国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の出来事です・・・(ちょっと長いです)

日が燦々と差してきた午前10時半頃のこと。

雪が降っていた前日とうって変わって日も出てきたことだし、「そろそろガーデニングしてみよっかなー♪」・・・と春植え球根と種を持って、家に直接つながっているガレージに行きました。
アメリカの家(一軒家やコンドミニアム)の殆どは、ガレージが家とつながっていて、外に出ずしてガレージ⇔家の間をドアから行き来できるようになっています。日本で言う勝手口みたいなイメージ?

↓これがガレージに通じるドアでこのドアの向こうがガレージ。
IMGP4014_convert_20090331214918.jpg


ガレージには植木鉢数個とガーデニングショップで買った土が置いてあります。それを取りに行くのが目的でした。
ガレージに出てドアを閉めて植木鉢を選び、とりあえず部屋に戻ろうとしたら・・・
あれ?ドアが開かない!
そうです。ガレージと家の間のドア(上記写真)を鍵をかけた状態で”バタン”と閉めてしまったため、家の中側から鍵をかけてしまったのです。
こちらに転居した当初から相方と2人、このような状況を想定していたため、「絶対に鍵をかけた状態で外からドアを閉めないようにしようね」と話していました。

そのため、危機管理も万全で、私はガレージに行く際は常に家の鍵を持ち歩いていました。
「大丈夫だもんね♪鍵、鍵・・・と」 ・・・とジャケットのポケットに手をいれると、鍵がない!
いつも持ち歩いているのに、この日に限ってポケットは空!

「おおっ ここで初めてスペアの鍵が役に立つぞ!」と膝をポンと叩く私。
万が一ガレージに閉じ込められた際には、家に入れるように・・・とガレージからの勝手口のドアのスペアキーをガレージ内に置いていたのです。

しかし・・・ 探してもその鍵が見つからない。

「あ・・・そうだ、ゴルフバッグのポケットに入れてたんだよな・・・ゴルフバッグは・・・」

                          あっっっ

そういえば数週間前、相方がガレージの掃除してたときに、ゴルフバッグを地下室(家の中からつながっている)に持っていっていた・・・!!

                         

ことの重大さをこのときやっと実感し、顔から血の気が引いていきました。
そうです。私、家から閉め出されてしまったのです!!

このとき時間は確か午前10時半。太陽こそ燦々と照っているものの、気温はまだ5度前後。パジャマ同然の部屋着にフリースジャケットのみ。

とりあえずガレージのシャッターを開け、いったん外に出て玄関口のドアノブを回してみるも、『もしかして鍵かかってなかったりして♪?!?』と言った超都合の良いことはあるわけもなく、しっかりと鍵がかかっていました。

今度は裏庭にまわり、全ての窓を試してみましたが『もしかして鍵かかってなかったりして♪?!?』という再度超都合の良いことは全くなし・・・
通常は慎重すぎるほど戸締りきちんとしているのに、なぜこんなときに限って鍵を忘れるなんてうっかりなことを・・・

とりあえずガレージに戻り、針金やねじみたいなもので鍵穴に入れてカチカチ動かしてみる。『もしかして開けられちゃったりして♪?!?』なんて超都合の良いことが起こったら・・・世の中空き巣だらけになっちゃいます・・・もちろん、ドアは開かず・・・

鍵は無い、電話も無い、お金も無い ・・・あとは近所にいって電話を借りて相方に電話するしかない。
しかし、我が家の住宅街は近所付き合いは殆どと言ってよいほどありません。昨年末引越して来てから、相方は両隣の人と外で偶然会って挨拶ついでにちょっと言葉を交わしていますが、私は会ったことすら(顔を見たことすら)無いのです。
それがいきなり、パジャマ同然のスウェット姿で髪もぼさぼさ状態で「締め出されちゃいましたぁ~」・・・なんて言ったらどーだろう。
                            
相方が帰宅するのはきっと4、5時間後。まあ、死ぬことはないわな・・・なんて思うものの、トイレが我慢できるかが心配。(←これ重要)
あれこれ悩んだ結果、「えーいっ 恥なんて捨てろ!」で、お隣に向かいました。
相方の職場の電話番号がうろ覚えだったので、心の中で番号を何度も何度も復唱しながらお隣の玄関に繋がる石畳を歩く・・・この石畳がどんなに長く感じられたことか!!
そしてドアベルを鳴らすと・・・すぐに反応はありませんでした。
「誰もいないのかなあ・・・」と心細くなると奥で人影が動きました。

「あっ お願い!出てきて!」と言わんばかりに手を振る私。
するとこの家の主婦らしき女性が恐る恐る(?)出てきて、怪訝そうに私を見ました。
そりゃそーだ。スウェットにフリース姿で髪ぼさぼさのアジア人。あんた誰?って感じですよね。

私はこう言いました。「お邪魔しちゃって申し訳ありません。私は隣に住む者です。実はガレージから鍵かけて家の中に入れなくなってしまい、主人に至急連絡とりたいのですがお電話貸していただけませんか?」
~こう説明している間にも、電話番号を忘れたら大変と、ずっとずっと相方の職場の番号を心の中で復唱している私~

すると相手も状況を理解した様子で、「もちろんよ。ちょっと待っててね」と奥に引っ込み、すぐに電話を持ってきてくれました。

必死で復唱した番号にかけて「早く出て・・・」と心の中で懇願しているにもかかわらず・・・
応対したのは留守番電話
とりあえず「閉めだされたのですぐに帰ってきて欲しい」旨のメッセージを残し、お隣さんに電話を返す。
お隣さん:ご主人と連絡とれた?
私:いえ・・・席にいなかったみたいで、メッセージ残しました。ありがとうございました!(・・・と去ろうとする)
お隣さん:大丈夫なの?ご主人戻るまでうちで待ってれば?
私:いっ いえ、大丈夫です!ガレージには入れるし、車もあるし・・・
お隣さん:車あるの?大丈夫?
私:はい、このジャケット案外暖かいんです(←自分でも何言ってるんだか分からない)
お隣さん:そう・・OK。でも、いいこと?寒くなったら絶対にうちに来るのよ。そして電話が必要なときもいつでも戻って来てね。
私:本当にありがとうございます~

・・・といってガレージに戻った私。
お隣さん、いい人ぢゃ~ん・・・こんな形で初対面ってのが悔やまれる。

そして再びガレージに戻り、あたりを見回す。
車の鍵はかかっていないので、車に乗り込む。
・・・しかし、車の中は結構寒い。息も白い。車内を見回すと手袋発見。
そしてミネラルウォーターもありました。
「よし!これで当分は生き延びれるぞ!」と思いました。

・・・って、雪山や砂漠の遭難じゃないんだから・・・自宅なんだから・・・

しばらく車のシートに座り手袋はめてGPSで遊んだりしてました。
しかし、やはり寒い・・・。
そこで車から出て、ガレージ内で軽くストレッチ。・・・すると外からエンジン音が聞こえてきました。
相方だとしたら早すぎるぞ!・・・と思いつつ、「待ってたよぉ~良かったぁ~」と、ガレージのシャッターを開けると、郵便トラック。(がっくし)

あ~そういえば留守電だったし、会議だったのかも・・・会議が長引いていたら今頃まだメッセージ聞いてないかも。あ~、もう当分戻ってこないだろうな~。と不安もどんどん増していく。

またしばらく、ガレージ内でラジオ体操やジョギングをしてました。ほんの20分くらいだったと思います。でも、「わたし、何してるんだろー」と急に虚しさがこみ上げ、こんな状態になった自分が本当に情けなくなった頃・・・

再びエンジン音が聞こえてきました。今度は確実に近くなってます。あ"-間違いなく彼の車だぁ~。
泣き笑い顔でシャッターを開ける私。
車から出てきた相方は思わず私を見て「プッ」と噴き出しました。

私の不注意のために、仕事を途中でやめさせて帰ってこさせたので、怒られるだろうなあ・・と覚悟していた私ですが、相方は噴き出した後に「大丈夫だった?寒かっただろう~。家から閉め出されちゃうなんて可哀想に・・・」とハグしながら言いました。

「ごめんなさい、ごめんなさい、本当にバカだよねー」と謝る私に、「本当に気の毒だったね~。可哀想に!」と文句一つ言わないどころか寒かった私を労わる言葉のみ

何時間外に締め出されていたの?・・・と聞かれ、時計を見たところ・・・

えーと・・・トータル1時間半。
あれ?全然大した時間じゃないぢゃん!!
それでも、相方は「ガレージに1時間半はきついよ」と言います。

実は私が電話したときはやはり会議の最中だったそうです。でも、その直後に会議が終わり、留守電をチェックしたら私のオバかなメッセージ。
彼はすぐさまコンピュータをシャットダウンし、後ろの席にいるNちゃんに向かって

相方:今日早退するから、上司が来たら話しおいてくれる?
Nちゃん:早退?なんで?
相方:cojicojiが家から閉め出されちゃったんだ。
Nちゃん:それ冗談?!?
相方:本当に。じゃ、また明日~

と、電話して直後に会社を出たようです。

結果的には1時間半ガレージにいたのですが、今考えてみたら、天気も良かったし、まだ朝は寒かったけど、日当たりの良い裏庭のデッキにいたほうがよっぽどすっきり気持ちよかったことでしょう。
デッキでストレッチしたりしてたら1時間半なんてあっと言う間だったように思えます。
それなのに、暗いガレージで寒さに震えながら、水があるから生き延びれるぞ!・・なんて考えてた私って、果てしなくうっかり者?!?

ちなみに、昨日はその後近所のストアでカップケーキを買い、お隣さんにお礼に行きました。

ああ、移住1年を超え、タイトルも「移民ビギナー」から「移住2年目」に変えたばかりだったのに、この有様・・・これからも失敗・恥かきはまだまだ続くであろうか?!


スポンサーサイト
2009.03.31 / Top↑
やっと春が来た!・・・と思っていたら、昨日(日曜日)の夕方からいきなり大雪。風も強まり吹雪のように吹き荒れ、我が家では瞬間停電が数回ありました。
そしてテレビでは、「ゼネラル・モータース(GM)社の会長兼CEOが政府に退任を迫られる」とのニュース速報が報じられ(結局退任となりましたね)、まさにミシガンは嵐のような日曜の夕べ。。。
元会長兼CEOのリチャード・ワグナー氏の退任と、さらなるリストラ決行を引き換えにGM社(クライスラー社も)は追加支援を受けられるようになり、とりあえず今すぐの経営破たんは回避できたということは、日本でも報道されている通りです。
ミシガン州のジェニファー・グランホルム知事は翌月曜日にテレビに出演し、「ワグナー会長はまさに生贄の羊だった」と話していました。イケニエかあ・・・

↓もう3月も終わりだというのに、また雪に覆われてしまった。写真では見えないかな?デッキの上にある無数の動物の足跡はリス(甘太郎)のものと思われます。
IMGP4008_convert_20090330221551.jpg


                          
さて、今日の話題は(も)そのような未だ先が見えずどう転ぶかわからない経済のお話とは180度違う、お買い物についてのご報告です。まあでも、”購買”という意味では経済と全く関係ないわけではないかな?(・・・ないだろうな・・・

一週間以上前になりますが、先日友達のR子さんが私の住む家の近くまで所用で来たついでに、うちに遊びに来てくれました。
                          

彼女のご自宅は現在キッチンとゲスト用バスルームの大リニューアルを計画中。
一軒家に引越したばかりの私もそういったインテリアの話しには大変興味があり、色々お話を聞いたり、タイルやグラニテのサンプルを見せてもらいワクワク 美しく変身したキッチンやバスルームを見せていただくのが待ち遠しいです!!                          
                          
さて、この日は我が家で簡単なランチをとった後、買い物に行こうということになりました。
日本にいた頃は買い物・・・というともっぱらファッション系(服や靴、バッグ等)でしたが、今はそのようなものにお金をかけることは殆どなくなっています。なぜならお洒落をして出かけるという機会が殆どないから!!今は仕事もしていないし、おしゃれな場所に出かけることもない(もともとあまりそのような場所がない)毎日の生活で、食料品の買出しや友達と会うのでも、ジーンズにセーターがあれば十分。
そんな私が今一番興味があるのは、やはり家関連のお店。
                          HOME
こちらは家の物(消耗品やデコレーション)に関するお店が大変充実しています。日本人にも大人気の家具店IKEAや、バスルーム用品をメインに売るBed Bath & Beyond, 家のものなら何でもござれのHome Goodsといった家に関する専門店のほか、普通のスーパーやデパート、クラフト専門のショップにも、美しいキャンドルスタンドや絵、花瓶、ラグ、ベッド・バス用品等が沢山売られています。
                         
今回行ったお店は、R子さんに教えてもらったお店で、その名も The Great Indoors
家に関することなら何でも揃うこのお店。「インドア」とありますが、屋内のみでなく、パティオ用の家具や美しい植木鉢等も売られています。このお店は全米チェーンのお店ですが、ミシガン州ではNoviという日本人が多く住む街に1軒あるのみです。
                         買い物
まず店内に入ってその広さに圧倒されました。実際にはIKEAのほうがこのお店よりはるかに大きいですが、ここのお店は天井が吹きぬけのようになっており開放感がある!思わず「ヤッホー」と叫びたくなる感じ。。。
そしてそのような店内に、グラス、食器といったテーブルウェアやクロス、バスルーム用品、キャンドルスタンド、フラワーベース、ベッド用品、絨毯、ライト、パティオ用家具、冷蔵庫、洗濯・乾燥機、掃除機等など、家に必要なものなら何でも揃うと言っても過言ではないほどずら~と商品が並んでいます。
キッチンやバスルームの改装用のタイルやグラニテ、シンク、蛇口等もバラエティ豊富なデザインで売られております。
中でも私が感動したのは、ライト(ルームライトやシャンデリア)の種類が非常に多いこと!いつも行くお店の3倍以上のセレクションがあり、シンプルなデザインのほかに、滅多に見ないようなモダンなデザインのものも沢山ありました。
しかし、素敵なものはやはりそれ相応にお値段もはります。
このところ出費が多く、可能なものはできるだけセール品やガレージセールで獲得しようとしている私にとっては、高値の花・・的なものが殆ど。でも、デザインが素敵なので、お金をためていつか買いたい・・と思った物も沢山ありました。
                         アップロードファイル
一方、各セクションごとにクリアランスコーナーがあり、そこには定価よりかなり値下げされた品が陳列されており、物によっては大変お買い得なものもあります。

1階と2階の2フロアで構成されているこの店内。2階への移動はエスカレーターです。
驚いたのは、大きなカートを乗せる専用のエスカレーターが平行しているのです。アメリカでは(日本でも)最近は一般化してるのでしょうか?・・・私は初めて見たので思わず携帯カメラで激写しちゃいました。

↓人が乗るエスカレーターの横に、カート専用のエスカレータが平行して走っています。我らのカートもこちらに乗せていざ2階へ!
0320091347a_convert_20090326013907.jpg

↓2階から見た1階の風景。商品のレイアウトに余裕があることから、より一層広々と感じるんですね。
0320091348a_convert_20090326014008.jpg 0320091433a_convert_20090326014028.jpg

2階にはベッド用品が売られており、そのクリアランスコーナーでベッドスプレッド(ベッドカバー)を約半額で購入しました。
R子さんは同じくベッドスプレッドと、とても可愛いデザインのスープボールを購入。
会計のレジでは店員さんさえもそのスープボールを見て「まぁ、このボールとても可愛い♪」と言ってました。
                         ショップ                  
こちらのお店、他のお店と比較してけっして安いとは言えませんが(かと言って手が出ないほど高くもない)、それなりにデザインも凝っていたり洗練されているものが多い。
今後も定期的にチェックしてみたいお店となりました。

≪紹介したお店≫
The Great Indoors
44075 12 MILE RD
NOVI, MI 48377
(248) 679-1000
(注:住所をそのままGPSに入力しお店に行こうとするとちょっと迷うかもしれません。NOVI RdからWest Oaks Drに入り、Donelsonで左折、1つ目を右折するとお店の前に着きます。)
2009.03.30 / Top↑
私ごとで恐縮ですが、今日でミシガンに移住して丸1年になりました。

                           
ちょうど1年前の今日、日本を離れてミシガンにやってきました。
相方もわざわざアメリカから日本まで迎えに来てくれて、遠く離れたアメリカに移り住むということで、年老いた両親も成田空港まで見送りに来てくれたのがまるでついこないだのようです。

あの日は、早めに空港に着くように時間に余裕を持って家を出たにもかかわらず、山手線が事故のためストップ。
池袋駅で途方にくれた私達は、駅員のアドバイスのままに埼京線に乗り換え迂回して急いでスカイライナーの発車する日暮里駅まで急ぎました。途中駅の乗り換えでは重いスーツケース抱えて階段を走り上る私を見て、親は「あれ?あいつあんなにバカ力があったのか?!」と驚いていました。
結局、予約していたスカイライナーには間に合わず、次のスカイライナーに振り替え、「間に合うかな?飛行機に間に合わなかったらど~しよぉ~」と焦っていたことを思い出します。

そんな焦りの中、スカイライナーの車窓から見えた風景に、ぽつぽつと咲き始めた桜の木々がいまでも印象深く残っています。               

飛行機には無事間に合ったものの、両親とゆっくり別れを惜しむ間もなく、あわてて出国手続きをした私達。・・・まあ、むしろ別れを惜しむ時間があったほうが辛かったのでかえって良かったかも、とも思いますが。
                          
デトロイト国際空港に到着後は、ビザが発給されて始めての入国審査でしたが、幸い相方も一緒にいたため、談笑を交えながら全く問題なくスムーズに入国できました。

こちらに来て引越しも2回経験し、最近やっと落ち着いて生活できるようになりました。
1年・・・といっても、まだまだ生活にすっかり慣れた!!・・・と言い切れる自信は全くありません。
運転免許の取得もまだだし、英語もまだ自信を持って大丈夫!とは、とてもだけど言えず・・・
それでも、この1年でたくさんの素敵な人たちに出会い、相方や家族・友達に支えられ、元気に過ごすことができました。
日本への一時帰国の際も、家族や友達がとても暖かく迎えてくれて、この一年間は家族・友達の暖かさを心からありがたく実感した一年でもありました。

これからも、この感謝の気持ちを忘れず、おごることなく、あきらめることなく、でも焦ることなくマイペースで生活していきたいと思います。
                         
皆さん、本当にありがとう!

                          jumee☆thankU1Ljumee☆thankU1R
・・・というわけで、移住1年を過ぎたのでタイトルをちょっと変えてみました。
まだまだ生活ぶりはビギナーには違いないけど、とりあえず『2年目』ということで!
あれ?「移民ビギナー」→「移住2年目」に変わっただけぢゃん。工夫ねぇ~っ

これからもこのブログは思いつきで書いてしまうことが多いかとは思いますが、皆様懲りずに是非たまにはお目を通していただければと思います!

≪追伸≫
相方に「移住一周年記念は何して祝う?」と聞かれ、迷わず「KFCのチキン食べる!」と答えました。
                         肉
ファストフードはあまり好きではないのですが、KFCのチキンは昔からの好物。それなのに、アメリカに来てから一度も行ったことがなかったことに気づき・・・。日本にいる頃から通算しても3年以上はご無沙汰だと思います。
フライドチキンにシャンパンで祝杯だぁ~
2009.03.26 / Top↑
このところ、ずっと睡眠不足気味でした
なぜなら、連夜テレビでWBCの野球観戦をしていたからです。

                         野球
私は野球が大好きです。中学時代はソフトボール部に入部し、週一回だけ授業の一環で行われる必修クラブという授業では野球を選択(私以外にもう一人女子がいた)。ソフトボール部では名選手には程遠い腕前だったけど、とにかくキャッチボールやバッティングをするのが大好き。週末も度々バッティングセンターに行ったりしてました。
ルールにも詳しく、野球のスコアブックを完璧に書くこともできましたよ。(今は殆ど忘れてますが)

おやぢ・・・いや、おばさんになった今でも野球は一番好きなスポーツです。
そのようなわけで、北京オリンピックを最後に野球とソフトボールが種目から削除されるのは本当に残念でたまりません。でも、しかたないですね。これらのスポーツが普及しているのはアメリカ、中南米、日本・韓国・台湾等のアジアのみ。欧州は普及しようとしてもしきれず・・・

さて、タイトルにもある、この第2回WBCも日本が優勝し2連覇を達成しましたね!
日本ではこの日本代表の快挙に大盛り上がりだったことでしょう。
色々なスポーツニュース見たかったなぁ・・・
なぜなら、こちらアメリカは自国開催であるにもかかわらずWBCに全然興味ないんだもーんっ!

アメリカ人はそもそも国際競技にはあまり興味がありません。オリンピックでさえ、日本のような盛り上がりはないのです。
しかも、アメリカは野球の国際試合にはいわゆるスーパースターが出てきません。
北京オリンピックでは、2Aや3Aといったマイナーリーガーが多いチームでしたよね。(そのアメリカに負けた日本
今回は全てメジャーリーガーでしたが、それでも辞退者続出の結果のオーダーでした。

そのようなわけで、テレビ中継もしかり。先日、通常WBCを中継してるチャンネルで第2ラウンドのとある試合を見ようとしていたら、そのチャンネルではカレッジバスケットを放映していました。
                           バスケットボール
相方曰く、「カレッジバスケットはアメリカでも最も人気のスポーツの1つ。WBCなんて放送してる場合じゃない!」だそうです。。。
そういえば、カレッジフットボールも本当に人気で驚きました。学生スポーツが盛んで、ドハデなんですね。WBCがカレッジバスケのシーズンと重なったこともあり、アメリカではWBCの盛り上がりは全くと言って良い程なかったのが残念。開催されてることを知らない人すら沢山いました。

それでも、その不人気さがむしろ日本人の応援団にとってチケットも取りやすくて良かったとの噂も聞きました。日本で開催されていたら、プラチナチケットとなり入手もきっと困難だったでしょうね。
                            
                           テレビ                       
ところで、アメリカの実況が日本と違う点は、彼らはとにかくおしゃべりということ!試合の中継そっちのけで、個々の意見を延々としゃべくりまくる!そしてジョークを飛ばしあいゲラゲラ笑う。
大事な試合のシーンでも、解説者の一人が延々と喋っていて(カメラもそちらを写していて)、ヒットかファインプレーが出た瞬間、実況担当者が「あっ (あんたが喋ってるから)見逃しちゃいましたよ。」と解説者のせいにし、解説者は「君が質問したから答えただけだよ・・・」と返しゲラゲラ(笑)。韓国のオーダーの氏名がなかなか読めず「イム・・・チャン・・」としどろもどろになり、「難しいなぁ~」とおどけてみせて、周囲がゲラゲラ(笑)。リラックスしすぎー。

そのようなリラックス中継の合間でしたが、先週行われた第2ラウンドのキューバ戦では、球場に応援に駆けつけていた王貞治氏にインタビューするシーンもありました。
↓(左)インタビューされる王貞治氏。これまでの偉業の数々もあわせて紹介されていました。(右)前回の日本チームの監督だった王氏と今回の監督である原氏とのツーショット。
IMGP3994_convert_20090324235446.jpg IMGP3993_convert_20090324235502.jpg

王さんはこの日以外にも何度もTVに写ってましたよ。元ドジャース監督のラソーダ氏と対面して談話している姿も写されていました。王さんの知名度はこちらでも高いのだな・・・と実感しました。

さて、今回、韓国とは5試合もしましたが、いつ見ても苛々ドキドキ・・・安心して見ていられるということがなかなかない。しかもあの大声援による応援。そういえば、テレビ局のおしゃべりゲラゲラ中継者はこの「テーハミングク?」の意味も説明してました。(笑)

しかし、ここ数年の韓国の邁進には驚きです。以前からアジアの中では日本のライバルとも言える国でしたが、韓国プロ野球の歴史は意外と浅く、リーグ誕生は1982年なんです。
いまや日本は韓国に敗れることも珍しくない。
心からくやしぃ~と思いつつ、日本ももっと頑張ってくりぃ~と激を飛ばしたい気持ちでいっぱいでした。
そんな中の、韓国を破っての2連覇。野球好きにとって超HAPPY! 溜飲が下がる気持ちでした!

今回の試合だけでは世界一!とはまだ言えないけど、WBC連覇おめでとう!日本野球万歳
2009.03.24 / Top↑
先日、日本への郵便(カードの封書)を持って郵便局に行きました。
窓口で「(封書を見せて)これ日本に送りたいんですが切手はいくらでしたっけ?」と聞くと、「¢94だよ。切手は1枚だけで良い?」と聞かれたので、「あ、5月から郵便料金値上がりすると聞いたのですが、国際郵便もあがるんですか?」と訪ねると、やはり上がるとのこと。

そのようなわけで、5月前にあと1度だけ使いそうなので、とりあえずその日に出す1枚ともう1枚購入しました。
                           sai.leter-v
窓口のおぢさんが、私の差し出した郵便物の氏名欄を見ていきなり
「アリガトゴザイマス。○○サン(←我の実名)」と日本語で言ったので、びっくりして
「おおおっ 日本語ジョウズ!どうもありがとうございます」と返すと、彼は照れくさそうに「ちょっとだけだよ・・・」と英語で言い、すぐさま今度は
「○○さん、オゲンキデスカ?ワタシハアナタガスキデス」 と続ける。
苦笑い(あ、知ってる単語出来るだけ沢山言いたいんだな…と思いつつ)「まぁありがとう!私はゲンキデェ~ッス」と調子を合わせました。
帰り際まで、「アリガトー、サヨナラー」と後姿に声を放つ郵便局員・・・ミシガンでは珍しいと思いました。

しかし、この郵便局員、相方より単語力多かったぞ・・・相方よ、見習え!

話し逸れましたが・・・
                          POST
アメリカでは5月11日から郵便料金があがります。
普通郵便(第1種、封書1オンスまで)は現在の¢42から¢2引き上げられ¢44に、大型封書は最初の1オンスまでが¢5引き上げられ¢88に、ハガキは¢1引き上げられ¢28になるとのことです。
また、日本その他の外国(カナダ、メキシコ以外)へのハガキや1オンスまでの封書は¢4値上がりして、¢98となります。

しかしこれらのうち、国内の普通郵便にはフォーエバースタンプ(Forever Stamp)なる切手があります。これは、現行の¢42の値段で、5月11日以降の値上がりした後でも、追加料金なしでずっとずっと使えるもの。アメリカでは事前にまとめて購入する人が多いようです。

↓こちらがForever Stamp。(相変わらずピンボケですみません)裏面にも12枚あり、20枚/シートとなっています。
IMGP3996_convert_20090320215027.jpg

まあ、100枚使っても$2の節約にとどまってしまうのですが、”塵も積もれば…”です。
こういうシステムは便利だなぁと思います。日本にもあると良いのだけど・・・しかし、郵便料金は年々上がっていきますね。
特に国際小包は高いっっっっ!

                           jumee☆postman1
日本郵便は値上がりの噂等はないですか?

2009.03.20 / Top↑
昨日は聖パトリックの祝日(St.Patrick's Day) でした。
こちらは、アイルランドにキリスト教を布教した聖人パトリックの命日で、アイルランドでは祝祭日となりますが、アメリカでは特に祭日ではありません。

それでも、アイルランドからの移民の多いアメリカでは、アイルランドのカラーである緑色の服や小物を身に付け、緑色のラガービールを飲み、アイルランドの料理を食べたりする慣わしがあるようです。
また、各地でパレード等の催し物もされるそうです。
特に緑色のものを身に付け、パブやバーで緑色のビールを飲む習慣は、アイルランド系アメリカ人に限らず、アメリカでは一般的にお祭り的イベントとして浸透している模様。

そのようなわけで、日系移民である私と、はるか昔のハンガリー/ドイツ/ロシア系移民である相方も、緑のビールを飲みにスポーツバーへ行ってみました。

ちなみに、この日はアイリッシュパブを筆頭にスポーツバー等も若者を初めとした客で満員、夜更けまでドンちゃん騒ぎだそうです。
雰囲気はちょっと味わいたいと思いながらも、若者達のクレージーなドンちゃん騒ぎに「おばさんとおぢさん」はついていけないので、かなり早い時間に行き、日の明るいうちに帰ってこようということで、5時頃お店に到着。

↓しかし既に店内はかなり席が埋まっていました。このように、緑色の服やネックレスなどを身に付けた人々が目立ちます。カウンター上部にはアイルランドの幸福の象徴であるクローバーの看板が・・・。
IMGP3971_convert_20090319025214.jpg IMGP3981_convert_20090319025233.jpg

↓こちらがグリーンビア。・・・といっても普通のラガービールに食用着色料を入れてるだけなので、味はまさにバドワイザーでした(笑)。でも、なんだか日本人の目で見るとソーダ水みたい。
IMGP3969_convert_20090319025251.jpg

このお店は何度か行ったことがあるのですが、この日は混雑で店内もうるさく、会話がままならないほど。
気がついたら、満席となっており、席待ちの人々がビール片手に我らの席の前でも空くのを今か今かと待っています。(チェックが置いてあると、「彼らはもーすぐ出る!」と思い、その周りをうろうろしてるんですね。日本のスキー場とかデパート食堂等にいるおばちゃんみたい?!)

そんなわけで、グリーンビアも1杯堪能したしチェックも済ませていたので、早々に店を後にしました。午後7時頃のことですが、夜はこれから!満員はおかまいなしにどんどんと新たなお客さんが入店していきます。

アメリカは色々な記念日を色々な形で楽しむのですね。これも人種の坩堝、国民の大半が移民というお国柄でしょうか。
しかし皆さん、飲むわ飲むわ・・・ 帰り大丈夫かしら?警察のお世話にならないでね・・・なんて思ったりしました。電車の発達した日本はやっぱりいいなぁ~。
2009.03.18 / Top↑
ちょっと変なタイトルとなりましたが・・・。

                           
さて、このところお天気の良い日が続き、気温も徐々に上昇しているので、気分がわくわくしてしまいます。

↓サービスショット!ここ数日の春気分に加え、先日お友達夫婦が遊びに来たのをきっかけに小さな花束を購入。我流のインチキ活けなのでアレンジの腕前はスルーしてくださいっ。でも花があるだけで気持ちが癒されるものですねぇ~。マーガレット
IMGP3927_convert_20090318002953.jpg

                         
さて、話しはかなりさかのぼって半年ほど前、アメリカ人の友人Lちゃんの車でOrchard Lake Rdを北上していたときの話。
Orchard Lakeすぐ南のダウンタウン(と呼べるのかな?Krogerのある辺り)を通過した際に、Lちゃんが「この辺りの風景見ると、名古屋を思い出させるんだぁ~と。
えっ? 名古屋?!Orchard Lakeの街並みが名古屋っ?!
Lちゃんは日本に数年住んでいたことがあり、名古屋にはその時期ご両親がお仕事の都合で2年程滞在していたそうです。だから、彼女にとって名古屋は思い出の場所。
私は名古屋に行ったことがありません。でも、Orchard Lakeの緑と湖に囲まれのんびり~とした雰囲気と、大都会といったイメージの名古屋とでは結びつけようにも、私にはどうにも想像ができないのであります。
Lちゃんはきっと名古屋の郊外の街のどこかを思い出していたんでしょうね。。。
              
                          
ミシガンというと、日本の風景に重ねるならば北海道が真っ先に思い浮かびます。広大な土地。延々と広がる畑。そこにぽつんぽつんと建つ農家とサイロ。(←郊外の話しです)夏にはラベンダーが咲き誇り、冬は雪に覆われる・・・。

↓こちらミシガンのGrand Rapidsという街の郊外。北海道~って感じ・・・。
IMGP0899_convert_20090318000337.jpg

そんなわけで、Lちゃんが「Orchard Lakeのストリップモールが並ぶ街なみが名古屋と重なる」と言ったことがずっとずっと理解できずにいたのですが、つい先日私にも同様なことが・・・。
                         
ある日、相方と近所のハイウェイをドライブしていたときの話し。車窓から見た風景が、私の実家のある埼玉県のとある風景にそっくりということに気づいたのです。
実家は埼玉・・・といっても、東京との県境そばの市街地。家と家との感覚は狭いし道路も狭い。
でも、とある道路のあるポイントから見るその風景がまさに実家から5分ほどの風景にそっくりだったのです。丘陵のカーブや、そのカーブの途中に立っている建物の形とか、そういったレイアウトが本当に似ているのです。それ以来、そこを通るたびに「あ・・・やっぱり似てる」としみじみ思うようになりました。
比較写真を掲載できないので、分かりづらいですよね。
気候も建物の形式も違う異国の土地同士が重なって見えること、あるんですねぇ~。

皆さんにもそういう経験ありませんか?

2009.03.17 / Top↑
さあ!今年もアメリカンアイドルが始まりました!!今は、トップ13まで絞られ、既に私のお気に入りシンガー何人かいますよぉ~ しかし一昨日のコンペティションで昨日2人が落とされました・・・ しかし、この先がたっのしっみだなぁ~♪・・・と。
あ・・・この話題はきっと退屈だろうから、やめておきましょか(笑)。
                           
さて、今日はテレビの話し。
日本にいた頃は、ケーブルTV(CATV)に加入していたため、通常のチャンネル数よりは数多くのチャンネルを視聴することができましたが、ここアメリカのチャンネル数には足元にも及びません!
アメリカでは殆どの家庭でCATVもしくはサテライトTVに加入しています。
ちなみにCATVだと合計100チャンネル以上、サテライトに加入しているとなると300チャンネルくらいあるんじゃないでしょうか。それだけのチャンネル数あっても、実際に見るチャンネルなんて本当に限られるんじゃないかと思うんですがね。。。
                            
我が家はCATVですが、それだけチャンネル数が多いと、専門チャンネルが沢山あるんですよね。
日本のCATVでお馴染みのチャンネル(Discovery channnel やNational Geographic等)はもちろんのこと、例えば、料理のレシピや食べ物についてをずっとずっと放映している「The Food Network」とか、ジュエリー専門の通販チャンネルがあったり、映画専門チャンネルもスポーツ専門チャンネルも1つだけでなく複数あります。
ちなみに、フードネットワークでは日本で人気だった番組「料理の鉄人」からアイディアをとった「Iron Chef」なる番組が放送されていて(再放送を何度もする)、日本人シェフも出ていたりします。
                            
数多いテレビチャンネルの中で、いま私が気に入ってるのが「HGTV」。
こちらは、家に関することをずっと放映しているチャンネルです。
例えば、家を購入したい人(単身者やカップル)がリアルターと共に予算に合った3つの物件を見る。そして最終的にそのうちの1つを購入して、その家に入居した後の家の中を公開する・・・という「House Hunters」
そして、家を売却したい人が、リアルターにその家の価値(利点・欠点)をあげてもらい、プロの大工やデザイナーが家の価値を上げるために、低予算で改装する「Designed to Sell」。 
他にも、現在住んでる家の気に入らない部分をプロのデザイナーの提案で低予算で改装する「Designer's Challenge」などなど。
我が家は最近一戸建てに引越したばかり。この番組は非常に興味深く、そして参考になるのであります。
                            
例えば、家の改装。専門のデザイナーや大工が次々に驚くべきアイディアを出し、家が見違えるように良くなっていく様は圧巻。テレビ番組なのでちょっと大袈裟かもしれないけれど、新たな家具代や調度品代を含めた予算20万円程度の改装費で、家の物件価値が2、300万円上がってしまうということもあるようです。
それは機能的なことはもちろん、洗練された飾りを飾ることによって家が全く別もののように、豪華に見える。オープンハウスを見学しに来た人たちは「まあ!家の中はなんてゴージャスなの!」と思う。

↓このように、プロの大工さんやデザイナーが”いただけない部分”をどんどん修繕していきます。(左)シャンデリアの交換。(右)ベイウィンドウ脇に新しいベンチを製作。
IMGP3907_convert_20090313005108.jpg IMGP3908_convert_20090313005126.jpg

その結果のBefore After が以下の写真。(日本にもそんな番組ありますね)

↓リビングルームの(左)before, (右)after!この家の人はリビングになぜかダイニングセットを置いていた・・・という不思議な使い方をしていたのですが、この通り見違えるようにすっきりと。趣味もイマイチだったけど、洗練されてます。
IMGP3914_convert_20090313005204.jpg IMGP3918_convert_20090313005322.jpg


↓ダイニング(キッチン横のヌック)の(左)before,(右) after!以前は生活感丸出しの散らかったヌックがこのようにすっきり快適空間に
IMGP3915_convert_20090313005220.jpg IMGP3916_convert_20090313005356.jpg

↓beforeの写真がなくて残念ですが、こちらもともとあったダイニングテーブルセットを本来のダイニングルームに置き、新しいシャンデリアでなんとも素敵な空間に
IMGP3913_convert_20090313005245.jpg

もちろん、生活しているにつれ、物が増えて乱雑になってしまうのは仕方ないこと。
でも、アメリカの一戸建ての殆どがガレージや地下室があるので、物置に関しては日本より恵まれています。
                           
このように、飾り1つ手を加えただけでも見違えるようになる・・というのは、本当に面白い。
実際、私達が今の家を決めた理由の1つに、前のオーナーがとてもこの家のメンテナンスを良くしていたことに加え、家のデコレーションがとても素敵だったのです。(私達が見学した頃はまだ前のオーナーが住んでいた)家具や調度品・・・どれもが家の雰囲気にマッチしていて「こんな家に住みたい」と思ったのが決め手でした。

家の内装は住んでいて快適な空間を作るためには勿論のこと、売る際にもかなり重要となるのですね。

アメリカは家の改装をするための小道具・大道具(表現がイマイチ?)がとっても充実しています。
Home Depo や Lowe'sと言った「DIY (Do it yourself)」系のお店は勿論のこと、普通のスーパーにもそういったものが沢山売られています。
バスルームやキッチンの水道の蛇口、シンクなども好みにあった色々なデザインのものが売られており、自分達で付け替えてしまうことが一般的なのです。

今は、引越したばかりで家具や家のローンにお金が飛んでしまい、そのような余裕はありませんが、徐々にお金が溜まったら我が家も手を加えていきたいと思っています。
この番組を見ることにより、色々なアイディアをいただき今後のためにも大変勉強になるのであります。
2009.03.12 / Top↑
先週の金曜日はここミシガンもかなり気温が上がり、摂氏20度近くまでいきました。青空も広がり、風の匂いが春・・・いや初夏を感じさせるほどの気持ちよい気候でしたよ。
                        
ところが、せっかくの週末土曜日・日曜日はず~っと雨。ときおり土砂降りとなり、夜は稲妻がピカピカとひかり雷がゴロゴロと鳴っていました。
                        カミナリ pkk 
冬の稲妻?!?(←大昔そんな歌がありましたね・・・って年がばれるってば!)と思ってしまいましたが、いや冬ではなく、これも春が来た証拠。これからは三寒四温で徐々に暖かくなるのでしょう。
                        

最近、朝方「クワァッ クワァッ」と白鳥のような、でもニワトリのようでもある鳴き声に起こされます。
これはカナダガン(カナディアン・グース)というカモの一種。冬の間、南で越冬していたこのグース達が北上してきたのです。
初めてミシガンでこの鳥を見たとき、「わぁ~。カモだ♪可愛い~!」・・・なんぞとはしゃいでいたものですが、アメリカやカナダに住む人々にとっては、この鳥は害鳥・・・とまではいかなくても、目障り(?)な存在。・・・というのも、民家の庭まで入ってきて、庭の草をついばんだり、あちこちに糞をしまくる。しかも、道路のどまんなかにいて車が来てもなかなか逃げない。
日本で言う、カラスみたいな存在ってところでしょうか?

↓こちらカナディアン・グース。我が家の裏庭で草をついばんでいました・・・ マガモよりかなり大きいです。
IMGP3896_convert_20090309232827.jpg

週末は、相方のご両親が遊びに来て2泊していかれたのですが、やはり朝このカナディアン・グースのうるさい鳴き声に起こされたそうです。
こうしてブログを書いている今も、外で「クワァッ クワァッ」とうるさいのなんの・・・
                       アヒル。

昨日の日曜日からアメリカは夏時間となり、これまでより1時間時計が進んだことになります。
このところ朝は7時過ぎ頃明るくなり、夜は6時半頃まで明るくなっています。
ところが、この夏時間に変わったことにより、朝は8時頃まで薄暗く、夜は7時半頃まで明るい、といった感じ。

↓今朝撮影。まだ辺りは真っ暗ですがこれ、7時半過ぎですよ。
IMGP3901_convert_20090309232856.jpg

朝が暗いのはどうも苦手です。ベッドから出る気になれないんですよね。日暮れが遅いのは嬉しいのだけど。。。

この週末はずっと大雨だったため、せっかく相方のご両親が泊まりに来てくれたのに、殆ど家の中にこもったまま。
でも、おかげで、映画「High School Musical 3」と「Australia」を見てのんびりと団欒を過ごせました。

気温上昇、大雨、雷、カナディアングース。。。どれもミシガンの春の訪れを知らせるものです。
これからまた、雪が降ることも何度かあると思いますが、徐々に春が来ていることを実感するのであります。
                       
しぃ~らかばぁ~、 青空ぁ~。 みぃな~みぃ 風~♪♪
2009.03.09 / Top↑
昨日はこちらで3月3日。そう、ひな祭りの日でした。

長いことミシガンに住まれているお友達のあーびぃさんがお友達やお子様達と一緒に週末にちょっと早いひな祭りパーティーをされた・・という話しを聞き、「おぉ~。アメリカにいてひな祭りかぁ・・・素敵私もやってみたいなぁ・・・」と思いました。
                      
そしてパントリーを覗いてみると、ちょうど「すし太郎」があるではありませんか!
「よし、今日はプチひな祭りしよ!」と意気揚々に、「ちぃ~らしぃ~♪寿司ぃなぁ~ら♪このぉ~す・し太郎~」と北島三郎風に歌いながら準備を始めました。

↓そして完成!超簡単散らし寿司・・・おっと、刻み海苔乗せるの忘れてた! バックの絵は桃ではなく梅なのでちょっと残念。。。
IMGP3878_convert_20090305012338.jpg

↓(左)そんなわけで、お茶碗によそってから刻み海苔乗せて再度。(右)日本から買って持ってきた超小さな雛人形。ピンボケ残念・・・
IMGP3885_convert_20090305012245.jpg IMGP3877_convert_20090305012310.jpg

2人でひな祭りの唄を歌い(相方はでたらめ歌い)美味しくいただきました。
白いご飯があまり好きでない相方ですが、ちらし寿司は大好評。良かった・・・。

                      
東京で一人暮らしをしていた頃は、節分もひな祭りも七夕もクリスマスも・・・そのような季節の行事を祝うことが全くといって良いほど、なかった私。
時間に余裕ができたこと、そして日本から遠く離れて住むようになった今、こういった季節の行事の真似事を少しでもすることにより、心が大変豊かになるものだなぁ・・・と実感しました。

2009.03.04 / Top↑
昨日から3月に突入!
3月というと春のイメージですが、日本もまだ寒いですよね。
ご想像の通り、ミシガンは本当に寒いです~。
3月幕開けの昨日は氷点下15度以下だったと思います。風が強かったためもっと寒く感じた。

そしてこちら今朝の写真。
雪もすっかりなくなり、日差しもキラキラ・・・。しかし。。。
IMGP3869_convert_20090303011039.jpg

写真にはどうしても撮れなかったのですが、この日差しに反射して空中をダイヤのようなかけらがキラキラしていました。
ん?雪?・・・いや、ダイヤモンドダストです。昔そんなタイトルの歌がありましたね♪懐かしい~。
ご存知のようにダイヤモンドダストは、空気中の水蒸気が低温のため凍る小さな小さな氷のかけらです。
今朝は9時時点での我が家のあたりの気温な氷点下13度。(体感気温は氷点下19度とも発表されている)
写真で見るとそんなに寒そうに見えないのにねぇ。。。
                        †XmasOrns†ロゴ#10/雪の結晶04-02(*゜▽゜)ノ
3月だというのに、まだまだ寒いです。
ちなみに来週の日曜からは、夏時間(Daylight Saving Time)に変更され、1時間早まります。まだまだ真冬気候ですがっ!(笑)
アメリカでは日照時間が長くなるこの時期(3月第2日曜日)に夏時間に変更されます。確かに最近は明るい時間が長くなりました。夕方6時過ぎまで明るいですよ。6月頃になると、夜9時過ぎても(10時近くまで)明るいですからね。。この点は大いに喜ばしい♪

                        ゆきだるま
3月に入り来週からは夏時間。今シーズン中に、どっかりと積もるような雪が降るかどうかわかりませんが、週末はアウトレットで雪かきにちょうど良さげな防水のブーツを買いました。アメリカで人気のカジュアルブランドBassの最終バーゲンでなんと$20以下でした!内側はファー付きで暖かっ!
今シーズンは、12月~1月の殆どを日本で過ごした為、回数は少なかったものの、トータル3,4回雪かき(お手伝いレベル)をしました。長靴がなかったので、普通の革ブーツでの雪かき。いつも雪が革とエッジの間から染みてきて靴の中がびじょびじょ~。 でも、これからは快適に雪かきできます!
                        

いやっ だがっ!しかし今シーズンは雪かきするほどの雪、もう降りませんように・・・
もう雪は十分堪能(?)した。That's Enough!
一日も早く春が来ますよ~にっ!!
2009.03.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。