠すぎ。ああ、大変だ~。
アメリカって広いねぇ~。(・・・とつぶやく私は家でのんきにお留守番)

相方が無事財布を取り戻して(?!)帰宅すると・・・

↓なんと地球儀を持ち帰ってきました。
IMGP9247.jpg

これは、義両親が持ってきたそうな。
以前義母から「地球儀欲しい?」と聞かれ、私は「欲しい欲しい!」と答えたため、むかし相方が子供の頃に義母が買ってあげた地球儀を探し出して持ってきてくれたのでした。なんだか古めかしいけど良い味出してます。
さらに、なぜか特大のクッキー生地(生)も持ってきました。
金曜日に持ってくるの忘れたんですって

この何十枚分にもなりそうなクッキー、なかなか重い腰が上がらず焼いてませんが、無駄にしないように早く焼かなきゃ。

義両親が来ると、私も毎回1キロは太ってしまっている気がしますが、やっぱりありがたいです。
そして、にぎやかでやっぱり楽しいな。


さて、日曜日は前から楽しみにしていたイベントがありました。
それは次回に続きます・・・。

2011.09.27 / Top↑
久々に友達とランチしたお店の記事をば・・・
ここ2週間で3箇所ほどランチしたお店の紹介をします。

まずは2週間前。
以前、ご紹介したちょっと遠くに住んでいる友達K子さん。大きなお庭に素敵なガーデンのある緑と湖に囲まれたおうちです。
そこに別の友人まいあんちゃんと遊びにいきました。
今回は、前回行きそびれたClarkstonという街にあるレストラン「Union Wood Shop」でランチするのがメインの目的。
ここはスモークで有名なお店。
BBQやハンバーガーやピザなど、ウッドチップの香り高い釜で作られる美味しいお店だそうで、Food Network(アメリカの料理専門TVチャンネル)の人気番組の取材も受けています。
しかし、残念ながらこの日もランチはしておらず・・・というか、ランチ営業は土日のみだった!!
ウェブを何度も眺めていた私ですが、全く気づかなかったぁぁ!!
残念。

でも、前回その代わりに行ったレストランも大いに気に入ったので、今回もそこでランチしました。

↓それはこちら。Clarkston Union Bar & Kitchen。教会のようなレストラン。(実際元教会だったようです)
P1010157.jpg

今回も前回と同じく、ほうれん草とマッシュルームのグラタン(ハーフサイズ)を頼みました。
相変わらずとろけるチーズとクリーミーなソースがたまらなく美味しい!!大きい肉厚なポートベラマッシュルームの香りがクリームソースによりいっそうコクを与えてくれます。
しかしこれがハーフサイズとは・・・ハーフでも食べきれずお持ち帰りしましたよ。
P1010148.jpg

上記の写真、実はいずれも前の記事と同じものです。
この日は残念ながらカメラを持っていかず、友達が食べたものの写真もありません。
友達二人はサンドイッチ、そしてマカロニチーズを注文。どちらもとても美味しそうでした。
このお店、やっぱり良いわぁ~。


そして先週。
今度は、このブログでもおなじみ「だぶりゅーのうち」のyukoさんと「USビーフ万歳!」のナッチャラさんの3人でNoviでランチ。
普段から忙しいyukoさんがこのたび、フルタイムでお仕事を始めました。
仕事開始2週目のyukoさん。早速、ガス抜き必要とのことで(笑)ナッチャラさんと共にランチのお誘いを受けました。
この日のランチは「Oishi」。日系スーパー「One World Market」の近くです。

↓私はこの日の日替わり定食(右)。カレー丼とトンカツのセット。カツカレーに出来ちゃいますよという、お店の人のお勧めで決定。このボリュームで$7.59はお得です。
12cbafa2.jpg IMGP9173.jpg

↓(左)ナッチャラさんは握り寿司。(右)仕事でお疲れのyukoさんは豪華ちらし寿司。
IMGP9175.jpg IMGP9177.jpg

いずれもサラダが付きます。

お茶も頻繁に入れ足してくれるし、最後の会計は「別々にしますか?」との配慮。
サービスに満足なお店でした。
yukoさん、日々オフィスにこもりきりで、また外の空気が吸いたくなったらランチしましょう。ナッチャラさんもね!!


そして、昨日。
今度は8マイルとHaggerty Rdの交差点近くにあるタイ料理屋さん。その名も「Thai Fresh」。
今回、久しぶりに会う小太郎さんと一緒にこのお店に始めてランチで行ってみました。
日本人にも人気のスーパー「Trader Joe's」のとなりにあるお店。前から気になっていたんです。
他のタイ料理レストランと違い、ちょっとカフェ風な雰囲気のお店。

携帯カメラなうえ、店内が暗かったので写りがかなり悪いですが、・・・
ランチでは全てのお料理にスープが付きます。このスープ、私にとってはかなり辛かったけれどコクがあって具沢山で美味しかったです。
photo thai Photo09211256.jpg

↓(左)小太郎さんはグリーンカレー辛さマイルド。(右)私は野菜と牛肉の炒め物バジル醤油ソース。スパイスはゼロにしてもらいました。ナンプラーの風味はあるけれど辛さはほぼゼロです。
Photo09211259.jpg Photo09211300.jpg

アメリカのタイ料理屋レストランの嬉しいところは、辛さのレベルを自分で選択できること。
さすがにグリーンカレーのような元々辛いものは、私には一番マイルドにしても辛過ぎますが、
殆どのお料理が私でも堪能できます。

お味は・・・とっても良かったです!私好み!
難点を1つあげると、ご飯が少ないこと(!)
タイ料理店の多くが、ご飯は大きなおひつ(銀色の容器)に盛られ、たーっくさん食べられます。
こちらはカフェ風にちょっと小洒落て、1スクープのみ。ちょっとそれが物足りなかったです。

小太郎さん的には、味付けも具の多さも他のタイ料理のほうが良かったそうですが・・。

私のバジル醤油ソースはバジルが沢山入っていて100点でした♪♪
ちなみにいずれもランチで$7.50。(肉をシーフードにすると$8.50)
早速リピしたいお店が増えました。

昨日はランチの後、抹茶パフェさんも合流して我が家でまったり午後の紅茶(&ほうじ茶)で喋くりまくりました。楽しかったー。

普段ひきこもりがち(!)なので、たまに友達と遊んでもらうととっても幸せな気分になります。


《紹介のお店の詳細は、本文中の店名をクリックしてウェブをご確認ください》

2011.09.22 / Top↑
ミシガンの週明け月曜日は鬱蒼とした雨です。
この週末土曜と日曜は美しい秋晴れ(もう夏ではなく『秋』です)だったけど・・・

せっかくの美しい日曜日の昨日。
ひどい二日酔いで1日を棒に振ってしまいました。
                                 
実はおととい土曜日に我が家でパーティーをして、酒豪である友人でご近所さんのPさんと一緒にワインを夜遅くまで飲んでいたのです・・・。。
こんなに酷い二日酔いになったのは、日本で働いていた頃以来だぁ~。
夕方まで食事もできず・・・。ずっと横になってました。
一方で、Pさんは昨日の日曜は、元気に朝9時半には教会に日曜礼拝に行ったそうです。
前日我が家にジャケットを忘れてしまい、日曜昼頃取りにやってきたPさん。綺麗にドレスアップして顔色もつやつや。
いやぁ~、私の倍は飲んでいたはずなのに・・・さすがだわっ!
                                  
さて。
話題を一気に変えて、畑のお話し。

今年は初めて地植えに挑戦した我が家のプチ畑。
失敗品種も色々あったけれど、想像を絶する大豊作もありました。
その典型がこのトマト。

昨年はチェリートマト(プチトマト)は豊作だったものの、普通のトマトは全く実りませんでした。
今年も、昨年に続きチェリートマトほどの勢いではありませんが、トマトはかなり多く実りました。

↓(写真左)4月に植えた苗(トマト4つとチェリートマト4つ)はこんなに小さかったのに、一ヶ月ちょっとで写真右のように一気に成長しました・・・
P1010008.jpg P1010133.jpg

↓この写真の一番奥。トマトとチェリートマトの苗は制御不能なほどに成長してしまいました。支柱と共に倒れてきちゃってるし・・・。
IMGP9101.jpg

チェリートマトは6月頃から実を付け始め・・・
↓(左)でもまだ緑 (右)7月上旬からちょっとずつ色づき始めましたが最初は本当~にのんびりスピード。
IMGP8628.jpg IMGP8761.jpg

7月の間は、一日に数個収穫できる程度でした・・・しかし・・・
8月に入ると一気にチェリートマトは赤く色づいてきました。
IMGP9166.jpg

一方普通のトマトは・・・
↓チェリートマトより少々遅れて実がつきはじめ・・・しかしまだ緑
IMGP8632.jpg

こちら、7月は殆ど収穫なし。
そして8月に一気に赤くなった。

・・・しかし・・・
↓なんですか?この芸術的な渦巻きは。
IMGP8945.jpg

収穫したトマトの殆どに渦巻き状の傷が付いてしまっています。
ウェブで色々調べたところ、暑さでトマトの実が割れてしまうそうです。
今年のミシガンは猛暑。特に7月中旬は40℃近くまで上がる日もあったりして、本当~に暑かったのです。
こういう場合は、網等の日よけをかけるのが効果的らしいのですが、ズボラな自然にまかせて生産したい私は、そういった細工は一切しません。

まあ、傷があっても傷の部分を切り取れば食べられます。皮をむいたら中は綺麗な場合もありました。
そんなわけで、熟れて甘~いトマトを堪能しました。

7月はほんのちょっとしか獲れなかったチェリートマトも8月に入り一日にこの量。
IMGP8944.jpg

さて、これらのトマトはこの夏、美味しくいただきました。

IMGP9126.jpg IMGP8950.jpg


IMGP9059.jpg IMGP9171.jpg

↓これタラもサラダみたいだけど、実はトマトシャーベットです。
IMGP9120.jpg


チェリートマトは食べきれないほどの量産でしたが、大量消費できるドライトマトのレシピを発見し重宝しております。

↓それがこちらドライトマト。
IMGP9160.jpg IMGP9121.jpg


そもそもは、天日干しして作るサンドライトマトですが、オーブンで手軽に作れるレシピをクックパッドで見つけたので、作ってみました。
これで大量トマトが消費でき、日常の食卓に活躍してくれています。

気温の低下に伴い、畑もそろそろおしまい。
でも、この夏は短い期間だったけれど、真っ赤に燃える太陽のような(?)トマトをたっぷり堪能させてもらいました。

《おまけ》
こんなチェリートマトもできました。面白くてもったいなくて食べないでいたらしぼんでしまいました。。。
IMGP9003.jpg
2011.09.19 / Top↑
日本の皆さん、残暑お見舞い申し上げます。
9月ももう半ばを過ぎているというのに残暑が厳しいようですね。。。ミシガンと替わってあげたい、いや、替わって欲しい・・・。
こちらミシガン。ついに10℃を切ってしまいました。
昨日の最低気温。8℃でした。あ~さぶいっ。
今も毛布かぶってPC打ってます・・・よなべ気分。
つい10日くらい前には30℃を超えていたのに・・・本当に極端な天気ですよ。

さて。

2泊3日の小旅行も今日が最終日。
てるてる坊主の威力も衰え、朝からどんより曇り空。
                         

朝食を済ませて、ホテルをチェックアウトして向かった先はこちら。

IMGP8927.jpg

トーマス・エジソン博物館。

世界中の人が知る発明王エジソンは、ここポートヒューロンに家族と共に移り、少年時代の数年間ここで暮らしていました。
そしてここからデトロイトまで続く線路を走る汽車に乗り、毎日仕事に通っていた時期があるとのことです。

彼にまつわる博物館的なものは、ミシガンではグリーンフィールドヴィレッジが有名ですが、彼と
由来のある米国内各地にはそれぞれ博物館があると思います。
ここの博物館自体はとても小さいもので30分もあれば見終わってしまう規模。
それでも子供だましよりは十分楽しめるものでした。(あれ?褒めてんの?)
ちなみに入館料は$7。
ちょっと高いかな?・・・と思った私はケチ?

IMGP8933.jpg

残念ながら館内の写真は無し。外観のみ・・・。

IMGP8928.jpg IMGP8929.jpg


↓この博物館はヒューロン湖の入り江近く、リバーサイドにあります。この橋はアメリカとカナダをつなぐ「ブルーウォーターブリッジ」。
IMGP8923.jpg

実はこの機会を使ってカナダ側に渡ってみようか・・・という案もあったのですが、見事にパスポート忘れてきてしまい断念。橋渡ってすぐなんだから簡単に行けそうなんだけどね。。。

↓博物館はまさにこの橋の真下近くにあります。次回はここを渡りカナダに行きたいな。
IMGP8932.jpg

博物館で、トーマスエジソンがここポートヒューロンに墓を購入し、彼のご両親が眠っていると知りました。
しかもそのお墓は、私たちが日帰りでたびたび遊びに行くビーチのまん前。
それは見学しない手はない・・・ということで早速行ってみました。

あ、あったこれだ!!

IMGP8938.jpg

中央の墓石の横には、トーマス・エジソンの母「Nancy Elliott Edison」の名が刻まれている石碑がありました。

                

さて。
ランチをはさんで、午後はビーチに行ってみたものの空模様は・・・

↓どんより~ 
IMGP8940.jpg

そしてとうとう雨が降ってきたので、ビーチはあきらめて帰宅することに。
てるてる坊主ついにチカラ尽きたか・・・



まあ、短い旅だったけれど、今回も新しい発見があった楽しい週末でした。

ついでに短い旅だったけど、やっぱり旅って「もうちょっといたい!」って思うくらいが良いのよね。
UPに9日間も行くよりは・・・ねぇ。(苦笑)


《紹介の博物館》
Thomas Edison Depot Museum
住所:510 Edison Parkway, Port Huron, MI 48060
電話:(810) 455-0035

営業時間は以下の↓公式HP参照
http://www.phmuseum.org/drupal/visit/hours

2011.09.16 / Top↑
(前回からの続き)

当初の予定が大きくズレて、ポートヒューロンから車で2時間以上も離れているPort Cressent State Parkまでドライブした我ら。
でも、そのビーチは思いがけず美しい白砂の広大なビーチで、ひょうたんからこま。
とーーっても幸せな発見なのでした。

残念ながら小雨が振り出してきたので3時半頃このビーチを後にしました。
車を運転すること約15分。皮肉なことに雨は止み、太陽が再び顔を出してきました。

                        

なんだ、こんなことならまだビーチにいたかった・・・と思いましたが、しかたない。
行きの道中で素通りした街にちょっと寄ってみることにしました。

《参考地図》
上の赤い●Port Cressentを出発し、同じく赤い●Port Huronに戻る途中で青い●のHarbor BeachとPort Sanilacに寄ってみました。
BlueWater_map cressent2

まずは、思い切り期待を裏切られたハーバービーチ。
観光案内の女の子のお勧め『じゃない』ビーチを覗いてみることに。


↓こちらが街の最寄のビーチです。中央の桟橋をはさんで向かって右側が人間用ビーチ。左側は写真ではわからないけれど、草ボーボーでカナディアングースの憩いの場(!)となってました(汗)。
IMGP8887.jpg

あら、こうして見ると悪く無さそうじゃないっ!

↓本当になんだか良い感じ。波も穏やかだし・・・
IMGP8888.jpg

↓遠浅みたいだしね・・・
IMGP8889.jpg

でも、近づいて水面を見てみると・・・ぎょぎょぎょっ。
海草・・・じゃなくて湖の草がたっくさん湖底に生えているんです。そしてその海草・・・じゃなかった、藻草が水面にも浮いていて・・・
さらに、水鳥(カナディアングースやカモやカモメ)の羽まで浮いていて。。。
とてもだけど、泳ぐ気持ちになれませんでした。
ここは波が無いので、そういった浮遊物が沖合いに流れていかないんですね。水が淀んでいる感じ。


↓そしてこのように近くの湖岸には工場らしき建物。
IMGP8894.jpg

海でも湖でも底に草があるのが苦手な私としては、Port Cressentまで行ったのは正解だった!!
・・・と自分たちの決断に満足し、この街を後にしました。

                  

次がPort Sanilac。
こちらは、ビーチというよりもマリーナの街。

IMGP8903.jpg

沢山のボートやヨットが舫われていました。

↓こんなところにライオンが大口開けてなにしてんの・・・って思ったら、あっ 水のみ場だ。
IMGP8905.jpg IMGP8906.jpg

かなり低いので子供用みたいです。大口開けてるけど、この口の中に入る頭も、ちょっとしたデカ頭だときつそう(笑)。

↓雰囲気良いねぇ~。
IMGP8908.jpg
                      

寄り道ばかりしていたら、ポートヒューロンのホテルに到着したのが6時半を過ぎてしまいました。

この日のディナーは前日と同じくポートヒューロンのダウンタウンで。

↓ポートヒューロンのランドマーク的存在のレストラン「The Vintage Tavern」。
IMGP8920.jpg

前日訪れた地ビールが飲めるブリュワリーの向かい側にあります。

ここは地元ではとっても有名で人気のお店。
本当は写真にある屋上のテラスで飲食したかった(ビヤガーデンみたいよね?)けど、あいにく
1時間待ちと言われ、あきらめて店内で食べることに。

私が頼んだのは、なんといってもこれ!!

↓ちょっと分かりづらいけど。タワーのようにワイングラスが・・・これワインのサンプラー(試飲セット)です。
IMGP8916.jpg

こちら、このお店で出しているグラスワイン4種類が楽しめるサンプラー。
赤4種か白4種を選べます。

このサンプラーが運ばれてきたら、一瞬周囲の客が一斉に注目。
隣のテーブルで大騒ぎしていたグループの一人の酔っ払いおじいさんが、
「あんた、これ何?」と聞いてきました。
私は「ワインのサンプラーです」と言うと「おおぉぉ~、そんなのがあるのかっ!」としげしげとグラスタワーを見つめます。
もう一人の、やはり酔っ払いおじいさんが、
「ぢゃあ、俺はウィスキーのサンプラーがいいなっ。・・・て、ねえか?んなもんっ!ガッハッハッハッハ」
と一人ノリ突っ込みのようなジョークをかましていました。

↓この日、相方はおなじみピザ。私はホタテグリルなんとか(?)ソース。もう覚えてないわ。
IMGP8913.jpg IMGP8914.jpg

私のホタテは量的に少ないかと思いきや、ソースもこってり、パンもあって満腹になりました。美味しかったです。

ポートヒューロンのレストラン価格設定。我が家の近辺(デトロイト郊外)より安めだと思います。
昨日といい、今日といい、満足でした。

さあ、短い2泊3日の旅は明日でおしまい。
明日は何をしようかな・・・

(続く)


《紹介のお店》
The Vintage Tavery
住所:103 Michigan St,
   Port Huron, MI 48060
電話:(810) 982-1866

2011.09.14 / Top↑
(前回からの続き)
さて、肩透かしの連続の美しいビーチ探し@Blue Water Area。

結局、Harbor Beachで遊ぶつもりがPort Austinを通りすぎてその先のPort Cressent State Park までやってきてしまいました。時間はすでに午後1時過ぎ。

赤●のPort Huronから上のほうの同じく赤●の地点に位置するPort Cressent State Park まで来ました。時間にして2時間のドライブ。
BlueWater_map cressent


駐車場に車を停めてビーチチェアやパラソル持ってビーチに向かって歩き出す。

↓ちょっと歩くとこんな感じですぐに湖が見えてきます。そして・・・
IMGP8886.jpg

↓ビーチ!!広い~ 砂浜だぁ~!!
IMGP8873.jpg

三日月状だけど、広く長く続く白砂のビーチ。とっても良い感じです。

IMGP8876.jpg IMGP8875.jpg

IMGP8881.jpg IMGP8883.jpg

ミシガンの五大湖(行ったことあるのはミシガン湖、ヒューロン湖、スペリオル湖だけですが)は、遠浅のビーチが多いです。
沖に出ると一瞬胸の辺りまで深くなったりしますが、再び膝から腰くらいの浅さになります。
これは「サンドバー」と呼ばれていて、サンゴ礁の南国の海でも良く見かけますよね。
穏やかな波の透明な湖水をたたえるサンドバーでは、まるでプールで水浴びする気分。子供も
安心して泳げます。

このビーチにもサンドバーがあり、とても楽しく水遊びできます。

それにしても気持ち良い!!
去年行った、ハワイのラニカイビーチを思い出すくらい!・・・って言いすぎかな。

↓ハワイのラニカイビーチ
IMGP7371_convert_20101016035231.jpg


↓ヒューロン湖のPort Cressent Beach。 
IMGP8878.jpg

あ・・・やっぱ言いすぎでした。すんまそーん。

さすがにラニカイビーチほどの美しさではなかったけど(!)十分!十分美しくて広大なビーチでした。

ここは、トイレや更衣室、足元の砂を洗うシャワーも完備されていて便利。
(しかし、男子トイレはかなり汚かったそうです。女子トイレは汚くなかったですよ)


肩透かしにあってばかりだったけど、そのおかげで意外にも素晴らしい場所を発見できました。
ここを教えてくれたカップルの男性よ。ありがとう!

さて。
ビーチで遊ぶこと約2時間。雲行きが怪しくなってきて、小雨が降り始めました。
後ろ髪引かれる思いでこのビーチを後にしました。   


後日、自宅からこのビーチまで直接行った場合の所要時間を調べたら3時間。
やっぱり日帰りだときついなぁ~。
ああ、でもやっぱりまた来たい!

Port Cressent State Parkの詳細は以下のURLをごらん下さい。↓↓
ウェブサイト

キャンプグラウンドと日帰り用の施設が分かれています。
(日帰りビーチはキャンプグラウンドより1~2マイルほど西)


あらあら・・・また(?)長くなってしまったので、この続きは次回に・・・。



2011.09.12 / Top↑
二日目。
てるてる坊主の効果か(?)朝からお天気は

ホテルでさくっと朝食を済ませ、出発。
この日は、Blue Water Areaの北を目指します。

↓再度このエリアの地図登場。赤丸のポートヒューロンからこの日は北にあるHarbor Beach(ハーバービーチ)を目指します。
BlueWater_map port huron

このハーバービーチは相方の同僚のお勧め。ポートヒューロンからは約1時間15分の距離。
ちょっと遠いけれど、名前の通り美しいハーバーとビーチがあると聞いたため早速行ってみることに。

前日訪れたLexington(レキシントン)を過ぎ、Port Sanilacを過ぎ、ハーバービーチまでもうすぐ
という頃。
トイレ休憩でRoad Side Park(田舎の道路沿いにあるレストエリア:トイレは殆どが水洗では
ありまっせーん/汗)に寄りました。

↓そこのパークで見つけたベンチ。
IMGP8902.jpg

ベンチには 
IN LOVING MEMORY OF MARGERY & JAMES GILL WHO LOVED THIS VIEWといった文字が刻まれています。

このベンチから眺める景色を、ギル夫妻(マージェリーとジェームズ)はこよなく愛していたのですね。
ギル夫妻がどういったお方だったのか、いつの時代のお方だったのかは知りませんが、なんだか
とってもロマンチック

↓その景色がこちら。
IMGP8901.jpg

本当にすばらしい眺めでした。
天気の良い日にギル夫妻は二人仲良くこのベンチに座り、ここから波の音が心地よい青いヒューロン湖を眺めていたんだな・・・きっとおじいさんおばあさんになってもずっと・・・と思いにふけってしまいました。(by cojicojiの乙女心)
                       

再び車で走り、ようやく到着したハーバービーチ。

あ・・・あれ?
街のサインが出た途端、視界に入ったのはダウンタウンですが・・・

↓なんだか寂れてる?
IMGP8863.jpg

トラバースシティのようなかわいらしい観光地化されたダウンタウンまでは期待してなかったけど、せめてお土産屋さんやレストランがいくつか並んでると思ったんだけど、それらしきものは無い・・・
レキシントンにはある程度あったんだけどなあ。

ビーチはどこ?それらしきサインも雰囲気も全く無い。

それでも、車を停めた目の前に観光案内所がありました。
えっ こんなところにも観光案内所があるんだぁ~・・・
・・・って、あれっ なんか以前にもこんな経験がっ! 

あっ UPのかつて鉱山等で栄えた街 オンタナゴンだ!!
かな~り、嫌な予感がしたのですが、とりあえずこの観光案内所の扉を開けてみました。

中では、係員の女の子が暇そーに携帯をいじってました。(汗)

相方が女の子に「この街のお勧めのビーチはどこ?」と聞くと女の子は

えっ ビーチ?!?ああ、えーと・・・ここにはお勧めは無いわねぇ。
ですと。

えええっ

女の子は続けて「この北のPort Austin(ポートオースティン)まで行けば、白砂の広い素敵なサンディービーチがあるわよ。すっごくお勧めよ。この辺りだとねぇ・・・うーん・・・まあ、ビーチがあることはあるわよ。左に折れてちょっと行ったところに・・・でもねぇ。。。(もごもご)」

                         

そっ そんなぁ・・・

ポートヒューロンから1時間15分かけてドライブしてきたのに、綺麗なビーチが無いですと。
確かにこの街の湖沿いには、なんともいえない工場の煙突が見えたわ。
相方同僚よ・・・なぜそんなところを我らに薦めたのだ???

私は女の子に「ポートオースティンまでここからどのくらいかかる?」と聞くと女の子は
「30~40分程度よ。ほっんと~にお勧めなんだからっ!」 とのこと。

うーん。もうここまで来たら一緒だ。そこ!そこ行こう!
ということで、さらに北上することに。

ちなみのちなみだけど、その女の子にダメもとで「この街でお勧めのレストランある?」と聞いてみると、彼女は
「あっ ええと・・・あの・・・○○とか○○は悪くないけど(もごもご)・・・」とまたもや歯切れの悪い答え。
まさにオンタナゴンの観光案内所の初老女性と同じぢゃねぇかいっ!!

ランチ時間にはまだ早いし、ビーチに持っていくお弁当を買えるようなお店もここには無さそうなので、そのまますぐに車に乗り込んでポートオースティンまで行ってみました。
                     
約30分後。ポートオースティン着。
おぉー!ついに地図の親指先端を超えたよ!!

ダウンタウンは、レキシントンよりも更に小さい感じでしたが、ハーバービーチとはうって変わって
観光地らしい雰囲気の町並みでした。

・・・しかし。

ビーチはどこ??

湖畔に公園があったので、そこの駐車場に車を停めて湖に向かって歩いてみよう。

↓ハーバーはなかなか良い感じね。
IMGP8866.jpg

しかしその先に広がったビーチは・・・

↓え・・・これが、さっきの女の子お勧めの白砂のビーチ???
IMGP8864.jpg

確かに水は透明だし悪くないけど、まず小さいビーチ。広くない。そして誰もいない。
こんなんだったら、ポートヒューロン界隈のビーチのほうがよっぽどよっぽどいいじゃーん!!

2時間近くドライブしてきた結果がこれかっ!!

・・・と私一人別の世界で暗く落ち込んでいると、近くを通りかかった若いカップルが愛想良く「Hello!」と挨拶をしてきました。
相方はすかさず、そのカップルに
「ねえねえ、君たちここの地元の人?!」と話しかけました。

カップルの男性は「え?・・・ちっ 違うけど。どうして?」と。
相方は「この先のハーバービーチの案内所で、ポートオースティンには白砂の広大なビーチがあるって聞いたんだけど・・・それってどこにあるか知ってる?」と続けて聞いてみました。

すると、その男性は、
「この街は知らないけど、それだったらここからもうちょっと先に行った、Port Crecent State Parkのビーチは本当~に最高だよ!広い砂浜のビーチさ!」と得意げに薦めてくれました。

ええっ このまた先ですか・・・。 
左手の親指を一周しちゃうじゃーん。。。

なんだか、肩透かしの連続。

彼の言うことを信じるべきかそうでないか・・・

しかし彼は「ここまで来たんだから一度いってみるといいよ。ここからわずか10分程度だよ」と強く強く薦めるので、じゃあ行ってみるか。という気持ちになりました。

その前に腹ごしらえ。

ここポートオースティンのダウンタウンにあるレストランバー「Tha Bank」というお店でランチ。
IMGP8871.jpg

↓小さなテラスからダウンタウンを眺めます。特に何も無い風景だけど・・・
IMGP8868.jpg

↓(左)相方はハンバーガー。ハンバーガーよりポテトチップがメインに写ってますね(右)私は本日のキッシュとフルーツ。
IMGP8869.jpg IMGP8870.jpg

相方はハンバーガー絶賛。私のキッシュも美味しかった。あとでウェブでみたら、このお店はこの街では人気のお店だったようです。


さて、すでにまたまた長くなってしまったので、この先はまた次回に続きます。。。

2011.09.09 / Top↑
(前回の続き)

この日は風が強く、湖水浴には向いていなかったので、我らはLakeport州立公園を後にして、そこから車で15分ほど北上したLexington(レキシントン)という街に向かいました。
IMG_2677.jpg


ここでタイトルにもなっているBlue Water Areaの地図をご参照ください。

左手の親指外側に沿うように街が点在しており、これがBlue Water Areaと呼ばれています。
ポートヒューロンより上はヒューロン湖沿い、下はヒューロン湖と、南に位置するセントクレア湖を結ぶ川沿いの街となります。
BlueWater_map.jpg

親指のちょうど中間地点のレキシントン。

↓ダウンタウンはこんな感じ・・・ってあまり良くわからないかな?!
IMGP8833.jpg IMGP8836.jpg

↓ダウンタウンをちょっと歩くとすぐに湖。ハーバーの美しい風景が真っ先に視界に入ります。
IMGP8810.jpg

↓アイスクリームショップがあったので、早速購入。ブラックチェリーアイスは超まいう~。
IMGP8808.jpg IMGP8807.jpg

↓レキシントンにも小さなビーチがあります。その横には沖に向かってせり出すピア(桟橋)。
IMGP8832.jpg IMGP8811.jpg

↓桟橋はとーっても長いです。
IMGP8813.jpg IMGP8815.jpg

↓桟橋にちょっとした人だかり。おおおっ 見事な白鳥ファミリー。白くてでかい。存在感ある鳥だ。
IMG_2673.jpg

小さいけれど夏の散策にはとっても気持ち良い、ハーバーの街レキシントンでした。

                        

我らは再びポートヒューロンに戻り、この日宿泊予定のホテルに行きチェックイン。

それから夕食をとるためポートヒューロンのダウンタウンに出かけました。

↓この日の夕食はダウンタウンにあるブリュワリー「QUAI STREET BREWING」。地ビールが楽しめます。
IMGP8852.jpg

↓屋外のテラスに席を取りました。運河が見えて雰囲気も◎
IMGP8841.jpg

普段はビール派ではないけれど、ブリュワリーに来たら作りたてビールが飲みたくなるのが人情
ってもの。
早速私は、5種類のビールが試飲できるサンプラーを注文。

↓こちら、私が注文したサンプラー。5種類の個性的なビールに加えて、なんとルートビア(ノンアルコールのソーダ)までついていました。
IMGP8840.jpg

写真を見てもらってもお分かりだと思いますが、これ試飲といっても結構なサイズで飲み応え
あります。日本で普通に売られているグラスビール(小)程度は余裕でありますよ!

メニューに値段が書いてなかったので「高いんだろうなあ・・・」と少々心配していましたが、
なんとこれ全部で$5!!
安い!!

↓(左)相方は柑橘系のこのビールで通していました。こちら$4。サンプラーのほうがお得感あるなあ。(サンプラーにもこの種類のビールあったし)
IMGP8842.jpg IMGP8849.jpg


↓(左)グリルサーモンのサラダ。(右)ビールと言えばフィッシュ&チップス。
 どちらも美味しかった~。
IMGP8850.jpg IMGP8851.jpg

このお店とってもお勧めです!!
とにかく雰囲気良し!味良し!そしてなんといっても料金がとーっても良心的。
デトロイトエリアのお店ではなかなか見つけられない料金設定。

                     大満足でした

さて。ホテルに戻って・・・

↓・・・部屋の窓際・・・お・・・?
IMGP8862.jpg


↓おおっ!!てるてる坊主!!(ピンボケ)
IMGP8861.jpg

いや、実は天気予報が芳しくなかったので、家で作って持ってきたのでした。

あ・・・わざとらしい演出失礼しました

ちなみに、このてるてる坊主を見た相方。
「ハロウィンじゃないのに、なんでゴースト?」
                          

明日はもうちょっと北上してみたいので、是非とも良い天気になって欲しいなぁ~。


《紹介のお店》
Quay Street Brewing Company
住所:330 Quay St.
Port Huron, MI48060
TEL : 810.982.4100



2011.09.07 / Top↑
この週末は月曜日がLabor Dayという祝日だったため、3連休でした。
しかも、相方は金曜日に有休をとっていたので4連休。
この連休の詳細は後日報告します。

ところで、今回の連休で土曜日までは猛暑がぶり返していて35℃近くまで上がったミシガン。
しかし月曜日は気温が急落して、なんと日中の最高気温も15℃前後でした。寒かったー。
今も寒いです。

そんな中、夏の思い出がかなり遠い記憶になっていますが、1ヶ月ほど前のお話を・・・

8月上旬に、私の好きなヒューロン湖沿いの街、Port Huron(ポートヒューロン)に2泊旅行してきました。
天気予報はあまり芳しくなかったので、一番の目的であるヒューロン湖でのビーチリゾートに不安が残りましたが、週末で出かけられそうなのはこの日だけ。無理やり決行することに。

↓相変わらず地図。青い●付近にある自宅から赤い●のポートヒューロンへ。ヒューロン湖の最南端の町です。
 ああ、UPも懐かしく見える(笑)こうしてみるとUPはやっぱり遠いなぁ。。。
michigan-state-map port huron

このポートヒューロンを基点に、ヒューロン湖沿いの街をいくつか訪れるのが今回の目的。
地図を見ると、ミシガンのUP以外の部分は左手のように見えます。(鍋つかみ状な二指手袋のような)
その親指に位置するエリアはBlue Water Areaと呼ばれています。ヒューロン湖の美しい青い湖水を表現しているのですね。
                     
初日は、日帰りで度々訪れているビーチ「Lakeport State Park」に行ってみました。
ここはポートヒューロンよりわずかに北に位置しています。

↓ここは州立公園だけあって広大です。キャンプ場と日帰り施設とに分かれています。
 こちらは日帰りビーチ。夏はピクニックやBBQを楽しむグループでにぎわっています。駐車場から少々歩くのがたまにきず。
IMGP8794.jpg IMGP8806.jpg

早速ビーチに出てみると・・・おおおっ 風が強い。

↓そして遊泳用のサインは黄色い旗。
IMGP8795.jpg

ビーチにはこうして、旗が設置されています。毎日の天候状況を見て、遊泳に全く問題なければ緑、注意が必要な場合は黄色、そして基本的に遊泳禁止の場合は赤い旗が上げられます。

天候は快晴。水平線もくっきり見えるクリアな湖でしたが、とにかく風が強い。写真では分かりにくいですが、白波も立っていて泳いでいる人はかなり少なかったです。

それでも相方は水に入り泳いでいましたが、私はパス。(基本泳ぎ得意じゃないので/苦笑)

↓白砂に青い海・・・じゃなくて湖。景色は本当~に綺麗なんだけどね。
IMGP8796.jpg IMGP8801.jpg

ビーチ遊びがゆっくり楽しめそうもないので、早々にこの場所を引き上げました。

そして次に向かったのが、Lakeportから車で15分ほどのLexingtonという街。
古くからハーバーで栄えてる可愛い街です。

・・・ってこの先、また長くなりそうなので、続きは次回に。



2011.09.06 / Top↑
久々に我が家の畑についてご報告します。


↓こちら7月下旬の畑。
IMGP8753.jpg


↓7月頭のブロッコリー祭りで大きな房の収穫が終わったブロッコリー。こちら、順調に枝から小さなブロッコリーが続々と実っています。
IMGP8636.jpg

7月のブロッコリー祭りでは、大きなブロッコリーの房が一気に4つも収穫されてしまい、消費に苦労しましたが、今回は枝から発生する小さなブロッコリー(ちょうどブロッコリーを食べるときの一口大の大きさ)がぽつぽつと生るので、食べる量だけ収穫できてとーっても便利。
ブロッコリーは来年も是非とも栽培したい!

                           

さて、今日の主役。
この7月下旬頃から一気に成長して収穫が始まった野菜。・・・それは・・・

↓水菜ちゃーんっ
IMGP8663.jpg

水菜は去年もプランター栽培で比較的成功した野菜でした。
それだけ種から簡単に栽培でき、収穫も随時期待できる野菜です。

↓今年も順調~!
IMGP8959.jpg IMGP8960.jpg

この水菜。我が家での食べ方はもっぱらサラダ。

夏ということもあるのですが、簡単に食べたくてついついサラダにしてしまいます。
冬だったら鍋にしたいところなんだけどねぇ。。。

↓こちら、パクチーと一緒にタイ風サラダ。チェリートマトはやはり我が家の畑から。
IMGP9068.jpg

↓カブ、チェリートマト、水菜と全て自家製の野菜で。
IMGP8614.jpg IMGP9005.jpg

しかし最近ハマっているのは、パルメザンチーズたっぷりのこってりシーザー風ドレッシング。

↓クックパッドで見つけたこのドレッシング。ガーリックも効いていて相方の大好物。
IMGP8963.jpg IMGP8966.jpg

相方がこのサラダが本当~に好きで、水菜というとこのドレッシングを熱望します。
水菜は苦味がある野菜ですが、相方にとってはこの苦味がチーズドレッシングと合うのだそうです。
普通のシーザーサラダよりずっと好きだといっていました。

私としては・・・苦味がかなり強いので、水菜だけよりも他の野菜と一緒に食べたいところなんですが、相方は水菜一本で行きたい模様。

これからも収穫できるので、今度はサラダ以外の料理を作ってみたいです。

2011.09.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。