国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1ヶ月程前の話になりますが、我が家の裏庭にバードフィーダー(鳥の餌付け容器)を設置しました。
                    
近所の友人Pさん宅や相方両親宅の裏庭にバードフィーダーが添えつけられていて、彼らの家に行くたびに、色とりどりの沢山の種類の鳥達がやってくるのを見て、「ああ、私も我が家でバードウォッチングしてみたいな・・・」と思ったのがきっかけ。

↓ちょっと背景の枝が枯れ木状態なので絵になってませんが・・・。右が鳥の餌が入っているバードフィーダー。
 左の赤いのはハミングバード(ハチドリ)用の砂糖水。
IMG_0776_convert_20100501035725.jpg


Pさんの家でも義両親の家でも、お腹がオレンジ色したロビンや青いブルージェイ、真っ赤なカージナル・・・等々、本当にカラフルな鳥達がやって来ます。

我が家に設置後、私もワクワクしながらキッチンの流し(この窓から一番良く見える位置に設置したのです)で見ていると・・・

あれ?カラス?
IMGP6722_convert_20100501040852.jpg


頭の部分がグリーンの色をしているのでカラスではないけれど、カラスと見間違えてしまうような可愛くない鳥が群れてました。
                  
その後、フィンチ(黄緑系の色をしたスズメより小さい鳥)やカージナルもやってくるのですが、カラスもどき(名前わからず)がそれらの鳥を脅かして追っ払ってしまいます。
憎っくきカラスもどきめ!!

写真右下を見て見て!小さいけれど、真っ赤な色をしたカージナルが餌を食べてます。
平和主義のこの鳥なのに、この後もカラスもどきが彼を追い払ってしまいました。。。
IMGP6701_convert_20100501041239.jpg

しかし写真が上手く撮れない。窓を開けると鳥は逃げるし、窓ガラス越しだとどうしても遠くなってしまう。
高性能のカメラレンズが欲しい今日この頃。。。


                 

義母の話では、ハチドリ用の砂糖水をバードフィーダーと同じフックにかけても、ハチドリは他の鳥を怖がってやってこないので、別のところに置く必要があるそうです。
ハチドリとはその名の通り、蜂のように「ブーン」という音を立てて飛んでくる、スズメより3回りくらい小さな本当~に小さい鳥。 初めて見たとき、虫(セミとか)と間違えてしまいぎょっとしました。
ミシガンに来てからまだ、3,4回しか見たことありませんが。。。

そんなわけで、ハチドリ用の砂糖水のコンテナーは先日はずして、新たに2つ目のバードフィーダーを設置。

おおおっ 太っ腹な我が家。鳥諸君に2倍のおごり。(・・・おごりって言うか 

一ヶ月経った今。

↓あ・・・相変わらずカラスもどき御一行様。
IMGP6741_convert_20100501040359.jpg


                 
カラフルな画像がなくてすみません。それでも最近では、彼らがいなくなった隙にツガイのカージナルやフィンチ、ダブ(小型のハト)やスズメもやってきます。

それどころか今では、カラスもどきがいてもカージナルは果敢にエサを食べ続けてくれることが多くなりました。
慣れですかね。
そんなわけで、キッチンで皿洗いしながら、楽しくバードウォッチングしている今日この頃。

しかし・・・
エサを求めて予想外の訪問者もやってきました。
(あ、きっと想像つくかな?)

そのお話はまた後日・・・。

≪オマケ≫前庭のチューリップが黄色・赤に続きピンクを開花。大きさが不揃いなのが残念ながらも、嬉しくてまた写真パチリ
もういい加減いいってか・・・?

2010+spring+096_convert_20100501043443.jpg

2010+spring+093_convert_20100501043627.jpg 2010+spring+094_convert_20100501043601.jpg
スポンサーサイト
2010.04.30 / Top↑
暖かい日が来たかと思うと、最低気温ゼロ℃くらいまで下がる寒い日が続き・・・とミシガンは本格的な春が来たようで、まだそうではなかったみたい。

しかし、もうすぐ5月。
木々には若葉が芽吹き、色とりどりの花を咲かせています。
本当~に街中が一番カラフルになる季節です。

↓家の前のロータリーに植えられている木々も花を咲かせました。(左の背の高い木は、ヘビ女メデューサの髪みたい・・・?!?)
IMG_0825_convert_20100428064800.jpg


↓何の花だろう?? (右)ヘビ女風の木もアップで撮るとこんなに綺麗♪
IMG_0826_convert_20100428064847.jpg IMG_0827_convert_20100428064910.jpg


↓こちらは我が家にある木。
IMG_0828_convert_20100428064934.jpg


上の写真は何の木だかわからなかったのですが、去年モンキーママさんから「ハナミズキかもしれない」とのコメントをいただき、写真で色々調べてみた所、やっぱりハナミズキのようです。(モンキーママさん ありがとう)
可愛い花です。

前庭のチューリップも去年鹿に食べられ、その直後相方にちょん切られ、花が咲かない株があったり大きさが不ぞろいになってしまいましたが、それでも、いくつか難を逃れたチューリップ、
去年新たに植えたチューリップ等が花を開かせ、ややにぎやかになりました。

↓それほど悪くないよね。。。今年も既に鹿に3つの花を食べられてしまった(またか!)ので、今は前庭に鹿防止フェンスをしています。
IMG_0830_convert_20100428065323.jpg


早く気温も暖かくならないかなぁ。。。


2010.04.29 / Top↑
(長文ですが愚痴にお付き合いください。)
                              


前回、相方がトリムした木。
                   
花壇部分に2本植えられているパインツリーなのですが、引越してきてから全くトリミングしていなかったので、長いこと手入れされていなかったことになります。
前のオーナーさんはどうやらプロに頼んでいたようで、引越し当時それはそれは素敵でした。
それが今ではその頃と比べて、”ぼわんっ”と膨らんでしまい、どーにもならなくなってきたので、先日相方はかなりの量を切ってしまいました。
・・・すると中が見事に枯れていたんですね。
                  
「え?まさか・・・」と焦った相方。足元には根元からちょん切ったチューリップ。(以前の記事にも書いたとおり)

相方は天才バカボンのパパのごとく、ハサミをチョキチョキと走らせ緑の部分を見せるように頑張ってみたものの、そうするとイビツな形になってしまう。
そして茶色い枯れた部分があまりに広がりすぎていた。
トリミングさえしなければ表面全体は生き生きとした緑だったのですがね。。。長いこと手入れをしていなかったからこうなってしまったのですかねえ。。。

チューリップはちょん切られるわ、立派だったパインツリーはお粗末になってしまうわ・・・
チューリップ満開時の立派な花壇の姿はいまや、陰も形もなくなってしまいました。

                     
そんな悲しい先日の週末。
相方の両親が我が家に泊まりに来ていました。

金曜日の夕方。
義母のリクエストで、彼女の大好きなJOE RANDAZZO'Sへ行ってきました。
私は「そうだ!トマトの苗を買おう!」と張り切りガーデニングコーナーへ。
相方と義父は木(苗木)コーナーで木を見ています。 
                      
義母と2人で各種あるトマトの苗から、3つずつ買うものを手にとって、義父と相方の元へ行くと、既に彼らは木を6本ほど台車に乗せてました。
「え?木を買うの?」
すると相方は「うん♪」と嬉しそう。
                      
会計済ませ、帰りの車の中で私は相方に「この木、デッキの横に植えるやつ?(前そんな話をしていたので)」と聞くと、
「そう、あと花壇の2本の分もね。」と。

ああ、そうか・・・あの茶色くイビツになってしまったパインツリーはやっぱり植え替えなきゃだめなのね。

しかし。。。

あの木結構大きいぞ。
誰があの木を引っこ抜くのだ?

相方と義父で

近所では木の伐採は大抵プロの園芸業者がトラックでやって来てそれなりの器具を使って引っこ抜いてます。
我が家のパインツリーは高さ2メートル程度なので、そこまで大きくないのですが、太さが結構あるので、引き抜くのは大仕事。

花壇の上に乗って、電動ノコギリで枝を切りまくり、マサカリ振り下ろして根元を切って、花壇を掘り起こして根をはずす・・・
                   
え?

花壇を掘り起こす

えええええええええええええええぇぇぇぇぇーーーーー!! 

花壇には、相方にダメにされたチューリップの球根の他に、
クロッカス(今年は終わったけど来年も花を咲かせると期待されていた) 4つ以上
ダリア(夏に花を咲かせることを目標にしていた) 2つ
カラー(同上) 3つ
が植えられていました。

「花壇に植えた球根は?!?」 と聞くと、相方は・・・

「ああ、球根ねぇ・・・ ま、今回はあきらめてちょうだい。」 ですと。

ぬぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーにぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーー!!  


その後の私の心境は言うまでもありません。
怒ったのなんの・・・

・・・まあ。
あの禿げ山のような枯れた木は、修復は厳しかったので植え替え必須だったと思います。

でも、これまでせっせと球根を植えて、「まだかなー。芽が出ないかなー♪」とそりゃもう楽しみにしている私を知っているのだから、木を買う前に「これこれこうだからやっぱり木を買おうね。球根は悪いことしちゃったね」とか何とか断りや相談が合ってもよさそうなのに・・・
JOE RANDAZZO'Sで安い木を見つけたから即買いして、植え替えて・・・と自分の中でシナリオがすでに出来ていた相方。

ちょっちょっちょっちょっちょーーーーむかつく!

一人怒ってる私を見て義両親は「cojicoji。こんなに素敵な木があんな値段だったんだから良かったじゃない。花壇はきっと見違えるようになるよ!」と励ましてるんだか、たしなめてるんだかなんだかわからないけど、私の球根なんて知ったこっちゃない風なお言葉。
                     
球根の中には既に1つ芽を出しているダリアがあったので、それだけ慎重に掘り起こし、大きな植木鉢に植え替えしました。
それ以外の球根は・・・残念だけど諦めました。
(植え替えする場所も時間もなかったため・・・)

それにしても、木の引き抜き作業は大変そうなものでした。
普段なら枝を拾ったり、簡単な作業を手伝うところですが、もう手伝う気にも全くなれず、ふてくされながら、買って来たトマトをガレージで一人、プランターに植え替えしてました。

↓植え替えた木。(まだちっちゃい~。お子ちゃまのパインツリー)
 *前の木はこの二つの木がくっついて押し合いへし合うほど大きくなってました。
IMG_0821_convert_20100426235652.jpg


この木の正式名称は「DWARF ALBERTA SPRUCE(アルバーティアナ コニカ:マツ科カナダトウヒ)」だそうです。
そしてこの木は、鹿よけの匂いを発するそうです。チューリップの鹿対策フェンス、不要でしたね(苦笑)。

出来上がりを見て上機嫌の相方。私に
ああ、これで、花壇の面積が一気に増えたね!見栄えも良くなったね!思い切りガーデニング楽しみなよ!」と言うので、

もういい。頑張っても台無しにされるってわかったから、もうこの花壇いらない。あんたにあげる(もちろん本気じゃないけど)。」と言うと

「本当?!やったぁ~!じゃ、この花壇はオレのね!さて、何植えようかなあ・・・ ネギとニンジンと・・・あ、大好きなメロンも植えよう」 と言いやがる。

                                         
確かに花壇の植え込みの木はすっきりしました。しかも若くて健康な松の木。
しかし・・・なんかすっきりしないのは私だけ?

                        

まあ、気を取り直して!!
今年は一年草と多年草をこの花壇に植えてみようと思います。もう少し暖かくなったら苗木屋さんを見に行こう!
・・・と、すでに花壇の次のシナリオが出来かかってる私ですが・・・

 ああ、やっぱりすっきりしないなー!(愚痴にお付き合いいただきありがとうございました)

≪オマケ≫
前庭の花壇のチューリップ。今年は咲かない花もありますが、最近赤い花が開いてきました。
最近ショックなことがあると前庭のチューリップ見て気を晴らしてます。。。
IMG_0822_convert_20100426235729.jpg


2010.04.26 / Top↑
またまたスルーされちゃいそうなアメリカンアイドルのリポートです。

水曜日は火曜日に行ったコンテストの結果発表の日。
通常1時間のところ、チャリティースペシャルのため、昨日は2時間拡大版でした。

先週はトップ9から2人が落とされました。
一人は、以前の記事にも出ていたアンドリュー・ガルシア。
もう一人はティーンの女の子ケイティ・スティーブンス。
個人的予想では、思った通りの結果となったのですが・・・

っていうか、例のキラキラ笑顔で歌イマイチの彼。
↓そう!ティム・アーバン!!
IMGP6699_convert_20100409034520.jpg



がまだ残っていたんですね。トップ7ですよ!すごいです!

すごい・・・というのも、彼はトップ12が出揃う前に一度、審査員により落とされています。
ま、歌唱力、かなり無いですからね~。

この頃、私はアメリカン・アイドルを何週か見逃してしまった(何故だったか・・・南部旅行に行ってたからかな?)ので、詳細はよくわからんのですが、どうも、救済されたようです。もう一度チャンスをやると・・・。いわゆる敗者復活ですね。(アメリカ横断ウルトラクイズみたい・・・って古すぎ?)

トップ12が出揃った後。
ティムが本選で初めて歌を歌ったところ、辛口審査員サイモンが「私たちが君を復活させたのはどうやら間違いだったみたいだ。失望したよ」なんてキツ~イ一言を発しました。あのとには、ちょっと同情しちゃいました。
ティムの両親も駆けつけていたのに。その両親の目の前でケチョンケチョンに言われたティム。
あの時はキラキラ笑顔ではなく、泣きそうな顔してたっけなぁ。。。

そんなわけで、いつ落とされてもわからないはずの彼が気がついたらトップ7まで残っていた。
だからすごいのです。

しかし、昨日のボトム2(投票が1番少なかった人とその次に少なかった人)はこのティム・アーバンともう一人、ケイシー・ジェームズだったのが驚いた!

ケイシーの歌声はアメリカ人にいかにも好まれそうなしゃがれたブルースやロック、カントリー等が似合う声。身長も高く見た目もイケメン。常に安泰の位置を保っていたので、初めて訪れた落選の危機に皆驚いた。

↓毎回余裕だったケイシー。(American Idol.comより写真引用)
23495_10150176050225601_123984435600_12045620_6921098_n_convert_20100422212350.jpg


しかし、やはり投票するオーディエンスの目も節穴ではなかった。
現在残ってるコンテスタント達の歌唱力はどうみてもティムよりかなり上。

昨夜、とうとうティムはKick Outされてしまいました。
彼が落とされるという発表を司会のライアンが言い渡したときも、ティムは「わかってる。当然だよね」とでも言わんばかりのすがすがしい笑顔。
この表情見て、ますます彼のことを「かっわいぃぃぃぃ~」と思ってしまう私は、典型的オバサン。

歌唱力の低さ(言い過ぎか?)と反比例に、人気の高さでここまで勝ち抜いてきた彼ですが、精神的に重圧がきつかったかな?
もう限界だと、自分でも解っていたのかもしれないですね。

ああ、でももう彼のパフォーマンスを見ることができないとなるとやはり寂しいです。

↓歌唱力は無くてもいつも全力投球!(American Idol.comより写真引用)
25515_10150167250540601_123984435600_11802497_3187684_n_convert_20100422122848.jpg


ある意味、彼がどこまでしぶとく残り続けるか見ていたかったんだけどなぁ。
さよなら、ティム・アーバン。あなたはシンガーではなくても、Show Bizの世界できっと生きていけることでしょう。
(ハイスクールミュージカルの主演とか良さそう♪)

でも実は・・・
相方は今週ティムに電話投票してたんです。
ダイヤルした番号見て一瞬目を疑いました。
「彼はエンターティーナーなのでもっと見てみたくて」だそうです。
相方よ。君は時々わからないことをしてくれるね。


ところで、このアメリカン・アイドル2時間スペシャル。
ライブということもあってか、時間が押しに押してしまい、終了したのは2時間15分後。
まるで、日本のプロ野球ナイター中継みたい。時間内に終わらないから急きょ延長するなんて・・・。
笑っていいとも!もライブだけど延長したことないですよね(笑)。

2010.04.22 / Top↑
前回の記事でちょっと触れた、友人Pさんのご主人Rさんと相方。
年齢はちょっと離れていますが、行動パターンがお互いとても似ているのです。

その1:テレビ好き
テレビがなければ生きていけないと言っても過言で無い。
相方は帰宅すると真っ先にするのがテレビのスイッチON。
Rさんは昔、夫婦でMackinac Islandの超名門「Grand Hotel」に宿泊した際、部屋にTVがなかったことに非常に憤慨したそうです。折角の美しくロマンチックなシチュエーションでのバケーションなのにテレビテレビぃぃぃ~っとぼやきっぱなしだったとか(笑)。

その2:大酒飲み
特にビール。とにかく水のように飲み干す。どんなにお酒が強くても、ビールをあれだけ大量に飲んだらお腹がいっぱいになり過ぎるはずなのに・・・良く入ると不思議です。
今でこそ、Rさんは健康を気遣い酒量を減らしたそうですが、相方の年齢の頃はそりゃ大量に飲んだそうです。

その3:「アナタには無理だからプロに頼もう」と言うと非常に怒る

Do it Yourself精神のアメリカ。家のことを何でも自分でやりたがる。しかし失敗も数知れず。「もうプロに頼もうよぉー」と言うと、プライドが傷つくらしくひどく腹を立てる。

まあ、この辺の内容は一般的アメリカ人男性の特徴とも言えるかもしれません。(当てはまらない人もいますが)


                           
10日ほど前の話です。

外で芝刈りしていた相方。芝刈り機での芝刈りが終わり、建物との境目や細かいコーナー部分を大ハサミでトリミングしていました。・・・
しばらくすると室内に入ってきて「大変だぁ~」と唸る相方。

どしたの?

「外のケーブルの線、ハサミで誤って切っちゃった」

えええっ 

ケーブルの線をハサミで切る?
故意に?

もちろん故意の訳は無い。しかし、外のケーブルを大ハサミで切るなんて行動は「故意」でするとしか思えない。
不可抗力で切れたということは想像しがたい。

                        
テレビが見れなくなった相方はそりゃもう大変。
既に午後7時近くだったのですが、「これからHome Depo(日曜大工や家のもの全般が売られている店)に行って修理するワイヤーを買ってくる」と言うのです。

仕方ない・・・と私も一緒に行き、ワイヤーを購入。
それから夜8時半まで1時間くらいかけて相方が必死でワイヤーをつなげると、どうにかテレビは見れるようになりました。・・・
相方危機一髪。この日の夜は大好きなテレビを見ることができました。
・・・がっ。

2日後早朝。
テレビに異変が・・・。砂嵐が飛ぶ。
コンピューターに電源を入れる。ネットに繋がらない。
これはケーブルが原因としか考えられず。 

テレビには固執しないけど、ネットが使えないとなると今度は私が大騒ぎ。
「ちょっとぉ~直ってないじゃん!ケーブル会社に電話して直してもらってよね!」
と相方をつつく。
自分で修理出来なかった』ということを他人から指摘された相方。
瞬間湯沸かし器のごとくむっとして「へん!わずか1日でもネット無しじゃ生きていけないのかねっ」と言う。

私は「そーだよ!アンタがTV無きゃ生きていけないのと一緒よ!」と負けずに返す。

相方はケーブル会社に渋々電話する。するとケーブル会社の人は昼頃来てくれることに。しかも無料でワイヤーをつけなおしてくれるそう。

相方は仕事のため作業者への対応は私一人。こういうの一番苦手。
まあ、詳細は相方が説明しておいてくれたので、私は地下やモデムのある場所に作業者を入れてあげたりして、最終的にPCとTVのスイッチ入れて動作してるか確かめるだけですが・・・。

専門業者の素早い処置で新しいワイヤーを取り付け、あっという間にテレビもネットもめでたく見れることになりました。

あ~、全く今回も大騒動だったぜぃ。
Pさんにメールした際、今回の顛末もちょっと書いてみると、即返事が。

「(笑)うちのRも以前ワイヤー切ったわよ。しかも2回も!2回ともタダで修理してくれたけど、次回また切ったら今度は有料ですからね!・・・って釘刺されちゃったわよ」ですと。

いくら共通点のある2人だからって、彼までワイヤーを切っていただなんて。
しかも2回。

うわぁ~ Rさんて、相方の人生の先輩のようだ!


前回に引き続き、相方の失敗談(すなわち家庭の恥?)を書いてしまいました。
っていうか、Rさんのことも書いてしまいました。

ごめんね、相方とRさん。
(これ、相方には内緒)

≪オマケ≫
前庭のチューリップがいくつか開花しました。こちらはきっと昨年鹿に食べられなかったものと見られます。
ちょっとした幸せ・・・。
IMGP6736_convert_20100422041426.jpg

2010.04.21 / Top↑
                   
先日の記事でも紹介したチューリップ。
IMG_0677_convert_20100407013855.jpg

今日は悲しいお話・・・。
1週間ほど綺麗な花をさかせ、裏庭のチューリップとクロッカスは花の時期を終えました。

花が終わったあとのチューリップのお手入れは、ウェブサイトで調べたり、ガーデニングがとてもお上手な友人小太郎さんに聞いたりしていました。
花が終わったら葉を残して花と茎の部分をカットする。そうして葉から根にかけて栄養を十分吸収させ、翌年の健康な球根のために備えておく。
葉は冬の前に枯れてきたら、根元からバッサリと切る。

一方、相方は会社で同僚のNちゃんにチューリップの終わった後の処置の仕方について聞いたそうです。
相方は「Nちゃんは、花が終わったら切るっていってたから、このチューリップ切らなきゃね!」と張り切って言うので、「切る・・・っていっても花と茎の部分だけだよ。全部切っちゃダメだよ!私が切るからあんたは手を出さないでね」と念を押しました。

数日後、また相方が「チューリップ早く切らなきゃね・・・」と言うので、「だから~、花と茎だけだからね。まだ2つ咲いているチューリップがあるから、これが全部終わったら私が切るから手を出さないでね!」と再度念を押しました。

しかし、花が全て終わった後も、私は数日間そのままチューリップを放置していました。
はい。放置した私がいけないんです。。。

昨日。

相方が裏庭でなんだかシャカシャカと音をたてているので、外に出てみると、裏庭の花壇の
木(2本)をトリミングしていました。
その足元を見ると・・・

うっ        うおぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーっっっっ 
                                         
思わず叫んでしまいました。
                       
チューリップが根元から見事に全て切られていたのです。

なっ なっ なっ  ひっ ひっ ひっ ひどいっ!!何で切ったんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!」とかなり大声で叫びました。

すると相方は、「ハニー(恥ずかしながら私をこう呼びます)、アンタがなにもしないから僕がやったんだよ!!いつまでも放っておけないだろ。今日こそは木をトリミングしたかったからこのチューリップも切ってあげたんだ!!」

私 「あのねっ!私言ったよね?!?根元から切ってはいけないって!!花と茎だけ切って、秋に葉が全部枯れるまでの間は葉は残すって言ったよね。しかも1回じゃなくて2回言ったよね!!っていうか、私がするって言ったぢゃーん!!」と目を三角にして怒鳴る。

相方は「知らないよそんなの!(←ええええーー!)cojicojiが放っておくからぢゃないか!こうするしかなかったんだ。」とやや逆切れ気味に言う。

私はあまりの悲しさ(チューリップを根元から切られたショックに加えて、トリミングしていた木もお世辞にも見栄えが良くなったとは言えず)のあまり、裏庭にこれ以上いることができませんでした。

しばらく室内で放心状態。
相方はばつ悪そうにやってきて、「そうして一日中怒るわけ?球根は大丈夫だよ。きっと・・・」と言う。 (きっと大丈夫じゃない)

私は「怒ってるというより悲しい。私の言ったこと(しかも2回も)が通じてなかったんだな、と思ってね。私の英語が下手なせいか?それともあんたが私の言うことを聞いてないせいか?どちらにしても悲しいよ・・・」と言いました。
相方は本当に困った顔。
木のトリミングも上手くいかなかったのを自覚し、しょんぼりしてました。
                       
チューリップ・・・。
去年は、前庭のチューリップが咲いた花すべてを鹿に食べられる悲劇がありました。今年は裏庭に植えた部分は柵をして無事花を保ち続けられたのに・・・
まさか、まさかっ 今年は鹿ではなくもっと身近な相方にこんな形でちょん切られてしまうとは・・・(涙)。

↓参考に現在の前庭のチューリップの模様。(咲いているのは去年の秋に新しく植えた球根*ちょん切られた裏庭の球根と同じ種類です)
IMGP6726_convert_20100419233221.jpg

以前から植えてあったチューリップは、去年鹿に食べられた直後、相方がやはり葉と茎を全て地面ギリギリまで切ってしまったのです。ああ、あの時もいきなり全部切った相方に怒って喧嘩したっけなあ。
夏の前に全部を切ってしまったせいか、今年は育ちが悪いです。

↓蕾があるものもありますが、葉の形はいびつで、蕾を持たない葉も沢山あります。
IMGP6727_convert_20100419233304.jpg

地面から茎が見えないくらい見事に切られてしまったチューリップ。
来年は花を咲かせるのでしょうか?
栄養を葉から吸収できないのできっと難しいですよね。


ちなみに。。。

近所に住む友人Pさんのご主人も、以前庭仕事していて、チューリップを全部根元から切ってしまい、夫婦喧嘩に発展したそう。
このご主人Rさんと相方。非常に行動パターンが似てるのだけど、まさかチューリップまでRさん同様に切るなんて!!

ガーデニングの敵は野生動物ではなく、案外 妻の話を聞かない(!)夫だったりして。。。

                         
2010.04.19 / Top↑
日本の桜はまだ咲いていますか?
関東あたりは3月下旬頃に開花宣言されたようなので、さすがにもう既に散ってしまったかな?
桜前線は北上中ってところでしょうか?
                  
さて、私が住む街もここ数日で一気に木々の花が開花しました。

・・・といっても桜ではなく、りんごの花(アップルブロッサム)
                  

ミシガンにはりんごの木がとても沢山あります。
そして春になると一気に白い花を咲かせます。
あ、あれもアップルツリーだったんだ!あれも・・・ってな感じで街中が白い花の木。

↓携帯カメラなので画像イマイチだけど・・・
downsized_0416001647a_convert_20100417062902.jpg



まさに、日本のソメイヨシノのよう。

アップルブロッサムは姿形は日本のソメイヨシノに似ています。
ただ、色が白い。真っ白。私にとっての違いはそれくらいかな?
2年前ミシガンに来た時、この花を見て「うわぁ~!桜だ!」って信じてました。

よくよく聞くとりんごの木だそうで。。。

我が家にも大きなりんごの木が1本あります。
一週間前頃までは蕾もわからない程度だったのに、2,3日前にいきなりぼわんっと咲き出しました。
開花宣言です!

↓ほぼ満開。
IMG_0789_convert_20100417040954.jpg

IMG_0788a_convert_20100417041403.jpg


ちょっと暗いけれど、部屋の窓からの写真です。窓から手が届く距離で咲き乱れてます。
IMG_0777_convert_20100417035214.jpg


部屋の中からこうして咲き乱れる花が見れるのはなんとも贅沢な気分です。

そしてこのりんごの木の隣には梨の木(ペアーツリー)もあり、満開ではないけれど開花してきました。

↓ようやく咲き始めた梨の花。
IMG_0786_convert_20100417042423.jpg


日本(関東地方)より半月ほど遅れた開花宣言。

ピンク色のマグノリアの花も街のあちこちで開花し、名前はわからないけれど黄色い小さな花も咲き乱れ、私の住む住宅地には、小さいながらも桜らしき木もあり、綺麗な花を咲かせていました。
(あの木の下に酒とおつまみ持って花見しに行きたい・・・が他人のお宅なので無理!)
ミシガンの春は1年で一番街がカラフルになる季節です。

でも、明日からの週末は気温が1℃前後まで下がるようです。
昨日は日中の最高気温27℃くらいまで上がったというのに・・・
この気温差にやられそうです!!

日本もこのところ低気温のようですので、お互い風邪には気をつけましょう!


*≪訂正・おわび≫我が家にあるアップルツリーと記載した木はどうやら梨(ブラッドフォード・ペアー・ツリー)のようです。
実は、去年も義母に「この木は梨の木」と言われ、昨年の本ブログの記事でもそう書いていたのに、それをコロッと忘れて「アップルブロッサム」と思い込んで記載してしまいました。(健忘症・・・年かな)
ナッチャラさん情報によると、アップルブロッサムとブラッドフォード・ペアー・ツリーの花はとっても似ていて見分けるのが難しいそうです。
街に咲いている木が梨の木なのかりんごの木なのか、素人の私にはきっと見分けつきません~。
誤情報、大変失礼しました!
2010.04.16 / Top↑
ちょっと前の話ですが、友達とタイ料理レストランでランチしてきました。

実は、あるお方のブログのタイ料理ランチ記事を拝見してからというもの、辛いもの苦手なくせにタイ料理がマイブームになってしまって・・・。レストランも立て続けに行ったけど、自分でもなんちゃってタイ風料理作ったりして。

さて、今回行ったお店は我が家からはちょっと遠く、Westlandと言う街(野菜市場 Joe Randazzo'sがあるので有名)にあるお店。
まずは友達M美さんとJoe Randazzo'sで買い物し、それからタイ料理屋さんへ移動。

ちなみに、Joe Randazzo's(M美さんとの間では通称”ランダゾ”。"ランバダ(古っ)”みたい・・・)に友達と買い物に行くのは初めて!
・・・っていうか、皆さん、野菜・果物市場に普通は自分ひとりか家族と行きますよね(笑)。

いつもなら、ランダゾで果物や野菜を購入したら即帰宅しますが、今回はその後ランチやお茶をする予定だったため、私は自宅からクーラーボックス持参。
クーラーボックスと言っても、コールマン等の格好良いものでなく、魚屋さんが持ち歩くような発泡スチロールのでかいクーラーボックス。行商のおばあちゃんになった気分。

この用意周到さで安心したせいか、思わず大量に買い込んでしまい、クーラーボックスに入りきらなくなってしまったぁ。
車の中ってかなり高温になるんだけどね。。。まっ いっか・・・ってなわけで・・・

前置きが長くなってしまいましたが、ランダゾで買い物した後にタイ料理屋に移動しました。
その名も「Thai City」。ベタなネーミング~。
0323001422_convert_20100415015152.jpg

看板にも小さく書いてありますが、タイと中華料理と両方あります。辛目の中華なので広東風かな?
レストラン・・・というよりも、食堂といったほうがぴったりくる、ストリップモールならではの食事処でした。

店内には怖そうな女性従業員が・・・でも、M美さんに対してはとっても愛想が良い。

それもそのはず。彼女はこの食堂の常連さんだそうで、女性従業員も彼女のことをよく知っているのです。
なので、注文時も女性従業員さんがM美さんに先に「いつものアレとアレとアレよね?」なんて言ったりして。
うわぁ~格好いい!私もそういう店が欲しい! 「いつものやつ」みたいな。

しかし私はちょっと怖めな店員さんに緊張しながらの注文。

私は鶏肉と野菜の炒め物を辛さゼロにしたもの。(いつも名前が覚えられない)
0323001316a_convert_20100415015215.jpg

友人は鶏肉のカレー風の炒め物を辛さちょっとだけプラス(右)に、そしてパッタイ(左)を注文。
0323001317_convert_20100415015849.jpg

あ、ちなみにM美さんが特に大食漢というわけではなく、数種類楽しんだ後、残りをダーリンに持ち帰るという目的から。愛情が感じられます~

注文メニュー以外にスープ(3種類から選べる)とご飯、エビせんに、なぜかパンまでついてきます。もうお腹いっぱいになること間違いなし。

↓テーブルの上はタイの祭典!
downsized_0323001316_convert_20100415015906.jpg


私の選んだ「辛くない鶏肉と野菜の炒め物」は、以前シャングリラファーミントンヒルズ店で食べたエビと野菜炒めのように、ご飯が進む美味しさ。友達のカレー風炒め物やパッタイも味見してみたら、私にはかなり辛かったものの、味は本当~に美味しい。ああ、タイ最高!

                    
食べ切れなかった残りは、いつものように持ち帰り。我が家の夕飯の一部に変身。残りものを持ち帰れるのは本当に嬉しいです。日本は衛生上の理由から規制が厳しくて持ち帰りはできないですものね。

ランチ後はM美さんのお宅により、美味しいお茶に手作りケーキやクッキーのもてなしを受けました。
                    
                    
喋りに夢中になり信じられない速さで時間が過ぎていきました。
気がつくと夕方5時過ぎ。ああ、クーラーボックス持ってきて良かった。

ちょっと我が家からは遠いけど、このタイレストランも美味しかった。
アメリカにはストリップモール(道路横に小さな店が固まってる一角)が多く、タイ料理レストランはそういうモールの中に結構あります。
これからも、タイ料理食堂を開拓していきたいと思います。できたらベトナムも・・・。
ビバエスニック!
ご馳走さまでした!

2010.04.14 / Top↑
またまたこの話題で・・・アメリカン・アイドルを見てない方、興味ない方はどうかスルーしちゃってください。

今シーズンのアメリカン・アイドルは、昨シーズンやその前の年のシーズンと比較して、個人的に入れこんでいるコンテスタントがいないので、今ひとつのめりこめてません。

なので、反応がイマイチ(!)なアメリカン・アイドルネタは今年はあまり書かないようにしようと思っていたのですが、昨日は私が心から入れ込んだシンガー「デビッド・アーチュレイタ君」
(2シーズン前のアメリカン・アイドル準優勝者)がゲストライブをしたので、ついついペンを・・・
いや、キーボードを執ってしまいましたっっっ。

↓デビッド・アーチュレイタ。新曲披露かと思いきや・・・ビートルズの曲をピアノ弾き語りで。それにしても上手い。聴かせる。
IMGP6680_convert_20100409001922.jpg IMGP6683_convert_20100409001942.jpg


しかしヘアスタイルが前回からちょっと変わっていて・・・
前髪が短い。スタートレックのあの人のような、初代コメットさん(わかるかな?)のような・・・

相方が「なんだあの髪型は!まるでフリークだ!」・・・と何度も何度も繰り返す。
ちなみに「フリーク」とは辞書では"熱狂する"等を意味しますが、ここではもっと悪い意味で”マニアックな人”とか”オタク的”な意味として使われています。geekに近いかな・・・。

え~っ ひどいっっ!!

でも言えてる。

なんでこんな髪型にしちゃったの?・・・と気になって写真(上記)撮る手も震えてしまいました。


さて。
現時点でトップ9まで絞り込まれた当番組。
観てる方はご存知のように、アメリカの視聴者からの投票により、毎週投票数が一番低かったコンテスタントが1人落とされていきます。

今週のテーマ(毎週歌う曲のテーマが決められています)はジョン・レノンとポール・マッカートニーの曲。
名作ぞろいの中からコンテスタントは好きな曲を選んで歌いました。

今週は水準が高く、誰もがいつもより良いパフォーマンスだった感もありました。

そんな中、アメリカ視聴者の投票で不人気だった2人が残されました。
そのメンツは意外にも!!

↓左がマイケル・リンチ。(愛称:ビッグ・マイク)背も横幅も飛びぬけて大きい、まさにビッグなマイク。右はアンドリュー・ガルシア。(アンディ・ガルシアと同じ名前だ!!)高音でちょっとしゃがれた声が非常に素晴らしいときとイマイチなときとの差が激しいシンガー。予選では輝いて見えるほどすごかったのに本選では力が今ひとつ出し切れていません。
IMG_0747_convert_20100409010110.jpg


そして、司会のライアンが今週一番投票の低かったコンテスタントを発表。それは・・・
なんとビッグ・マイク!

彼は体格も良いせいか声量はピカイチ。メイン審査員のサイモンからはcorny(陳腐とかわざとらしいという意味)といった辛らつな評価もたまに出ていましたがその歌唱力は抜群。審査員達の評価も1,2位を争う優秀なものでした。今後数週間はボトム3にもならず楽勝と誰もが思っていた矢先。。。

↓わが身の惨敗結果に呆然とするビック・マイク。(右)予想もしなかった結果に泣きじゃくるマイクの妻
IMG_0753_convert_20100409010145.jpg IMG_0755_convert_20100409010212.jpg


そりゃもう驚いた。
トップ9の中には歌はけっして上手では無いだろーっという子もいます。
例えばティム・アーバン。
このティムという20歳の男の子は、歌唱力はかなりイケテナイことが多いのですが、なんといっても可愛い。
好みも色々あるでしょうが、一般的に言うアイドル顔なのです。

審査員に辛らつなことを言われてもいつもニコニコ。真っ白な歯でスマイル。典型的なアメリカ版・ジャニーズ顔。

↓彼のスマイルはいつもキラキラ
IMGP6699_convert_20100409034520.jpg


でもパフォーマンスはずっこけるほど、ひどいときが多い。(今週は良かったですが・・・)
そんな彼はなぜか今まで落ちずに残ってきました。
まあ、番組名も「アメリカン・アイドル」なんだから、アイドルといえば、彼でしょう・・・とも思いますが。

しかし今まではずっと歌唱力もあり、ある程度カリスマ性もあるコンテスタントが生き残ってきたので、彼が未だに残っているのは少々不思議。

そんな中、楽勝と思っていたマイクが落とされてしまったのです。

しかし、昨年から新ルールが加わり、シーズン中に1度だけ、視聴者の投票で落とされたコンテスタントを審査員の判断で「残したい」と思われたコンテスタントを救済する制度が施行されました。
昨年は我らがミシガン出身のマットがこの制度で1度救済されました。(あのときは涙する勢いだった!)

落とされたコンテスタントは、最後にジャッジの救済を受けるためのテストでもある歌を1曲披露します。
↓熱唱するビッグ・マイク。
IMG_0757_convert_20100409010257.jpg IMG_0756_convert_20100409010233.jpg


結果は・・・。
救済されることになりました。
これで1度限りの救済は使ってしまったので、再度誰かが救済されることはありません。
そして、1名救済されると、翌週2人のコンテスタントが落とされるしわ寄せが待っています。

↓他のコンテスタント達に祝福されるマイク。でも、皆の本心はどんな気持ちなのか・・・
IMG_0763_convert_20100409010325.jpg


アイドルへの道は厳しいのう。

早くも波乱のアメリカン・アイドル。
さあ、来週はどの2人が落とされるのか・・・ドキドキ。

2010.04.09 / Top↑
前の記事にも書きましたが、我が家で現在咲いている花は水仙、チューリップ、クロッカス。
月曜まで暖かくピーカンの天気が続いていたのですが、火曜日から雷雨や雨続き。
この雨でクロッカスはしおれてきてしまいました。。。。


裏庭の花壇は日当たりが抜群に良く、これまで好天続きだったため満開。早々にピークを過ぎてしまった感もありますが・・・
↓月曜日に撮影。満開の水仙の花壇
IMG_0732_convert_20100408004947.jpg

↓チューリップとクロッカスの花壇。クロッカスは遠すぎて写真ではわかりませんね。花と花の間隔が空き過ぎに見える~
IMG_0701_convert_20100407012633.jpg

上の写真でお気づきでしょうか。
花壇の前にフェンスがつけられています。
こちら鹿防止フェンス。
低いフェンスだけれど、花壇は地面から一段高めのブロック作りになっているので、鹿はそのブロックに足を乗せないかぎり花に届くことができません。
相方いわく、鹿は怖がりなのでステップに足をあげてまで花を食べないとのこと。
フェンスのおかげで見栄えが悪くなってますが、去年鹿に全てのチューリップを食べられてしまったので、止むを得ない。

IMG_0677_convert_20100407013855.jpg

IMG_0678_convert_20100407013810.jpg


一方、前庭の花壇にもチューリップとクロッカスが咲いてきました。去年球根を植えた分と前のオーナーが残されていった分。こちらは裏庭に比べて成長が遅いです。裏庭と比較すると日照時間が若干短いのが理由みたい。

↓それでも、今週初め頃から蕾を見せてきて、花を開かせました。
IMG_0734a_convert_20100408004648.jpg


ちなみに咲いているのは全て去年球根で植えたもの。前のオーナーが植えていたチューリップはまだ花を咲かせていません。黄色やピンクや赤・・とカラフルなので楽しみなんだけどな。早~く咲け咲け♪♪

                   
先週から今週にかけては、新たにカラーとダリア、そしてベゴニアの球根を植えました。
そして朝顔の種もまいてみました。
特に下準備せず、普通に土(花壇またはプランター)に植えただけ。 ちゃんと芽が出て花が咲いてくれると良いんだけど。
去年のダリアは非常に順調に育ち、夏の間中沢山の花をつけて楽しませてくれました。
きっと、最初は屋内で大事に育てていたから?今回はいきなり外で育てているので、少々心配です。
皆、強く育っておくれ・・・。

(オマケ)
相方が裏庭の木に、義父お手製の鳥の巣をくくりつけました。
鳥が住んでくれると良いんだけどな。。。
IMG_0731_convert_20100408005153.jpg
2010.04.07 / Top↑
みなさん週末はいかがお過ごしでしたか?
日本にお住まいの皆さんは、もうお花見されましたか?(桜まだ咲いてる?)
アメリカにお住まいの皆さんはイースター休暇を満喫されましたか?
                     
私は金曜から相方のご両親の家でイースター休暇を過ごしてきました。
昨年のイースターはウィスコンシン州に住む義姉の家に9時間かけて行ってきたのですが、今年は遠いウィスコンシン州には行けず。義姉家族もミシガンに来れず。残念ながら義姉家族には会えず終いでした。

私達はGOOD FRIDAY(キリスト教でイースター前の金曜日をこう呼び、アメリカでは多くの企業が休暇になります)である金曜日に自宅を出発。
この日は気温華氏80度(27℃程度)まで上昇し、夏のような気候。寒がりの私が半袖Tシャツ姿だった貴重な日でした。

                   
相方のご両親はGRAND RAPIDSから30分ほど北上した街「HAWARD CITY」という小さい街に住んでいます。周りは農園か森林ばかり。
サイロがぽつぽつと見える広大~な畑の風景は、まさに北海道の農園風景と一緒です。

以前にも何度か写真を載せてましたね。

↓広大な義両親の裏庭は自然の宝庫。鹿・うさぎ・リス・狐・様々な鳥たちが住んでいます。コヨーテ(小型狼)もいるんだそうですっっ。
IMG_0695_convert_20100406021546.jpg

南部旅行以来の再会を喜び合い、さっそくいつも使ってる寝室に行くと・・・

↓お義母さんが私達のためにイースターバスケットを作ってくれました。バケツの中には沢山のキャンディー。 私達は何歳になってもお義母さんの子供です。(汗) 
IMGP6655_convert_20100406012619.jpg

↓中のキャンディーの一例。
 どぎついカラーのお菓子たち。ピンクや水色、黄色・・・食べるのはかなり躊躇します(汗汗)
IMGP6669_convert_20100406023702.jpg

ところで義父母の家に滞在する際、私達がいつも使わせてもらっている寝室はとても可愛いです。お花やビーズ、置物等が沢山飾られたその部屋は、アンティークショップの片隅のよう。
今回は初めて写真を撮ってみましたので、こちらで公開~

↓ちょっと小さすぎてわからないかな。我ら夫婦には乙女チックすぎる空間です。
IMGP6656a_convert_20100406012835.jpg IMGP6661a_convert_20100406012746.jpg


さて。
今回は相方と2人だけでゴルフもしてきました。
義両親宅から車で30分ほど離れたところにあるゴルフコースで、今年初めてのゴルフです。

↓土曜日の朝。早起きして向かったゴルフ場。デトロイト郊外のこじゃれたコースとは違って本当~に田舎のコース。農場の中にポツンとある感じ。
IMGP6662_convert_20100406012520.jpg


↓池超えコースで緊張するも、森から聞こえてくるキツツキの木を叩く音に癒されちゃいました。
IMGP6664_convert_20100406012550.jpg


まあ、私達どちらも下手くそゴルファーなのでスコアはすごいものでしたが、前にも後ろにもプレーヤーがおらずのびのびとプレー出来るのは至福のヨロコビ
デトロイトエリアでは、どのコースも混んでいるので、こんなにリラックスしてプレーすることが難しいのです。
ボール沢山無くした相方にも(1つも無くさなかった私は)寛大な心で、「ドンマイドンマイ!」と禿げ増し・・・もとい、励ましてあげました。

               

ゴルフを終えて帰宅。まだ午前10時半。今度は義両親と共に映画を見に出かけました。

今回見た映画は日本でももうじき公開予定の「Clash of the Titans」。(邦題:タイタンの戦い)
IMGP6668_convert_20100406012117.jpg

3Dで見ることができる映画なのですが、残念ながら我らの行った映画館は通常映像のみ。
それでも、ギリシャ神話の美しい映像には非常~に惹きこまれました。
義両親は大の映画好き。映画館にもしばしば足を運んでいるし、家にも沢山のDVDが揃ってます。
彼らが勧める映画は殆どハズレ無し。おすぎとピー子も真っ青の優秀な映画評論家です。

                           
さて。
メインイベントであるイースターディナーはクリスマスに引き続きお馴染みのハム。
昨年は私にとって初めてのイースターだったので、義姉の家でカラーエッグを作ったりしましたが、今年はそうした子供向けの行事は無し。(もう大人すぎるもんね)

↓(左)またでっかい塊のハムが・・・義姉家族いないのに、こんなん大きいの買っていいの・・・?(右)写真にある副菜のチーズポテトは私達の持ち帰りのために義母が別途作ってくれていました。
IMG_0684_convert_20100406021625.jpg IMG_0685_convert_20100406021646.jpg

案の定、余ったハムは大量に持たされました。嬉しい反面、1~2週間ハムが続くのがちょっとつらい。夫婦そろってハム嫌いになりそうです。
でも、今回は義父がミートスライサーでデリで売ってるハムのように超薄切りにしてくれました。これならいちいち塊を切る必要もなく便利。

↓こちらイースターディナー。ハム、スウィートポテト、チーズポテト、芽キャベツ。クリスマスディナーとほぼ同じです。お皿もクリスマス柄・・・
IMG_0688_convert_20100406021707.jpg


クリスマス直後にずっと南部に滞在していた義父母。つい数日前に南部から戻ったばかりで疲労も消えてないのです。

それでも、イースターはこうして家族で集まって食事することを絶対に欠かさない。
アメリカの家族のつながりは日本より案外強いのかもしれません。
いやいや、アメリカも日本も家族による・・・ってことですよね。
相方の家族は、このような季節の行事を本当に大切にする人です。
そんな義父母が大好きです。

今回も義父母と楽しい休暇を過ごしました。

あ、ちなみに、義父母は早くも新しいキャンピングカーを購入しちゃっていました。古い(私達が南部で滞在した)キャンピングカーは故障部分が多く、修理に大金がかかるそうで、思い切って新しいのを購入しちゃったそうです。
中を見せてもらいましたがとっても素敵だった。

あ・・・しかし・・・我らが今後また義父母のキャンピングカーに滞在することは・・・もう無いと思います。無い!無いよね?相方よ!(汗)

・・・とっ とにかく

IMG_0694.jpg

(義父母の家の裏庭にいたウサギ。)





2010.04.05 / Top↑
今年も素人ながら、ちょっとずつガーデニング日記を書きたいと思います。

                     
数週間前にはとーっても暖かい日が続いたと思ったら、突然氷点下まで下がる寒い日が
続き・・・そして昨日からはまたまた気温がぐぐんと上がってきました。

まさに三寒四温。

↓近所にある大きな公園。数週間前にあまりに気持ち良い気候だったので、相方とウォーキングしてきました。
2010+spring+022_convert_20100402001643.jpg

2010+spring+040_convert_20100402001755.jpg

写真を見ると、枯れ木だらけで、まだ寒々とした冬の景色に見えないこともないですが・・・これでも20度近くまで気温はあがり2人とも汗かき、相方は可哀想なくらい真っ赤に日焼けしちゃいました。

このウォーキングの日から数日後、と~っても寒い氷点下の日が続いたのですが、昨日からの暖かさは安定しており、空気の匂いからして春。今度こそ氷点下に戻ることなく、ミシガンにも本格的な春が来た感じです。

2年前私がこちらに移住したばかりの頃は、4月まで雪が降ったんだよなぁ~・・今年はそうならないことを祈ります。
                    
さて、昨年の秋、裏庭の小さな花壇にチューリップとクロッカスの球根を植えました。
3週間ほど前に、それらが芽を出しているのを発見。植物が芽を出す姿はいつ見ても感動です。
それらの芽たちは、あっというまにすくすくと育って2週間前には
↓こんな感じ。
2010+spring+076_convert_20100402002014.jpg 2010+spring+077_convert_20100402002036.jpg


同時に、以前のオーナーが植えていた別の花壇の水仙もすくすく育っているのを発見。数週間前までは雪に埋もれていて見つけられなかったのだけど、既にたくさんの蕾をつけてます。
↓もうすぐ咲いちゃう~っ!
2010+spring+078_convert_20100402001929.jpg


そして今朝・・・

↓ついに水仙が咲きました! 小さな茎が大きな花を支えきれずに前にたれてしまっているけど・・・
2010+spring+084_convert_20100402003339.jpg



開花した株の周りも沢山の蕾たちが開花の準備に入っています。

2010+spring+086_convert_20100402002145.jpg


そしてなんと・・・
芽を出したばかりと思っていたチューリップの6つの球根のうち、1つが蕾をひらかせようとしてます!
↓まだ葉や茎が大きくなりきってないのに、蕾は今にも花を開かせようとしてます。
2010+spring+087_convert_20100402002411.jpg

周りの球根たちと足並みそろえて開花して欲しかったところだけど・・・
そんな贅沢言っちゃあいられませんね。咲いてくれたらそれだけでありがたい!
(今年は鹿に花を食べられないように対策を練らなければ・・・)

とにかく、春到来を喜ぼう!!


そして明日はなんと、この辺りも気温25度くらいまで上がるそうで、春というよりはもう夏!

タイミングよく明日からアメリカは3連休です。
この暖かい週末を自宅で庭仕事して過ごしたかったのだけれど、イースターのため相方の実家に泊まりに行きます。

皆様も良い週末をお過ごしください。

2010.04.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。