国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は、作動テストをしたところ全く動かなかったスプリンクラー。かなり焦って大騒ぎしましたが・・・
動きました
                     絵文字名を入力してください
相方が仕事を終わらせて帰宅後に再度チェックしたところ、日程設定が間違っていたようです。 あ・・・あはは。苦笑い
機能に関してはなんら問題ないようでした。
色んなところから時間差で面白いほど水が出まくり、見ているだけで楽しい♪汗とか(←スプリンクラー初体験)
早速、植木鉢を水の当たるところに置くこととしました。植木・・・大丈夫かな?
                     キラキラ(水色)

いやいや、大騒ぎして失礼しました。
しかし前回記事にも書きましたが、我らはいつも計画性がなく寸前にドタバタするということには変わりないです。。。反省です。

では、再びしばらくごきげんよう

スポンサーサイト
2009.06.27 / Top↑
ブッククラブも終わり、ほっと一息ついたのもつかのま・・・
今週末から州外に休暇旅行に出かけます。

考えてみたら、相方とはお互いの実家を行き来したり、1,2泊の小旅行はしたことがあるけれど、ちゃんとした観光旅行ってしたことなかったのです。
国際結婚は何かとお金もかかるので、ハネムーンも無し。
まっ ハネムーンなんて柄じゃないんですがね・・・(笑)

来週から一週間、相方は夏季休暇となります。
そんなわけで、今回はちょっと遠出の旅行をすることになりました。

最近のミシガンは灼熱の太陽で気温はぐんぐん上昇してます。
日本より暑いんじゃないかな?
一昨日は35度くらいまで上がりましたよ。
夜も蒸し暑くて寝苦しかったです。

こんな中、数日家を空けることになると、気になるのが家庭菜園やお花の鉢植え達。
スプリンクラーを設定して自動的に1日1回作動させることを、相方が先日から試みているのですが、なぜか上手くいかない。
相方が、「今日(金曜)も朝8時と9時と10時にスプリンクラーが動くかもしれないので外を確認しておいてくれ」と言うので、外に出て今か、今か・・・と待っていましたが一向に作動する気配がありません。

機械音痴の(・・・というか興味が無いのでノータッチだった)私にはさっぱりわかりませんが、タイマーで水曜・金曜の朝9時に作動するように設定したそうだけど作動していません。

今、相方が原因を追求中。・・・でももう時間がない!もうすぐ私達は旅立ってしまいます。
休暇から戻ったときには、全ての草花・野菜たちが枯れているのではないかと不安になっています。

せっかくトマトも実をつけたのに・・・
球根から植えたダリアが満開になりつつあるのに・・・
鉢植えで買ったキンギョソウが2度目の満開を迎えたのに・・・
朝顔も相変わらず元気に咲いているのに・・・

この記事を読んで、皆さんお気づきかと思いますが・・・

私達って、いつも寸前になってどたばたするんですよね。

要するに計画性が無い!!  

こんなことも考えてもっと事前に着手していれば良かったのに!!
相変わらずです。

こうなったら次ぎの頼みの綱は、不在期間中雨が降ってくれること・・・!
でも、ストームが来てしまったら、むしろ植木(お花)が弱ってしまうし・・・
ううう~、悩むところです。本当にいまさら気づくなんて情けない!!

次回(休暇から戻ったら)、植木達のその後についてご報告します。

あ"----!焦る焦る!

とりあえずしばらくの間、みなさん、ごきげんよう

≪オマケ≫
↓万が一枯れたときのために、綺麗なお花が咲いている写真を記録に収めました
IMGP4552_convert_20090627002031.jpg IMGP4551_convert_20090627002101.jpg

IMGP4555_convert_20090627002129.jpg




2009.06.26 / Top↑
以前にもご紹介したブッククラブ。
月に1度開催されています。時間帯は夜。ワインやビール片手にお料理を楽しみながら日常会話に花をさかせ、途中10分位、その月のテーマである本の感想を話し合います。
私は月に1冊、英語の本を読破することは未だに全くなく(まず不可能。日本語でも読みきれない)、そもそもブッククラブに参加し続けている意味に疑問を(第1回から)感じていました。
                         本
それでもミシガンに移住して、相方の同僚を通じて友達になったNちゃんが主となり開催しているこのブッククラブに、誘われるがままに参加し、私は本の意見は述べずただただ飲み食いしていました。
                         本
このブッククラブ、Nちゃんが15年ほど前に発足し、姉妹や友人、そしてご近所さんと広がり、現在は私を入れて10名から成りますが、これまでに引越し等で泣く泣く抜けた方々もいるとか。
そしてこれだけ長く続いているせいか、地元の新聞の記事に載ったこともあるそうです。
                         本
あ~、そろそろ辞めようかな。そもそも英語の本を速攻で読めなきゃ、意味無いよなぁ・・・でも、散々メンバーの家におじゃましてご馳走されていたから、私も1度くらい我が家でやらなきゃな・・・
と思い、Nちゃんに「今度うちでも開催しようか?」と言ったのが今年の1月下旬。
Nちゃんは、「んまあ~!名案!楽しみにしてるからね!」ということで、早速6月のブッククラブは我が家で開催ということでスケジュールされました。
そして、昨日6月22日月曜日、無事に終了いたしました・・・。
                         ホッ
ここ2週間ほどはブッククラブの準備のことで頭がいっぱいでした。
何人くるかな?ダイニングルームの椅子足りるかな?とか、食べ物は和食がいいのかな?それとも受け入れやすいアメリカ料理?とかインテリアはこれでよいかな?・・・とか・・・。
今までお邪魔したお家はどこもとても広く素敵でインテリアもとても凝っています。私以外、全員小さなお子さんがいるのに、綺麗に綺麗にメンテナンスしています。お料理もとても慣れた様子で小洒落た(?)オードブルやお料理が並んでいました。
私は子供もいなく、今は無職。時間はたっぷりあるはずなのに、大人数でのパーティーホステスに慣れておらず要領もわかりません。
                         ルク
友達からレシピを教えてもらったり、ウェブや雑誌から美味しそうなものを探したりしてメニューが決まったのが土曜日
慌ててグロッサリーストアに走りまわり、前日の日曜から下ごしらえ開始。
あっ掃除もしなきゃ!家散らかり放題ぢゃーん!
そして相方を思い切り巻き込み、一緒に掃除。おジイさん(相方)は芝刈りに、おバアさん(私)は洗濯に・・・とそりゃもうてんやわんや。

そして月曜日。依然として我一人ドタバタしてる中、メンバーがやってきました。

今回は3名欠席者がいたので、私を含めて7名。6人のアメリカ人女性が夜7時頃になりぞろぞろとやってきました。我が家のドライブウェイは車でいっぱい。路上まではみ出て駐車してました。
                      
ちなみにダイニングルームのインテリアはアジア(日本)を勝手にイメージしています。そのためか、彼女達にとってはとても興味深かった模様。ダルマ(←置いてあるんです)を見て、「なぜ彼は1つしか目がないの?」なんて聞かれたりして、その内容を説明したり・・・。

早速お食事開始。今回準備したメニューは和洋折衷・・・というかなんでもありの世界。
・ビシソワーズ(友達から教えてもらったレシピ)
・簡単カナッペ
・サラダ
・甘辛つくね風
・カリフォルニアロール
・やきそば

そしてスナックにポッキーとメルティキッス・・・といった日本のお菓子。
デザートにはストロベリーチーズムースを作りました。

皆優しいから、どれもとても美味しいと言ってくれたけど、やきそばはソースが半分こぼれてしまったので味が薄く中途半端でブラインドな味・・・サラダもドレッシングが多すぎてなんだか水っぽい。
こりゃ絶対にまずいぞ・・・と思ったのですが・・・。

中でも好評だったのはカナッペ、甘辛つくね風とカリフォルニアロール。そしてデザートのストロベリーチーズムース。レシピを教えて欲しいといわれました。
ちなみに、カリフォルニアロール。準備は私がしたけれど、実際に巻いたのは・・・なんと相方。
力の入れ具合が良いのか、相方が巻くほうがきっちりと巻けるのです。
それをNちゃんに言うと、「本当?!?明日職場でからかっちゃおう~♪」と笑ってました。
                         
食事もひとしきり終わった頃、本の話題に。
今回、私がホステスなので本の選択も私。色々悩んだ結果、最近読んでとても面白かった小説で東野圭吾著の「秘密」を選択しました。
こちら、英語の翻訳版が販売されており、店頭には出ていないのですが、注文すると送ってこられます。メンバーにはちょっとお手間をかけてしまったけれど、この本に関して快諾してくれたので、皆さんには注文して貰っていました。
                         本
この本のストーリーはSF的な内容です。
主人公の男性の妻と娘がスキーツアーのバスを利用して帰郷する途中、バスが大事故にあってしまい、妻は亡くなり娘は急死に一生を得る。しかし、回復して目を覚ました娘の人格は妻の人格にすり替わっていたというもの。そこから主人公夫妻(親子?)の苦しくせつない生活が始まります。
映画化もされているので読まれた方も多いと思います。
この本、友人に薦められ譲っていただき読んだのですがストーリーの面白さに私も一気に読みました。
メンバーの感想もかなり上々。不思議なストーリーながら全員とても興味深く読んだようで、「この作者はすごい!彼の本をもっと読んでみたい/Lちゃん」とか、「私、ブッククラブの本は毎回最後まで読めてないけど、今回は面白くて最後まで読んじゃった/Bちゃん」といった嬉しい感想が出ました。更に、ストーリー自体を振り返り皆でその感想を言ったり・・・。
ストーリーの中で、娘がクリスマスイブにボーイフレンドとデートしようと言うシーンがあるのですが、メンバー達は私に「なぜイブにデートなの!?なぜクリスマスイブに?!?」と疑問を投げつけ、私が日本でのクリスマスイブは男女の大切な日になってしまっているのよ・・・まぁ、殆どの日本人はクリスチャンぢゃないからクリスマスはお祭り的気分なのよねぇ・・と説明し、皆は目を丸くして(本当に丸くして)驚く。この様子のほうが私的には面白かった。

ちなみに主人公の名前は「平介(へいすけ)」と言うのですが、メンバーの一人に「この主人公の名前、どうやって発音するの?」と聞かれたので「ヘイスケ」と答えると、「えっ そうなんだ。私てっきり”ヘイスキ”だと思った!」とのこと。他のメンバーも同様にうなづく。
英語だと「E」の発音を「イ」にしがちですよね。「IKEA」(アイキア)とか渡辺謙(ケン・ワタナビ)とか松阪大輔(ダイスキ・マツザカ)・・・とか(笑)。

そんなこんなで、本の話題や私の持っていた日本語版の本から、日本語はなんて難しいのだろうか・・といった話題で盛り上がり、気づいたら夜10時。
あっという間に時間が過ぎて我が家での初めてのブッククラブはお開きとなりました。
                         
ちなみに・・・写真撮ろうとカメラの電池の充電してスタンバイしていたのに、皆がやってきたらあまりの忙しさに写真のことはすっかり忘れていました。残念!

↓そんなわけで、だるまの写真をば。横には相方の鎌倉見物土産(ベタ~っ)。その横の花は日本風に活けたものの花自体がなんだか洋風。剣山が小さすぎて花が上手く刺さらない。
IMGP4546_convert_20090624035924.jpg


↓こちらが好評だったデザート。多めに作ったので2つ余りました。翌日の我らのデザート。・・・でもあれ?わざわざ撮影するほどのものでもなかったな。
IMGP4545_convert_20090624035954.jpg

Nちゃんが帰り際、「すごく楽しかった。お料理も美味しかった♪cojicojiも楽しかった?」と聞くので、「うんっ!とっても楽しかったよ!」と言うと、「あぁ~よかった!じゃ、また来月にね!」と嬉しそうに言って去っていきました。
Nちゃん、私がブッククラブを辞めようかと思っていること気づいているようです。何かにつけて「ブッククラブ楽しめてる?」と聞いてきたり、相方にまで職場で「cojicojiブッククラブ楽しんでるかな?」と聞いたりしてるようです。

うんうん。ありがたいことです。滅多に経験できるものでもないし良い交友関係築けてるし・・・ただ、私の英語力と読書力(物を読むことへの興味)が皆と同じレベルに達すれば、本当にもっと楽しめるんだけどなぁ・・・。
というわけで、依然としてブッククラブ脱退を考えつつ、それをはっきり言うこともできない中途半端な状況が続いているのです。

でも昨日は超楽しかったよっ! 皆さん来てくれてありがとう!

しかし・・・宴の後の洗い物・・・こりゃ大量です。こんなときに限って、食器洗浄機の調子が悪く、手洗いしてます。
2009.06.23 / Top↑
さてさて、American Idolが終わってちょっとの間、楽しみな番組がなかったのですが、今年もはじまりました♪

IMGP4499_convert_20090618212245.jpg

その名も、「I Survived A JAPANESE GAME SHOW!」。
こちら、ローカルのケーブルテレビチャンネル(WXYZ)で放送されているゲームショー。

去年もこの記事書いたんですが・・・American Idolに続き(いや、それよりも?)マニアックで恐縮ですが、本当に興味深いのです。
この番組を初めて目にした時、あまりにベタな日本のドタバタゲームをアメリカ人たちが、日本のスタジオで、日本の観客の前で、日本の司会やスタッフの進行のもとに行われるのがとぉ~っても興味深く、週1回の放送(計6週か8週だったような・・)が楽しみでたまりませんでした♪

昨年(前回)は挑戦者10人から始まったこのゲーム。今回はちょっと増えて14人程はいる模様。

内容はというと、本当に一昔前の日本でやっていたようなベタなゲーム。毎回2つのチームに分かれて対戦し、勝利チームにはご褒美を、負けたチームには罰ゲーム・・・そして敗者チームからは毎週1人脱落者が選ばれ、アメリカへ帰国となります。このへんがサバイバルゲームなんですね(笑)。
最後まで残った1人の勝者はたいそうな賞金が出たと思います。
何気にお金かけてますね、海外収録だし日本は高いし・・・。

さて、今回のゲームは・・・
毎回、とっても日本チックなイラストでルール説明があるのでそこも楽しみなところ。

↓最初のゲーム。お弁当箱を10個持って細い道を渡るのですが、敵チームがボールでお弁当を運ぶ人を狙います。ボールが当たって本人が細い道から落ちてしまったら(その下は石鹸の泡)失格。ボールを上手くかわせて反対側にいくつお弁当を持っていけるか?!?
IMGP4475_convert_20090618212632.jpg IMGP4477_convert_20090618212654.jpg

↓早速ゲームスタート (字幕が日本語のほうが大きいところがなんだか面白い)
IMGP4479_convert_20090618212716.jpg IMGP4490_convert_20090618212740.jpg

↓(左)審判員ボブが成績の発表をします。(右)司会者ロン。 ボブもロンも相変わらずです。ボブは日本語しか話さず、ロンは英語がとってもお上手。
IMGP4495_convert_20090618212609.jpg IMGP4530_convert_20090618212546.jpg


さて2つ目のゲームは・・・
こちらです。

IMGP4504_convert_20090618212801.jpg IMGP4505_convert_20090618212820.jpg

こちらは、3人のメンバーがぐるぐるとイラストのように回され、真ん中にいる人がフックを外すスイッチを押すと一人が外れて遠心力で外側に滑り、周りにあるアルミ缶を体で倒すゲームです。
だから人間魚雷ボーリング。・・・ああ・・・・ベタ過ぎる・・・。
イラストもベタ過ぎる・・・・(たまらない)

今回勝者チームは、なんとヘリコプターで富士山まで飛んで、富士山の美しいサンセットを見た後、富士山の目の前の絶景エリアで懐石料理、そして温泉で富士山を見ながらの酒を飲む・・・ツアーでした。
本当にお金かけてます。

一方、敗者チームは地下鉄の駅で清掃員として一日働かされていました。
↓清掃員から指導を受けて掃除をする敗者メンバー。横浜の関内駅。この光景見たかった。
IMGP4525_convert_20090618213202.jpg IMGP4528_convert_20090618213137.jpg


そしてこの敗者チームから2人ダメ人間が(チーム内で)選出され、サドンデスゲームを行い負けた人がアメリカ帰国となります。既に26歳の女性が脱落しました。

ちなみに、彼らが宿泊するのは東京下町の日本風宿で、去年に引き続き今年もお母さん(お女将)役は「斉藤こずえ」でした。かっぷくの良い、いかに肝っ玉母さん風で、今年の参加者たちは「ああ!テレビで見たオカアサンだ!!」とそりゃもう喜んでいました。斉藤こずえったら(一部のアメリカ人に)有名になってます(笑)。

さあ、来週からも引き続き楽しみにしてます。
本当にマニアックな記事になってますが・・・
アメリカにお住まいの方は是非一度ご覧になって欲しいです。日本がまた違った角度から見れます。
そして、くだらなかったら(はい、実際くだらないです)すぐに見るのやめてください(苦笑)。
チャンネルWXYZです。ミシガンのBright Houseだとチャンネル7です。

さあ、今回も恒例のタイトルコールをば・・・

せぇ~のっ
まぢでぇ~っ!!
IMGP4487_convert_20090618221702.jpg



2009.06.18 / Top↑
このところバタバタとしていて、更新が滞りがちです。。。

さて、週末は相方のご両親がうちに泊まりにきていました。
金曜日、私は出かけていたのですが、帰宅すると相方・お義父さん・お義母さんが楽しそうに談笑していました。
この家族水入らずに入って良いのかしら・・・なんて思うことは一切なく、どかどかと家に入り
「久しぶり~。元気だった?」と手を振りハグをする。

出かける前に掃除したつもりだったキッチンも彼らのお土産で足の踏み場がないほど(?)になってました。
ホールトマト瓶詰め(特大ボトルで6本)、パウンドケーキ、ストロベリーソースといった手作りの食糧を初めとして沢山の食べ物。そして・・・

お義父さん手作りのコーナーテーブル。以前いただいた窓際に置く細長いテーブルとお揃いのデザインです。んんんんもぉ~っ 完璧!まさに欲しかったタイプ!
さらにお義父さん手作りの鳥の巣箱。餌は特にいれず、これを置いておくだけで色々な野鳥がやってくるんだって。(成果がでたら今度記事に書きます)

↓左がコーナーテーブル。後ろのロングテーブルと同じデザイン。上のグリーンの鉢植えもお義母さんからのおみやげ。右が鳥の巣箱(ドアップ)。特にカージナルとハミングバードが見たい!
IMGP4467_convert_20090617212000.jpg IMGP4468_convert_20090617211634.jpg

そして、今回の大きなお土産といえば・・・・

BBQグリル。

以前の記事で書きましたが、叔母さんから引越し祝いに頂いた新品のBBQグリルが風に押されてデッキから転げ落ちて壊れてしまっていました。
それを聞いたご両親が「じゃ私達が新しいの買ってあげる!」と言い出したので、我らは「大丈夫!私達で買うから絶対に買わないでね!」と釘を刺していたんです。自分で選びたかったというのもあるし。。。

しかし、ご両親は結局新しいものを買ってくれちゃいました。

ところが。

先週、友人ご夫妻が我が家に遊びに来た際に、BBQグリルの様子を見てみるとなんと、壊れて着火しなかったバーナーに火がついたのです!

えええええ?!?こないだは何度試しても着火しなかったのに・・・やったぁ~!!これは使えそうだぞ!
・・・ということで、すぐにご両親に電話し「BBQグリルは壊れていないみたいなので、買ったやつは返品してお金返してもらってね」と連絡しました。

・・・が!

ご両親は自分の目でBBQグリルが動くことを確認しなければ気がすまないようで、念の為新品BBQグリルも持ってきちゃいました。

金曜の夜、我ら4人は早速壊れたはずのグリルでBBQをしたのですが、やはりしっかりと働いていました。着火も問題なし。今まで使っていたポータブルのグリルより何倍も優れた性能です!!

これで気が済んだのか、日曜の午後、ご両親は買ったばかりの新品BBQグリルを持ち帰っていきました。
写真に撮るのを忘れたんだけど、この新品グリル可愛い形だったんですよ。丸くてぽこっとしてるの。ガスグリルでこの形は珍しい感じ。
ちょっと欲しかったななんて思ったけど、家にグリルが2つ(小さいの入れて3つ?)あっても仕方ないですからね(笑)。

2つあっても仕方ないと言えば。

我が家には芝刈り機が2つあります。
なんで2つも・・・?別にうちの庭はそんなに広くないです。

実は・・・

こちらもご両親が使っていたものを譲ってくれたのです。
最初は手押し式の芝刈り機を貰って満足していた相方。
しかし4月に入りそろそろ芝を刈ろうといった段階になり、「この庭は乗って運転するトラクタータイプの芝刈り機が必要だな」とほざき始めました。
                    
トラクター?!? トラクタータイプの芝刈り機は安くても$1000(10万円)程度します。高いのは$3000ほど。中古車なみだ。うちにはそんな余裕全くありません。
うちの庭にトラクタータイプの芝刈り機なんて全然必要ないじゃん!と私が言うと相方は、
「君は芝を刈ったことが無いからわからないんだよ。横の庭の幅や裏庭、更に反対の横庭・・・とこの面積を考えたら手押しなんてしてられないよ!」と更にほざく

そんな話しを電話で聞いた義母は「うちに使ってないトラクタータイプの芝刈り機が1つあるからそれを使いなさい」と言ったのです。
                    
彼らの家にはトラクタータイプの芝刈り機が2台ありました。彼らの家は郊外の広大な庭のある家(庭というよりは森と丘陵)なので、トラクターが必要なのは全くもって納得できますが・・・。
そんなわけで、5月にご両親がやって来た際、トラックの荷台に大きな大きなトラクター芝刈り機を持ってきてくれました。
すでに手押し式の芝刈り機を譲ってもらっていたので、
「じゃあ、手押しの芝刈り機をご両親に返そうね。」と私が言うと、
「ううん。手押しは前庭用や細かいところに必要なんだ。」と再度、ぼざきやがる相方。

芝刈り機2台もいらんでしょ~!!ガレージが混むだけでしょ~!!
と言っても聞いてくれない。

その後は、相方はトラクターに乗り、嬉しそうに芝を刈っています。(いや、本当は面倒なんだろうけど、トラクターに乗れるのが嬉しい模様)
家の周りをぐるぐる回ってキッチンにいる私の前を通過するたびに手を振ります。(子供みたい)
しかし、4月に貰った手押し芝刈り機の出番はまだなし。

今回ご両親に「この手押しの芝刈り機はお返ししますね」と私が言うと、義母は
「いいえ!手押しも必要よ。持っていなさい」と相方と同じようにほざいた・・・おっと違ったおっしゃった。

しかし、2台の芝刈り機と我が家の庭を交互に見て、本当に必要かな・・・と今でも思う私なのであります。
今度、私が手押しの芝刈り機で前庭でも刈ってみるかな?

2009.06.17 / Top↑
6月に入り、ミシガンの緑は一層と濃く厚く生い茂って来ました。
真冬は枯れ木でスカスカになり、その先の道路が丸見えだった我が家の裏庭も、今では木々と草に覆われてプライベート空間が保てるようになりますた。あ、ちょっとオタクっぽい?

先週、お友達Mちゃんに連れていってもらい、Northvilleという街で開催されているFarmar's Marketに行ってきました。
こちらは、農家の皆さんが収穫されたお花や野菜の苗、採れたての野菜や果物といった収穫物のほか、肉やオーガニック石鹸、ローション、キャンドル等様々なものが売られている青空市場で、この市場は毎週木曜日に開催されています。
アメリカでは至るところにこのようなマーケットが夏の期間のみ開催されることが多いようですが、私は今回が初めて。

昼前に到着すると、駐車場はほぼ満車。道路を挟んだちょっと離れた駐車場に停めてそこからテクテクと歩くことに 
市場は大変にぎわっていました。美しく咲き乱れた花が沢山売られており、買い物カゴならぬ、台車と共に大量のお花を買う買い物客でにぎわっています。こちらでは、こういった市場のみでなく、街中のガーデニングショップやNURSERY(夏の期間のみ屋外で花や苗を売るお店)でも、同様に沢山のお花や苗が売られています。

写真が相変わらず小さい&鮮明度が悪くて失礼します。。。

↓(左)全体像を写すつもりがはじっこの一角になってしまった。沢山のテント(店舗)が出店していました。(右)綺麗なお花たちにうっとりっ!
IMGP4453_convert_20090608102109.jpg IMGP4450_convert_20090608102132.jpg


↓(左)このように野菜も売ってます。私と友達はオーガニックのアスパラを購入。(右)なんと驚いたのは・・・む・・・虫が売っていたこといもむしさん
こちら、生ゴミリサイクル用の虫だそうです・・・屋外の庭などに生ゴミ(野菜くず等)とこの虫を入れて土と混ぜると肥料になるとか・・・
IMGP4452_convert_20090608102458.jpg IMGP4455_convert_20090608102522.jpg


私は、この日小さなお花の苗を買う予定が、紫がかった美しいペチュニアの鉢植えに心奪われ、迷った挙句にお買い上げ~。Mちゃんも同様のペチュニアを買い、1つあたり$8が$1割引の$7.50に。

↓こちらが購入したペチュニア。(左)全体像。(右)このようにハンギングしています。
IMGP4457_convert_20090608102158.jpg IMGP4456_convert_20090608102221.jpg


さあ!今、我が家は徐々にではありますがお花が増えてきました。

↓この家の前オーナーが残していったお花(つつじ&あやめ)。これらはもう終わってしまいましたが・・・
IMGP4233_convert_20090519004952_convert_20090608104819.jpg IMGP4437_convert_20090608102033.jpg

↓例の朝顔3輪咲き!
IMGP4459_convert_20090608102013.jpg

枯らしてしまうようなことの無いようにお手入れしたいのですが、そこは初心者。全くもって自信ないのですが・・・

ちなみに、裏庭にピンクの花が満開に咲いています。こちらは雑草で、道端の至るところに咲いているのを見かけます。

↓カメラがイマイチで写真の鮮明度が弱いですが・・・こんなに美しく咲き乱れているのですがこれ雑草です。。。
IMGP4438_convert_20090608100243.jpg


相方は「こんな雑草全部切り落として畑にしようぜ~」と張り切っていたのですが、私は猛反対。
こんなに健気に綺麗に咲いてる花を切り落とすなんてもったいない!窓から見える自然の花園をどこのバカがわざわざ刈るんじゃいっ!!あ?あ?あ?怒
(・・・とは英語では言えないのでとりあえず日本語で言ってみました)
この剣幕にはさすがの彼も、雑草を刈る気が失せたようで・・・良かった。

お店で売られているお花が美しいのはもちろんのこと、道端の雑草達も本当に美しい初夏のミシガンであります。。。

 
2009.06.08 / Top↑
さて。今回は路上テストのお話。相変わらず長くなってしまったので、運転に興味の無い方は読み飛ばしちゃってくださいね(笑)。
                          
4月上旬に運転免許の筆記試験を受け無事合格したものの、日本の運転免許証の英訳がなかったことから、30日の仮免期間を設けられた私。
一ヶ月なんてまだ先!・・・と思い、すぐには実技試験の予約をしなかったのですが、4月下旬頃になり、再び実技試験の予約をとるため重い腰を上げました。
                          
まず、テストを受けるドライバーズスクール(教習所)の選択。アメリカは車社会だけあって、いたるところに教習所があります。
大抵の教習所では、路上テストはスクール近くのルートがとられることが多いので迷った結果、できるだけ運転経験のあるエリア(道を知っているエリア)で受けようということでWest Bloomfieldという街にある教習所に予約を入れました。5月下旬の土曜日・・・ちょっと先だな。でもみっちり練習できるぞ!・・・ということで。
・・・しかし、結局練習ってしないものですね。なんとなく分かっていたけど・・・
                         
お店等の駐車場に停めるときは必ずバックで駐車するよう心がけてはいたものの、縦列駐車はさすがに・・・そういうチャンスがなかなか無いっ!
ちなみに、ある日いつものようにグロッサリーストア(Kroger)でバック駐車の練習をしていました。相方が車から降りて私の駐車を見ていたところ、買い物から戻ってきた見ず知らずの男性が(何度も何度も切り返ししたりバックしたりしている私の車を指差して)、「彼女何してるの」と相方に聞いてきたそうです。
相方は「もうすぐ路上試験受けるからその練習」と答えたそうです。
(でも、私の車は全く線の中に入らないところか斜めになっている)
その男性は「ふーん。大丈夫!僕だったら合格にするよ。(そして私に向かって大声で)大丈夫だよ!合格合格!」と言われました。
見ず知らずのおぢさん・・・アナタに合格の太鼓判貰っても・・・

そんなことがあったり、受験一週間前にはたまたま家に遊びに来た友人K子さんが駐車練習に付き合ってくれてアドバイスくれたり・・・で、いよいよ試験前日を迎えました。

                        
試験の集合場所は教習所そばの教会(大抵の教習所が教会を集合場所とし、そこで駐車テストを行います)。
実は、試験前夜にこっそりその教会に行き、(コーンやポールが立っているので)駐車の練習をしてきました。
バック駐車は日々の練習の甲斐があってOKだったのですが・・・縦列がどんどんおかしくなっていく。最初はちゃんと入っていたのに、練習を重ねる毎にどんどん狂っていく・・・あげくの果てにはポールやコーンにぶつかる始末。
なんでなんで?なんでどんどん下手になっていくの?試験は明日だよー!
結局これ以上やってもどんどんひどくなる一方なので、諦めて帰宅。
あまりの不調さのせいか、食べすぎ飲みすぎのせいか(?)胃も痛くなりお腹も壊す始末・・・
ボロボロでの就寝となりました・・・。

                                              
さて試験当日。幸い天気は晴れ。
朝、正露丸を飲み、私は自分の車を運転し相方は彼のピックアップトラックを運転してもらって一緒に試験現場の教会に向かいました。
アメリカの教習所では殆どの路上テストが自分の車を持込むことになります。車を貸してくれる教習所もありますが90%以上が自分の車持込み。そりゃ、ずっと練習してる慣れてる車のほうが良いですよね。

それにしても、免許をこれから取ろう・・と試験を受ける人が自分の車を運転して集合場所に来るってのも、なんだか不思議ですよねー。(日本じゃありえない)

到着すると既に教官(女性)が待っていました。先に車から降りた相方に向かい、「試験受けるのは彼女ね?」と確認。その後、相方は彼女と軽く談笑してました。
「奥さん(私)は日本人なの?うちは日本人の生徒がほぉぉぉぉんとう~に多いのよ!」とも言っていました。さすが日本人の多いエリア。
                        駐車場                               
そして早速私の試験開始。
まずは、停止線ぎりぎりにストップできるか。停止線を越えることなく、しかも約60センチ以内に停止するようにします。ゆっくり走行しても良いのですが、一旦止まったらやり直し不可。これ地味ですが案外難しかったです。それでも結果は「合格」。うまいこと停止線ギリギリに停められたようです。ホッ。
次にその位置からバック駐車。練習の甲斐あってバック駐車はもう大丈夫・・・なはずだったのですが、ポールギリギリになったので、「ぶつからないようにもう一度やり直そう」と安全策で再度前に出て切り返しを(2度)したところ、切り替えしはマイナス!・・・ということでマイナス2点!ひぃ~。こんなことならあのままバックしちゃえば良かった!
そして縦列駐車。昨夜の悪夢のような出来事があり、考えの転換をした私。
な、なんと、これ以上無いというほどの完璧駐車ができました。これには教官も「素晴らしい!イェーイ♪」と盛り上げてくれて本当に嬉しくなりました。

ちなみに考えの転換というのは・・・超一夜漬けだったのですが、前夜縦列駐車のコツのとあるサイトを見たのです。
そのサイトはこちら→ ホンダ運転アドバイス
(日産にも同様のサイトがあったのですが、既に削除されてしまったようです・・・)

テストでは、実際に前後に車がなかったのですが、その点は想像力で!更に日本はアメリカと反対なので、こちらのウェブサイトのコツを正反対にイメージしました。
しかし日本企業のウェブサイトってすごい!役立つものの多いこと!!

さあ!不安もはねのけ、ここから教官が車に乗り込み路上へと出ます。
                        車
ミシガン免許の路上テストでの必須条件は、先に行った停止線前停車、バック駐車、縦列駐車に加えて、
路上での
・一般道路運転(制限速度厳守、交差点での両方向の安全確認)
・住宅地での運転(時速25マイル厳守)
・フリーウェイ走行(スムースな合流、制限速度厳守、車線変更)
等だったと思います。
そして、運転中の後半に教官から運転に関する3つの質問をされます。もちろん英語で。

                        シグナル
路上に出てしばらく調子良く運転していた私ですが・・・
ある道路の交差点手前で青信号なので進もうとしたら手前角のガソリンスタンドから出たがっている車を発見。私の後続車はいなかったので親切に止まってあげてしまいました。彼は「サンキュー」と言いながら交差点を通過。私も続いて通過しようとしたら信号が黄色になっていた。
思わず急ブレーキ!私も教官も「がっくん!」という形で前につんのめる。
「ごめんなさぁい~」という私に彼女は「大丈夫大丈夫」。
だいたい、特に必要もなかったシチュエーションでそんな親切心出して停まったのがいけなかった。
更にこの道路からフリーウェイに合流する道の途中、短距離に信号が何度もあり、複雑だったことから、こちらも1つの赤信号を思わず通過しそうになり教官に指摘されストップ。(こちらは大きく減点だった模様)
そして不安材料のフリーウェイ(高速道路)へと合流しました。
合流は問題なし。斜線変更も全く問題なし。考えてみたら、教官だって事故は怖いから、完全に後ろがクリアになったときに「左に車線変更して」って言うんですよ。だから落ち着いて斜め後ろを軽くみてすぐに車線変更すれば問題ないのね。
ところが・・・!
前方右側に工事エリア発見! ミシガン(アメリカ?)では、道路工事している横を通過する際に、特に速度制限の標識が無い場合は時速45マイル以下が原則。でも、高速の場合は?・・・きっと一緒だよね?でも高速道路で安全性の理由以外で時速45マイル以下で走行すると違反という話しもあるし・・でも安全性の理由だからいいのか・・・しかし、周りにいる車たちはスピードを緩めることは全くなし。ということで、時速65~70マイルで走行していたのに、いきなり時速45にしたらかえって危険かな?と思ったものの、時速50マイルまで減速して通過しました。幸いここでは特に減点はされませんでした・・。45マイルは超えていたけど、一気に速度を緩めたので良しとされたのでしょうか?(未だに不明)
今回高速は工事エリアが非常に多く、車線が細くなっていてその点が怖かったです。

さて、無事に高速を出て、気分もかな~り楽になったところで、教官から質問。
内容は、「もし、対向車がこちらの車線に入ってきて衝突しそうになったらあなたはどうする?」とか
「あなたの車が何かに衝突しなければならない状況になった場合、どのような『物体』に衝突するのが最も安全?」とか、
「衝突が避けられない場合、どうやってぶつかるのが最も安全か?」
といった質問。いずれもちょっとクレージー(!?)な質問ですが、3つ目の最後の質問の意味が良くわからず、何度も聞き返してしまいました。とにかく英語の表現がちょっと分かりづらく、問題の意味が理解しにくかったのです。「どうやって・・・というのは、前から衝突とか横からとかそういったこと?」と聞くと「そう」というので、「正面衝突よりはサイドのほうが安全」と答え、無事正解!
・・・しかし!その質問を理解することに集中しすぎて、スピードメーターを全く見ていなかった。ただ、前を走行する車との車間距離を保ったまま運転していたところ、教官が「メーター見て!5マイルオーバーしてるわよ!」との指摘。ここでやはり大きく減点~!! (あなたが質問するから・・・と人のせいにしたがる私)

そして集合場所の教会に到着。
「あ~、結構減点多かったよな。これで受かるのか?」と不安になったものの、教官は「細かい注意が必要なところもあったけど、あなたの運転は問題なし!合格よ!」とのこと。(あまりに嬉しかったため彼女の言ったこの部分をピンク色にしてみました)
    
                       
やったー!!合格証を貰い教官と別れる。

ちなみに、我らが路上に出ている間、教会で待っていた相方。
「途中、車が一台来て縦列駐車の練習してたけど下手くそでコーン倒して去っていったよ」とのこと。
あらら、皆さん結構やってるんですね・・・(笑)。
                       
                       
しかし・・・アメリカの路上テスト、日本に比べたら甘いと思います。
日本では普通、路上テストでスピードオーバーしたらその時点で失格。検定中止となりますよね。(by経験者)
駐車の切り替えしでマイナスされたのは、ある友人が「その先生厳しいかも」と言っていたけれど、採点の甘い・厳しいは教官によってそれぞれなようです。
私は、特に甘い教官ではなかったけど、正当な評価をする感じの良い先生でよかった!

これで、やっとミシガンの免許証を取得しました。
sayapipiさんが以前、免許取得はある意味グリーンカード入手より嬉しいと言っていたけど、本当にそんな気持ちです。
もうパスポート持ち歩かないで済む!!駐車場でバック駐車の練習しないで済む!

しかし未だに運転時ヒヤヒヤすることがあります。夜や高速道路の運転、ストーム時の運転は未だに避けています。これからはそういったシチュエーションでも無難に運転できるよう、そして常に安全運転で頑張りたいと思います。若葉マーク

2009.06.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。