国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

今日はちょっと個人的で情けなく愚痴っぽい話。しかも長文なので、お時間のある人だけお付き合い下さい。
                   

大人数のパーティーは苦手です。
・・・といっても、外国人に囲まれた中でのパーティーのこと。

日本でも、大人数よりは少人数の集まりの方が、皆とゆっくり話せて好きだけど、
大人数のパーティーも気づくといつも大盛り上がりしてました。
もともと宴会好きなので(自他共に認める宴会部長)。。。しかし、こちらではまずあり得ない。

こちらに住むようになり一番ハードなイベントが、相方親族による大人数でのパーティー。

                   

義父母と義姉家族だけでの集まりは、まあ楽しめるけれど、それ以上の親族が集まると心から憂鬱になってしまいます。
もともと人見知りする性格で(本当よ)、英語に苦手意識があるせいか、毎回大人数の
パーティー話が出ると、ブルーになってしまいます。
そもそも、伯父・伯母・従妹程度ならまだしも、叔母の再婚相手の親とか祖母の2人目の夫の兄弟とか・・・もうわけが分からなくなってくる

                   

この週末は甥の高校卒業パーティーが義父母の家で開催されました。
私は行かないで済む理由をあれこれ考えていたけれど、2人しかいない甥のうちの1人の
高校卒業。
相方もかなり入れ込んで可愛がっている甥達なので、さすがに行かないわけにはいきません。

更に義父母から準備を手伝って欲しいとリクエストされていた為、パーティー前日から泊り込んでいました。
義母が「ついでにお寿司でも作って持ってきてくれたら皆喜ぶんだけど」・・・と言うものだから、
下手くそながらもカリフォルニアロールを作って持って行きました。

今回のパーティーは義父母の親族総勢30名。(+犬1匹)
かなりきつい人数。
相方には事前に「常にぴったりと私から離れないでいてね。さもなくば1人孤立しちゃうから。」と釘を刺していたのだけど・・・。

実際、懐かしい面々が集まり挨拶を済ませると、相方は久々に会った親族達に捕まってしまいました。
気付くと遠いところに行ってしまい、私1人椅子にぽつーん。

親族たちは私に一言・二言話しかけはするものの、共通の話題もなく英語もつたないので、
すぐに仲良し親族同士が固まってしまいます。
そこに飛び込むことができない自分が情くもあるけど。。。

食事の時間となり、皆が思うままに好きなお料理を皿に取っています。
私の持ってきた寿司を横目で確認すると・・・ 1つも減ってない。(がーん)

                 
1人で海苔巻きつまみながら細々と隅のほうで食事をしていると、相方の祖母が
そっとやって来て話しかけてくれました。
その後も、義母、義父が話しかけてくれるけど、そうすると余計・・・なんというか、情けない気持ちになったりして。

この状況、「悲しい」とか「退屈」、とか言うのではなく、まさに

Miserable

な気持ち。

毎回感じてしまう、この惨めな気持ち。周囲は全く気にしてないんだろうけど(いや、たまりかねて祖母や義父母が話しかけてくるので若干は滲みでてるかな?)自分で自分を客観的に見て、Miserableなあたしぃぃぃぃ~・・と思ってしまいます。

                   

実は今回の集まりの少し前に、友人Pさんに相方親族との会合がいかに苦痛かを愚痴りました。
すると、彼女は「・・・すごく分かる!私も夫家族との会合が大嫌い!」と。
「私も結婚当時は、夫の家族は全くといって良いほど私に話しかけてこなかったよ。話しかけると答えてくれるけど・・・なんというか、とってもよそよそしくて。家族の一員に入れてもらってないという気持ちが強かった。夫家族との会合がある度、私は”行きたくない”と言って何度泣いたことか・・・」と。

えええっ?ウソでしょう?
彼女は人見知りゼロ。会話(人の話を聞くのも話すの)も、とても上手。そして、なんと言っても
彼女はアメリカ人。
言語には問題なく、友人も多くて明るい彼女は「行きたくない」と泣くようなキャラでは無い筈なのに。。。

彼女いわく、「cojicojiが親戚の会話に溶け込めないのは日本人だからじゃない。
日の浅い”嫁”だから。親族たちの性格にもよるけど、嫁入りして年数浅い女性に対してよそよそしいところは、私の夫の家族や親族ととっても似てるなあ。」だそうです。
ただ、1つ彼女と違う点は、相方の両親や姉は私を本当の家族のようにとても良くしてくれること。
その点は私もありがたく思うと同時に、大好きな義両親や義姉も含めた付き合いなので、
親族付き合いを疎遠にすることが出来ないのが辛いところ。

ちなみに、Pさんは陽気なイタリア系。お人よしすぎる性格の家庭から東欧系の家庭に嫁いだ
彼女にとって、夫の家族は閉鎖的に映ったのかもしれない。
そういえば相方家族も東欧の割合が高い・・・。
全てがそうとは限らないけどなんとなく納得してしまったりして。。。

                    

さて、甥っ子のパーティーの話題に戻ります。

その後、ようやく相方が私の横に戻って来て二人で座っていると、相方の従兄Rの奥さんMさんが私たちの元にやって来ました。

彼女とは今回が初対面。
プエルトリコ出身の女性なので、彼女も外国人です。しかも私と同い年。
しかし、小さい頃からアメリカンスクールに通っていたので、英語はほぼネイティブ。

Mさんは同じ外国人である私にとても興味があったようで、矢継ぎ早に色々な質問を投げかけてきました。
「異国に嫁いでどんなことが辛かった?」と聞かれ、「やっぱり言葉でのコミュニケーションと親と離れていることかしら」と言うと、「ああ分かるわ!私と同じ!」と。
ちなみにMさん夫婦とお子さん達は、夏の間だけ夫Rの故郷であるミシガンの家に住み、
通常はマイアミ在住。
プエルトリコから飛行機でわずか2時間。英語もほぼネイティブ。
絶対に私と同じじゃない。。。!!

いや、しかし、彼女もアメリカ人に嫁いで色々辛いことはあったでしょう。
同じ外国人としてであっても、初めて私個人に興味を持って話しかけてくれる人が出現したのはそれは喜ぶべきことです。
夫のRも気さくで8歳の双子の娘達もとても可愛くて愛想も良い。
暫くMさんやRと相方とで会話をして、やっと退屈とMiserableから開放された頃・・・

どこからか「お寿司が一番美味しかったわ!」と言う声が。
                     
振り向くと、私と殆ど言葉も交わしていない相方の従妹が義母に対して
「お料理美味しいわぁ~。でも、なんといってもカリフォルニアロールが最高!どこで仕入れたの?」と声高かに話していました。

えっ まぢで? 

義母は誇らしげに「cojicojiが作ったのよ!」と言うと、その従妹は私に向かって
「んまぁ~すごい!手作り?本当に美味しかった!」と連呼。
上手く巻けずに中身が飛び出そうになり形が歪んで、どう見ても絶対美味しそうには見えなかったあの海苔巻き。(←日本人が見たら絶対「え?なにこれ」と思うはず)

すると他の親族も「あれは美味しかったねぇ!作るの難しいだろうねぇ」との声が。
テーブルを見ると、パーティー直後にはちっとも減っていなかった海苔巻きの皿が空になっていました。。。

この日最悪な気分で迎えたパーティーで、予想通り苦痛の時間が続いていたけれど、気がつくとちょっとだけ心が和んでいました。
                  

午後1時から開始して6時頃まで続いたパーティー。
永遠とも思える長く辛い時間は、後半ちょっとだけ救われた気分になったけれど、それでも
やはりもう一度やりたいとは絶対に思えない。

この広いアメリカには、私と違ってアメリカ人夫の親族と大人数で付き合うことが、楽しい、もしくは全く苦痛では無いという日本人妻の方もいることでしょう。
そんな人がとても羨ましいです。

友人Pさんは長い結婚生活を経て、今はやっと夫の親族達と家族になれた感じがあるといいます。
それでも、夫の家族との集まりは退屈でつまらんっ!!と言います。(笑)

そうそう、Pさんのドイツ人の友人がこんなことを言ったそうです。

「ドイツ人はココナッツのような気質。殻が固くてとっつき難いけど、実際に殻を打ち破ると中には柔らかくて甘いココナッツミルクがある。 
一方、アメリカ人はピーチのような気質。見た目は柔らかいけど、中には硬い種がある。」


一見、とっつき難いドイツ人だけれど、打ち解けると親密になるまで時間はかからない。
一方アメリカ人は一見、挨拶もとってもフレンドリーでニコニコしてるけど、実際の中身は非常に防御が固く親密な仲になるのがとても難しい。

それを聞いて笑ってしまいました。当たってるかも。
私の親族達はドイツ人じゃなくて日本人だけど、むしろ初対面の人に一日も早く打ち解けようとして自ら話しかけるタイプ。
相方に対しても、英語喋れないのに日本語で弾丸トークしてます(笑)。
むしろアメリカ人のほうが閉鎖的なのかも・・・とこちらに住むようになって実感しました。
 
                 

これからも、何度もこの大人数での親族の会合はあるでしょう。
なんともいえないブルーな気持ちが無くなる日があるのだろうか。

いやぁ、どこの国でもヨメはつらいぜ!

↓甥っ子の卒業パーティーのケーキ。かなり大きなケーキでした。卒業時にかぶる帽子や卒業証書の飾りつけがあります。
 アメリカはこういったパーティー用のグッズが充実してますよね。
 ご馳走も沢山あったし、こういうのを見てるだけなら楽しいんだけどねー。
IMGP6961a_convert_20100628235133.jpg


スポンサーサイト
2010.06.28 / Top↑
ガーデニングのお話・・・といっても、我が家の場合は専門性は一切なく、間違った方法で行っているかもしれません。
そもそもマニュアルを読むのが大の苦手な夫婦。
いつでも Try & Errorで赤くなったり青くなったり。
幸い、小太郎さんや義母、そして日本の実家の母という師匠がいるので、わからなくなるとすぐに聞いてしまいます。
                        
今年の我が家の家庭菜園は、昨年と比べて種類も一気に増えました。
そして、昨年の失敗を教訓にし頑張ってきたつもりですが、やはり知識不足なので失敗の数々。

特にバジル。
                        
去年種から育てて全滅しました。
今年は早い段階(4月上旬)に種をまき室内で栽培。一気に発芽し健康そのもの。
しかし、まだ小さい芽のうちに非常に混み合っていた部分を間引きしたら、弱くなり・・・それでもまだ大丈夫そうだったから、暖かくなった日に外に出したら・・・

全滅しました。(ちーん)

しかし、実は4月の下旬頃、全滅鉢とは別に同じバジル第2弾の種をまいていました。
こちらは外置きのプランター。
4月下旬~5月にかけて、寒い日(霜さえ降りるような日)も多々ありましたが、じっと土の中で
我慢していたみたいです。5月中旬から遅ればせながら芽が出てきました。発芽した種は少ないようで、今育っているのはわずか3苗。それでも力強く健康に育ってます

↓プランターいっぱいに生えてくれるのを期待してたけど・・・まあ、元気な苗だからいっか
IMGP6948_convert_20100624014110.jpg


更に、先週は友人とNorthvilleのファーマーズマーケットに行き、バジルの苗を追加購入しました。
(ナッチャラさん、Northvilleは緑豊かで良い街ですね)

その日はどうしても夜にバジルを使った料理がしたくて。
我が家のバジルちゃん(上記の写真)は、まだ沢山の葉を摘めるほど育っていないし、グロッサリーストアで小さなパックに入ったバジルの葉は$2もするのに比べて、苗のお店やファーマーズマーケットなどでは”わっさわっさ”と葉がついている苗でも$2~$3程度で買えてしまうのです。

今までパックで買っていたのですが、本当にバカバカしかった!
苗なら、冷蔵庫に入れなくても長持ち。欲しいときに欲しいだけ摘めば良し。あとからどんどん葉が茂ってくる。
なんでこんな簡単なことに気づかなかったのぉ~、cojicojiおばさん!

↓(左)すごい元気なバジルの苗。もう1パック$2も払って買う必要もなし。(右)これまで何度も使い切らないうちに腐ってダメにしていたソラントロー(パクチー)の苗も買いました。これで好きな分だけカットすればOK。
IMGP6949_convert_20100624014131.jpg IMGP6950_convert_20100624014151.jpg


上の苗が2つで$5。
これで、ちゃんと手入れしてダメにならない限り、今シーズン(寒くなるまで)はバジルもパクチーも買わずにすみます。安いもんだ。

上記の苗、とても元気に育ってます。

種から育てたバジルちゃんもまだ小さいけれどとっても健康。
去年は種から蒔いたバジルが全く実らなかったけど、今年はどうにか成長してくれて嬉しいです!
パスタやチーズ好きの夫婦としては、この夏のメニューに多いに役に立ってくれるでしょう!

2010.06.25 / Top↑
この前の週末は近所の公園に行って来ました。
ここに行くのは今回が初めて。

ここは、我が家からは車で5分程度の距離です。
これまで、公園の前を車で通過するたびに見える駐車場と入り口はとても小さく、
「あ、あそこに小さい公園があるんだ」といつも思っていました。
道路からは小さい湖(大きな池とも言える)もちょろっと見えるので、水辺のこじんまりした公園のイメージです。

この週末は気温も上がりまさに夏!
家にこもってるのは勿体無い・・・ということで、年甲斐もなくTシャツ、短パンにサンダルといった服装に着替えて相方と2人この公園に行ってきました。

狭い駐車場に着くと、そこは沢山の車で埋め尽くされていました。
こんなマイナーな小さい公園も人気なんだ・・・と思ったのですが、車を停めて入り口から
湖に向かって歩き出すと・・・

一気に広がる広大な風景!
小さい湖(大きめの池)は思ったよりも広く、その先に湿地帯と森が広がりそこに沿って長い長い(特に奥に深く)ハイキングコースが延びる、思ったより大きな公園でした。

↓入り口を入るといきなり湖が視界に飛び込む!
IMGP6937_convert_20100622235043.jpg

↓この湖「Berry Lake」という名前だそうです。
IMGP6938_convert_20100622234842.jpg


左右に広がる湖(池みたい?)を眺めながら道が奥へと続きます。
この公園は遊歩道以外は殆どが水場(湖や池や沼)といった感じで、どうやら湿地帯にできた
公園のようです。

↓こんな木製で屋根付きのクラシックな橋も。。。
IMGP6942_convert_20100622234908.jpg

↓橋のど真ん中に何故かピクニックテーブルがあるの・・・見えますか?
IMGP6943_convert_20100622234924.jpg


この日は暑かったので、この屋根付き橋の日陰にある椅子は、散策の休憩所として重宝
しました(笑)。

橋を渡って林のほうへ行くと、そこには枯れて倒れている大木が沢山見えました。

倒れている真の理由は、私にも相方にもわかりませんでしたが、木の根元部分は湿地帯に
なっています。

↓なんとも言えないこの雰囲気。リアリティーショーでサバイバルゲームができそう。
 この木々の根を張っている部分(緑色の部分)は水。湿地帯です。
IMGP6945_convert_20100622234946.jpg IMGP6946_convert_20100622235003.jpg

おそらく、以前は水はけの良いこの土地に生えて成長した大木だけど、何かのきっかけでここが浸水し、根が腐って倒れてしまったのでは・・・と想像します。
我が家の裏庭の先にも湿地帯があるのですが、大木はやはり育たないので・・・。

この林の中の遊歩道を歩いていたら、黒っぽい小動物発見。
スカンクでした
あっという間に消えてしまったので、写真は撮れなかったけど・・・驚かさないで(放屁させないで)本当~に良かった。
                      
野生動物や野鳥をもっと見たかったのだけど、林に入った途端、一気に寄ってきた「蚊」に
2人とも大慌て。
この日は湿度も気温も高く、湿地帯にある森林は、蚊の楽園。
蚊に刺されまくる前に逃げようということで、この場を退散しました。

更に、池や湖に沿った遊歩道をちょっと散策

↓池には蓮の葉も浮かんでいて本当に風情があります~。
IMGP6941_convert_20100622235026.jpg

途中、遊歩道にカナディアンギース(←複数形)がたむろっていて道を塞いでいたのですが、無理やり通ろうとしたら、警戒した奴らは私に向かってくちばしを開け「カーッ」と唸りました。
道塞いでおきながら、どかずに「カーッ」です。いい根性してます。

しかし、近所にこんな公園があるとは知らなかった!
今の家に移り住んで1年半以上経つのに、今まで知らずにいて勿体なかったかも!

普段は、駐車場に殆ど車は止まっていないので、穴場的場所かもしれません。
白鳥、カナディアングース(イラナイけど)、カモ、サギ、その他沢山の野鳥がいるので、
この日は本格的なカメラを持って撮影に来ている愛好家達も何人か目にしました。

トイレやピクニックテーブル等の施設は充実しておらず、他のメジャーな公園には劣るけど、
自然溢れたこの公園。
入り口は小さくて目立たないのに、意外にも奥行きが深い大きな公園。

しかも我が家から車で5分ほどなので、また時間をみて遊びにきたいと思います!

紹介の公園:Long Park (14 Mile Rd / M5とWelch Rd の間にあります)

2010.06.23 / Top↑
こちらに住みガーデニングをするようになってからは、大切に育てている花や野菜の鉢に雑草が生えると
「こんにゃろっ!
的に引っこ抜いてしまいますが、それでもどんどん芽を出し伸びてくるたくましい雑草。

成長も早く、ちょっとぐらい水が不足してもぐんぐんと伸びるんですよね。
野菜や鑑賞用のお花も、この雑草と同じ勢いで育ってくれれば良いのに・・・ま、それは無理な
お願い?

最近、裏庭に咲いていた雑草や道端で花開く雑草に目が行きます。
雑草なんだけど・・・綺麗なんです。そして可愛い。

↓裏庭の雑草が咲かせた花。
IMGP6837_convert_20100622024854.jpg

↓左は雑草の隙間に生えているクローバーの花。右のピンク紫の花はびっしりと咲き誇るのでかなりゴージャスに見えます。
2010+spring+002a_convert_20100622024937.jpg IMGP6839a_convert_20100622024918.jpg

                    

雑草と言うよりも、野草といったほうが適切な表現でしょうか。
でも、これらの野草、強さは完璧に雑草並みです。

ところで、アメリカではタンポポは害虫ならぬ、害草です。
なぜかというと、強くたくましくどこにでも生息しちゃうから。種を飛ばして裏庭の芝生の隙間
から、駐車場のコンクリートの割れ目からもしっかりと根を張り花を咲かせます。
特に、庭の芝生を綺麗に整えるのが重要なアメリカ人にとって、タンポポがボーボーに生えている庭はみすぼらしく手入れが行き届いてなく見えるのです。
抜いても抜いても生えてくるので、タンポポ専用の殺草剤まで売られています。
                    
渡米当初に、タンポポがびっしりと生えている庭の古い家を見たとき、黄色い絨毯のようで
「あっ 可愛い♪」と思わず口にした私ですが、相方は「えぇぇ~っ 最悪じゃん。庭の手入れ全くしてない証拠だっ!」と呆れていました。
日本ではタンポポというと可愛いイメージがあるのに・・・所変われば・・・です。


日本に住んでる皆さんなら私と同様に感じる方がいるんじゃないでしょうか。
雑草も野草も花は可愛い。
雑草だって絵になるんだって・・・。
日本では野草や雑草の切り花を花瓶に飾ったり、絵に描いたり・・・と雑草を愛でる文化がありますよね。

目立たないけど、どこにでもはえてきて生き抜く生命力。頑丈で少々の栄養不足もなんのその。
そして美しい花も咲かせる。

私も雑草のようになりたい。
まあ、かなり図太いところがあるので、私は繊細で手入れが必要なバラというよりは断然雑草タイプですが。

苦難にもへこたれず強く毎年花を咲かせる雑草の様な人間になりたいものです。

IMGP6940_convert_20100622025804.jpg

あ、でもタンポポは可愛いといえども、やはり我が家の庭には生えて欲しくないですねぇ~。(汗)


2010.06.21 / Top↑
当ブログにも度々コメントくださるナッチャラさんのブログで以前ご紹介されていたレストランが
気になっていて、いつか行ってみたいと思っていました。

このお店の名前は「Toasted Oak Grill & Market」。ショッピングモールの敷地に隣接した
マリオット系のホテル「The Baronette Renaissance Detroit-Novi Hotel」の中に入ってます。

このお店、ミシガン出身のシェフが、地元で取れた素材にこだわりを持って作られた料理がメイン。カテゴリーは「アメリカ料理ブラッスリー」だそうです。
レストランに隣接して、チーズやソーセージ、ワイン等の食材が売られる小さなショップもあります。

ウェブサイトでメニューを見てみると、アメリカらしいドカンとした料理というよりも、ワインやビールを飲みながら、チマチマとつまめるアペタイザーが好み(自家製ソーセージとか、オリーブとかレバーのパテとかチーズの盛り合わせとか・・・)で、ワイン好きにもたまらない雰囲気。
(ドカン系料理もありますが)

ただ、素敵な雰囲気とお料理に比例して、値段もちょっと張るようなので、ランチに行って試してみたいと考えていたところ。

先週友人とのランチの際にこのお店にしてもらい、早速体験してきました。

店内に一歩足を踏み入れるとそのインテリアはモダンで、アメリカというよりも東京のお洒落なレストランを思い出させる雰囲気。
そんな中、木のぬくもりを感じる壁や床。そして奥のスペースには大きな暖炉もあるところは、
ミシガンらしい。
dtwdn_phototour16a.jpg


まずは、飲み物を注文。入り口のショップにずらりと並ぶワインでそそられて「グラスワイン!」と言いたいところだったけど、真昼間&車だったので私は「アーノルド・パーマー」。友人は「12 Oaks Tea」。
 
アーノルド・パーマーとは、ご存知アメリカの有名なプロゴルファー。
彼がレモネードとアイスティーを半々に割ったものを好んで飲んでいたということで、定着したレモネード半分、アイスティー半分の飲み物。
この辺りのレストランではどこに行っても「アーノルド・パーマー」で通じます。
(しかしフロリダに行った際、ペンサコーラのレストランで注文したら通じませんでした。全国区だと思っていたのだけど・・・)
そして、12 Oaks Teaとは、このお店のオリジナルの飲み物で、フレッシュチェリーレモネードとアイスティーを半々に割ったものだそうです。
ちなみにこの店に隣接するショッピングモールの名前が「12 Oaks Mall」と言います。

↓左が12 Oaks Teaで右がアーノルド・パーマー。 …しかし、えっ なに、この大きさの違い!
0608001220B_convert_20100617121811.jpg


アーノルド・パーマーも十分大きなサイズのグラスでした。ということは、12 Oaks Teaがいかに大きいかってことが想像できますね。
あ、でも友人曰く、氷が多かったそうです(笑)。
入れ物がジャムが入ってる瓶みたいで可愛いよね♪

そして食事に私たちが選んだのは、二人ともバーベキュービーフサンドイッチ。
サラダまたは、フレンチフライがサイドとして付くので、私はサラダ、友人はフライで。。。

↓(左)サラダはサンドイッチの横にちょこっと乗ってくるだけかと思ったら、一人前の大きなサラダでした。
  (右)サンドイッチ。私はサラダだったのでフライが付いてませんが、フライ付きのほうが見栄えがするのでこちらを掲載!

0608001220_convert_20100617122033.jpg0608001230_convert_20100617122057.jpg

サラダは大好きなベビーリーフミックスでドレッシングも好みの味。
パンは程よくグリルされていてクリスピー。バーベキュービーフにはちょっと甘いコールスローサラダが乗っていてBBQソースの風味と交じり合い、なかなか美味でした。

お店のサービスもしつこすぎず、空いていたこともあり、程よく長居の私たちを放っておいてくれて居心地良かったです。

ただ・・・やはりお値段が・・・。
チップ込みで1人$20。
平民の私にしてはちょっと高め。

このレストランが入っているホテルもこじんまりとしているものの、モダンでとても素敵な雰囲気でした。(ロビーしか見てないけど)
ロビーには日本経済新聞も置いてあったりして、いかにも日系企業が多く、日本人が多く住む街といった感じです。
ホテルの宿泊者には、日本からの出張者も多いかと思います。

ちなみにこのレストランの朝食には「日本の伝統的朝食」なんてメニューもあってびっくり。
内容は、ご飯・味噌汁・納豆・卵・漬物・・・までは良いのですが、なんとうなぎの蒲焼まで!
朝からうなぎかぁ~。エネルギーつきそう・・・っていうか、うなぎの蒲焼が「日本の伝統的朝食」か?

お値段が少々高いので、私にとっては何度も気軽に来れるお店ではありませんが
このお店は是非とも夜にワインを傾けながらつまみをちまちま頼んで楽しみたいです。
できれば相方と一緒ではなく、女友達とゆっくりお喋りしながら楽しみたい雰囲気だよねぇ~・・・と友人とも話していました。

しかし車社会の生活。電車があれば、もっと気軽に来れるんだけどねぇ。


≪紹介のお店≫
Toasted Oak Grill & Market
27790 Novi Rd, Novi
TEL: 248-277-6000
2010.06.17 / Top↑
1ヶ月ほど前、2階の寝室から窓の外を見ると・・・

ん?ん?何かいる!
2010+spring+015_convert_20100615233205.jpg

あー、遠くて分かりづらい!!もっと望遠で・・・

と言いたいところだけど、私が持っているカメラは現在レンズがかなりイマイチ。
特に望遠機能が大変弱い。

階段を駆け下りて1階の窓から裏庭に出てみると・・・

いたいた!
ウサギだ!しかも子うさぎ(バーニー)。子・・・というよりもまだ赤ちゃんみたいに小さい。
子猫ほどの大きさのそのバーニー。
周囲に親がいる気配はありません。1人、もとい、1匹、もとい、1羽で裏庭の雑草を食べてます。

                       

近寄ると怖がって逃げてしまうけど、大人のウサギほど警戒心はまだありません。

「おっ ニンジンあげよう!ニンジンニンジン・・・」とキッチンに戻りニンジンの切れ端を持って外に出て、それを投げると・・・
                      
驚いたバーニーは、びゅ~っ (ピョンッ ピョンッ・・・) と裏の茂みの中に逃げてしまいました。
ああ、驚かせてしまった。

その後もバーニーは毎日のように我が家の裏庭に来ては、雑草を食べたり、走る練習したり日光浴したりしていました。

ウサギは年に4回子育てシーズンがあります。
それだけに成長もとても早い。
初めて見たときはそれは生まれたての子猫(長さ30cm足らず?)だったのに、日に日に大きくなってきました。
それでも、まだまだ子供。
リスと同じくらいの大きさ(ミシガンのリスはでかいのだ)。
大人のウサギよりずっとずーーーーーっと可愛い。

↓ある日、親らしき大人のウサギ(右)とツーショット。写真の鮮明度が悪くて残念。
 望遠もこれが限界。これ以上近づくと親が逃げてしまいます。
2010+spring+011_convert_20100615235836.jpg

どうやら、この写真の奥の茂みに巣があるみたいです。いつもここからやって来て、気が済むとこの茂みに消えていきます。
それから毎日彼が遊びに来るのを楽しみにしていました。

ある日、デッキに出てガーデニングの野菜を見ていたら、例のバーニーちゃんが草を食べながらぴょんぴょんと近づいてきます。

「おっ カメラカメラ!」・・・と慌てて部屋に戻りカメラを手にデッキに再び出ると。。。

いますいます。大人のウサギなら窓の開け閉めの音に敏感ですぐに逃げちゃうところだけど、
彼は気にせず草をむしゃむしゃ食べてます。

↓やっと至近距離で撮影成功~!・・・レンズさえアップグレードしたらもっと鮮明に撮れたのになあ。(腕の悪さを認めない)

2010+spring+016a_convert_20100616001002.jpg


本当~に可愛いのですこの子。

しかし、約3週間程毎日のようにやって来ていたのに、1週間前くらいから姿を見なくなりました。

すると3日前、またもや子ウサギがやって来ました。上の写真よりは大きい子ウサギでしたが。

相方いわく「きっと例のバーニーだよ。ウサギの成長は早いからなぁ~」

うーん、そんな気もするし別のウサギな気もする。

でも、今頃はもうすっかり大きくなってるだろうな。

短期間の裏庭住人の話でした。
(いや、住人ではなく住兎か)

2010.06.15 / Top↑
健康食品ネタが続いて恐縮です。
                 
でも、私けっして健康オタクじゃありません。
食生活も偏ってるし、運動も殆どしてませんから。・・・って自慢にもなりません。

前々回の記事で、カルシウムのタブレットがどうしても飲み込めないという悩みがあったのですが、解決しました!

                     

それは、金曜のこと。
サプリを色々と活用している友人Pさんの家に遊びに行った際、
「なんでアメリカのタブレットってあんなに大きいの?私カルシウム剤何度チャレンジしてもどうしても飲み込めないんだけど・・・」と言うと、
「へえ、そう?大きいかな?」・・・と例のカルシウムタブレットと同じサイズのサプリメントを取り出し、いとも簡単に飲み込んでいました。
「うわっ 喉に詰まったりしない?」と聞くと
「へ?とんでもない。このタブレット3錠同時に飲み込めるわよ。」だって。

ひえぇ~っ。あんなでかいの3錠同時に?!?

「ええぇぇ~ アメリカ人て、皆こんな大きな錠剤が飲めるんだ!?」と言うと、
「いや、そうでもないわよ。うちの夫や娘はタブレット飲みこめずにううぇっと来るタイプだから。
彼らはサプリあんまり飲まないわねぇ。」と。

・・・やっぱり飲み込めない人いるんぢゃん。

「でも、カルシウムやビタミンなど1,000mg配合だと、小さい錠剤には凝縮できないんじゃない?」とPさん。
「100mgを10回に分けて飲んでもいいから、1粒を小さくして欲しいよ~。カルシウム不足なのにサプリも摂取できないよ。」と私。

するとPさん
「チュアブルタイプのカルシウムにすれば?」と。

おぉぉ~、チュアブルかぁ!!

そういえば、日本で、チュアブルのカルシウムタブレットがあるのは知っていましたが、気の効いた日本ならではのことだと思ってました。
日本のようにヨーグルト風味のラムネみたいなタブレットかと思ってると、Pさんが戸棚から実物を出しました。

「これ、キャラメル味で見た目も味も食感も全くキャラメルと一緒。試してみる?」と1粒くれたので、口に入れてみると・・・
おおおおお~っ 本当にキャラメルそのもの。昔売られていた、「森永ハイソフト」みたいな感じ。

うわぁ~、これ最高!!

・・・ということで早速、Pさんがこの商品を買ったという会員制スーパー(日本でもお馴染みの)Costcoに行き商品ゲット!

↓味は2種類あります。Pさん宅で試食したのはキャラメル。私が買ったのがこちらチョコレート味のソフトキャンディー。
IMGP6901_convert_20100614044552.jpg IMGP6902_convert_20100614045253.jpg


1粒あたりカルシウム500ミリグラム。他にビタミンDが500IU, ビタミンKが40ミリグラム入っています。
1日2粒食べれば必要量十分に摂取できます。

美味しいので2粒なんて簡単にいけちゃう。
心配なのは、美味しいので止まらなくなって1日5,6粒食べて過剰摂取にならないかってこと。。。

しかし、このお菓子っぽい味で、本当にカルシウムが採れているのかなぁ~・・・と心配になってしまうのだけど。。。

とりあえずは、あの喉に詰まり呼吸困難になる”ビッグサイズタブレットの呪縛”から解き放たれました。


2010.06.14 / Top↑
飲み物です。
いや、健康食品と言うのかな?

そう。最近、毎日取り続けている健康食品があります。

それはこちら
↓角度がイマイチか・・・? 写真左はFlax Seed。右がSoy Protein。
IMGP6814_convert_20100611013521.jpg


Flax Seedとは亜麻の実のこと。それをパウダーにした製品がこちらです。オメガ3系脂肪酸の1つであるα-リノレン酸や植物繊維を多く含む食品だそうです。

↓こんなパウダー
IMGP6857_convert_20100611014232.jpg


このα-リノレン酸は、虚血性心疾患を予防する大切な脂肪酸と言われています。
また、α-リノレン酸は血中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きをするといわれています。
総コレステロール値高めの私にぴったりじゃありませんか。

このα-リノレン酸や魚由来のEPA, DHA, DPAなどを総称した『オメガ3系脂肪酸』の健康補助食品…いわゆるサプリメントの効果(生活習慣病予防など)が日本でもアメリカでも注目されていることは、前回の記事で書いたとおりです

一方Soy Proteinとはその名の通り、大豆プロテインのこと。
名前聞いただけで、「健康そう~」と思ってしまいますね。
効果としては、やはり善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすこと、そして大豆イソフラボンの働きが様々な健康障害(骨粗鬆症、2型糖尿病、更年期障害など)の軽減に効果があるといわれています。

この2品を教えてくれたのは義母。
実は相方ファミリーは皆太りやすい体質のようで、義両親共にかなり重量オーバーしております。
ドクターからは減量を指導されているのですが、どうも上手く減量できず・・・
そんな中、看護学校を終了したばかりの義姉の勧めで採り始めたこの食品。

その採り方はというと・・・フルーツシェイクにして朝一番に飲むのです。
義両親は朝食代わりにそのシェイクを飲み、それ以外の食品は朝は一切採らないとのこと。

実際に1ヶ月未満で5キロ以上痩せたそうですよ!(母数が大きいのもあるけど・・・ボソボソ)

そっ そのシェイクの作り方は・・・

≪材料≫
果物:1カップ分 (バナナ、桃、イチゴ、メロンなど柔らかい果実が適しています)
ジュース:1カップ分(りんごジュース、ピーチジュース・・・お好みで。果物がバナナやイチゴの場合はミルクで代用も可)
Flax Seed: 大さじ1
Soy Protein: 大さじ1

以上の材料をブレンダー(ミキサー)に入れブレンドしたものを飲む。それだけ。

↓夏になると相方がマルガリータを作るブレンダーを拝借して。 
 こちらはバナナと牛乳を使用しました。ただ材料全てをブレンドするだけ(右が出来上がり。)
<IMGP6860_convert_20100611020357.jpg IMGP6823_convert_20100611020414.jpg


健康食品には特に興味の無かった私ですが、ためしにそのシェークを飲んでみたら・・・
おいしぃ~っ!!  

アメリカで売られてるシェークやスムージーのように甘すぎないし、自然の甘さにほんのり豆乳のミルキーな感触。
いや、こればかりは人によって好みがあると思いますが、私はストライクゾーンにハマリマシタ。

・・・というわけで、上記に、Flax SeedとSoy Proteinの栄養についてたらたらと書き連ねましたが、実のところ効果よりも単に美味しいからって理由だけで飲み続けているのです。

                    

今ハマっているのはバナナ+ミルク。(普通のバナナジュースにフラックスシードのツブツブが香ばしい)
ストロベリー+ミルクもなかなかです。ただ、アメリカのストロベリーは日本のものほど甘くないのでちょっと甘さが足りないかな?

ピーチ+ミルクはイマイチ。 
ピーチ+アップルジュースはフルーティーで美味しいです。
一度全く甘くないキウイフルーツを使ってミルクとブレンドしたら飲めませんでした。(キウイのアクっぽいきつい味だけが目立った。フルーツジュースにすれば美味しかったかも)
牛乳の代わりに豆乳を使うこともあります。

ちなみに私は、このシェイク以外にも朝食を食べてます。

しかし気のせいか、このシェイクを飲むようになり、快調になった気が・・・
あ、あくまでも単純な私の性格でのことなので・・・ プラセボ効果かもね。
色々なことが3日坊主の私ですが、美味しいこのシェイクを飲むようになって1ヶ月になりました。

効果を期待するとしたら・・・総コレステロール値を下げる事と更年期障害対策(予防)かな?
うーん、典型的中年。。。

                  

ちなみにダイエット効果については、義父母は確実に減量していますが、劇的効果があるかどうかは???。
でも、カロリー高いオヤツを食べるより、こちらのほうが健康的だわね。

2010.06.11 / Top↑
アメリカ人て、本当に健康補助食品(サプリメント)をよく飲みます。

                   
義両親の家に行くと、テーブルの上に錠剤が無防備に(?!)ごろごろ。
「えーっ こんなに薬飲んでるんですかぁぁぁ?!」と驚き訊ねると、
「これサプリメントよ。飲み忘れないようにこうして出しておくの」と・・・

私たち日本人では飲み込むのも一苦労であろう、大きぃ~いタブレットが殆ど。
見てるだけで喉が苦しくなります。。。

友人もWhole Foodsというオーガニック専門のストアで最近合計1万円近く分のサプリを購入したと言ってました。

このようなわけで、少なくとも私の周囲にいるアメリカ人は、本当~に色々なサプリを飲んでいます。(除く相方)
 
                 VITAMIN  

相方はビタミンとかオメガ3とか・・・とにかくそういうことに興味なし。
食事が偏りがちなので 私が「FISH OIL飲みましょうね」と優しく(ほんとか?)言うと素直に飲むけれど自分から飲むことは絶対にありません。

そういう私も日本にいた頃から現在に至るまで、サプリ関連には非常に疎い。
たまーにチョコラBBを飲んだり、ビタミンCを採っていた程度。
今では、医者から処方された超高用量ビタミンD(関連記事はこちらをクリック)を週に1回程度飲んでますが。
ビタミンD値が低いということもあり、ドクターからはカルシウム摂取も薦められ、購入しましたが錠剤が大きすぎて飲み込めません。

そう、大きすぎるんです。こちらのタブレット。。。

これまで普通のタブレットの他に、飲み込みやすいソフトカプセル・・・を”売り”にしたものを買いましたが、どちらも不可。
むしろソフトカプセルのほうが辛かった。一度飲んだとき、喉に詰まって呼吸困難になりました。1人で家にいた昼下がり。いやぁ~本当にパニクリましたわ。
大きな飴玉飲み込んじゃったときの感覚。 サザエさんみたいに「んがっ くっくっっ」 と唸ってました。
ちなみに大きさは、大豆を一回りか二回り大きくしたもの・・。かなり横長な形でそれが横向きで喉を通過したのが敗因。
もともと、大きなものを飲み込むのが下手な私。日本のカプセル剤でもたまに「おうぇっ」っとなってしまうのに、アメリカの巨大タブレットはもう私にとっては飴玉飲むような感覚。

↓大きさの比較が分かりづらいけど・・・左がカルシウムソフトカプセル。長さ1.5センチ。真ん中がビタミンD。こちらは問題なく飲めます。右がカルシウムタブレットで長さおよそ2センチ!
IMGP6893_convert_20100610002415.jpg

↓この比較ではどう?オレンジ色の錠剤は日本のビタミンB剤(チョコラBBのようなもの)。日本の錠剤がいかに小さく飲みやすいかが比較できます!
IMGP6894_convert_20100610002434.jpg


探せばアメリカにも小さい剤形のカルシウムもあるのあるかもしれないけど、現時点ではどうしても見つけられません。
ご存知の方、情報待ってます~。

                    

さて。
ビタミンDのほかに、最近採り始めたものがあります。
それは、Cod Liver Oil。
こちらは、魚のタラの肝油です。
今話題のオメガ3(魚由来のEPA, DHA,) や高レベルのビタミンAとビタミンDが含まれている
健康食品です。

この『オメガ3系』のサプリメントは、現在日本でもアメリカでも非常に注目されています。

実際にFDA(米国食品医薬品局)でも、心臓病のリスクを軽減するとのことで、このオメガ3の
摂取を推奨しています。
日本でも厚生労働省では生活習慣病の一次予防のためオメガ3を成人1日あたり2.0-2.9g以上摂取するよう推奨しているとのことです。
青魚を食べる習慣があまり無いアメリカでは、DHAやEPA等のオメガ3系を食品から摂取するのが難しいため、アメリカの店頭に出ているオーガニック牛乳などには、このオメガ3が配合されているものも見かけます。

日本にいた頃から、私は青魚をあまり食べていなかったので、上記の栄養素が十分だったかどうかわかりませんが、今では青魚を食べる頻度はほぉ~んとうに減ってきています。
なので、義母の勧めもありCod Liver Oilを採ることにしました。(2日置きくらいなのであまり効果ないかな?)
カルシウムは気休めに、日系スーパーで買った乾燥小魚をたまに食べてますが・・・毎日じゃないので効果はほぼ無いでしょう。。。

↓カルシウム剤2種(両脇)とCod Liver Oil(中央)。既にカルシウム剤2本を無駄にしてしまいました。
 飲みたいと思いつつ、あの喉に詰まった恐怖を思い出すと怖くて飲めない。
IMGP6895_convert_20100610002453.jpg


それにしてもアメリカはサプリ先進国だなあ、とつくづく思います。
普通にスーパーや薬局でも大々的なサプリコーナーがあるにもかかわらず、サプリメント専門店まであります。
日本にも最近はあるのでしょうが、こちらはチェーン展開してるため、車を走らせるとちょくちょく見かけます。GNCとかVITAMIN WORLDとか・・・

↓サプリ専門店大手のGNC。アウトレットもあります。
0530001445_convert_20100610004155.jpg

                        

更に近所のスムージー専門店では、希望でビタミン各種(BとかCとか好きなものをトッピング感覚で選べる・・・)を配合してくれるサービス(有料)まであったりして。
いや驚きです。

健康にストイックすぎる人もいれば、栄養がひどく偏ってる人もいて・・・アメリカ人は極端だなあ。
とつくづく思う今日この頃。

・・・とちょっと距離を置いた目線で語ってしまう私ですが、実は最近始めた健康食品があります。
それは・・・・・

次回に続く。

2010.06.09 / Top↑
先日の土曜は、友人(そしてお子さん)たちとピクニックに行って来ました。
このところ天気が思わしくなく、当日の天気も危ぶまれましたが、この日は幸いどうにかもってくれて本当~に楽しい一日を過ごしました。

ポットラック形式で一品持ち寄りのピクニック。
テーブルはビュッフェ状態。思わず目もハートになってしまいます。

↓料理の模様。皆さんお料理上手でびっくり!
0605001226_convert_20100607132212.jpg
寿司もあるでよ!
0605001221_convert_20100607132229.jpg 0605001225_convert_20100607132248.jpg


友人たちとの楽しい会話。空気も料理もめちゃくちゃ美味しい。
時間が経つのも忘れてしまいます。
アウトドアならではの楽しさ!!

こんな感じで、ミシガンは今アウトドアシーズン真っ只中。

最近は、夕食後に自転車で近所を(超短距離)走ることも多くなりました。

                              
しかし一方でこの時期に増えてくるのがサンダーストーム(雷雨の嵐)。
テレビを見ていると、いきなり警報音が鳴りサンダーストーム警報が流れることもしばしば。

金曜日の夜は非常に強いストームで地域によっては大きな被害を受けたようです。
ある街では雹も降ったそう。そして木々が倒れて多くの世帯が停電になったり。。。
悲しいことに、当ブログに度々コメントくださるナッチャラさんが大事に育てた野菜たちが雹の被害を受けてしまったそうです。

我が家は幸い強い雷雨だけで特に被害もなかったのですが・・・
ここミシガンでは、街によって停電が短時間でなく1日、もしくは数日続くことさえあるのだ
そうです。
友人小太郎さんのお宅では以前、停電が数日間続いたことがあり、かなりご不便な生活をされたとか・・・。
今年ではありませんが、近所の日系スーパーではある日買い物に行ったら、「停電のため臨時休業」なんて貼紙が貼ってありました。
自動発電機なんてものが一般家庭でも結構売れてしまうのも納得です。

                  
家や店舗だけでなく交差点の信号までが停電で消えることがあります。
運転に自信の無い私はそんな時、かなり焦ってしまいます。
周囲を見渡し、4方向が順番に進むのを見てどうにか通過できますが、何度経験しても未だに慣れない!

わが家の近くの通りは、ストームだけでなく、単に雨が1日降っただけで浸水する部分があります。
このため、この道は雨の翌日は避けて通らなければならない。
道の両側が湿地帯(沼地)なので雨が降ると溢れてしまうというわけです。
(1度相方の古~いピックアップトラックで無理やり浸水道路通過したらエンジンが止まった経験あり)

窓から見る稲妻は、そりゃあ美しいほど見事なものですが(?!)、そうそうあって欲しくない
雷雨。
ここ数日、雨や雷雨の日が続き、昨日久しぶりに花壇を見てみたらたっ 沢山のナメクジ・・・ぎょっ。
ガーデン用の害虫駆除剤を蒔かなければ・・・!!

良いお天気だったのに、いきなり雲がモクモク出てきて空は真っ暗。・・・なんてこともしばしば。
(日本の夕立シーズンも、まあ、同様ですよね。。。)

↓昔の写真転用。こんな感じで突然黒い雲がやってきます。
IMGP1305_convert_20080609214851.jpg

これから益々屋外で楽しむ機会が増える季節。
一方で、突然のストームにも気をつけ、日ごろから天気予報チェックはマメにしておかないと。。。

田畑のためにも自然のお湿りは重要ですが、今年はひどいサンダーストームはあまりありませんように・・・と毎年のように思ってしまいます。


2010.06.07 / Top↑
・・・と言っても、ママが小さなお子さん連れて公園に行ったわけではありません。

前回記事の通り、自転車を買って初めて、大きな公園にサイクリングしに行って来ました。

                           
行った場所は、我が家から車(高速)で20分ほど走った場所にあるKensington Park。
この公園、Kent湖とその他様々な小さな湖や池・湿地帯を囲む森で構成された非常~に大きな公園。
Kent湖沿いには湖水浴ができるビーチやウォータースライダーの施設、遊覧ボートやレンタルボートの施設等もあります。
公園への入場料は車1台$5。年間パスは$25です。

この日は最高のお天気。
気温は30℃近くまで上がったものの、湿度も低くサラッとした空気。風はそよ風程度。
絶好のサイクリング日和です。
公園に到着すると、いるわいるわ沢山の人・・・
老若男女本格バイカーからファミリーバイカーまで。
ジョギングする人もいれば、湖で釣りをする人、公園でBBQする人・・・。

↓車を停めた駐車場前の湖には沢山の白鳥。写真に収まっていないけど、100羽以上はいました。
子育てシーズンのようです。
IMGP6863_convert_20100603030859.jpg


我らも早速、車から自転車を降ろしサイクリング開始。

↓公園内は、自動車用道路に沿ってジョギングやサイクリングできる歩道があります。
IMGP6891_convert_20100603031008.jpg

ちなみに公園内でのサイクリングはヘルメット着用義務があります。
ヘルメット無しで自転車に乗っていると公園内のパークレンジャーに注意されてしまいます。

かぶり物が非常~に似合わない夫婦ですが、ここはしかたない。先日買ったばかりの新品ヘルメット装着。

15分ほど走っただけで(アップダウンが多少あるので)既に汗だく。
景色を眺めるためにスピードダウンしてチャリチャリ。

↓暫く走ったところで、湖の前で休憩。湖からのそよ風が気持ち良いぃ~っ。
IMGP6871_convert_20100603031051.jpg


更に、湖に沿ってチャリチャリ。美しい景色と心地よいそよ風を受けて気分最高。

↓湖にかかるこんな風情のある橋もあります。
IMGP6873_convert_20100603031141.jpg


しかし・・・なんとも広大な公園。一周するのはビギナーには至難の業。

そろそろ引き返そう・・・ということで、木製の風情のある橋を渡ったところでUターンして再び湖沿いの美しい景色を望みながらチャリチャリ・・・。

サイクリングした時間はトータル2時間弱。(休憩含む)
私はもっとしたかったのですが、相方が「今日はこれでおしまい。昼ごはん食べて帰ろう」と言うので(ちぇっ)、ランチ場所に移動。

↓こちらがランチした場所。湖が一望できる広場でピクニックテーブルが沢山あります。
IMGP6879_convert_20100603031921.jpg IMGP6880_convert_20100603031954.jpg

そしてランチに登場したのがポータブルBBQグリル。
今日のランチはブラッツワースト(ドイツ風ソーセージ)です。

↓こんな感じ。(殺風景~)
IMGP6881_convert_20100603032150.jpg

ソーセージは生肉のため、調理に時間がかかります。

↓(左)生肉から焼くのよ。     (右)脂が落ちて・・・”ファイヤー!!
IMGP6878_convert_20100603032213.jpg IMGP6887_convert_20100603032228.jpg

↓そして出来上がり!ホットドックのパンに挟んでいただきまーす。
IMGP6889_convert_20100603032327.jpg

青空の下、緑に囲まれた屋外での食事は最高です。

↓頭上はこんな感じ。
IMGP6886_convert_20100603032406.jpg

・・・美しいのですが頭上にいる鳥さんたちの落し物が直撃しないかと終始気になってました。(笑)

我が夫婦にしては珍しくゆーっくりとした食事を終え、
もっとサイクリングしたい私でしたが相方は
「もう 今日は疲れたから帰ろう帰ろう。」とさっさと片付け始めて帰宅の途に。。。

                     ちぇっ

暑いながらも最高の天気。後ろ髪引かれる思いながら公園を後にしました。

↓帰り際、こんなツル(サギ?)がいました。立派な大きな鳥で、人が近づいても動きません。
IMGP6875_convert_20100603033432.jpg


この鳥見るたび・・・なんだかタキシードを着た紳士を想像してしまいます。
姿勢良く1人でぽつんと立つ姿。群れないところが男らしい。(…って♂とは限らないけど)

                                       

さらに、大きな鹿が2頭も車道近くまで出てきていました。
車で通過したので写真が撮れなかったのが残念。

ここ最高だ。またサイクリングしに来ます!
かぶり物苦手だけど。。。

                  
2010.06.03 / Top↑
ミシガン(に限らず中西部一帯?)は最近良いお天気続きでした。
月曜日(メモリアルデーで祝日)は、夕立のような雨がありましたが・・・。
気温も高く、真夏のような暑さ。
夜寝付くのも大変なほど暑かったです。
                    
もともとミシガンの住宅は冬の寒さに耐えるため、防寒はかなり充実しているのですが、その分風通しが良くないのですよね。
窓が大きく沢山ある家もありますが、我が家の寝室は小さな窓が2つあるのみ。
日中の気温が上昇すると熱気をもって夜窓を開け放しても室温はなかなか下がってくれません。
ふぅぃ~。

そんな暑い今日この頃ですが、先日の週末(3連休初日)、大きな公園にサイクリングに行って来ました。
                    

じっ 実は最近自転車を買ったのです。

暖かくなってきて、界隈ではウォーキングやジョギング、そしてサイクリングをしている人々をよく見るようになっています。
私はウォーキングでも十分景色満喫、程よい運動になるのですが、相方が
「歩きじゃつまらない。自転車にしよう」と提案し、ここ数ヶ月あらゆるお店で自転車を物色
していました。

でも、アスリートではない私。
本格的バイカーになるつもりも無いし、スポーツサイクルの知識も全く無いのでどこのブランドが良いかもさっぱり。
そこらへんのスーパーで売ってる$80くらいの自転車(ママチャリ?)で良いと思っていたのだけど、友人・知人の話によると「公園である程度の距離を走りたいなら、それなりの自転車を
買ったほうが絶対に後々楽。」らしいのです。

でも、私の場合いったい年に何回使うのだろうか・・・と考えると、自転車専門店で売られている
ような$500も$600もするものは絶対に無駄使い。
あれ?運動目的に買うのに、もう既に
「年に何回使うのだろうか」
などと、最初から思ってる。(←自分でつっこんでおきました)
                   

それにしても・・・。
なかなか気に入った自転車が見つからず、「そろそろガレージセールで激安物を買うか!」
と思った頃、気に入った乗り心地の自転車を見つけました。値段もお手頃なので即購入。

↓ちょっと地味~。ま、私も地味だからいっか。一応マウンテンバイクです。7段変速ギアと負荷を調節するギアみたいなもの(←よく解らない)がついてます。
IMGP6874_convert_20100602111926.jpg


通常価格の40%オフ。お店で試乗したら乗り心地も座り心地も良かったので即決しました。

ちなみに、お店での試乗・・・ちょっと照れました。広い店内、ひとりで自転車乗ってぐるぐる回る私。周囲の人(客も店員も)は全く気にしてなかったんですがね。

数回、近所をチャリチャリ試乗した後、先日公園デビューしました。

その内容はまた後日に。

2010.06.02 / Top↑