国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
またまたちょっとご無沙汰しちゃいました。
実家のPCは動きが遅いので、頻繁には使っていません。
・・・というか、PCを使う時間があまりないのが現状です。

こちら日本は暑い日が続きましたが、日曜夕方の雨をきっかけに、昨日月曜日は気温がかなり下がりました。
あまりの温度差に風邪をひいてしまいそう~。

さて、今回は元同僚で友人のりーくん(このブログのリンクも貼らせていただいている、「茶花色食」のライター)と行ったランチをご紹介します。

場所は池袋。
柿安三尺三寸箸というビュッフェレストラン。
東武百貨店のレストラン街スパイス内にあります。
このレストランは北は埼玉から南は福岡まで展開する全国チェーンのお店。
ちょっとお値段は高めですが、その充実振りにびっくり!

とにかく種類が多い!
美容と健康にこだわったお惣菜たち。見た目も美しく食べても美味しい。そんな女性の
わしづかみするメニューのせいか、店内の客の9割以上が女性。
和食がベースとなっていますが、ハンバーグやパスタ、ドリア、カレー、色とりどりのサラダなど、
若い世代がくいつきそうなメニューも豊富。しかもどれも見た目が上品で綺麗。

↓全てが美しくどれもこれも欲しくなってしまう!
P1010029_convert_20110523171027.jpg

↓お惣菜はこの何倍も何倍もたくさん種類がありました。(右)おでんも充実してます。
P1010030_convert_20110523193009.jpgP1010033_convert_20110523191932.jpg

↓ラーメンもあって、自分で湯通しできます。
P1010031_convert_20110523192027.jpg P1010032_convert_20110523192231.jpg


このラーメン、普通の麺の中にコンニャク麺も混じっています。美容と健康を気にする女性に
もってこい!
ねぎ、シナチク、天カスやお店オリジナルの食べるラー油など、トッピングも充実してます。

他にも、カレーや塩焼きそば、ざるうどん、写真にもあった本格おでんなど、お惣菜のほかにも
魅力的な食べ物がたーーーっくさん!

あれも欲しい、これも欲しい・・・でも種類が多すぎて全部制覇は無理!

あれこれ考えた末に取ってきた食事は

↓じゃーんっっ! (あ、これ、一応二人分です)
P1010034_convert_20110523195326.jpg

種類豊富で見た目も美しいので、どれもこれも少しずつ食べたいと思うのが人情というもの。
その心理を知ってか、お店の取り皿もこのように小さく細かく仕切られています。

内容の一例はというと、卯の花と豆のサラダとか、大根とトマトのジュレサラダとか、美味しくて
ヘルシーなキャロットサラダとか鳥南蛮 etc etc...

ああ、こんなにたくさんの仕切りがあるのに、それでも食べたいもの全てが入りきらない。
あっ あのハンバーグも食べたいし・・・

↓・・・ということで、別の小さめお皿にも取ってきてしまいました。
 (右)は例のヘルシー味噌ラーメン。お味噌汁のお椀サイズで。
P1010036_convert_20110523203620.jpg P1010035_convert_20110523203856.jpg

味はとーっても繊細で美味しかったです。
食べ放題のお店では、あまり味に期待はしていないのが普通ですが、ここは本当に美味しかった。

しかし・・・私も友人も食べ放題には向いていない体質のようで。。。
量が食べられないんです。
別に可愛い子ぶってるわけじゃなく。

周囲のお客さんたちは、何度もあの大きいほうの皿でお代わりをしていたけれど、私たちは結局
この写真の量でいっぱいいっぱい。食べたい気持ちはあったのですが、おでんもカレーも焼きそばもざるうどんも食べられず。

いやぁ、私たちが取ってきた量だけでもかなりあったのですが。
ここに来ていたお客さんたちってば、パワー全快でした。

しかし、デザートは絶対食べるぞ・・・と強い意志をもって取ってきましたよ。

↓デザートは和がメインだったので、見た目は控えめですが。
記憶が定かではありませんが、皿右手前から時計周りに、「わらび餅」、「胡麻団子」、
「おからドーナツ」、「フルーツゼリー」。
左側の小さなグラスにはカスピ海ヨーグルトとぜんざいが・・・。
P1010038_convert_20110523205519.jpg


この時点で、胃はパンパンに膨れ上がっていて、もう何も食べられない・・・と思っていましたが、
私としてはめずらしく「デザート別腹状態」になっていました。
苦しいながらも美味しい!特におからドーナツ!これ最高!

残念ながら時間が80分制限とされていたため、食べられた量に限りがありましたが、もうちょっと長居させてくれたらまだまだいけたかもしれない・・・。いやあ、欲張ってはいけませんね。

お店の人に「申し訳ございません、お時間です」と促されお店を後にしました。
んまぁ・・・本当に80分きっかりに追い出されるのねっ。まあ、時間性だからしかたないか。
しかし、久々に繊細な味を堪能して大満足!!


ちなみに、この日は月曜日でした。
今回の里帰りでは、私は家の都合により平日夜の外出が難しかったため、りーくんは貴重な有休を使って、私の地元から近い池袋まで来ていただきました。
しかも、ご馳走までしていただいて・・・。
本当に恐縮&感謝です。

その後腹ごなしにウィンドーショッピングした後、お茶をしてゆっくりおしゃべりしました。
食べ放題では、どうしても飲食に集中してしまい(!)ゆっくり話す余裕もなかったもので(苦笑)。

この日も美味しく楽しい一日を過ごさせていただきました。

りーくん、いつも楽しい時間をありがとう!!

スポンサーサイト
2011.05.24 / Top↑
少々ご無沙汰してしまいました。
実は今、日本に来ています。

今回、相方は留守番で私一人の里帰り。

震災前から計画していたもので、今回の震災でどうなってしまうかと気を揉んでいましたが、幸い予定通り帰ってくることができました。

両親が住む家は埼玉県南西部にあります。
最近までは、関東地方もかなりの頻度で余震があったようですが、私が戻ってからは幸いにも体感した地震は今のところ、小さなものが2度あったのみ。
大震災や度重なる余震を体験した皆様はそれは不安な思いをされたことでしょう・・・。

東京や実家のある埼玉県では、全く通常の生活に戻っているように見えます。
ただし節電のため、電車内や店舗等の電気が一部消されていて、若干暗めではあります。
まあ、日本は元々とても明るかったので、ミシガンから戻った身としては暗さにはそれほど違和感を覚えません。

前回の記事でも書いたように、ミシガンは今とっても美しい季節だったので、そんなミシガンを離れるのは後ろ髪が引かれる思いでしたが、ここ日本も五月晴れの多い一年で一番気持ちの良い季節だと思います。

↓両親の家の横の空き地にはこんな可愛い花が咲いていました。両親が育てている同じ種類の花から種が飛んだとのこと。
P1010040_convert_20110517145700.jpg



デトロイトから成田までのフライトは長く、一人でとても退屈でしたが、家族や友人の顔を見たら「ああ、帰ってきて良かった!」と心から安心しました。


さて、日本到着の2日後に、早速友人(べるゆきご夫妻)の家に遊びに行きました。


最近、都内のとある超高層マンションの30階上に転居したお二人。
新しいビルなので免震性はあるだろうけど、地震がきたら怖いだろうなあ・・・。

↓しかし、素晴らしいぃぃ~眺め。夜は夜景がとっても綺麗だそうです。
P1010012_convert_20110517135341.jpg P1010013_convert_20110517135441.jpg

↓もうすぐ完成する東京スカイツリーも目の前。こんなに近くで見たのは初めて!!
P1010018_convert_20110517140558.jpg

今回は私の都合で、夜ではなく昼間の会合にしてもらったのだけれど、場所が友人宅だったため
早速酒宴の席が整いました。

↓ビールから始まり、美味しい数々のワイン、そして焼酎を用意してくれたべるゆきご夫妻。もちろん美味しい手作り料理もた~くさんありました。
P1010014_convert_20110517135643.jpg

あ~、日本のビール(しかもプレミアム)は旨いっっ!!

あ、でも上の写真の乾杯後はもうすっかり「酔いどれ天使」(?)状態になってしまい、せっかくの
ご馳走の写真はありません・・・。


久しぶり(でもないか?)の友人たちと会い、たまる話も全く尽きなかったけれど、あっという間に
時間が経ち、お開きの時間に・・・。
後ろ髪引かれる思いで、友人宅を後にしました。

                      

この楽しかった会合の話を、ミシガンで留守番中の相方に電話報告すると、とても喜んで
くれました。
当の相方は・・・というと、私がいなくてかなり退屈している模様。
ミシガンはこの週末雨続きだったみたいで、予定していた庭仕事もできず、からかう相手(=私)もいなくて、退屈だったんだそうです。


さて、まだまだ日本滞在は続きます。
時間があったらまた滞在記をアップします。メインはやっぱり「食」かな。



2011.05.17 / Top↑
春を通り越して夏のような気候になったかと思ったら雪が降って冬に逆戻りしていたミシガン。
ここ数週間は気温も落ち着いてきて、ようやく春の訪れを実感しています。

我家の数少ない春の花も続々と花を咲かせました。


↓クロッカスから始まって
IMGP8482.jpg

↓チューリップ
P1010004.jpg

↓水仙に・・・
P1000021.jpg

P1000024.jpg P1000023.jpg

↓昨秋植えて今年初めて咲いたヒヤシンス
P1000019.jpg

↓木の周りに植えられてある、名前の知らない紫の花も毎年花を咲かせます。
P1000087.jpg P1000086.jpg


・・・とはいっても、日本(関東地方)あたりの気温と比べたら1ヶ月近く遅れている感があります。
ソメイヨシノはこの辺りで見かけないけど、近所のしだれ桜は今が満開。

↓ご近所さんの枝垂(しだれ)桜。この辺りはこの木が沢山あります。
P1000109.jpg

↓ご近所さんの見事なチューリップ
P1000090.jpg


↓我家のりんごの木も花を咲かせはじめました。満開まではまだちょっとあります。
P1000085.jpg


ある暖かい日、近所を散歩してみました。

↓住宅街の中にある遊歩道も、緑の色が濃くなってきました。つい最近までは一面茶色
だったのよ。
P1000111.jpg

P1000112.jpg P1000114.jpg

P1000098.jpg P1000099.jpg

↓日本では可愛いイメージのタンポポもアメリカでは害草。ここは一般の歩道横の草むらだけど、
もし個人の庭をこんなタンポポ畑状態にしていたら、近所の人に嫌がられちゃいます。
P1000104.jpg

こうやって見ると可愛いんだけどね。でも実際に我家の庭に生えてると「げっ」と思うようになって
しまった・・・
P1000094.jpg

↓遠くから見たら黄緑の葉のようだけど、近づいたらお花でした。これ何という名前だろう??
P1000102.jpg P1000103.jpg

ミシガンは今が一番美しい季節。
白・ピンク・黄色・赤・・・と色とりどり。

りんご、梨、桜、マグノリア、つつじ、チューリップ、水仙 etc・・・とカラフルに花が咲き誇って
います。

冬が長過ぎるからこそ、春の訪れは本当に格別なのであります。


2011.05.11 / Top↑
ニューオーリンズ料理を楽しんだ2日後。

今度はベトナム料理を食べに行ってきました。
なんだか「食の海外旅行」気分。(ニューオーリンズはアメリカ国内だけど)

実はミシガンに住むようになってからベトナム料理を食べに行ったのは初めて。
・・・というのも、我家の近辺にはベトナム料理レストランがありません。
今回友人に教えてもらったこのお店は、車を約40分走らせていく必要があります。

お店の名前は「Thuy Trang Restaurant」。Madison Heights(マディソンハイツ)という街にあります。

この街は、ベトナム料理屋さんがひしめくエリアだそうで、ベトナム以外にも中国語の看板を良く目にしました。
アジアタウンといった感じ?
日本系列のお店は目にしませんでしたが・・・

店内(の写真は無いけど)は、昭和の食堂(?)といった雰囲気。
各テーブルにはスープ用のレンゲや醤油、フィッシュソース、チリソースなど色々なものが乗っていて、ベトナムの街中の食堂を彷彿させます。。。
・・・あ。ちなみに、私はベトナムに行ったことがないので、本場ベトナムっぽいかどうかの真偽は定かではありませんが(汗)。


さて、この日は私を含めて4人のメンバーでランチに挑んだので、それぞれのお食事に加えて、このお店を教えてくれた友人お勧めのアペタイザーを注文し、4人でシェアしました。

↓それがこちら。海老のすり身と野菜各種をライスペーパーで巻いて専用タレでいただくもの。(名前は難しくてわからないので省略)まあ、変わり生春巻きといったところでしょうか。
P1000067.jpg

ちなみにこのトッピングにあるもやしは生でした。
アメリカ(ベトナム?)では、もやしを生で食べるんですね。目からうろこ!
そういえば、ブロッコリーも生で食べてますね。アメリカのひとたちは。


↓上手く巻けないよぉ~・・・ 生春巻きというより握り寿司みたいな形になっちゃった。
P1000068.jpg

結局巻きの下手な私は、食べながらもボロボロと具が落ちてしまいましたが、おいすうぃ~!!
タレの甘酸っぱ辛さがたまりません!!

そして私ともう一人の友人は豚のバーベキュー定食(正式名称は失念)を、もう一人は海老と豚の炒め料理定食を選択。
↓(左)私が注文したBBQ定食。目玉焼きが殆ど生だったのでひるみました。(右)海老と豚の炒め物定食。なぜかご飯がお子様ランチ風?
P1000070.jpg P1000071.jpg

日本の生姜焼き定食のような味。安心して食べられる味です。添えられていたにんじんと大根の千切りの味はまさにお正月に出てくるナマスのようでした。美味しい!

そして・・・
このお店を教えてくれたベトナム料理エキスパートの友人が選んだのはこちら。

↓ええぇっ 汁が赤いよ!これなに?
P1000069.jpg

これは、フォーの一種で辛い辛いスープの麺。こちらも名前は覚えていませんが、通常のメニューではなく「Today's Special」の中から選択してました。

友人は以前から、この赤い汁のフォーもどきが気になっていたそうです。
見るからに辛い・・・
スープを味見させてもらったけど・・・やっぱり辛いぃ~っ!!

そして、この麺には色々な種類のホルモン系が具として入っていました。。。内臓系が苦手な私はひるみました。(ひるんでばかり?)
まさに、ベトナム料理・アジア料理のエキスパートが選ぶ一品です。

彼女がお勧めの品は他にも沢山ありましたが、意外だったのはアボカドのシェイク。
アボカド?シェイク?どんな味??・・・と思ったのですが・・・
こちらも友人が注文したものを味見させてもらうと、甘くてクリーミーでアボカドの味もして不思議に癖になりそうな味。
次回行ったら注文したい。

店内は、ベトナム人、韓国人、アメリカ人、そして日本人と色々な国の人が食事を楽しんでいました。
聞こえてくる言語も色々で面白い。

久々に本場ベトナムの味を堪能しました。
家からはちょっと遠いけど、良いお店を教えてもらいました!また是非来たい!
今回はご飯が食べたかったので定食にしてしまいましたが、次回は是非とも「フォー」を頼んでみたいと思います。


【おまけ】
せっかくここまで来たのだから・・・と、食後はこのお店の近くにあるクリスピークリームドーナツでお茶タイム。
日本とは反対に店内はガ~ラガラです。
客は私たちのみ。
フレッシュドーナツが揚がる頃には一瞬列ができましたが、それでも5,6人。

P1000072.jpg P1000073.jpg

《紹介のお店》
Thuy Trang Restaurant
住所:30491 John R Rd
   Madison Heights, MI 48071

2011.05.09 / Top↑
昨日は友達と、Ferndaleという街にあるニューオーリンズ料理(ケイジャン料理)のお店に行って
きました。

その名も「Howe's Bayou」。
P1000066.jpg


昨年行ったニューオーリンズでは、年に1度の大フェスティバル「Mardi Gras(マルディ・グラ)」の
時期だったため、思うような移動もできず、多くのレストランが休業していたため、期待したほど
南部料理を堪能することができませんでした。

そのリベンジではないけれど、ここミシガン州デトロイト郊外でニューオーリンズ料理のお店がある事を一緒に行った友人から聞き、「よっしゃ!去年の不完全燃焼をとり戻したるで!!」(←何故か関西弁。しかも正しくない?)と鼻息荒く乗り込んだのでした。

あ! しかし、私ってば辛いものが苦手だったんだ。
ケイジャン料理・クレオール料理は、スパイスの効いた辛い料理が多いので、私が食べられる料理って限られていたんですよね。

私はニューオーリンズ料理の中でも数少ない辛くない一品の、Po'Boys(ポーボーイ) というニューオーリンズスタイルのサンドイッチが食べたいと思っていました。
このニューオーリンズスタイルのサンドイッチとは、フランスパンに南部風の味付けのコールスローサラダをと、メインの具各種を挟んだもの。
あ、具によってはやっぱり辛いのですがね・・・

目当てはカキフライのポーボーイ。
ニューオーリンズをはじめとして、メキシコ湾に面した南部の町では牡蠣が名産で、このカキフライのポーボーイはニューオーリンズの名物とも言えます。
しかし、メニューを見ると、牡蠣だけでなく、牡蠣と一緒に南部名産のソーセージも一緒にフライにされているお品しか見当たりません。
なので、お店の人に「このソーセージって辛いですか?」と聞くと
「ちょっとだけね」とのこと。
ケイジャン料理の店員が「ちょっとだけ辛い」ということは本当はすっごく辛いのか?
それとも本当にちょっとだけか?

友人が決めた料理はCrawfish(ザリガニ)の南部風シチュー。クリーミーだけどスパイシーな南部名物のシチューがご飯にかかっているもの。
こっちも美味しそうだなあ・・・
そして再度店員さんに「このザリガニのシチューは辛いですか?」と聞くと
「ちょっとだけね」とのこと。
同じかいっ!

うーん・・・悩んだ末、私は初志貫徹ということでポーボーイ(牡蠣とちょっとピリ辛ソーセージのフライのサンドイッチ)を注文。

↓こちらが私が注文した「Andoulille sausage Encrusted Oysters Pan Fried」 という名前のポーボーイ。
P1000062.jpg


↓こちらは友人が注文したザリガニのシチュー。日本のカレーみたいで美味しそう~!
 お頭付きですぜ、旦那!
P1000063.jpg


↓ザリガニシチューにはサイド一品とコーンブレッドがついてます(手前)。友人はサイドとしてヤム芋のフレンチフライをチョイス。コーンブレッドを半分頂戴しましたが、とうもろこしの風味がしっかりとついていて美味しかった!
うーん、さすが南部の味。(←本当にわかってんのか?)
P1000064.jpg


私のポーボーイは100%当たり!!ほーんとうに美味しかった。揚げたてってのもあるけど、ソーセージは思ったほど辛くなく、牡蠣の風味が口の中に広がり、日本のカキフライを食べているような
気分。パンも固くなく食べやすくて、中にサンドされているコールスローもとってもさわやか!

一方、友人のザリガニのシチューを味見させてもらったけれど・・・
こちらは辛いっ!!かなり辛いっ!
最初はクリーミーな感触で後から口の中に火がつきました。
店員さん・・・同じくらいの辛さって言ってたけど・・・かなり違うじゃん!!

まあ私レベルの言う「辛さ」なので、一般の人にとってはそれほど辛くはないかもしれません。
どちらもとっても美味しかったです。

ランチタイムなのに店内はガラガラ~。値段もそれほど高くなく(安くもないけど)美味しいのにね。
日本の昔ながらの喫茶店もしくは、場末のパブ(?)を彷彿させるレトロな雰囲気のお店です。
椅子は破けていたけど、そんなの気にしない。

私はこの大きなこのサンドイッチを、友人はシチューをいずれも完食。
満喫しました~!

このお店の難点を1つあげるとしたら駐車場が無いこと。
あ、厳密に言うと店の前にあるのですが、車2台分でしかも縦列駐車。
Woodward Aveに面しているこのお店は両隣にお店がひしめいており、我家のあたりのように、お店に大きな駐車場が完備されていないのです。
近くの駐車場も縦列型のコインパーキング。(私の運転能力では駐車不可能)
しかもいずれも空いてなかったので、ぐるーっと回って店の裏側(徒歩2、3分?)の広い公共駐車場に車を停めました。こちらもコインパーキングです。

でも、このお店はかなり気に入りました。
ちょっと我家から遠いですが、相方も南部料理は好きなので、今度は相方を連れて行ってみたいです!

《紹介のお店》
Howe's Bayou
住所:22848 Woodward Ave.
Ferndale, MI 48220


2011.05.04 / Top↑
4月24日のイースター当日は友人とBBQパーティーだったため、義両親とは約一週間遅れで
イースターディナーをすることにしました。

金曜日の昼過ぎに戦車のような巨大ピックアップトラックで我家にやって来た義両親。
相変わらず大量~の食料とビール(相方向け)、その他大小諸々な物を持ってやってきました。

あっ 冷蔵庫整理するの忘れてた!
(整理しておかないと、義両親が持ってきてくれる食料が入りきれない)

↓お土産の一例のイースターキャンディー。義両親にとって、相方や私はいつまでも子供です。
(右)手作りのバナナブレッドとクッキーも持ってきてくれました。またこれが美味しい!
P1000057.jpg P1000058.jpg

こんな沢山のキャンディー誰が食べるのよ・・・  あ、相方か。


今回のイースターの様に、こういったお祝い事の食事会(サンクスギビングやクリスマスなど)では、必ずと言って良いほど、全ての料理を義母がしきってくれます。
ダラけがちの嫁としては楽ちんな限り。
その代償として、食べたい物の選択権は無いのですが・・・(選択権は義母)。

                       
今回のメニューは一般家庭のイースター料理と同様に、ハムがメイン。
毎度のことですが、大きな塊のハムを持ってきてくれたお義母さん。
食べきれないので、沢山持ってこないでね・・・と毎回お願いしてるのですが、どうしても大きな塊を買わないと気が済まないお義母さん。
「じゃ、半分持ってかえってくれませんか?」とお願いしても「ハムは色々な料理に使えるのよ。あなたたちが食べなさい」と言ってくれるので、その日からしばらくハムの日々が続くことになります。
                    
この日のメニューはハムの他、チーズポテトとスウィートポテト、コールスローサラダにストロベリーゼリー。

チーズポテトは、日本風だと『ポテトグラタン風』とでも言うのでしょうか。
千切りジャガイモとサワークリーム、キャンベルの缶スープ(チキンクリーム味)、そしてシュレッドされたチェダーチーズを混ぜてキャセロールパンに入れてオーブンで焼くだけのもの。
アメリカの定番料理です。
ちょっと手抜き(?)で簡単料理ですが美味しいです!

スイートポテトは皮を向いて乱切りにしたスウィートポテト(ヤム芋)を、これまた深めのキャセロールパンに入れてバターとブラウンシュガー適量を入れてオーブンで加熱するだけ。超簡単!
日本で言うと、『サツマイモの煮付け風』。
バターとお砂糖なのでとーっても甘くて、デザートみたいです。
このヤム芋の調理にはかなり時間がかかります。フォークで中央を刺してすっとフォークが通ったら出来上がり。

早速チーズポテトとスウィートポテトとハムの塊をオーブンに入れて、スイッチオン!
                        
相方が仕事から戻るまでの間、しばらく3人でおしゃべりしたり、彼らのリクエストで近所のCostcoに行ったり。
相方が帰宅した頃には、家の中いっぱいに良い匂いが漂っていました。

↓我家のお祝いディナーはとっても素朴。お洒落じゃないけれど簡単に出来て、しかも美味しい。
(左)手前がスイートポテト。その上が手作りコールスロー。そしてその上がチーズポテト。
(右)ハムの塊は焼いた後に厚めに切ります。まさにハムステーキ。
P1000052.jpg P1000053.jpg

↓(左)デザートのストロベリーゼリー。上にはホイップクリームがたっぷり乗っています。見た目はとーっても甘そうですが、生の苺がざくざく入っていてゼリー自体は甘さ控えめなので、日本人でも沢山食べられます。
(右)早速、お皿に盛りましょう・・・盛り付け下手だからなんだか絵になってないけど。
P1000054.jpg P1000055.jpg

お雑煮やお煮しめがお正月を思い出させる味なのと同様に、この厚切りハムとスウィートポテト、
そしてチーズポテトの味はイースターやクリスマスの味!
そう感じるようになってしまった私の味覚。。。

食後はさらにデザートとして、Treader Joe'sで買っておいたクレームブリュレを食べて、もう動けないほど満腹。

DVDで映画「SALT」(アンジェリーナ・ジョリー主演)を家族で見てまったり過ごしました。
映画の内容は、イマイチでした。

                       
一夜明けて翌日。
大量のハムをひきとることになってしまった私たちのために、義母は美味しいハムクリームスープを作ってくれました。
またそれが大量で・・・今もまだ残ってます(汗)。
そして悲しいかなハムもまだまだ大量にあります(汗汗汗)。

この日の土曜日は私が出かける予定があったため、義父母は午前中に我家を後にしました。

翌日の朝は、ハムをたーーっくさん使ったハムとアスパラのキッシュを作りました。
残った大量のハムには頭が痛いけど、このボンレスハムはキッシュには最高なんですよね。

P1000059.jpg

今回は、今は亡きお義祖母さん(お義父さんのお母様)が使っていた家具(かなりアンティーク)を我家に持って来てくれた義両親。
義父は膝が悪いのに、とーっても重いこの家具を2階の客用寝室に運ぶのを手伝ってくれました。

この家具、とっても古いのですが、良質の木と時代を感じさせるデザインが素敵です。

家の広さに限りがあるので、もう家具はいっぱいいっぱい。これ以上何も置けない状態になってしまいましたが・・・。

お義父さん、お義母さん、いつもありがとう。
最近は我家に来ていただいてばかりなので、今度は私たちが遊びに行かなきゃね。

2011.05.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。