国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
わずか10日間ではありましたが、kemeちゃん、ナオポキ、私のオバサン3人(おっと ナオポキは男性でした・・・完全に女性達に馴染めるキャラなのでつい・・・)は、近場をちょこまか移動して、色々と楽しい休暇を過ごさせていただきました。
                  
特にkemeちゃんがお気に入りだったのは、グロッサリーストア「Busch's」にあるFreeのーコーヒー&ドーナツコーナー。
コーヒーにドーナツ(日によってはクッキー)がタダだなんてぇっ! 最高すぎ!椅子とテーブル(店内及び外)も完備じゃないっ!毎日でも来たいよっ!

・・・とそりゃもう、店主や社長が聞いたら嬉しくなっちゃうほどの喜び様でした。
                       ドーナツ コーヒー
結局あそこに行ったのは1度のみでしたが・・・そんなことだったら、もっと早くにこのお店に3人で一緒に行けばよかったね・・・とちょっと後悔しました。

                        7月
さて、彼らの滞在最後の日は12 OAKS MALL(12オークスモール)に行って来ました。こちらはデパート4つ、そして数多いショップが集合している大型ショッピングセンターです。
日本でちょっと前に長蛇の列を作らせた「H&M」や「FOREVER 21」なども入っています。
このモールで、彼らはお土産購入の最終段階。
人へのお土産、自分自身へのお土産・・・と時間が足りないくらいです。
買い物に励んでいる友人を見ると、私もついつい・・・・ 買ってしま・・・あ。またかっ!

だって、H&Mではすごいバーゲンをしていたんですよっ。去年のデザインではあるものの、新品(当たり前)のカーディガン元値$39のものがなんと$10。思わずお買い上げ~。
(実は去年買いたいと思いつつ、我慢して買わなかったものなのです)
kemeちゃんも可愛いニットドレスを$10でお買い上げ~。
                        アップロードファイル
ナオポキは私達が買った買い物バッグを持って(荷物番)、我らおばちゃん2人の買い物ツアーに文句も言わず付き合ってくれました。んもぉ~、ナオポキったら!なんていい人なんだ・・・
・・・というか、我らが鬼嫁&嫁の鬼友達?
                        
まあ、実はその一方で、彼もkemeちゃんの倍くらいする値段の靴を何気なく買ったりしてたんですがね(笑)

モールでの買い物しているうちに時間はあっという間に過ぎてしまい、相方が帰宅している時間になりました。
鬼友達の私は、まだ後ろ髪引かれるようなkemeちゃん達を引っ張り、帰途につきました。。。

                        
さて。
この日から3日間、近所でアートフェアが行われている最中で、初日であるこの日の夕方ちょっとだけ覗きに行くことにしました。天気が怪しい気配だったのですが、とりあえず帰宅後の相方を含めて我ら一行はフェアに向かいました。
会場に着くと小雨がパラパラと降り出してきました。それでも沢山の人が見物にきています。

↓(左)沢山の小さな出店が出店してます。アメリカのフェアではもうお馴染み!(右)可愛いものが多くてついつい見入ってしまうのですが、お値段ちょっとばかし高め・・・
IMGP5000_convert_20090826213242.jpg IMGP5001_convert_20090826213307.jpg

このフェア、アートがメインのフェアで絵画;やアクセサリー、置物のブースが多かったのですが、子供が喜ぶコーナーが沢山ありました。

なぜか消防トラックでスナック・ドリンク販売してたり・・・
IMGP4998_convert_20090826213215.jpg

↓(左)のように子供達がアートに挑戦できるコーナーや、(右)のように子供達の顔にペイントしてくれるコーナーがあったりして。。。
IMGP4997_convert_20090826213338.jpg IMGP5005_convert_20090826213404.jpg

この顔ペイント、サンプルが沢山あったけど、可愛いのから中には悪魔のようなおどろおどろしい怖いの、あるいは顔見た途端「ぷっ」と噴出したくなる面白いもの・・・とバラエティに富んでました。
大人にもやってくれるのかなあ・・・とふと思いながら歩いていると、直後にそんなペイントなんて忘れさせる魅力的なものが!!
それは・・・

↓絵画風の板に顔部分がくりぬかれていて、そこに顔を入れて撮影できるもの。(マタデスカ?)
P1060082a_convert_20090826221154.jpg

↓(左)はkemeちゃんと一緒に顔入れてみました。(右)モナリザまであるんですっ!
P1060078a_convert_20090826221226.jpg P1060085a_convert_20090826221252.jpg

私、この写真撮影用ボードに目がありません。くだらないとわかっていながらも、見かけると旅のオモヒデに・・・とついつい顔を入れて撮影してしまいます。
今では、コレクションもかなり増えました・・・(笑)
それにしても、アメリカってこの手のボードがとても多い!日本にも観光地にあったりするけど、こちらは観光地はもちろんのこと、こういったフェアやカーニバルでも必ずと言って良いほどあります。

上記のボード以外にも沢山の顔くりぬきボードがあったのですが、雨も強まってきたことで、今度は私が後ろ髪を引かれながら、一行は先を急ぐことに・・・
雨とともに気温もぐんぐん下がってきました。
通常なら一番暑い時期の7月半ばなのに、この日の夕方は涼しいところか寒いくらいで、風邪を引いている身には冷たい風が突き刺さるほど辛いものでした。
後で分かったことですが、この寒い雨の中を薄着でうろついていたために、風邪が悪化し2日後発熱し扁桃腺が腫れることとなった模様です。。。
ま、自業自得ってことで。。。
                            
寒さもピークに達したので帰宅することにしました。

kemeちゃん、ナオポキ滞在最後のこの夜は、相方ご自慢3度目のBBQ。
更に相方ご自慢のフローズンマルガリータ。
                       カクテル
翌日シカゴへ飛ぶ飛行機の時間は比較的遅いので、この夜は遅くまでマルガリータ片手に語り合いました。

そして翌日午後に我らはデトロイト国際空港に彼らを送っていき、涙(は無いけど)のお別れ。
                       飛行機

ああ、あっという間だったけど楽しかったなあ。
ブログの記事を書くのは本当にゆっくりで脱線だらけだったけど、この10日間はあっという間に過ぎてしまったよ。
この日、空港から帰宅した家は、なんだかとってもがら~んとして寂しかったです。。。

また来てくれるかな。あのオシドリ夫婦・・・。

≪オマケ≫彼らが滞在していた頃、我が家のグラジオラスが満開でした。背の高い花はすぐに倒れてしまうので、切花にしてkemeちゃんが活けてくれました♪同じく我が家のユリと一緒に。
IMGP4995_convert_20090826213715.jpg
スポンサーサイト
2009.08.27 / Top↑
記事はまたまたKemeちゃん&ナオポキとの休暇のお話に戻ります。今日もちょっと長いです。

前々回の記事にもあるミートソースをナオポキが一生懸命作っている最中に、電話が鳴りました。相手はR子さんから(このブログにはハンドルネーム「小太郎さん」でたまぁ~~にコメントいただいています)。
                         
我が家に日本から客人が来ていることを御存知の彼女。私が風邪をひいてしまったことをメールで連絡していたので、それを気遣って電話してくれたようです。

更に・・
Kemeちゃんとナオポキがいるうちに我が家にクルージングしに来ませんか?・・・とご招待してくれました。
なんとありがたいことでしょうか。
私は、R子さんご夫妻所有のボートに何度か乗せていただいていますが、本当に楽しく気持ち良い!ミシガンの夏の一番楽しいアクティビティと言っても過言ではありません。
この予期してなかった嬉しいお誘いに、Kemeちゃんもナオポキも大喜び。「本当にご迷惑でないのであれば是非・・・」ということで、彼らの出発まであと3日だったので、早速翌日に伺うことにしました。
                         船
私はこの頃、風邪も絶好調(絶不調?)で鼻水、咳に苦しんでいましたが、ボートと聞いただけで、鼻水・・・じゃなくて病気も吹っ飛んじゃう気分でした。

早速朝、私の車で(下道通ってノロノロと)1時間15分ほどかけてR子さんの住むSt.Clair湖畔のお宅へ向かい、11時頃彼女の家に到着。
                        花
R子さんSさんご夫妻のお宅は相変わらず、美しい花や新鮮な野菜たちに溢れる素敵なガーデンニングハウス。デッキに飾られている溢れるお花を眺めながら、皆でちょっと早めの昼食を済ませ、早速ボートに乗りこみました。

Kemeちゃん、ナオポキ両人とも、この湖の広大さに感嘆していました。
五大湖ではないのに、対岸が見えないほどの広大な湖。琵琶湖よりはるかに大きい。まさに海のような湖!

↓(左)この風景だけ見るとまさに海・・・ (右)しかし、水面に浮かぶカモを見ると、やっぱり湖なんだわ・・・と気づかされます。
IMGP4938a_convert_20090819000719.jpg IMGP4945a_convert_20090819000748.jpg

まず、R子さんのご主人Sさんは「ガソリンスタンドに寄らせてね」とのこと。スピードを上げて水上ガソリンスタンドへ向かいます。風を思い切り受けて、ひゃーっ 気分最高!!

↓(左)以前の記事でもご紹介しましたが、水上ガソリンスタンド。(右)このスタンド隣はドックとなっていて沢山のボートが舫われています。絵になる風景だわ~。
IMGP4951a_convert_20090819003053.jpg IMGP4950a_convert_20090819003120.jpg

ガソリン給油の間ちょっと時間があるので、上陸して見学してくれば?・・・とのSさんの優しいお心遣いに、我ら3人は船から降りてガソリンスタンド周りをちょっと散策しました。

この水上ガソリンスタンドには売店・トイレ・・・そして

↓(左)なんとプールがあります。会員制かな・・?そしてプールの周りにはパームツリー?!?(右)なんちゃって!ミシガンにパームツリーは育ちません。見てすぐお分かりでしょう。これニセモノ。ちゃんと椰子の実まで作っちゃって細かいっっ
IMGP4947a_convert_20090819000810.jpg IMGP4948a_convert_20090819000829.jpg


ボートの大きな大きなタンクへのガソリンも満タンになり我らを乗せたSさんのボートは再度出航!

今回のルートはメトロパークという湖畔の大きな公園沿いからその公園に沿って続く運河を走るツアーです。

↓メトロパーク。広大な湖や運河を見渡せる好立地。こんなところで、ウォーキングやジョギングしたら気持ち良いだろうなあ・・・おっと、有酸素運動系嫌いな私にとってジョギングは気持ち良くないか。
IMGP4978_convert_20090819010837.jpg IMGP4959a_convert_20090819010946.jpg

船はメトロパークを過ぎて運河に入っていきました。
↓(左)船首から運河を望む。           (右)こんな船ともすれ違いました♪
IMGP4958_convert_20090820074101.jpg IMGP4961_convert_20090820074148.jpg

運河の周りは相変わらず素敵なお家が並んでいます。大きな大きな豪邸からコンパクトながらも可愛いらしいお家まで、大小様々ながら、湖や運河でのレジャーを意識した家ばかり。殆どのお家に専用の船着場がついています。

↓(左)すごい豪邸が並ぶエリア。写真では見えないけど奥行きがすごく深い~。本当に大きい家。正面(運河側)にはジャクジーがあったりしてゴージャス。(右)去年の記事にも載せましたが、屋根にタコたこのオブジェのある家。今も健在♪
IMGP4964_convert_20090820074249.jpg IMGP4967_convert_20090820074503.jpg

運河をゆっくり走る船。途中、操縦士のSさんはトイレで席を立つと、奥様であるR子さんが代わりに舵をとります。その手は慣れたご様子・・・すごいなぁ・・・

Sさんが戻ってくると、ナオポキに向かって、「こっちに来て。ちょっと操舵してみない?」と・・・。
ナオポキも興味津々で操縦席に座る。車の運転とは違うハンドルの感触に驚き楽しんでいたようです。

↓(右)のような景色を堪能しながらナオポキ船の舵取り初体験~。
IMGP4973a_convert_20090819011340.jpg IMGP4974_convert_20090820235700.jpg

運河をゆっくり進みながら、Sさんは私達に絶妙なガイドをしてくれました。
すれ違うボートのクルー達は皆さん気さくに手を振ってくれます。

運河の景色とクルージングを十分に堪能した後、ボートは再び大きな大きな湖へと飛び出し、R子さんご夫妻が住むお宅の船着場へと向かいました。
スピードを上げて大海原・・・じゃなくて大きな湖を走るのは本当に爽快。
途中ヨットとすれ違ったりして、心はザ・マリン! (←意味不明)

IMGP4992_convert_20090821000113.jpg

時間を計っていなかったけど、2時間は有に超える充実したクルージングでした。
今回、Kemeちゃんもナオポキも非常に貴重な経験ができたとそれはそれは喜んでおりました。
そうだよね。ミシガンに住んでいる人でもなかなか経験できないクルージングをさせていただき、本当に感謝です。
Sさん、R子さん、本当にありがとう!

ガソリンスタンドのお兄さんに撮影お願いした全員集合写真。↓
顔見えないけど(笑)
P1050671a_convert_20090825040709.jpg

楽しかったよ。

2009.08.25 / Top↑
kemeちゃん、ナオポキとの記事は完結してませんが、今回も脱線します。
彼らが帰ってもう1ヶ月以上になるのに・・・(苦笑)

もう1週間前の話しです。
デトロイトで毎年8月に開催される大イベントであるDream Cruise(ドリームクルーズ)は、クラシックカー、カスタムカー、スポーツカーの祭典。米国内のみでなく海外でも有名です。
今年は8月15日(土)に開催されました。

オフィシャルの日程はこの15日だったのですが、すでにその前日(前々日?)から会場であるWoodward Avenue (ウッドワードアベニュー)沿いには沢山のクラシックカーが並べられ、通りには各々ご自慢のクラシックカー、カスタムカーそしてスポーツカーに乗ってゆったり走行する姿が見られており、16日(日)までこのお祭りは続いた模様です。

そういえば、この15日より1,2週間前頃からでしょうか?街の中で他州のナンバープレートをつけたクラシックカーが走ってるのを頻繁に目にしていたなあ。。。

私と相方は、去年は前日とオフィシャル開催当日の2日間見物に行ったのですが、(去年のドリームクルーズについての記事は、こちらをクリック)今年は15日に予定が入っていたため、前日の夕方にちょっとだけ覗きにいってきました。

おお~!オフィシャル開催の前日ではあるけど、いるいる、たっくさんのクラシックカーや皆の興味をそそるカスタムカー。

IMGP5135_convert_20090821235056.jpg IMGP5145_convert_20090821235913.jpg

IMGP5157_convert_20090821235144.jpg IMGP5151_convert_20090821235124.jpg

↓こちらのカスタムカー、去年もいたいた!(去年の記事にも載ってます。)
IMGP5128_convert_20090821235023.jpg

クラシックカーやカスタムカー、そして美しいスポーツカーのオーナーさん達は、毎年この大イベントで自分の愛車のお披露目をするの楽しみなんでしょうね。殆どの人が常連さんみたいです。

↓犬を乗せて颯爽と走行する車もたくさんいました。このわんちゃん、飼い主ご夫婦よりきちんと前を向いている。まるで運転してるみたい。姿勢もいいねっ。
IMGP5141_convert_20090821235826.jpg IMGP5142_convert_20090821235844.jpg

さて、去年はこの通り沿いにある老舗ハンバーガー店でハンバーガーをかじりながら見ていたのですが、今年も出店してるかな・・・と歩いていくと・・・。

↓(左)あったー!HUNTER HOUSE(ハンターハウス)!(右)お店の人が通りまで出て、停車中の車にハンバーガーを営業してます。
IMGP5138_convert_20090821235940.jpg IMGP5154_convert_20090822000021.jpg

このハンバーガー店は交差点の手前にあるので、信号が赤になり、車が停車すると「今だ!」とばかりにハンバーガーの押し売り・・・じゃなくて営業をします。駅弁売りみたい(笑)。
上の写真見ていただくと「ハンバーガー、5個で$10」とありますね。ここのハンバーガーは普通よりちょっとだけ小さめサイズ(・・・といっても日本の大判焼きくらい)なので、アメリカ人の胃袋には1つじゃ物足りないんですよね。。。だからといって5つ?!?ありえんっ!私は1つで十分だったぞ。メタボな相方でさえ、2つで十分だったぞ。
しかし相変わらず人気の模様で長蛇の列でした。
・・・そして、ハンターハウスのもう1つの名物と言えば・・・(去年の記憶だと・・・)

↓あっ あの派手なコスチュームで熱唱してるカラオケおじさんは・・・ (注:子供も怪訝そうに見てるし・・・)
IMGP5130_convert_20090822002752.jpg

↓やっぱりエルビス~っっ  (のそっくりさん←そっくりかどうかは微妙) まさに熱唱!
IMGP5132_convert_20090822002430.jpg


このMr.エルビスもどき(勝手に命名)は、去年もこの同じ場所にいたし、きっと毎年契約してるのかな?
なんだか、日本で普段はあまりTVに登場しないけど、お正月になると決まって出てくるお笑い芸人達を思い出してしまいました。
・・・って日本のお笑い芸人さんに失礼かな。仮にも彼らは全国放送のTVに出てるんだから(笑)。

しかし正直なところ、このドリームクルーズを見に行く大きな楽しみの1つに、実はこのMr.エルビスもどきを見ることがあったりしてます。

そうこうしているうちに、夕暮れ→日も沈みあたりは闇になってきたので、そろそろ退散することに。
また来年も見れるといいな。(Mr.エルビスもどきが・・・)

IMGP5168_convert_20090822004622.jpg IMGP5174_convert_20090822004647.jpg
2009.08.24 / Top↑
Kemeちゃん、ナオポキ滞在時の週末は、Birch Runでのアウトレットモールショッピングやデトロイトタイガースの野球観戦やダウンタウン散策であっという間に過ぎてしまいました。

週末が明けると、彼らが我が家からシカゴへと旅立つ土曜日まではずっと平日。相方は仕事なので、日中は私達3人で遊ぶことに。
特にどこかにお出かけする・・・というのではなく、家でゆっくりガーデニングもどきをしたり、食糧を買いにグロッサリーストアに行ったり家で料理をしたり・・とまったりと過ごしていました。
                         まったり
幸い、彼らにとってそれはそれで楽しめたようです。
彼らの住んでいる家は、東京とはいえ比較的緑もある美しい地域ですが、それでも東京23区の自然とミシガンの自然とは大違い。野生のリスやウサギやウッドチャック、真っ赤なカージナルという鳥が裏庭に来たりしたら、それだけでアクティビティー。写真撮影に大忙し。

そして今回の滞在では、Kemeちゃんご夫婦お勧め料理を2回作ってくれることになっていました。

1回は夫婦で一緒に作る餃子とKemeちゃんお手製のトン汁。
そしてもう1回はナオポキの得意メニューのミートソース(スパゲティ)。

トン汁は、私もたまぁ~に作るけれど、餃子やミートソースは出来合いを買ってきて食べる・・・というのが常でした。・・・というのも、餃子もミートソースも1から作るとなると時間がかかる。材料もいろいろ入れたくなるので、出来合いを買ってしまったほうが安いし楽なんですよね。
でも、アメリカ住まいともなると日本人が美味しいと思うミートソースにはなかなかお目にかかれない。
餃子はこちらでまずまず美味しい「味の素冷凍餃子」が買えるけど、それでも手作りにはかなわないよねぇ~。
そんな中、日本から遊びに来た彼らが日本人の大好物メニューを作ってくれるのはありがたい!

                          
その1:餃子Night!(+トン汁)

この日は、3人で近所のグロッサリーストアをハシゴして、豚ひき肉、牛ひき肉、豚肉、餃子の皮を購入。その他餃子やトン汁に使う野菜類は前の週にJoe Randazzoz'sという激安野菜果物市場に行って購入済み。
青ねぎは我が家の畑から収穫。
                         餃子
今回、餃子の予定製作数量は「餃子の皮」3パック分。・・・およそ180個ですか?すごっ
私の中での餃子は豚ひき肉のみなんだけど、彼らの餃子は、合挽き肉を使うそうで牛のひき肉も1ポンド(約450グラム)使いました。
豚のひき肉はなんと3ポンド(約1.35キロ)購入!!しかしさすがにこれは多すぎたようで、2ポンドのみ使用。(それでも牛とあわせて1.35キロ!)

Kemeちゃんがトン汁を作っている横で、早速私はキャベツの微塵切りを開始。この数量ですからキャベツも半端な量じゃありません。そして包みやすいように細かく切る必要があるので手がしびれるぅ~。
後で相方に言われたのですが、「なんでフードプロセッサー使わなかったの?」。確かに・・・

大きな大きなボールに餃子のタネが出来上がり、早速3人で皮に包む作業を開始!
包み作業している間に、相方が仕事から帰宅。相方も加わり4人で皮に包む作業を続行しました。
長い時間かけようやく包み終わり、トレイに並べられた数多い餃子は圧巻!包み作業に忙しすぎて写真撮影を思いつく者は誰一人おらず、その写真が無いのが残念!餃子屋みたいだったよぉ~。

次ぎは、「焼き」の作業です。「焼き」にはこだわりのあるナオポキが最初に焼いてくれました。
それからナオポキから1つ1つ細かい指示を受けて私も焼いてみました。

Kemeちゃんはトン汁の最終仕上げ・・・。そして・・・

↓これが完成品!
IMGP4931a_convert_20090818014117.jpg

定食屋さんみたいでしょっ!?
お醤油にラー油をたらして(私は酢とお醤油ちょっと、またはポン酢にラー油)焼きたてホカホカを皆でいただく・・・うーんたまらないっっ!
トン汁も7月の夏真っ盛りだけど、熱々で出汁が出ていて本当に美味しい~
あっ・・・ところでご飯は・・・?
あーーっっ!忘れてたーっ!皮包みに忙しくて、ご飯炊くのすっかり忘れてた!
せっかく美味しいトン汁と餃子が並んでるのに・・・
Kemeちゃん、ナオポキごめんっ!
でも彼らはビール片手に「いいよいいよ。相方もご飯食べないし、ご飯無い分 餃子も進むものだ!」と。。。優しいお二人、ありがとう。

その2:スパゲティミートソースNight
                         スパゲッティ
ナオポキはパスタの料理がお上手。
むかぁ~し、皆で一緒にマウイ島のコンドミニアムにステイしたときも何度か美味しいパスタ作ってくれた記憶が・・・。
彼のお手製ミートソースもこだわりがあるようです。
一番のこだわりは玉ねぎの炒め時間。とにかく根気強く1時間近く炒める、私のカレーもそうですが、玉ねぎをじっくり炒めることにより、ソース自体に自然の甘みとコクが出るんですよね。
そしてたっぷりのトマト(ホールかピューレ)を使い、スープの量が半分になるくらいじっくりと煮込む。
我が家には相方のお母さん特製の瓶詰めトマトホールがあったので、それを利用。
お店で売っている缶詰のトマトホールより断然うまみがあります。保存料等一切入ってないからかな?

↓こちらが義母お手製の瓶詰めトマト。トマトの実が丸ごと入っているトマトホールとジュース状にしたものをいつも沢山作って持ってきてくれます。こちらジュース。色々な料理に大活躍。
IMGP5227a_convert_20090818095900.jpg

隠し味のスパイスを色々入れて、ソースにとろみが付くまでぐつぐつと根気良く煮詰めて、ミートソースの出来上がり~。
パスタはこちらに来て久々のアルデンテ・・・のはずが相方にあわせてちょっと柔らかめ。
それでもアメリカのレストランよりは固めでグー

↓出来上がりはこちら~。大盛りですっっ
P1050477a_convert_20090818014413.jpg

このミートソース、ほぉぉぉぉんとうに美味しかった絵文字名を入力してください
喫茶店の懐かしい味よりコクがあり深い味わい、イタリアンレストランより親しみやすい味。
とにかくフォークが止まらない美味しさ。
そりゃそうだよね。作成に4時間近くかかったのではないでしょうか?本当に深い味わいだったよ。
                        てへっ
今回、彼らが変に凝った料理でなく、餃子、トン汁、そしてミートソースといった親しみやすいメニューを作ってくれたのは、相方も大好きな和食(と言えるのだろうか)で、特に私にとってはアメリカに住んでいればこそ、懐かしく恋しくなる味だから。
まさにナイスチョイスだったよ。

ちなみに沢山沢山作った餃子の残りは焼かずに真空パックにして今も冷凍庫に入っています。あれから数回焼いて食べたけど相変わらず美味しい。特に相方はいつも目がハート
餃子は比較的手軽に作れるので、私も怠けてばかりおらずにこれからは手作り餃子派になります!

ナオポキ、Kemeちゃん GOOD JOB jumee☆thanks3
2009.08.18 / Top↑
前日の土曜日はBirch Runで買い物三昧。トータル8時間超をこのアウトレットで過ごし、ヘトヘトに疲れているはずの私達ですが、翌日の日曜は、ぱっちりと目も覚めて11時頃家を出発。
                                                
Kemeちゃん、ナオポキが滞在する唯一の週末は、前回の記事にもあったように、土曜日にアウトレットで買い物。
そして翌日の日曜日はデトロイトのダウンタウンに行き、メジャーリーグのタイガース戦を観に行ってきました。
                     ボール
野球といえばこれまで、日本のプロ野球は勿論のこと、サンフランシスコのジャイアンツ戦やLAでドジャース戦、アナハイムでエンジェルス戦・・・と、何度も観戦に行っていた野球大好きな私ですが、意外にもデトロイトに来てから野球観戦するのは今回が初めて!

最近は日本人メジャーリーガーが増えてきていますが、デトロイトタイガースには未だに日本人プレーヤーが入団したことがありません。(*postscript:後日コメントいただいた方により実際には1999年-2000年まで現ヤクルトスワローズの木田投手、2000年-2001年まで野茂投手がそれぞれ1年のみ所属していたことがわかりました)そんなこともあり、タイガース?どこですか?阪神のこと?・・・みたいに親近感のないチームだったんですよね。

でも、今年のタイガースの成績はすこぶる良いらしく、今もアメリカンリーグの中部地区では首位を保っているようです。
                     野球
本来であれば、タイガース戦を見るのであれば、相手チームはイチローのいるシアトルマリナーズやゴジラ松井のいるヤンキース、もしくは松阪や岡島のいるレッドソックス戦を見たかったところですが、Kemeちゃん、ナオポキの滞在時とのスケジュールが合わず、今回はクリーブランドインディアンズ戦となりました。

このインディアンズとはオハイオにある球団。やはりイマイチ親近感がなかったのですが、この日インディアンズの登板はなんと日本人投手!

その日本人投手とは、大家という選手です。元々横浜ベイスターズにいた彼は、メジャーを目指しオリオールズ、エクスポズ、ブルージェイズ等のメジャーチームでプレーしてきましたが成績はいまひとつ振るわなかった模様。それでも、インディアンズのマイナーリーグからメジャーへ昇格して、この日のように先発投手となるまでに復活したのです。
地元デトロイトのタイガースを応援すべきか、日本人投手を応援すべきか・・・悩むなあ。

↓初めて訪れたデトロイトシティにあるコメリカパーク。他のスタジアム同様に、いかにもアメリカの球場って感じです。当たり前か・・・。
IMGP4913a_convert_20090815052613.jpg

                    トラトラトラ

しかし、このコメリカパークという球場はタイガースの本拠地だけあり、虎で溢れています。

↓正面入り口にも・・・ 建物の壁や屋根の上にも大きな虎のフィギュア・・・ 
IMGP4924_convert_20090815054141.jpg IMGP4925_convert_20090815054208.jpg


↓球場内のフードコートらしきエリアに行くと、こんなメリーゴーランドが・・・。馬ではなく、全てが虎っっ しかもリアル。こわっっ
IMGP4916a_convert_20090815051824.jpg

この日、私はイッチョウラである、タイガースのTシャツを着ていきました。普段着る機会もないもので(苦笑)。ナオポキとKemeちゃんは球場内のショップでタイガースのキャップを購入。
いかにもデトロイトタイガースファンのグループとなりました。                    帽子
この日は例年の7月に比べると若干涼しいものの、デーゲームであったということと、観客達の熱気ですでに気温はぐんぐん上昇。
干からびてはいけないので、冷たいレモネードを購入して早速シートへと向かいました。
                     ホームベース
こちら、日本の球場と違い、特に一塁側がホームチームファン、三塁側がアウェイチームファンが座るといった区別はありません。
・・・というか、ホームゲームだけあり、観客の殆どがデトロイトタイガースファン。それも熱狂的な・・・。
                   
私達の周りも例にたがわずタイガースファンに埋め尽くされ、ほんのわずかだけインディアンズファンがちんまりと座っていました。

↓(左)写真が小さいけど、レフト側スコアボード向こうにはFord Field(アメリカンフットボールのデトロイトライオンズの本拠地)が見えます。(右)センターからライト方面の向こう側はダウンタウンデトロイトのビル群達。
IMGP4917a_convert_20090815060022.jpg IMGP4921_convert_20090815054507.jpg

↓(左)国歌斉唱時。こちらも写真が小さすぎてわからないけど皆さん起立して胸に手を当ててる人なんかもいました。帽子は全員脱ぎます。愛国心にあふれとるのぉ~。(右)は、インディアンズ先発の大家投手。
IMGP4919_convert_20090815054052.jpg IMGP4918a_convert_20090815054924.jpg

さて、先ほども述べたように、私はタイガースのTシャツ、Kemeちゃんとナオポキはタイガースのキャップを身に付け、どう見てもタイガースファンのグループです。
しかししかし・・・日本人投手が目の前で大きな外人相手に(←ここでは彼が外人だけど)頑張って投球している姿を見ると、つい応援したくなってしまう。

「ストライ~ク!」 我ら:「いいぞ~その調子!」 
「空振り三振!」 我ら:「やったぁぁ~!」 

完全に変なグループ。しかも周りの観衆と違う声援するから余計目だってしまう。

しかし早い段階で、大家はタイガース打線に捕まってしまいました。
最初のホームランを打たれたとき、周囲の観衆は立ち上がって歓喜に叫ぶ。
我らタイガースコスチュームを身に付けたグループ(正確に言うと相方以外の3人)は、「ああああぁぁぁぁ~」とうなだれる。 
                    
自分自身でも服装と行動に矛盾を感じていながら、大家が投げている間は精一杯彼を応援してしまいました。
しかし、彼がホームランを立て続けに浴び、大量失点してしまい、ピッチャー交代となってからは、普通のタイガースファンにくら替え(?)してタイガースを応援しました。

結果はタイガースの大勝。負け投手は序盤に大量失点した大家となってしまったのは非常に残念でしたが、野球のゲーム自体は非常に面白かったです。
(本物のインディアンズファンにとってはかなり面白くないゲームだったと思うけど)

                    野球
さて、野球観戦をとっぷりと堪能した後は、ダウンタウンデトロイトのシンボル的存在の高層ビルルネサンスセンター(GM本社のあるビル)に行きました。
去年ルネサンスセンターにマッチーを連れて行ったときには、歴代GMの車・・・それは古~いクラシックカーから最新の車まで沢山展示されていたのですが、今回は日曜であったため、展示場所はクローズされていました。残念・・・。

↓こちら去年の写真。こんなクラシックカーが沢山展示されていたのになあ。。。
IMG_0542_convert_20080731011827.jpg

しかたないので、ビル内のマクドナルドで軽く休憩。
ナオポキはもうすぐディナーだというのに、ハンバーガーを食べていました。海外のあらゆる街にでかけた際にはマクドナルドに寄って、その土地土地のハンバーガーを食べ比べるのが好きなんだそうです。ハンバーガーマクドナルドのハンバーガーは世界共通でどこでも一緒ぢゃん?・・・と思ったけれど、いやいや、大きさやバンズの味など微妙~に違うようです。

更に我らはそのビルの裏手にあるデトロイトリバー沿いのリバーフロントを散策。
私が最初にここを訪れた時、そしてマッチーがここに来た時と同様に、Kemeちゃんもナオポキも、川の対岸側がカナダのウィンザー市であるということに、とても驚き不思議に感じた模様。
日本は島国だからねぇ~。国境がこんなに近くにあるってのは不思議な感覚よね。

↓(左)デトロイトリバーの右に見えるひときわのっぽなビルがルネサンスセンター。(右)はリバーフロントにあるメリーゴーランド。虎ではありませんでした(笑)。
IMGP4928a_convert_20090816002938.jpg IMGP4926_convert_20090816003018.jpg

その後、我ら一行はダウンタウンデトロイト内にあるGreek Town内のカジノに行きました。
こちらで、相方は$50をわずかの時間に無駄にしました。相方にはギャンブルの才能は微塵もありません。それなのにたまに行くと遊びたがる。最悪~。日本でもパチンコに行きたがり、5千円をわずか10分か15分で見事にゼロ円にしてくれたっけなぁ。
Kemeちゃん&ナオポキそして私は大きな賭けには出ずに、小銭で結構遊ばせてもらいました。儲けはなかったけど・・・。
そんなこんなで、相方に大声で文句を言いながら、カジノを後にし、同じGrrek Town内にあるレストラン「Fish Bone」で夕食をとり帰宅の途につきました。

まあ、日曜日も楽しく充実した一日でしたよ♪相方運転お疲れちゃーん!でもバクチやもうやめておくれよ、おまいさんっ!(←疲れたオバサン風口調で願います)

2009.08.15 / Top↑
Kemeちゃん、ナオポキとの楽しい思い出をつづりたいのに、脱線しまくっています(反省)。

さて、もう一ヶ月以上前になりますが、彼らはるばる東京からデトロイトにやって来ました。
平日は相方も仕事なので、私が彼らと一緒に近所のスーパーやショッピングモールに行き、ショッピングを楽しんでいました。
そして待ちに待った土曜日!
この日はちょっと遠出して、Birch Runという街にあるミシガン州最大級のアウトレットモールに行って来ました。
自宅からこのBirch Runという街までは100マイル弱。150キロちょっとということになり、東京-那須塩原間や、東京-新島間の距離とほぼ同じです。
                        
しかし、そこはアメリカ。高速をびゅんびゅん飛ばせば自宅からは1時間ちょっとで到着します。
あれ?私が運転する我が家から相方の職場までと所要時間一緒だっ!

話しは戻りますが、このBirch Runという街にあるPrime Outlet(プライムアウトレット)はとても広い。
私は、ここに来るたびに6,7時間があっという間に過ぎてしまう。それでも見たいところが全て見切れない感じです。
このため、予めどのお店が見たいかをある程度絞っておきました。
でも、予定外のお店の前を通るとつい見たくなってしまうんですよね・・・

↓Birch Runに向かう途中、高速道路のサービスエリアでトイレ休憩。サービスエリアのオフィスではミシガン州の地図が無料でもらえます。彼らへのお土産がてら、今回ももらってみました。
IMGP4903_convert_20090813043610.jpg

                           
午前11時頃にアウトレットモールに到着するやいなや、ゲストセンターでモール内の地図とセール情報をもらい早速ショッピング開始。
最初に向かったのはアメリカアウトレットの王道ともいえる(?)Coach。
Kemeちゃんは「Coachのバッグを買う余裕なんて無いから別に行かなくても・・・」と遠慮気味に言っていたものの、いざ行ってみると品物を見るその目は真剣そのもの!
そりゃそうですよ!日本の価格の3分の1以下で買えちゃうんですから。物によっては4分の1や5分の1以下です。
今回Coachでは何も買わない予定だった私までも鼻息が荒くなってきました
結局私は、何も買わないつもりだったのに、化粧ポーチを購入。
Kemeちゃんは「バッグなんて絶対買えない」と言っていたのに、可愛い春色をしたいシグニチャーのバッグをお買い上げ~。
更に更に、なんと、日本で飼っているワンちゃん(ミニチュアダックスフント)用の首輪までお買い上げ~。飼い犬にCoachですかっ! 贅沢やねぇ~。君の飼い犬になりたい。
                        ペーパーバッグ
私達があまりにCoachに長居していたので相方もナオポキも退屈してしまったようです。あまりに時間を費やしてしまったため、午前は1店のみの買い物でお昼休憩に・・・。
                         
ランチはこのアウトレットのすぐそばに「Tony's」というダイナーに行きました。
このお店はテレビでも何度も紹介されている有名店です。
なぜかというと、名物BLT(ベーコン・レタス・トマト)サンドイッチが超特大なのです。
なんと、1人前のサンドイッチに、1ポンド(約450グラム)ものベーコンが入っているのです。

店は大混雑。外まで席が空くのを待つ客で溢れていました。私達もウェイトレスに人数を次げ席が空くのを待っていました。
幸い、ランチのせいか?はたまたアメリカ人は食べるのが早いせいか?、長く待つことなく席が用意されました。
席に着き、周りのテーブルを見ると殆どのグループに1つあの噂の特大BLTサンドイッチが乗っていました。

↓新聞?!と思いきやこちらメニューです。ページを開くと新聞の活字風にメニューが書かれています。
IMGP4904_convert_20090813014844.jpg

私も相方がこのBLTを頼んでくれるのを期待していましたが、相方はメキシカンモードだったらしく、エンチェラーダを注文(ちっ)。Kemeちゃん、ナオポキも別メニュー。
私は相方がBLTをシェアしてくれるなら食べようと思ったけど、一人では到底食べきれるものではありません。

↓(左)相方の注文したエンチェラーダ。(右)仕方なく(?)私はビーフシチューを注文。ナオポキも同じものを注文しました。
 どちらも写真では分かりづらいですがエンチェラーダは特大。シチューに添えられているパンも非常に大きかったです。
IMGP4908_convert_20090813014938.jpg IMGP4907_convert_20090813014914.jpg

↓(左)Kemeちゃんはチキンサンドイッチ。(右)このように店内は大入り満員の大混雑。向こうには席待ちのお客さんたちも。ところでお客さんのサイズもXL・・・?
IMGP4909_convert_20090813015000.jpg IMGP4905_convert_20090813015029.jpg

他人の注文したBLTサンドを激写するわけにもいかず、我々のグループで注文した者もいなかったので写真はございません・・・あしからず。
お味はなかなかでした。特に相方は特大エンチェラーダの味もとても良かったそうで大満足だそうです。次回はBLTにしようよっ!

                     買い物カゴ   
さて、午後のショッピング開始。ここからが本稼動です。
Kemeちゃんが前から行きたかったバス用品専門店「Bath & Body Works」に向かいました。
ここのハンドソープやシャワージェル等は、地元の女性達にも大人気。そして小さいサイズも豊富にあるので、日本へのお土産にも最適です。元々はちょっとお高めのお店ですがアウトレットだと一気にお手頃価格になります。
けめちゃんは自分用、友達用に沢山の商品をお買い上げ~。小さいサイズといえども数も増えれば重さもかなりのもの。帰国時大変やねぇ~。
その後、Guess、バナリパ、GAP、リーバイスといった定番店やBass、Old Navyといったアメリカならではのカジュアルなお店を周り、買い物袋はどんどん増えていきます。
私はゲストをショッピングモールにお連れしました・・・的スタンスだったのですが、ついついつられて買ってしまいました

「つられてだとぉ~?!いい加減な言い訳するな!」という声が聞こえてきそうだ・・・。

さて、気がつくと夕方になっていました。
「さあ、あと1、2店程度覗いてそろそろ帰ろうか。」ということになり、どこに行こうかと考えていると、「Brooks Brothers」の前を通りかかった際にナオポキが見てみたいということで、そこに寄ることにしました。
そして店内に入るドアを開けると・・・

ななんと、このブログのリンクにも貼っているお友達sayapipiさんとそのご主人の姿が!!
sayapipiさんご夫婦は同じ市内にお住まいなので、近所のお店で偶然に遭遇することはこれまでも何度かあったのですが(近所といっても広い街なので偶然会うのはそれだけでもすごいこと)、まさかこんな150キロも離れた街、しかもこんな広いアウトレットの1つのお店で偶然会うだなんて驚きです!

おおおおおおぉぉぉぉぉーーーっ♪! 

思わず大声をあげてしまった私。
「これは何かの運命かしら?!」とsayapipiさんと感動(?)のあまりこの偶然に驚き、買い物もそっちのけで、Kemeちゃん、ナオポキをお2人に紹介して皆で談笑。彼らはトラバースシティーでの休暇からの帰り道にこのアウトレットに寄られたそうです。
しばらく語り合った後、彼らと別れてお買い物続行。

気がつくと午後7時頃になっていました。
「んじゃ、そろそろ帰るべ」(←とは言わないけど)というわけで、この広大なアウトレットを後にしました。
車の中には戦利品の買い物袋がところ狭しと積み上げられていたのは言うまでもありません。

                         ペーパーバッグ
ザ・金欠病」が私やKemeちゃんの合言葉でしたが、買い物って本当に楽しいわね~。しかもアウトレットで標準価格より安いとなるとより一層!
帰りの車内では後部座席のKeme&ナオポキは眠さをこらえ、時に眠っていました。そりゃお疲れだったことでしょう。。。

こうして土曜日の長い楽しい買い物ツアーは終了したのでありました。

≪オマケ≫
↓その日の夕食は近所のピザ屋さんのテイクアウト。その名もJet's Pizzaというこのお店のトレードマークがこの写真。Kemeちゃんがこのキャラクターに心を奪われ思わずシャッターを切ったのであります。
P1040957_convert_20090813043539.jpg

ランチのお店:Tony's I-75 Restaurant
8781 Main St
Birch Run, MI 48415-9757, United States
tel (989) 624-5860

2009.08.13 / Top↑
Kemeちゃん、ナオポキとの休暇記録を書く前に今回も脱線・・・。

このところ疲労です。。。
こないだの週末は義両親が来ていて楽しかったものの、お料理の特訓を受けたり早起きの彼らに合わせて早く起きて睡眠不足。
昨日は朝一番で年に1回の健康診断。早起きしてかかりつけのドクターに。診断は早々に終わり、午後からは時間もたっぷりあったので、一人で近所にあるDSWという靴屋でバッグと靴(←また?!)を見ていました。
                         
クリアランスコーナーで「おっ?この靴可愛い!えぇっ?こんなお値段?買っちゃおうかなぁ~うっしっし」と誘惑に負けそうになっていると、それを阻止するかのように携帯が鳴りました。

電話は相方から。
仕事を終えて帰宅しようとしたら車のエンジンが全くかからないとのこと。どうにもならないので、これから職場近くの修理屋に牽引してもらうので、修理屋まで迎えに来てくれとのこと。

ちなみに相方の職場は自宅から非常に離れています。しかもいまだに高速道路運転を避けている私が下道で行くと小一時間かかります。下道といえども時速60-80キロのスピードを出してのことですから、遠いという事がわかっていただけると思います。
                      
                         
案の定、下道を使ったところ、運悪く更に道路工事の大渋滞にハマッテしまい、1時間30分近くかかって現場までかけつけると(←お前は刑事か)、相方の姿は無し。そしてそれと同時に携帯が鳴り、「今まだ会社。牽引車がなかなか来ないので、ちょっと遅れるからそこで待ってて」とのこと。
でも、この現場(修理屋のある場所)はなんとなくサビれていて、その一角は全て車関係(オイルチェンジや洗車とか)の町工場みたいな雰囲気。
私は駐車して車から出たものの、行き場も無く車の傍らに立っていると工場のおっさん達がジロジロ見ます。
10分待っても20分待っても相方は来ない。今どこだよー・・・と彼の携帯に電話すると留守電。(後で聞いたらバッテリー切れだったとの事・・・最悪)
工場のおっさんは煙草吸いながら「なんだべ?あのアジア人女、ここで何してんだべ?」みたいな目で私を見るし、大声で「私は車が故障して帰宅できなくなった主人を迎えに、こんなサビれた工場まで来てさしあげたんざますぅぅぅぅ」と叫びたかったけど、当然そんなことも出来ず・・・。
                         
結局30分以上待たされた結果、大型トラックの荷台に載せられた相方のピックアップトラックがやってきました。そして大型トラックの助手席には相方。
ここで私は、待ってましたとばかりに手を振り、「おーい!待ってたよ!」と合図する。
ほらね!私はこの人を迎えにきただけなんだから!と私をうさんくさい目で見ていたジロ目おっさんにアピールしようと思ったのに、そのおっさんはちょうどその時、何かの作業で奥に引っ込んでいたので名誉挽回(?←なにもしてないけど)するチャンスは泡と消えました。
                         
そんな私の心の中でだけの葛藤もお構いなく相方は私に「やあ」って感じでちょっと手を振っただけで、修理屋のオフィスに入って行ってしまった。
おいおい待ってくれよ。30分以上待たせておいてそれはないだろう・・・と私も小走りで追っかけて事務所に入る。
相方は修理屋の兄さん達とぺちゃくちゃおしゃべり。車のこと、職場のこと、同僚のこと・・・なぜ同僚のことかは後で聞いたら、この修理工場は同僚に紹介されたとのことだったのですが、とにかく世間話しに忙しい。
この感じだと、世間話が長~くなりそうな雰囲気だったので、トイレを借りて用を済ませて(←失礼)出てくると、それまでぺちゃくちゃ喋っていた修理屋の兄さんも相方も一転して私を待っている雰囲気。
シーンとしてました。 なっ なんでっ!?
私が出てきた途端「じゃっ  そういうことで頼むよ!ありがとう」と挨拶しその場を離れました。
                         マジ
なんだよなんだよ~。この終わり方っ!!
まるで終始私が皆を待たせてたみたいぢゃん!だいたいねぇ、私は1時間半もかけて運転した上に、30分以上もこのサビれた駐車場で暑い中、待たされてその上君達の世間話も聞かされていたんだぞ!とぶちまけようのないフラストレーションを抱えながら自分の車に戻る。       
                         怒
そこで気づいたけど・・・あれ?相方の車をここに置いて行くということは、明日の出勤に車無いぢゃん。その時まで気づかなかった私も私ですが・・。

相方は「明日の夕方には修理は終わるので、明日の朝は職場まで乗っけてってね♪」とのこと。
相方に私の車を貸すことも考えたけど、そうすると相方が仕事帰りに修理が終わった車を引き取ることができなくなってしまう。なので私が送るしかないのです。

相方は毎朝5時半頃家を出ます。ま~ぢですか~
                          
結局翌朝(今朝のこと)はそこまで早く起きれず朝6時過ぎに家を出ました。(相方もその辺は目をつぶってくれた)
しかしながら、朝の時間は大変貴重なので相方の運転(高速を使って)で会社まで行き、帰りに私が運転して帰ってきたというわけです。

帰りの道のりはやはり1時間程。それでも朝の8時前。
うわー、まだこんな早い時間なんだ。早起きすると時間が有効に使えるぢゃん!!
・・・と感動したのもつかの間。 疲れと睡眠不足でベッドに戻り2度寝。
結局9時半にベッドから這いずり出していつもより遅いくらいになりました。
                          
それでも疲れが取れません。やはり早寝早起きを普段から身に付けないといけないのかな・・・
しかし相方ったら毎朝こんな早い時間に出勤してるのね。暗いうちに家を出て毎日お疲れ様!と再確認しちゃいました。
しかし、今朝、会社まで同行した私は睡眠不足と疲労のため、超不機嫌で相方に当たりまくってしまいました。その点はちょっとだけ反省。
                          工具
それにしても相方のピックアップトラックはそれはもう古い代物で、つい先日もブレーキの故障を直して大出費したばかり。ボンネットも簡単に開かないし(!)もう買い替えの時期なんじゃないかな・・・修理代だけで新車ローン1年分以上いっちゃうよ。
会社近くの修理屋や会社までの送迎は今後できるだけ勘弁してくりー・・・と思うのでありました。

まあ、今回のポイントは疲労と言うよりも、修理工場での私の面目・体裁と言ったところでしょうか(苦笑)

あ、あとはDSWでもうちょっとで買うところまでいっていたショッピングを阻止されたフラストレーションもあるかも。
2009.08.12 / Top↑
ちょっと更新が滞ってしまいました。書きたい記事は沢山あるのに・・・。

もう一ヶ月以上前になりますが、7月上旬、Kemeちゃん、ナオポキがはるばる東京からデトロイトへやって来ました。
彼らが到着したその週の平日は、彼らの長旅の疲れや私の風邪を考慮して、リラックスデーとさせていただき、かなりゆったりと生活していました。
近所のターゲットやウォルマート、マイヤー、クローガーといったアメリカならではの日本で言うスーパーに行ったり、GAPでジーンズのセール情報を入手し(アウトレットより安価!♪)、さっそく3人で連れ立って買い物したり・・・。

あ、ところで、すでにお感じの方もいるかと思いますので、私の友人夫妻のニックネーム、ちょっと変わってますよね(笑)。

Kemeちゃんとは勿論本名じゃありません。
学生時代、自己紹介をした彼女が「ケメ子って呼んでください。マンガ”ピュンピュン丸のケメ子みたいで・・・」と語ったのが印象的。それ以来、皆からケメちゃんと呼ばれていたのでした。
ところで『ピュンピュン丸』、御存知ですか?
きっとこの記事を読んでいる皆さんは殆どが知らないでしょうね。こんなこと書いたら歳がばれちゃうわん。
このアニメ、ネットで調べたところ、1967年に放送開始したそうです!びっくり!そんなに古いんだ~。生まれてはいたけど。
でも、あまりのくだらなさにすぐに放送打ち切り。実際に本編がちゃんと放送されたのは1969年で、その後1970年から1990年頃まで再放送を何度もされたことにより人々に知られたようです。私もこの再放送を見ていました。詳細は覚えてないけど、実際のケメ子と私の友人のKemeちゃんは正反対と言ってよいほど似てないような・・・???
でもあの「KEME(ケメ)」という響きが強烈に印象的で、学生時代の友人からは今でもずっと「Kemeちゃん」と呼ばれています(笑)。

さて、ナオポキは・・・。
本当にバカらしくて恐縮ですが、私達ハワイに皆で遊びに行った時、ハワイ特有の魚の名前をそれぞれの名前にあてはめてふざけて呼び合ったりしてました。

マヒマヒ(シイラ) とか
アヒ(マグロ) とか
アク(カツオ)とか
オパカパカ(姫鯛) とか・・そういった面白い響きをもじってそれぞれの名前につけたりしてたのです。

例えば、『cojiマヒ』とか、『オケメケメ 』とか・・・。

そしてなぜかナオポキに関しては魚の名前ではなく「ポキ」というハワイ特有の魚の切り身の醤油漬けのメニューを当てはめてしまったのです。
ポキ(ハワイ語ではポケ)という響きがニックネームにしたくなっちゃうんですよね。

ナオポキのことをナオポキと呼ぶ人は今は殆どいませんが、私は呼び続けたい。なんか可愛くないですか?
そんなわけで、今でもKemeちゃんとナオポキといった一風変わったニックネームで友人夫妻を呼び続けているのであります。

おぉーっと・・・ちょっと(かなり?)くだらないニックネームの由来で今回の記事は終わってしまいそうですが、こちらオマケ。↓

↓相方も私達のバケーションに(いちおう!)参加してます。こちら相方のウェルカムBBQ。彼らの到着翌日に行われました。
P1050374_convert_20090812001208.jpg IMGP4932_convert_20090812000917.jpg

↓金曜日の夜は相方も一緒に近くのプールバーでダーツをしました。
IMGP4901_convert_20090812001016.jpg IMGP4899_convert_20090812000956.jpg

↓プールバーだと侮ってはいけない。ここのバッファローチキン(ウィングではない)がとても美味しかった!
IMGP4898_convert_20090812001044.jpg

さあ、次の日は土曜日!週末は」ちょっとだけ遠出しましょう。


2009.08.11 / Top↑
ああ~っ!毎週楽しみにしていた番組がまた1つ終わってしまった・・・。

その名も
IMGP4499_convert_20090618212245.jpg

この番組については当ブログでも何度もご紹介し、そのくだらなさに見たことのない人もある人も、殆どが「くっだらねぇ~」 と思っていたことでしょう(苦笑)。

それでもうちの夫婦は毎週水曜日の夜をそれはそれは楽しみにしていました。
それが昨日最終回だったんです・・・。

そういえば、7月にKemeちゃんとナオポキ夫妻がデトロイトに到着した日の夜も、この番組が放送されていて一緒に見ました。
このゲームショーは東京にある東宝スタジオという場所で収録されているのですが、そのスタジオ近辺の風景が画面に映し出されるとナオポキは、「おっ 近所だ!」と言いました。
この東宝スタジオ、彼らの自宅から比較的近いらしいんです。んまぁ~偶然!
私はあの収録スタジオの観客になりたい!と言うと、ナオポキは
「彼らはきっと全員エキストラだよ。」と言う。
えええぇ~。あんな面白いゲーム見れてしかもお金がもらえるの?!?私もエキストラになりたいー!!!と大騒ぎする私を呆れたように笑いながら見る夫婦・・・。
まあ、そりゃそうだろうな(エキストラだってこと)、と相方も納得。
なぜなら観客のリアクションがとってもわざとらしいんですもの。。。あれはきっとスタッフから「こういうリアクションしてね」と言ったような指示があるのでしょう。。。
そんなわざとらしいリアクションだって何だってしちゃいますよ、私。

昨日は最後に残った5人から1人ずつ脱落させられて最後の1人(優勝者)まで絞り込む拡大2時間スペシャル。
今年の決勝は女性同士。ドタバタゲームというだけあり、体力が物を言うゲームが多いのですが、この女性2人は男性陣を破り勝ち残っただけあり、かなりの身体能力があります。

↓この2人、ファイナリストとなったご褒美で、なんと日本テレビの「ズームインSUPER」にゲスト出演しました。アメリカの番組で日本の看板モーニングショーが紹介されるのも不思議な気分! ちなみに画面テロップに「人気番組」とありますが、アメリカでこのゲームショーは果たして人気番組なんだろか・・・疑問だ。
IMGP5071_convert_20090807002220.jpg IMGP5073_convert_20090807002247.jpg

そして最終回だけあって、お金をかけているなぁー・・・と思ったのが、決勝戦の前夜、プレファイナルセレモニーのような前夜祭があり、豪華なセット(多分六本木ヒルズ)が設置されその壇上に2人のファイナリストがあがりました。
ちなみに、その場所まではヘリコプターでやって来た二人。
古いけど、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝が思い出されます。
そして、ゲストになんと国会議員の小池百合子さんが来ました。

↓(左)ヘリに乗って2人がやってきたのはこんな舞台。周りの人達は皆エキストラ?(右)ゲストでやって来た小池百合子さん。上手な英語でファイナリスト2人にメッセージを送ってました。
IMGP5078_convert_20090807002314.jpg IMGP5081_convert_20090807002334.jpg


そして翌日の決勝。一同は例の東宝スタジオに戻り、これが最後のドタバタゲーム。
その名も

↓(左)超本気で!と書いて 「Super Majide!」 と読む(笑)。(右)司会のロムは「優勝者は賞金$250,000(約2千5百万円)!!」と叫ぶ。
IMGP5091_convert_20090807002445.jpg IMGP5090_convert_20090807002421.jpg

最後のゲームは、これまでのくだらないゲーム数種類を組み合わせて拡大版にしたような長く辛く、そして果てしなくくだらないゲームでした。沢山の難問をクリアして最初にゴールしたほうが勝ち。

↓(左)生のイカを口で食いちぎるシーンもあったり・・・これアメリカ人のみならず日本人にもきついですよね。このアイディア、絶対日本人の感覚じゃない。(右)全身にたくさんの色のペンキを浴びてスタジオを走り回る2人。
IMGP5095_convert_20090807002512.jpg IMGP5101_convert_20090807002528.jpg

勝者はイリノイ州から来た、30歳代後半の主婦。圧倒的強さでした!

↓(左)今回アメリカからの挑戦者達がずっと滞在していた家の女将役の斉藤こずえもこの日はスタジオで応援。「山口さんちのツトム君・・・」の面影も今は・・・(右)優勝決定直後お互いを検討しあう2人。
IMGP5089_convert_20090807002356.jpg IMGP5109_convert_20090807002605.jpg

優勝者が決まり「おおおー!」と興奮して相方を振り返ると、相方はカウチに横たわりぐうぐう寝てる・・・。
あんなに毎週楽しみにして見ていたのにぃ~。 まあ、それも仕方ないか。時間は夜の11時近く。
普段彼は10時には就寝してますからね。。。

この番組は6月に始まり、8月に最終回を迎えます。今年は昨年に比べて放送回数が少なくなったような気がするのは、人気が無くなったせいかな?
来年も是非またやって欲しいものです。

・・・って、Kemeちゃん、ナオポキと一緒に見た・・・ってタイトルにしたのに、内容は殆ど昨日の最終回のことでした。申し訳ありません~・・・だって、最終回はやはり記事にせずにいられないんだもん!!

この番組は去年、やはり日本から遊びに来ていたマッチーと、そして今年はKemeちゃん夫妻と・・・と日本からの友人達とくだらなさアホらしさ、そして何より面白さを共有できたのでよかったです。

来年の夏も誰か遊びに来てね~!本当に本当に
IMGP5084_convert_20090807002625.jpg

まぢでぇ~っ!  遊びにきてね!

Kemeちゃん&ナオポキとの楽しい日記はこれからまだまだ続きます!
2009.08.06 / Top↑
キーウェストからミシガンに戻った日の4日後、日本から待ちに待ったお客様がやってきました。
それは学生時代からの友達Kemeちゃん、そしてその夫君のナオポキ君夫妻。
彼らとの付き合いは本当~に長い。
Kemeちゃんとはもう半世紀を超える仲。ナオポキについても彼らが付き合っていた頃から知っていたため20年以上仲よくさせてもらっています。
                             jumee☆faceA170Ljumee☆faceA170R
この夫婦とは本当に若い頃から一緒に遊びました。
皆でゴルフに行ったり、GWに大渋滞にハマリながら東京-伊豆(伊東)を片道なんと10時間かけて行ったり(!)、ハワイにも数回行ったり・・・。思い出は数え切れないほど。
相方と結婚後も4人で東京のビリヤードやダーツバーに行ったり・・・と、更に楽しい思い出が増えていきます。

                             
彼らは帰国前にシカゴに寄り道する用事があったこともあり、今回シカゴ経由でやってきました。彼らの乗ったシカゴ発の便はデトロイトに午後6時すぎ到着予定。
平日だったものの、到着時間が遅いということもあり、仕事を終えた相方の運転で空港まで迎えにいきました。

私達が空港に到着した際には飛行機は到着していた模様ですが旅客はまだゲートを出てきていません。
                             旅行バック
ここで、「あれ?!」と思ったのが、国内線の到着ゲートはお迎えの一般の人も、預け荷物が出てくるターンベルトのところまで入っていけちゃうところ。
国際線の場合は飛行機を降りて、入国審査をしてからターンベルトで預けていた荷物を引き取り、税関を抜けて、晴れてお迎えの人たちが沢山いる到着ロビーとなるのですが・・・。
確かに国内線では入国審査も税関も無いので、荷物受け取ったらすぐに出れるのだけど・・・
なんだか不思議な気分でした。荷物盗まれちゃったりしないのかなあ???
彼らより先に彼らの乗った便からの荷物が出てきたターンベルトをじぃぃーっと見ていると、到着ゲートのほうからパラパラと旅客たちが歩いてきました。
その中に懐かしい顔が2つ・・・「おおーっ!」っと感動して手を振ってみましたが、彼らは一向に私に気づきません。「おーいっ おーいっ」と遠くから手を振りながら近づいても全く気づかず空港内の表示をきょろきょろしている。
私の大ジェスチャーと叫び声は彼らより先に、アメリカ人の見知らぬカップルに見られてしまい、彼らは私の大ジェスチャーとそれに気づかない友人夫婦を交互に見て笑っていました。
                             照れる
約3メートル位そばまで近寄ったところでようやく私に気づいてくれた彼ら。
やはり私と同様に、まさか荷物が出てくるターンベルトまで私が入れるとは思っていなかったようです(笑)。

                            jumee☆faceA198Ljumee☆faceA198R
きゃーひさしぶり~!!(・・・といっても今年の1月に日本に一時帰国したときに何度も会っていたのですが)と再会のハグをした後、自宅へと向かいました。

今回彼らは10泊予定。本当はもっと長期滞在したかったそうだけれど、ナオポキの休暇はこれでギリギリいっぱい。忙しくて長期休暇をとるのが非常に厳しい職場なのです。
「日本に帰国して僕の席なかったらど~しよぉ~」なんて心配もしてました。

自宅に向かう途中の車内でも話題は尽きることなく、風邪っぴきの私も喉を枯らすほどしゃべくりまくる。しゃべっては鼻をかみ、またしゃべっては鼻をかむ・・・(汚い)の繰り返しl。

ようやく我が家のあるサブディビジョンに車が入っていくと、「おぉぉぉぉ~。テレビで見るような典型的なアメリカの住宅地」というのが彼らの感想でした(爆)。
                           
家に入り荷物を寝室に運び、それからちょっと遅い夕食。
今回彼らは長旅で疲れているだろうとのことで簡単なスナック(ディップやチーズ等)とざる蕎麦という不思議な組み合わせにしました。
思い出話しは全く尽きず、普段10時には就寝してしまう相方も、翌日仕事にもかかわらず遅くまで起きてビール片手に語り合う。
                             
さあ、明日から何しよう?
実は今回彼らの滞在期間の計画は週末以外は全くたてていませんでした。
私が風邪引いているということもありますが、更に彼らは私達の普段の生活を見て見たいという、超無欲な希望だったため、その日気分で動くことにしたのです。
明日からが楽しみだぁ~。と、鼻水をすすりながらワクワクして12時近くに就寝した我らなのでした。

↓彼らが日本から持って来てくれたお土産。私の希望や彼らのチョイスもありすごくバラエティーに富んでいました。ファインダーに収まりきっていませんがまだまだ沢山ありました。日本からの品は本当にありがたいです。
IMGP4897_convert_20090805003346.jpg

↓特に相方が喜んでいたのがこちら。ドラえもん好きの相方のためにKemeちゃん夫妻がチョイスしてくれたドラえもんカステラ。(←結構大きな箱です)今も大事に大事に飾って(?)あります。
IMGP5046_convert_20090805003710.jpg

さあ!明日はどこに行こうか!

(続く)

2009.08.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。