国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回は一時帰国時の思い出として、(私にとって)懐かしい日本の場所について報告しましたが、今度は一転して今のトレンド(もしかしたら既にちょっと遅れてるかも?)である場所についてのご報告・・・個人的な思い出話しを数回に分けて書きます!

私は10年ほど、都内で一人暮らしをしていましたが、都内の話題のスポットには余り行っていなかったように思います。
「表参道ヒルズ」には興味のあるお店がなかったせいか1,2度行ったきりでした。丸の内の再開発されたビル郡のうち「丸ビル」以外(「新丸ビル」、「丸の内オアゾ」等)はまるで行ったことがありません。さらに銀座エリアの「マロニエゲート」、新しくなった東京駅前の高層デパート「大丸」、そして話題の「六本木ミッドタウン」等にもまだ行ったことがありません。

今回、友人達と再会した場所は殆どが都心。安いチェーン居酒屋で集合することもあれば、ちょっとかしこまったレストランやワインバーで会うこともありました。財政上、かしこまったレストランはランチ限定でしたが(苦笑)。
                       
今日は新丸の内ビルディングでの感動日記をば・・・。このビル、2007年4月に竣工したので、私がまだ東京に住んでいた頃に完成していたことになります。・・・が、結婚→退職→移住を控え、当時そのような旬の場所に行く余裕は全くありませんでした(苦笑)。
先日この新丸ビルにある「リゴレット ワインバー」で友人達と会うことになり新丸ビル初体験(なんて大袈裟かな)をしました。
このお店の売りは、数多く取り揃えられたワインの価格が2,500円均一ということ。(他に高価なワインもあるようですが)そして、ワインに合うタパス(小皿料理)が300円均一のものと500円均一のものもありリーズナブル。タパス以外にはきちんとしたアントレもあります。
私達はスパークリングワイン(スペインCAVA)を注文しましたが、コストパフォーマンスはとても良いと思いました♪ちなみにこのお店、六本木ヒルズ内にもあるそうです。

↓(左)ワインと共に「旬の根菜とロメインレタスのバーニャカウダ」。このバーニャカウダ(オリーブオイルにアンチョビとガーリックの味付けがされているソース)がとっても美味しく、野菜もパリッと新鮮で手が止まりませんでした!(右)入り口は両脇にあるワインセラーの間を通るような作りになっています。その量は圧巻!
IMGP3730_convert_20090129032100.jpg IMGP3733_convert_20090129032149.jpg

この夜は私を含めて3人で会ったのですが、一人はお酒が飲めず、もう一人は通常は良く飲むのですがこの夜は残念なことに彼女の体調が優れず殆ど飲めない状態。。。このため、私が一人で飲んだくれてしまい、翌朝大変なことに・・・

いまさらながらで恥ずかしいですが新丸ビルは凄かったです。丸ビルが出来たときもちょっと感動したのですが、丸ビルはそれを上回っているのでは??と思います。高級感というよりも、訪れる客がくつろげる場所がかなり多く撮られていることに感動。

↓(左)こちらビル内のパウダールーム。レストランではこのようなお洒落なパウダールームもありえますが、これがビル共同のパウダールームとは!トイレとは完全に別の入り口となっていて贅沢な空間の取り方。(右)バルコニーから東京駅方面の景色をパチリ。中層階ではドアから外のバルコニーに出ることもできます。そこにはベンチやライトで装飾された木々もあります。レンガ造りの建物が東京駅。その向こうの高層ビルが大丸。
IMGP3732_convert_20090129025618.jpg IMGP3725_convert_20090129025707.jpg

地下鉄の駅から直結でとても便利。こんな便利な場所、もうちょっと昔に出来ていれば会社帰りや休日に楽しめたのになぁ・・・なんて思ったりもしましたが、まあそれは置いといて・・・。
東京はどんどん便利になっていきますねえ。
まさにメトロポリスですな! ・・・とメトロデトロイトに住む私は思う・・・。≪続く≫
スポンサーサイト
2009.01.30 / Top↑
今回、一ヶ月以上という長期滞在の一時帰国では、遠出こそする機会はなかったけれど、日本在住時に思い出のある場所へ色々と行くことができました。
今回はその中でも私的に懐かくもあり、とても日本らしい(?)場所をご紹介します。
                       
私の両親の住む実家は、埼玉県と東京都の県境に程近い町(埼玉側)にあります。
都心から近い割には、まだ自然もかなり残っており、野生の狸なんかもいたりするんですよ。
                       アライグマ
折角相方と一緒に私が実家に帰省したということで、両親が近所のどこかに行こうと提案し、埼玉県川越市に行って来ました。
関東の方々はご存知かと思いますが、この川越という町は江戸時代に川越藩の城下町として栄えた街で、徳川第3代将軍家光が誕生した場所でも有名です。別名「小江戸」とも呼ばれており、第二次世界大戦で戦火を逃れたため、古い町並みが今も残っています。

↓こちら川越市内にある喜多院というお寺の文化財『多宝堂』。寛永16年(1639年)建立で、後に明治時代と昭和48年に改築されています。
IMGP3662_convert_20090129005551.jpg
この喜多院には、数々の文化財があり、中でも「徳川家光生誕の間」や、「春日局(かすがのつぼね)の化粧間」等が有名ですが、残念ながら私たちが行った時は修復工事中で内覧することができませんでした

↓川越の街並み。このような古い建物がこの通り一帯に並んでいます。
IMGP3665_convert_20090129011610.jpg

この川越という街、サツマイモの生産地としても有名です。名産品に乾燥芋や芋納豆等、数々のサツマイモ加工品がございま~す。・・・って観光協会の人みたい?
私はサツマイモが入ったお蕎麦やうどんといった乾麺が好きです。
子供の頃は、幼稚園の遠足で「芋掘り」に行ったりもしたんですよ

                      うどん
さて、話題変わってお次は食について・・・
今回数々の日本食を楽しみましたが、ここで書くのは寿司でもなくすき焼き・しゃぶしゃぶでもなく「うどん」です。しかも安い安いチェーンうどん店。
埼玉県に本社を持つ、その名も「山田うどん」。カカシのマークが目印です。
もともとは埼玉県内で店舗展開されていたのですが、今では関東地方一都六県でチェーン展開されているそうです。
高校時代、放課後によくこのお店に寄り、きつねうどん(当時なんと200円しなかった!)を毎日のように食べたものです。なんか・・・お洒落じゃないなあ。ファストフードでもなくカフェでもなく、うどん屋かいっ!とツッコミ入りそうですが・・・(苦笑)。
先日家族とこのお店に行きました。本当に何十年ぶり・・・って程、ご無沙汰してました。
当時より若干値上がりしましたが(当然か)、それでもファミリーレストランよりは全然安価。そして、あの懐かしい味はちっとも変わっていない。ああ、覚えていたこの味だわ!!

↓(左)山田うどんの定番ベーシックメニュータヌキうどんとミニカレー。500也。(右)日替わりサイドメニューの餃子(3個入り)90円!
IMGP3734_convert_20090129012333.jpg IMGP3735_convert_20090129012358.jpg

典型的な関東風の太目の麺。讃岐うどんのような強いコシを求める方には、かなり物足りないと思います。でも、私はこの関東ならではの濃い目のちょっと甘いツユ、そして太めうどんが大好き!
後で聞いたところによると、この山田うどん、なんとJリーグの川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーだそうです
                      山と空
今回の一時帰国では、久しぶりに懐かしい場所を訪れ子供&学生時代を思い出し感無量でした。
近くに住んでいると案外なかなか行かないものですが、こうして故郷から遠く離れて住むようになったことにより、その魅力が引き立つんですね。

≪おまけ≫
昔、親友の住む亀有によく遊びに行ったものです。その頃はまだ無かったのですが、今回久しぶりに訪れると、今では見事な(?!)「両津堪吉像」(漫画:こちら葛飾区亀有公園前派出所の主人公)が建っており、修学旅行生にも人気だそうです(笑)。私も思わずパチリ
IMGP3675_convert_20090129015049.jpg



2009.01.29 / Top↑
長かった日本への一時帰国も終わり、ようやくミシガンに戻ってきました。
日数にして43日、長い長い一時帰国だったけれど、気がつくとあっという間。
一ヶ月余りの日本での生活は、久しぶりの家族との再会にほっとし、友人達との再会にエキサイトし、最終的には予定をキチキチに入れてしまい少々疲労気味でもありました
日本での思い出は後日書くこととして、今日は帰りの空港でのお話・・・
                                    
日本(成田)⇔デトロイトの直行便はノースウェスト航空(およびデルタ航空のコードシェア便)が毎日2便運航していますが、その他の航空会社にはこの路線の直行便は一切ありません。
このノースウェストの成田⇔デトロイト便は成田を経由し中国の各都市に飛ぶため、中国に行かれる、もしくは中国からアメリカに行かれる多くの方にも利用されています。
そのせいか、いつも機内は満席。
ところが、今回私が利用した成田からデトロイトに飛んだ便にはやたら空席が目立ちました。
経済不況が影響しているのか、旧正月の時期と重なっているため、中国人の人々がアメリカを含んだ海外にはあまり出ていないのか、理由はさだかではありませんがそのようなわけで私の隣の席も空席で長時間のフライトもいつもほど苦痛ではありませんでした。
                      
しかし、私は機内では眠れない性質なので、約11時間半のフライト(今回は予定より早く10時間半程度だった!)は退屈でたまらないっ! 本・新聞・雑誌を読みあさっても有り余る時間・・・。
                      
予定時間より1時間以上早くデトロイト・メトロポリタン国際空港に到着。
おっ これは早く帰宅できるぞ。相方はちゃんと到着ゲートに迎えに来てるかな?なんてウキウキしましたが、気になったのは入国審査。
                      
飛行機が着陸し、まず旅客が向かうのは入国審査ですが、アメリカでは(日本同様に?)アメリカ市民用の窓口と外国人用の窓口に分かれています。
恥ずかしいことに私は直前まで知らなかったのですが、グリーンカード保持者は外国人であってもアメリカ市民の窓口に並ぶとのこと。よって、アメリカ旅行の際にいつも必要とされていたアメリカ入出国カード(I-94と呼ばれている)は不要。
私も移住直後にグリーンカードを入手しているので、前述のように、アメリカ市民の窓口に並びパスポートとグリーンカード及び入国審査後に提出する税関申告書を係官に提示するのみとのこと。移民としては常識なようなんですが・・・。

早速、私もアメリカ市民側の列に並びました。
日本では、日本人の帰国審査はパスポートにスタンプを押す程度・・と、とても簡単に済むので、きっとアメリカでもそうかとタカをくくっていたのですがとんでもない!
一人ひとりの審査時間が長い。アメリカ人であっても、審査官からなにやら質問をされて一人当たりに要する時間は5分程度。
グリーンカード保持者の外国人に対しては指紋採取もしている模様。。。
やはり今のご時勢、特にアメリカでは入国の際の審査は国民であってもかなり厳しいのですね。
「うむ・・難しいこと聞かれないといいな。でも私は何も悪いことしてないし・・・」と色々考えをめぐらしながら待つこと小一時間。やっと私の順番が来ました。
                     
審査官:こんにちわ。
我:こんにちわ。
審査官:日本には何日間滞在してたの?
我:43日くらいです・・・。
審査官:なんでそんなに長かったの?!
我:え・・・? だって、家族や友人と会って・・・だって最初の一時帰国だったもので・・・ぶつぶつ。
審査官:家族ですか・・・楽しかったですか。
我:もちろん!
審査官:じゃあ、指紋採取しますよ。今回10本全ての指が必要になりましたからね。では、まず右手の人差し指から小指までの4本。
我:は・・・はい。(手を乗せる)
審査官:次、thumb (←親指のこと)
我:(焦って左の4本指を乗せる)
審査官:違う、右のthumb! オヤユビデース(←日本語で)。
我:あっ おっ はっ! (←恥ずかしくて声が言葉にならない) 
審査官:はい、次は顔写真撮りますよ。このカメラ見て・・・
我:お、オーケー (笑顔をカメラに向ける)
審査官:はい、良い笑顔だねー。OK!
~写真撮影が終わり~
審査官:はい、ではこれで全て済みましたよ。 おかえりなさい!!
                         
あ~良かった。何もなくて・・・って何も悪いことしてるわけじゃないので、当たり前だけどっ!
グリーンカード入手後の最初の出入国はどうにか無事に終わりました。
しかし予定より早く到着したのに、入国審査で待ちに待たされたため、相方に教えていた時間より大幅に遅れて到着ゲートをくぐりました。
殆どの客が既に出て行った後らしく、閑散とした到着ゲートのベンチで相方がポツネンと待っていました。
おぉ~っ 久しぶりぃ~っ  あれ?ちょっと太った?髪の毛伸びた? ・・・なんてわずか3週間ぶりなのに再会を楽しみ合い、帰宅の途に着きました。
                      
ところでミシガンは寒いっ!
到着した日の気温は正午の時点で氷点下9度。
今朝は氷点下15度。。。 私にとって氷点下9度も15度も、一緒。痛い~って感じです
でも、窓から見る景色は、雪に覆われた街並みが日差しを浴びてキラキラしてます。綺麗だにゃぁ~。
しばらく続くであろう厳しい季節ですが、室内にさえいればポカポカ天国であります~。
日本の皆さん、無事帰宅しましたよぉ~♪

≪おまけ≫
庭にやって来た大きな太ったリス。なぜか捨てる予定でデッキに置きっぱなしにしてあったお菓子を目ざとく見つけたらしく、毎日ランチタイムにやって来ます。
IMGP3755_convert_20090128011802.jpg IMGP3759_convert_20090128011715.jpg

もぐもぐ・・・                           うーん、美味しいなあぁっ♪

2009.01.27 / Top↑
門松新年初日の出 透過 pkk明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
                             鏡餅

さて、ブログ更新は大変ご無沙汰してしまいましたが、この年末年始、皆様はどのように過ごされましたか?
私は前記事にも書いた通り、日本でのクリスマス&年越しとなりました。

<クリスマスは実家で家族団らん>
↓(左)実家に飾ったリース。アメリカの$1ショップで購入し持ってきました。トータル$3。地味ながらもなかなかのでき・・・かなと (右)クリスマスケーキはケーキミックス使用の半手作りで。。。生クリームのスポンジケーキはやっぱりたまらん!
IMGP3653_convert_20090106104333.jpg IMGP3673_convert_20090106104359.jpg

<実家近所の神社で年越し>
大晦日の午後11時50分頃家を出て、近所の神社に初詣。神社での年越しとなりました。
下の写真は毎年新年恒例の神社の催しです。
↓(左)やぐら太鼓。音がなくて残念ですが見事な演奏でした。(右)太鼓演奏の後に行われるお神輿担ぎ。神社の敷地内を何週もします。

IMGP3686_convert_20090106113025.jpg IMGP3696_convert_20090106113057.jpg
(下)毎年ボランティアの方々がこのように参拝客に甘酒を無料で振舞ってくれます。身体の芯から暖まるぅ~
IMGP3698_convert_20090106113126.jpg

翌元旦の朝は、母がついたお餅でお雑煮・・・ああ、日本の正月。たまらん~
                      鏡餅
相方は先日一足先にアメリカに帰国してしまいましたが、私は現在も日本に滞在しており、渡米前までの長~い人生で当たり前だった日本のあれこれに、あらためて感動し(!)満喫しています。

感動その1:暖かい!
12月半ば、成田に降り立った際には夫婦して汗かいてました苦笑。おかしいな?私は日本に居た頃、超寒がりだったのに!!
日本は今年暖冬のようですね。12月だというのに、20度近くまで気温上昇する日さえあり、外を歩くのが気持ち良いこと!深夜に氷点下になることもありますが、それでもミシガンの冬に比べると楽チンですらあります。
あ、その代わり、皆さんもご存知の通り、家の中は寒いですね。朝、布団から出る作業と夜中寒い廊下を通ってトイレに行くのがちと辛い・・・。

感動その2:優秀な交通網
実家が都心に比較的簡単に出られる場所にあるということもありますが、やはり行きたいところにすぐに行ける便利さにありがたみを感じています。久々に帰国したら新しい地下鉄副都心線まで開通していて再び感動!
アメリカの中でも、特に車社会のミシガンでは、車で一人夜遅くまで出かけるという気持ちには今のところ(?)到底なれません。特に冬なんぞは!そして、外出先でのお酒も、帰りの運転を考えると×ですが、日本では夜に友達と集まって酒を酌み交わせる。ああ幸せ・・・

感動その3:やっぱり日本食。そしてが誇る100円ショップ!
ミシガンでもほとんどの日本食は手にはいります。でも、高い!物によっては3倍近くするものすらあります。海から離れているミシガンでは新鮮なお刺身は大金払ってもなかなかお目にかかれないでしょう。そんなわけで、帰国してからはほぼ和食ばかり食べています。家でも外食でも!そしてアメリカへの持ち帰り用に100円ショップで調味料等を買いまくり!だし醤油、コンソメ、鶏がらスープ、豆板醤、オイスターソース、ポン酢、ブーゲガルニ・・etc.etc。
なぜ100円ショップかって?だって優秀なんですもん!日本の100円ショップ(食品取り扱い店)では基本的な調味料は揃います。そしてスーパーより断然安い。アメリカの$1ショップも悪くはありませんが、商品の質(特に食品)を考えると断然日本に軍配!

その他、和食でなくても、日本ならではのイタリアンやフレンチ、ベーカリーのパンなど、食に関してはこれらも帰国前にぜひとも満喫したいところです。当然散財してしまいますが・・・ あははは

・・・以上、感動・満喫事項をあげてみましたが、なんといってもやはり家族や友人との再会一番の感動・満喫事項です。
皆、久々に戻った我らを大歓迎してくれて心から感謝、そして皆の笑顔に元気をたくさんもらっています。
                            
日本っていいなぁ。。。

<おまけ>クリスマス前に友人と再会をした場所、東京ドーム近く。ここは今年クリスマスのライトが数多く飾られており、本当~に幻想的できれいでした♪
IMGP3656_convert_20090106114603.jpg IMGP3657_convert_20090106114636.jpg


2009.01.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。