国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先々週、こちらに住んで初めて地元の図書館に行って来ました。

                   
以前から、図書館は使える場所!・・・と聞いていたけどなんとな~くチャンスを失っていた・・・というか存在を忘れていました。

今回図書館に行った目的は、書籍・・・ではなくDVDレンタル。
映画大好きな相方がレンタルショップでDVDを借りようよ!・・・とか、自宅TVのオンデマンド(有料)を利用して新作映画を見ようぜ!・・・とかほざいているので、超庶民な私は「そうだ!図書館行こう!」と思いつきで叫んだのでした。

                   
車を走らせること約10分、最寄の図書館に到着。
早速DVDコーナーへ向かう。
こちらの図書館、新作映画はありませんが、ちょっと前までの映画ならかなり種類も豊富。
外国映画コーナーもあり、今回の一番の目的はまさにここ。日本映画を見たことのない相方に、なにか面白い映画を見せたいな・・・と思いまして。アメリカで借りる日本映画なら英語字幕もついているので、相方でもちゃんと理解できる。

でも、邦画って日本人の私からしてもこれまではイマイチな作品が多く、「これ絶対お勧め!」というのがなかなか思いつかない。
昨年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」があったら是非見たかったのだけど、さすがに新し過ぎ。まだ出ていませんでした。

そんな中、選んだのが
たそがれ清兵衛」 英語タイトル:Twilight Samurai
硫黄島からの手紙」 同:Letters from Iwo Jima
Shall we ダンス?」 同:Shall we dance?
自虐の詩」 同: Happily Ever After
の4本。(4本目はかなり適当に選んだ)

早速、図書館のカウンターで図書館カードを作り(その街の住人であれば簡単にカードが作れます/住所の入った身分証明書要)、帰宅。
タダで借りられるってのは本当に気持ちが良い。
                  shoko
                   
帰宅したその夜、「たそがれ清兵衛」を観ました。
この作品はご存知、山田洋二監督 真田広之主演の時代劇。アカデミー外国語映画賞にノミネートされるも惜しくも受賞を逃した作品。
日本でもかなり話題となっていたヒット映画でしたが、私は見たことありませんでした。
全体的に静かで地味なストーリーながら、なんというか、自然に物語りに引き込まれ・・・とにかく本当に良い作品でした!
真田広之が子煩悩な父親で不器用な性格から出世できない役人、しかし隠れた剣の才能を持っている・・・という役を非常に好演していました。
「ラストサムライ」のときも思いましたが、太刀裁きがとにかく格好良い。さすがJAC出身、千葉真一の秘蔵っ子。
この地味なストーリーも日本人であれば、哀愁を感じることができる名作なのであ~る・・・などと勝手に思っていたけれど、意外にも相方も非常に気に入っていました。(翌日職場でこの映画のことを同僚に話しまくったそうです)
                    jumee☆movie1c
翌日観たのは「硫黄島からの手紙」。
こちらクリント・イーストウッド監督作品なので、相方も興味深く観ること間違いなし!・・・と思っていたのですが・・・。
確かに相方の総合評価としては「良い映画だった」だったのですが、余りの長さ、特にバトルシーンの長さに辟易した模様。
私はというと、かなり悲惨な日本軍硫黄島守備隊とアメリカ軍との「硫黄島の戦い」を見て、当時の硫黄島守備隊の絶望感を想像しただけでへこみました。。。見終わった後、なんとも胃が重~くなるような感じ。
                    jumee☆wednesday14
次に観たのが「自虐の詩」。日本にいた頃、この映画の存在(原作は4コマ漫画だそうですが)すら知らなかったので、こちらかなりマイナーな映画かと・・・
主演は中谷美紀と私の好きな阿部寛。ちょっと(かなり?)コメディ色強かったのですが・・・
相方は途中で寝てました。(苦笑)
                    jumee☆thursday14
そして最後に観たのは日本が誇る「Shall We ダンス?」。私はこの映画が好きで何度も観ています。こちら日本のみならずアメリカでも大ヒットした作品。ハリウッド映画がリメイクしたほどの映画です。自信を持って相方に勧められる一本だと思ったのだけど・・・
実は”ラブコメディ”は相方が一番嫌いな映画カテゴリー。実際この映画はラブコメでは無いのだけど、アメリカでリメイクされた作品の主演が「リチャード・ギア」というだけで、ラブコメと決めつけて最初から見る気ゼロな態度。(リチャード・ギアやヒュー・グラントと聞いただけで敬遠する)
途中、竹中直人の怪しいダンスで相方も興味を持ち始めていたのだけど、中盤気づいたら彼はいなくなってました・・・無

                    disc
邦画4本を観た結果、私も相方も「たそがれ清兵衛」がダントツで一番良かったという点は意見一致。
しかし、私的にはShall We ダンス?もそれに迫る勢いだったのだけど、相方的には最悪だった模様。。。ふんっ。名画の分からぬ奴め。

そして一週間後。。。

この4本の映画を返すと共に、新たに3本借りてきました。

↓(左から)「7人の侍」(古っっっ?)。ご存知、黒澤明監督の世界の名作。私もまだ観たことありません。「ワンダフルライフ/英題:after life)」(←評判も知らず谷啓が好きってことだけで選んだ)。そして邦画ではなく、ニコラス・ケイジ主演の「Raising Arizona/邦題:赤ちゃん泥棒」。こちらお気に入りの映画で何度観ても笑えます。
IMGP6225_convert_20100128050347.jpg

図書館もっともっと利用したいと思います。

たまには本でも読めってか?本

スポンサーサイト
2010.01.28 / Top↑
(今回は写真も多いながら、文章も長~いですよ。車に興味が無い場合は読み飛ばしちゃってくださいまし。)

                     
ついに行って来ました。
デトロイトで開催されていたNorth American International Auto Show(北米国際自動車ショー)。

実はこのモーターショーに行くのは今回が初めて。
遅ればせながら・・・といった感じです。

私達が行ったのは最終日前日の土曜日。
閉幕寸前の週末ということもあり、会場は多くの人でにぎわっていました。

会場に入った途端目に入ったのが「HONDA」の大きなサイン。

↓ホンダの展示エリアでの目玉はハイブリッドスポーツカー。HONDA CR-Zの周りには沢山の見物客が取り巻いていました。
IMGP6220_convert_20100125110454.jpg

↓ホンダの新型燃料電池車。CLARITY(クラリティ)。デザインが格好良いね!
IMGP6217_convert_20100125110856.jpg

                      
デトロイトの北米国際自動車ショーといえば、言わずと知れた世界最大規模のモーターショーです。昨年は大不況の影響を受けて、数社が展示を見合わせ今ひとつ静かな感じだったモーターショー。
今年は非常に盛り上がっていたようなイメージがありましたが、今年も日産、三菱は展示されていませんでした。
(日産はタイヤメーカー”ミシュラン”展示エリアの「ミシュランチャレンジデザイン」に『日産ミクシム』をエントリーしたり、電気自動車展示スペースに『リーフ』という車を展示していましたが、メーカーとしての車展示はありませんでした)
                      
今回、各社とも特に力を入れて数多く展示されていたのがEVカー(電気自動車)。
この点も不況や地球温暖化を意識したトレンドでしょう。

                 
会場内は、人人人・・・。大混雑。
人気の車は沢山の見物客が取り巻き長いこと写真撮影しているので、なかなか良いショットがとれません・・・
常に車内には乗り心地を体験したり記念撮影のために見物客が座っているので、人抜きでの写真撮影はまず不可能・・・。

↓ちょっと高台からのショット。これだけの人がひしめいていました。。。
IMGP6161_convert_20100125110958.jpg


人がいなくなるのを待っていたら日が暮れてしまうので、流れ作業のように、どんどん先を急ぐことにしました。
これだけ沢山の車を一度に真剣に見るのはドリームクルーズ以来・・・といってもドリームクルーズはクラシックカーやカスタムカーでしたが、今回は全てピッカピカの新車ばかり。
ホンダを通り抜け、ヨーロッパブランドの車を次々に見て行きました。

↓メルセデス。いずれはこんな車を買いたいです・・・・ってありえねーっ
IMGP6151_convert_20100125111030.jpg IMGP6152_convert_20100125111050.jpg

↓アウディーはどの車も素敵。個人的にデザインが好きなブランドです。
IMGP6155_convert_20100125111253.jpg IMGP6154_convert_20100125111233.jpg

↓BMWは新車だけでなく、昔のクラシックカー(右)も展示されていました。
IMGP6157_convert_20100125111316.jpg IMGP6156_convert_20100125111334.jpg

↓ミニクーパー。色が超私好み!
IMGP6158_convert_20100125113418.jpg

↓フォルクスワーゲンもいいな♪
IMGP6164_convert_20100125113519.jpg IMGP6160_convert_20100125113457.jpg


しかし、やっぱりど~しても目を引くのは、目の保養にはぴったりのフェラーリ。

↓美しい車と美人モデルの笑顔。私だけに向けてくれたこの笑顔。(←それが仕事)車よりこの可愛い子ちゃんメインに撮影しました。かぁわいいぃ~♪撮影する私はすっかりオヤヂ状態。この写真、完全保存版にします。
IMGP6171_convert_20100125113554.jpg


次に日本が誇る世界のトヨタ。ブースの面積も1、2位を争う広さでした。
IMGP6178_convert_20100125113629.jpg


北米向けのショーだけあり、トヨタでさえもピックアップトラックやSUV等、大型車が沢山展示されていました。
もちろんトヨタが一番アピールしたい新世代プリウスを初めとしたコンパクトカー、特にハイブリッドカーや電気自動車も展示されていました。

↓日本では見たことも無いようなトヨタの巨大なピックアップトラック。
IMGP6180_convert_20100125114304.jpg

↓アメリカで人気(特に女性に)のRAV4(ラブフォー)。
IMGP6179_convert_20100125114338.jpg

トヨタは2010年にプラグインハイブリッド車(家庭用電源から充電可能なハイブリッドカー)を開発・販売すると発表したようです。
プラグインハイブリッドカーにおいては、昨年ゼネラルモータース社(以下GM)が、米基準で少なくとも1リットルあたり97キロ走行可能なプラグインハイブリッド車『シボレー・ボルト』を発表し、ちょっと先を越された感が残っていましたが、これで肩を並べるといったところでしょうか???

↓トヨタのハイブリッドコンセプト車「FT-CH」の前で歌うアカペラトリオ。なんとプリウスの歌(オリジナル?)を歌っていました(笑)。
IMGP6182_convert_20100125114417.jpg

↓こちらはスバルの展示ブース。日本でもお馴染み「フォレスター」に「レガシー」。
IMGP6208_convert_20100125115929.jpg IMGP6209_convert_20100125120016.jpg


さてさて、ヨーロッパ、日本勢を先にご紹介しましたが、アメリカビック3も負けていません。
昨年はGMとクライスラーが立て続けに経営破たんしてしまい、アメリカの車産業界は本当に
しょんぼり感が漂っていましたが、各社とも巻き返しを図る工夫と努力が垣間見えるようでした。
GMは、昨年発表したプラグインハイブリッド車『シボレー・ボルト』や新しい小型車を発表。クライスラーは新型車の展示はないものの、5年以内で燃費効率を25%改善することを目指す環境戦略を説明した模様で、いずれも「環境」をテーマにした車作りに力を入れている模様です。

やはりアメリカで開催されているショーだけあり、ビッグ3の展示車の周りは特に人だかりでした。

↓こちら中でも特に人気だったクライスラー社のDodge Viper。こちら新型車ではないのですが、ペイントが奇抜なので人気だったみたいです。
IMGP6169_convert_20100125114827.jpg

↓このDodge ViperのエンジンはSuper charged V10というものらしく・・・メカ音痴の私にはさっぱりだけど・・・。
IMGP6167_convert_20100125114850.jpg

↓こちらもクライスラーDodgeの車ですが・・・モデルの子目当てで撮ったため、車は何だったか・・・・(←オヤヂ度丸出し)
IMGP6166_convert_20100125114929.jpg

↓写真が上手く取れなかったけど、こちらがGMの売りであるプラグインハイブリッドカーのシボレー・ボルト。
IMGP6197_convert_20100125115111.jpg

↓そして永遠にアメリカンスポーツカー野郎の心を掴むコルベット。
IMGP6199_convert_20100125115143.jpg

↓GM、SUBURBAN(サバーバン)
IMGP6201_convert_20100125115223.jpg

GMのブースを回っていてふと気づいたのですが・・・・
看板にゼネラルモータース社という文字は全く見当たらず。『シボレー』、『ビュイック』、『GMC』、『キャデラック』といったブランドの看板が出ているのみ。
敷地面積にすると今回かなり大きな面積を保有していたフォード車やトヨタに勝るとも劣りませんでしたが、社名がなかったのが残念。

一方、ビッグ3の中で唯一経営破たんを避けることができたフォード社は、昨年の1.5倍の敷地を保有しての展示だったそうです。
フォードは今年の北米カーオブザイヤーに同社の「フュージョン」が選ばれるなど、順調な模様。

↓フォード「ムスタング」。
IMGP6212_convert_20100125115600.jpg


先ほども述べたように、今回特に注目を集めていたのは数多く展示されていたEVカー(電気自動車)。
韓国ベンチャー企業のCT&Tの展示ブースでは、このような電気パトカーまで登場。

↓こんなパトカーで追いかけられても恐怖感ないかな?可愛いですねぇ~。
IMGP6215_convert_20100125120210.jpg

さて、ここに掲載しきれないほどの沢山の車を見てきましたが、とにかく一番印象的だったのが、いまだ続く不況にもかかわらず、この世界はとても華やかで夢があって節約生活を忘れさせてくれること。
あんな車がいいな・・・次の車はこれにしよう!・・・などと、今の車のローンに苦しんでいるにもかかわらず思ってしまいました。
運転下手、車音痴の私でさえそう思うのだから、車好きの人たちにはたまらないことでしょう。

デトロイトは言わずとしれた車の街。モータウン。
自動車産業が今後復活して栄えることが、デトロイトのみでなくミシガン州、いやアメリカ・・・そして世界の景気復活への道となるのは間違いないので、是非とも復活して欲しいと思ってしまったのでありました。

長い文章最後まで読んで下さった方、お疲れ様でした。。。そしてありがとうございます!


2010.01.25 / Top↑
ある日、相方と大喧嘩(私一人で怒っていた感もあり)して、夕食作る気分になれずお互い別々に適当に食べました。

冷凍庫をあさって目に付いたのがTVディナー。

TVディナーとは、1つのパッケージに一食分のメインとサイドが入っていて、レンジでチンするだけの冷凍食品。
”手間ひまかけず、テレビを見ながら気楽にカウチに座って食べましょう♪”・・・というコンセプトで開発されたアメリカならではの商品。
バラエティーが豊富で、色々なメニューが揃っています。

↓こちらがパッケージ。写真見ると美味しそう・・・
IMGP6146_convert_20100119101456.jpg


噂では超まずいと聞いていたので、これまで手を出すことは全くありませんでした。

しかし、先日セールで安売りしていたのを見て、相方に「これどうだろうね?」と聞くと、
「ああ、このブランドはけっこう美味しいよ。ターキーディナーがいいんじゃない?試してみれば?」と言うので、早速1つだけ買ってみました。、

意外に早く出番が来たこのTVディナー。
早速パッケージのフィルムを開いてレンチン。

↓出来上がりの図。な、なんか写真と違う・・・
IMGP6148_convert_20100119101513.jpg

お味は・・・

微妙~。

マッシュポテトはベタベタで水っぽい。グリンピースも水っぽい。ターキーのグレービーは塩気が強すぎ。そして味に深みがない。
昔、アメリカでの短期語学研修で宿泊していた学生専用ホテルのカフェテリアでの味がよみがえりました。

”激まず”・・・とまではいかないけれど、ああやっぱり?的な味でした。
まあ$1だったし、仕方ないか。

ちなみにサイズはアメリカなのにかなり小さい。私でも1つじゃ物足りない量。
アメリカ人の人々はどうしているのか・・・と思ったら。

「僕はいつも2パック食べてた。シングルの頃は週に何度も食べてたよ♪色んなメニューがあるけど僕はターキーディナーが一番好き♪」と相方。
なぁ~るほど!
でも、だったらサイズ自体もちっと大きくすれば良いのに。アメリカなんだから。
・・・っておいおい、喧嘩で絶好中だったのにTVディナーのことで会話が始まってしまった。

しかし、こんなものをしょっちゅう・・・しかも2つも食べてたなんて、相方の食生活、典型的なアメリカシングル♂ライフ?

アメリカって・・・ベジタリアンやストイックなほどオーガニック、スローフードにこだわる人がいたり、こういうTVディナーやファストフード等、ジャンクなものが定着してたりで、極端だねぇ。。。

TVディナー。当分リピはないと思います。

・・・が、その反面、他のメニューも試してみたい好奇心が沸いたりして心揺らされました。

2010.01.20 / Top↑
先日、久しぶりにスカイプで友人と会話をしました。
                         スカイプ
スカイプ・・・以前はよく利用していましたが、渡米後は日本にいる友人達と数回スカイプした後に、ご無沙汰になっていました。
ウェブカメラは2回の引越しのたびにどこかにいってしまい、見つけて再度接続するものの音声がおかしくなったりカメラが作動しなくなったり・・・(メカに弱い中年女性=私)
その後、いっそうスカイプからは遠ざかっていましたが・・。
                         パソコン                         
今回、会話した友人は元同僚。
彼女は優秀なキャリアウーマン。
このままいったらどこまで昇りつめるか・・・と期待と羨望でいっぱいだったのですが、ご主人(も同じ会社)の転勤で、カリフォルニア駐在となってしまったのです。

彼女自身、Worldwideに活躍していた子なのですが、そのようなわけで今は仕事を中断。
これまで積んできたキャリアを、家庭の事情で中断しなければならない状況というのは、少なからずとも悩むところはあったでしょう。

でも、今回彼女とお話をしていて、とてもポジティブでいることに感動。
渡米してきたばかりですが、彼女はさっそくカレッジでの勉強を申込み、チャンスがあればこれまでの専門知識を生かしたボランティア等への参加も検討中だとか。。。

刺激受けました。
想定外のライフスタイルの大きな変化を良い方向に受け止めようとする彼女の心意気には、見習いたいところ沢山あります。
                         
                         
勉強・仕事のこと以外にも沢山話をして、気づいたら2時間以上経っていました。
会話が終わった後、とぉ~ってもすっきり充実した気分。

彼女は仕事で忙しい中、私が退職した際に本当~に心に残る送別会の幹事をしてくれたんです。
彼女とは、他の2人の仲良し元同僚女子と共に、日本一時帰国の際にはいつも会合して懐かしい話に花を咲かせています。
次回、私が日本一時帰国の際には、彼女はアメリカにいるので会えないだろうけど、同じ国に住んでいるのだから、彼女がアメリカにいるうちに一度是非遊びに行きたい、彼女達にもミシガンに遊びにきてもらいたい・・・と思います。

中西部-西海岸・・・とても離れているけれど、同じアメリカに住んでいるというだけで、なんだかウキウキしちゃいますねぇ。

cojicojiおばさん、こうやって色々な人から刺激受けてまだまだ腐らずに(?!)生きてます!

Nちゃん、またスカイプしようぜぃ!

≪おまけ≫
彼女がお餞別にくれた可愛い木の葉のシルバートレイ、同じく親友NAPOが作ってくれたペアの熊人形と共に飾っています。気に入ってます。

IMGP6145_convert_20100116132819.jpg

2010.01.16 / Top↑
さてさて、またまた今年も皆さんお待ちかねでない記事の時期になりました。

記事の時期。

きじのじき・・・

おおぉぉーーーっ 上から呼んでも下から呼んでも、「きじのじき」。

あ、ちなみに私、回文(かいぶん:上から呼んでも下から呼んでも同じになる文)作るの 大・大・大好きです~。

最近では、考えることも少なくなりましたが、遠い昔・・・学生の頃は授業中そのことばかり考えていました。

ここで私の作品例をば・・・

「土間の窓」(どまのまど)
「家内の田舎」(かないのいなか)
「しぼめ 梅干」(しぼめうめぼし)
「すたれた レタス」(すたれたれたす)
「靴 ガムがつく」(くつがむがつく)
「バリウム売り場」 (ばりうむうりば)・・・←そんなもの 無いっつーの!
「磨かなイカンかいな? 鏡」(みがかないかんかいなかがみ)はなまる←最高傑作

この他にも、沢山沢山の回文を考えていましたが、今でも覚えているのはこれくらい。
ああー、手帳にメモしておくんだった。。。

有名な回文に、「胃潰瘍もう良いかい?」がありますね。考えた人、すごいっっ!

あ・・・本題からかなり逸れまくってます。jumee☆sweat1a

さて、起動修正して。。。

                  あめりか

1月12日火曜日からついに・・・ついに始まりました。

IMGP6141_convert_20100113223102.jpg

アメリカンアイドル シーズン9!!!

初回からしばらくはオーディションの模様が放映されています。
このオーディション、本選とはまた違った面白さがあります。
歌の上手い人、普通に下手な人、下手な上にクレージーな人・・・と様々なのですが、やはり見てて面白いのはクレージーな人。そのパフォーマンスを見て、唖然・・・とする審査員たち。
錚々(そうそう)たるメンツの審査員たちに対して、自分が落ちたことがあたかも不当であるかのように悪言を吐くコンテスタント。さすがアメリカ。日本じゃありえないな・・・。

                  
あ、そういえば、今年から審査員のメンツが変わりました。

これまで審査員としてずっと個性的なコメントを述べていた、ポーラ・アブドゥルが昨シーズン限りでアメリカンアイドルを去ってしまったのです。
彼女は個性が強くて芸能ニュースにも色々と書かれていたりしましたが私は好きでした。他の審査員が辛らつなコメントをしても一人で肯定的な意見を言ったり、コンテスタントの歌にあわせて立ち上がってダンスしたり・・・
アメリカンアイドル=辛辣なサイモンとノリノリのポーラ・・・というイメージ強すぎで・・・。

今年からは、エレン・デジェネレスが加わります。
彼女は「ellen - the ellen degeneres show」をいう自身のショー番組を持つ、人気タレント。レズビアンであることでも有名です。
彼女はコメディアンからデビューした人でユーモアのセンスもあり、面白い発言も多々あるので、どんなジャッジをするかが楽しみではありますが・・・やっぱポーラがいい~。

さて、シーズン9初日の放映はというと、ボストンでのオーディション風景。

各地で行われる最初のオーディションでは、挑戦者は審査員達の目の前でアカペラ(伴奏無し)で好きな歌を歌います。伴奏がないので、まさに歌唱力が問われます。

そして毎年、各地でのオーディションでは、スペシャルゲストの審査員が加わります。

今回はこの方。
IMGP6143_convert_20100113222443.jpg

そうです。スパイスガールズの「Posh Spice」こと、ビクトリア・ベッカム。
いや、デビッド・ベッカム夫人と言ったほうが分かりやすいかな。

↓加えて、レギュラー審査員によるジャッジ。この人たちの目の前で歌うなんて超緊張~。
IMGP6127_convert_20100113222500.jpg IMGP6135_convert_20100113222515.jpg

そういえば、この番組のメインの審査員である、サイモン・コウェル(上記写真一番右)が今シーズン限りで、アメリカン・アイドルを降板する・・というニュースを知りました
驚き!!
サイモンはアメリカン・アイドルの基礎となる番組を作った人。彼あってのアメリカン・アイドル・・・とも言えるでしょう。
あの超辛口コメントするジャッジがいなくなってしまっては、ポーラ降板の打撃に加え、視聴率もどどんと下がってしまうのでは・・・?!?
我が家のアメリカンアイドル狂ももしかしたら今シーズン限りで終わってしまうかも?!?

しかし、とにかく今シーズンはめいいっぱい楽しんでおきたいと思います。

↓第一審査をパスすると、ハリウッドの次の予選の資格が得られます。この黄色い紙がハリウッド行きの切符。
IMGP6131_convert_20100113222531.jpg IMGP6138_convert_20100113222544.jpg


さて、昨夜の放送では、沢山の挑戦者によるオーディション風景に加え、美しいボストンの風景も映し出されていました。
そういえば、このブログでリンクを貼っているsayapipiさんが去年ボストンに旅行に行き、今、まさにその記事を書かれているところなので、その内容をダブらせて風景を堪能しました。ボストン、よさげな所ですねー。

さあ、これから5月まで続く、アメリカン・アイドル。
また、最終回までに1,2度記事をアップしたいと思います。

えっっ いらないっ?!?

まあ、そう言わずに・・・。

2010.01.13 / Top↑
土曜日は友人小太郎さん(女性です)の家でホームパーティーがありました。
                  クラッカー
メンバーはというと、女性の友人同士5人(当ブログでもお馴染みsayapipiさん、あーびぃさん、MIQさん、そして小太郎さん、私)とそのご主人、子供たち全員集合。
総勢14人となりました。
あ、ちなみに小太郎さんのお宅には犬2匹プルームえびぱぐ、猫2匹ねこちょびんもいるので、14人と4匹。かなりにぎやか。

                  
当日は午後2時集合、。
小太郎さんのお宅は大きな湖の目の前にあり、夏はボートでクルージング、冬は凍った湖の上で魚釣りしたり、アイススケートが楽しめるといった、非常に羨ましい環境にあります。

小太郎さんの家では、サンクスギビング後~年明けの1月前半まで、華やかなライトとクリスマスデコレーションで飾られています。
本当はクリスマスパーティーをしたかったのだけれど、今回は皆の都合がなかなか会わず、新年会へとシフトしました。
このため、小太郎さんはクリスマスデコレーションを、そっくりそのまま残していてくれました。
それが本当~に素敵!!
センスはもちろんのこと、そのデコレーションの量といったら半端じゃない!家の中の飾りだけでなく、デッキや玄関、前庭あたりも一面のライトアップなのですよ。
あれだけそろえるのには相当な時間とお金がかかったことでしょう。。。
                  
当日、カメラを忘れてしまい携帯電話のカメラで写真を撮るつもりでいたのに、あまりの楽しさにすっかり写真のことを忘れてしまいました。
そのため、写真が掲載できないのが本当~に残念!!

                  料理
この日はポットラック形式。出席者各々が一品ずつお料理を持ち寄るパーティーで、アメリカではとても一般的です。
私は簡単にできるスピナッチディップとバゲット、そしてちょっと甘すぎて失敗した焼き菓子を持って行きました。
失敗したなら持って行くな・・・だよね(笑)。

皆さんは具沢山サラダやポテトサラダ、ミートボール(中華風ソース)、ラザニア・・・など腕によりをかけて美味しいご馳走を用意してくれました。

どれもとても美味しくて、一気にがっついてお腹はパンパン。

お喋りに花を咲かせていると、食後の腹ごなしに・・・と、小太郎さんのご主人Sさんが自家製スケートリンクに出向きました。

子供たちも早速リンク見物。スケート靴は無いけれど、掃いていた靴で凍った湖(リンク)まで降りてつるつるとスケート気分。
そんな中、あーびぃさんの下のお子さん(6歳)はこの日は体調が万全ではないことから、ホームドクター(=ママ)のご指導で見学組。。。になるところだったのですが。。。。
「見学しましょう」と言われた途端、彼女は大粒の涙をポロポロ流し「お願い行かせて・・行きたいよぉ。おとなしくするから・・・」と泣きながらウルウルの瞳でママにお願いしてます。。。
                  えーん
あーびぃさん、本当に迷ったと思います。
最終的にはこの子をリンクに降ろしてあげたのでした。あーびぃさんも見守っているし、SさんやMIQさんといった大人や、あーびぃさんの長女(お姉ちゃん)も近くにいたので大丈夫だろうということで。
しかし!釣り人が連れてきていた大型犬(ラブラドール)が彼女に「遊ぼうよ♪ワンワン犬」といわんばかりに飛びついてきたものだから、ハラハラしましたが。。。あーびぃさん、さぞかし心配だったことでしょう~。
結局危ないことは特になく、一安心。

↓写真提供:あーびぃさん。湖のドック(船を舫うところ)にできたスケートリンク。小太郎さんご夫婦は、雪が降るたび、積もる雪を掃いてスケートリンクのメンテナンスをされているそうです。おかげでこんなに素敵なリンクが!
子供たちも楽しそう♪♪
ice+skating+1_convert_20100112031617.jpg ice+skating+2_convert_20100112031631.jpg

わずか15分程度だったと思います。子供たちが遊んでるのを見てると私も飛んでいき一緒に滑りたい気持ちになりました。でも普段運動全くしていない私。この年ですっころんだら大怪我しかねないので我慢しました。
トータル15分くらいかな?スケートせずに外に立ってるといやはや、アップロードファイルさぶい~っどえっす!

              スケート   
さて、部屋に戻りおしゃべり再開。
             
このメンバーで会うのは去年の夏以来。
5人揃って会う時間がなかなかとれませんでした。
・・・というのも、去年はメンバー中、1人が就職し、2人が新居を購入。元々仕事をしている子、自営業・・・等、私以外は皆忙しい毎日を送っていたのでした。
今回、本当に久しぶりに集合したので、溜まる話も尽きず。仕事の話、新居の話、日本一時帰国の話・・・聞きたいこと喋りたいことは山ほどあるけど追いつかない。時間が足りない~!!
             
                アップロードファイル     
男性陣はというと、彼らは彼らで沢山色々な話をして盛り上がっていたようです。
家の話、お子さんの話、仕事の話、テレビの話、フットボールの話・・・こちらも話題はつきません。
Sさんと相方とMIQさんのご主人Aさんは3人で、地下にあるプールテーブルでビリヤードのゲームをしたりもしていました。(Aさん優勝金トロフィー
                  
気がつくと外は真っ暗。時計を見たら、あら!もう夜の8時!
そんなに長く感じなかったのですが、6時間も滞在しちゃってたのね。
・・・ということで、小太郎さん宅から遠くに住むあーびぃさん、sayapipiさん、我ら一行は順々に、約5分のインターバル形式で(?!)おいとましました。

次回皆で会えるのはいつになるやら・・・
皆さん忙しいので先になりそう。
この日は気のおけないメンバーで久々に日本語で思い切り喋り捲ってとーっても楽しかったです。

皆さんありがとう。

≪おまけ≫
あーびぃさんから送っていただいた女性&子供の集合写真。(顔はわからずごめんなちゃい)
あーびぃさん写真ありがとうね♪

New+year+party+@+kotaro-san_convert_20100112042644.jpg

2010.01.11 / Top↑
雪が降り積もるこの季節、引きこもり度も更にアップしてますが、昨日は久しぶりに1人でモールに買い物へ・・・。
お目当てはセールで値段が半額以下になっているブーツ。(←また?!?って声が飛んできそうだけれど、実際にはあまり買ってませんのよ汗/言い訳)
買い物の話はこの辺にしましょう。。。(非難コメント防止のため/笑)

ちなみに、冬は引きこもりがちのあんたが、ブーツ必要か? ・・・てか?
人から指摘される前に自分でつっこんでおきました。

雪かきででも使うか・・・。(←うそうそ!)

                   
さて。
この日は久しぶりに夜も相方と外食にでかけました。

我が家が外食する際にもっとも頻繁に行くのが、スポーツバー系統。
日本食レストランやちょっとおしゃれなシーフードレストランやプライムリブのお店・・・あこがれるけど、相方は断然スポーツバー派のため、上記レストランには殆ど行っておりません。

多くのスポーツバーがハッピーアワーを実施しており、早い時間に行くと更に安く飲食できることもあり、超庶民でアメリカンフード好きの我家は外食というとスポーツバーに偏りがちなのです。
                   
今回行ったのは、NoviにニューオープンしたばかりのLeo'sというお店。
選んだ理由は、家の郵便受けに入っていたっクーポン冊子に「buy 1 entree get 1 free」(メイン料理1つ注文したら1つのメイン料理無料)クーポンが入っていたから。
あまり高級でない(?)レストランでは、こうしたクーポン比較的多く出ています。
更に、このお店、ハッピーアワーで午後3時から6時までビール$2、アペタイザーは全て半額とのこと。
相方は朝の出勤が早~いかわりに、帰りも早いので、早速4時半頃に家を出てちょっと早めの夕食に。

                                   
お店に着くと店内がら~ん。
本当に誰一人として飲食していなかった。
                   
「やば・・・もしかして人気ない?」「入るのやめようか?」などと相方とひそひそ話していたけど、感じ良いウェトレスが「2名?」と聞いてきたので、「あ、はい」と流されるまま席に通されました。

新規オープンというだけあり、店内は綺麗なのですが、スポーツバーというよりかは、ファミリーレストランの雰囲気。

とりあえずビールを頼みメニューを眺める。

アペタイザー(前菜)は他の店同様に、ナチョス、バッファローウィング、フィンガーチキン、スピナッチ&アーティチョークディップ、モッツァレラフライなどなど。
我らはチキンケサディア(トルティーヤという皮にチーズやチキンを挟んで焼いたメキシコ風ピザのようなもの)を注文。通常$7台でしたがハッピーアワーなので$3台後半。

アントレ(メイン料理)は、相方がピザ(16インチ・・・ちょっとでかすぎでない?)、私はチキンケバブなるものを注文。

すぐにチキンケサディアが運ばれてきました。
「これ、本当に前菜?一食分の量あるぢゃん!」とは、こちらではいつも思うこと。
日本でのデリバリーピザMサイズは優にあります。
ガラガラ店内だったので味が心配でしたが、焼きたてということもありなかなか美味しい。

程なくして、アントレ2品が運ばれてきました。

↓(左)私のチキンケバブ。ギリシャ料理風な感じでした。味は可もなく不可もなく。ご飯多すぎ。(右)ケバブに付いてくるサイドサラダ。これでサイド?!居酒屋で頼む取り分け式のサラダくらいの量あります。大きなボールにこんもり野菜。
0106001714_convert_20100108013842.jpg 0106001714a_convert_20100108013858.jpg

上記に更に8枚(!)ほどのピタパンが付いてきて、お値段$9.99。

↓(左)相方注文のピザ。16インチはでかすぎるぞ!$11.99くらいだったかな?
0106001713+(1)_convert_20100108013926.jpg

超空腹だったからってのもあり、お料理はなかなか美味しかったです。チキンケバブのソースのみ好みではありませんでしたが・・・。

気づくと店内は混みだしていました。6時ちょっと前くらい。それでも、満席にはなっていませんが。。。
あ、ちなみに、客層はなぜか高齢者が多かったです。スポーツバーなのに?!

穴場なのか、人気がないのか、定かではありませんが、とにかく私達は満足してお店を後にしました。

結局、完食したのはサラダのみ。ピザもケバブも、アペタイザーのケサディアでさえ半分以上残し、家に持って帰りました。
帰宅して、しばらくは2人とも超満腹で動くことさえできず・・・ぐ・・・ぐるぢいぃ。

↓・・・ということで持ち帰ったケサディア。こちらが4枚ありました。写真小さいけど、でかいです。でも美味しかった。
0107001039_convert_20100108013959.jpg

持ち帰った物は本日のランチと化しましたが、まだ食べきれず・・・。夕食にシフトか?

クーポン効果も大きかったけど、ハッピーアワーはやはり嬉しいですねぇ~。
これは我が家の夫が早く帰宅できるから出来ることなんですが・・・。

                       jumee☆happy1bjumee☆happy1R
このお店、ウェブも無いような無名店のようですし、昨夜クーポンを使ってしまったので住所わからず。
Grand River Ave.沿い北側、MeadowbrookとHaggertyの間にぽつんとあります。
超お勧めな程美味しいとは思いませんが、味もなかなかだし他のスポーツバー同様、ビール党の皆さんであれば安く便利なお店となると思います。

2010.01.07 / Top↑
縁起かつぎにはあまりこだわらないほうですが、1つ好きで続けていることがあります。          
それは干支の置物を飾ること。
毎年、新年を迎えたら新しい年の干支の置物に飾り変えています。
                     虎
日本に住んでいた頃、東京・巣鴨のとげぬき地蔵(正式名称は曹洞宗萬頂山高岩寺)には、よく初詣に行っていました。
その境内の中に干支の置物を売る店が出店しており、何年か前にそこで売られていた置物があまりに可愛いくて、つい買ってしまったのがことの始まり。
特に縁起等は考えず。

その後、風水では「その年の干支の置物を飾ると良い」とされていることを知り、翌年からも同じところで干支の置物を買い続けるようになりました。
かれこれ12年目(干支一周)に突入したんじゃないかな?
これらの置物は渡米と共にこちらに持って来ました。

昨年のお正月も日本に一時帰国をしていたので、とげぬき地蔵にお参りに行った際に丑(牛)の置物を買い、ミシガンに持ち帰りました。

                    
今年は寅年。
2010年元旦に虎の置物を飾るべく、荷物をあさって探しだしたのが先月30日。
しかし・・・どういうわけか、虎の置物だけがとげぬき地蔵の出店のものとは違うもの。

きっと、12年前の寅年1998年のお正月は初詣に行かなかった、もしくは別の寺社に行ったのではないかと思いますが、記憶も定かでない。
12年前はこの虎を飾っていた記憶は確かにあります。でもどこで入手したかは全く覚えてない。
                    トラ
そして十二支の中で、鼠(ネズミ)も見当たらず・・・。鼠年はわずか2年前ですが、この時期は渡米直前のビザ待ちの頃。
この年はとげぬき地蔵でネズミの置物を買った記憶はしっかりあるのですが、3月に慌てて渡米した際に実家にそのまま置いていったようです。


↓My Collection! サイズが揃っていないのは、普通サイズとひとまわり大きいサイズの2種類が売られていて、気の向いたときに大きいサイズを買ったりしていたからです。
IMGP6106_convert_20100106014951.jpg

↓こちらは虎君。とげぬき地蔵のシリーズとは作風が違います。他の干支と比較して小ぶりの瀬戸物製。これはこれで可愛いです。今年一年よろしくね。
IMGP6117_convert_20100106015441.jpg


今年あのお店で虎を買っていれば、干支一巡したことになったのでした。。。惜しい!
次回の寅年は12年後。それまであのお店がとげぬき地蔵に出店し続けていることを祈ります。
お正月に日本に行かないと買えませんが。

12年後か・・・また忘れそう。

                 2010年トラ

今年はとら年だけあり、トラタイガース幸運年か?
デトロイトタイガースは頑張って欲しいけど、日本はつば九郎ヤクルトスワローズで宜しくお願いします。

2010.01.05 / Top↑
ついに2010年となりました。皆様お正月休み満喫されてますか?
                         初日の出

21世紀になったのはついこの間・・・と思っていたのに、時間の経つのはなんと早いことでしょう。
年もあっという間に取るわけだなー・・・は最近の私の口癖。やばい。典型的壮年タイプ。
                         F☆Cultivation・門松
さて、年末年始を海外で迎えるのは、実は私生まれてはじめての経験でした。ちょっと意外。
去年は日本に一時帰国をしており、相方とともに私の実家で新年を迎えたのでした。
                         
毎年、大晦日はしっかりご飯も食べた上に年越し蕎麦もいただき、紅白歌合戦とK1をチャンネル回し交互に見て、その後「ゆく年くる年」を見る。最近では年明け深夜にTVで「200△年 最強運」という、生年月日、血液型、干支によるその年の最強運勢を占う番組を見て一喜一憂し、元旦は朝からお屠蘇(日本酒熱燗)を飲みおせち料理をついばみながらお雑煮で閉める・・・これが定番の年末年始の過ごし方でした。
                         
今年はアメリカでの年越しのため、当然ながら上記のうちいくつかが叶えられません。
それでも、いくつか実践できたことがあるんです。
                         沖縄そば                         
まず年越し蕎麦。我が家の辺りは乾麺の蕎麦なら簡単に手に入ります。そばつゆも近所の日本食スーパーで簡単に手に入るので、作るのも簡単。

↓乾麺に出来合いのつゆだけど、美味しかった。相方も大満足。今年も年越し蕎麦食べられて満足。
IMGP6076_convert_20100102110109.jpg

                        アップロードファイル
そして紅白歌合戦。我が家では日本語専用チャンネル「TVジャパン」に入会しており、こちらで紅白歌合戦を視聴することができました。
今年の小林幸子も凄かったですね。
あの衣装の費用は誰が払うのか?自腹か?TV会社が小林幸子のために払っているのか?彼女はそんなにスーパースターなのか?しかしあの衣装クレージーだな・・・と相方からの質問・コメントの波に「きっと自腹じゃん?」で済ませました。
実際はどうなんでしょう?
でも彼女の今回の歌、なかなか好きでした。(万葉集?)
                      
                         

そして年が開け・・・元旦にかかせないのがおせち料理。
                         アップロードファイル
我が家の近所にある日本食スーパーでは、なんとおせちセットが売られていました。そして日本食レストランではおせちの予約を受けていました。さすが日本人が多いエリア!!日本と一緒じゃーんっ!しかし料金は日本をはるかに越えた高さ。
おせちセットを買って喜んで食べる家族が我が家には(私以外)いないし、あんな高いお金出すほど余裕ない。

でもちょっとは食べたい。。。

・・・つーことで、日本食スーパーで安い金時豆と昆布巻きとかまぼこ購入。(それでも日本よりはずっと高い)

海外在住のお料理上手な奥様たちは手作りの方々も多いのでしょうが、私は料理上手でもなく手抜き派なので、出来合いで済ませました。しかし・・・高いっ!!
この3つじゃ寂しいので更になます、筑前煮、海老のうま煮、そして牛肉の甘辛煮を手作りしてみましたが・・・。

↓海外でも!100%手作りでなくても!おせちが楽しめる!!!
しかし、伊達巻・錦卵・栗きんとん等、黄色系に欠けます。色がなんとなく暗い・・・。
IMGP6095_convert_20100102120330.jpg IMGP6094_convert_20100106043429.jpg

↓(左)紅白なますも作っちゃいました。(右)閉めはお雑煮で!!ああ~やっぱり日本人だねぇ~。
IMGP6088_convert_20100102121541.jpg IMGP6105_convert_20100102121902.jpg

餅大好きな我ら夫婦ですが、今回は市販の真空パックで売られているお餅だったため、餅の味がイマイチ・・・。
いつもは、母のついた餅を食べていたので、その味の差は歴然。
餅つきマシンが欲しくなった今日この頃。。。

↓(左)日本酒も割高だったけど用意しました。熱燗、たまにだと美味しい~。(右)元旦は雪。雪見酒でした。。。
IMGP6080_convert_20100102123308.jpg IMGP6102_convert_20100102123211.jpg

このように、大晦日から元旦にかけては、日本の風習に(可能な限り)沿って過ごしました。

あれ。

日本的な風習ってのは食事だけって感じ。。。(紅白以外)

日本にいた頃は、元旦は朝起きたら服を着替え、顔を洗い、ご先祖様の仏壇にお線香をあげ、家族と新年の挨拶かわし・・・だったけど、今年の元旦は朝起きるなりパジャマのままおせちをつつく・・・
終日ダラダラ~。

まあ、この点は、New Year's Day = アメリカのホリデーってことで・・・。かおまる
(↑こんな考えで良いのか?!)

相変わらず、こんな感じですが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします!
2010年も皆様にとって良い年でありますように!!

IMGP6081a_convert_20100102114916.jpg

2010.01.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。