国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週、私はアッシーでした(いきなりっ)。

・・・と言ってもわずか3日間だけだけど。

相方からの突然のヘルプコールは水曜日の午後。

私:もしもし
相方:車のエンジンがかからないんだ。迎えに来てくれる?
私:えっ また?!?

以前の記事でもご紹介しましたが、以前相方の車が動かなくなり、職場から牽引車で車を修理工場まで持って行ってもらい、私がそこまで相方をピックアップしにいったのです。
あのときはなんともいえない、消化不良な気分(詳しくはこちらの記事クリック)でした。/苦笑

相方はその頃の車とは今は別の車に乗っています。相変わらず中古のその車ですが、以前の車と比較したらかなり新しく状態も良かったのですが・・・。

以前の記事でも書いたけれど、相方の職場及びその近くの修理工場は我が家からかなり離れています。
相方は毎日の通勤に高速を使い、所要時間約35分。下道を通ると小一時間かかります。時速60~70/km出しての話です。距離にするとだいたい50kmくらいかな。

しかし、私しか迎えに行ける者はいないので、しかたなくあの嫌な思い出(?!)の修理屋まで車を走らせました。
幸い、今回は修理工場に着くと相方は外に出て待っていたのですぐにピックアップできました。

相方は、「明日車がないから、君の車で通勤するか、君が僕を会社まで送って行くかしなきゃならないんだけど・・・仕事帰りに自分の車をピックアップしたいんで、朝乗せてってくれる?」と。
まあ、修理した車を引き取るために、1度は私が乗せていくしかないから、しかたないよね。うんわかった。・・・と私。
                     
翌朝は、まだ真っ暗な朝5時起きの5時半出発でした。まだ月もくっきり出てます。ああ眠い・・・寒い・・・。
朝の急ぐ時間は効率よく相方の運転で高速を使って会社までいき、帰りは私が1人で運転して帰ってくるといった計画です。なんだ、送り迎えといいながら、送りは私は運転しないんじゃん!・・・て、ツッコミ入りそうですが。
今回の送迎(実質的には帰りの運転だけだけど?)の褒美はオフィス近くにあるダンキンドーナツのコーヒーとドーナツを買ってもらうこと。50キロほど運転して帰るにしてはかなり安いなっ!
それでも大満足。
                      星空
この帰り道の唯一の心配はまだ夜明け前なので真っ暗だってこと。
私、夜道の運転に慣れていません。日本(ある程度都市化去れたエリア)での運転と違い、街灯が殆どない夜道の運転は本当に怖いです。
会社に6時過ぎに到着し、相方は「大丈夫。帰り道は殆ど街灯があって明るいから」と言い、去って行きました。
                    ドーナツ
オフィス駐車場でしばらくコーヒーすすりドーナツかじって「よし!そろそろ私も暗い道運転に慣れなきゃな!」と背筋を伸ばし、自宅に向かって車を走らせました。
しかし、相方の言うようにデトロイト郊外の東側は街灯のある道が多く、道は全然暗くない。
我が家の近辺とは大違いです。
クリスマスシーズンにだけ、クリスマスソングばかりを流すFM局を聴きながら、クリスマスのデコレーションされた街をドライブするのもなかなか気持ちが良い。
                    [XmasOrns]ベル*金 †SbWebs†
結局下道を使ったので、小一時間かかってしまったけれど、まだ暗い7時過ぎに帰宅したため、一日の時間が長くなってちょっとだけ得した気分。

その日は遅れがちなクリスマスツリーのデコレーションをし、午後は近所のグロッサリーストアの広告チェック。
「おっ スタバのコーヒーがセールしてるぞ。かなり安いからちょっと行ってみよっかな」と思った瞬間電話が鳴りました。
相方から。
「車の修理が今日中に終わらないらしいので、迎えに来て。」とのこと。
えっ また?!?
こんなことなら、今日一日相方に車を貸すべきだった・・・と思ったものの、相方も私も今日中に修理が終わると見込んでいたので後悔しても始まらない。
そんなわけで、すぐさま相方のオフィスへと車を走らせました。
                     
えーと・・・ということは、また明日相方の送迎?!?(行きは相方の運転だけど)

翌朝の出勤は前日より30分近く遅くしてもらい、朝6時過ぎに自宅を出発。外に出てみると・・・
ゆっ 雪が降ってる!!
夜明け前の雪道運転?!?・・・かなりビビリましたがこの程度の雪、道路にはもちろん雪は残っておらず、運転は通常と変わらない、もしくは雨の日と変わらない程度でした。

この日もオフィス近くのダンキンドーナツに寄ってもらい、ドーナツとコーヒーゲット。
                    カップ
相方に「行ってらっしゃい♪」と前日と比較してかなり余裕たっぷりに見送った後(笑)、暗い早朝の道をドライブ。
前日もそうだったけど、クリスマスソングばかりを流すFM局を聴きならがの早朝の運転も悪くない。
好きな曲がかかったりすると、ハンドル持つ手がリズムとって一緒に歌っちゃったりして。(←運転大丈夫?)
                     クリスマス
この日の午後には、相方は無事修理が終わった車を運転して帰ってきました。

先週水~金。相方のオフィスエリアまで3往復しちゃって、滅多に減らない我が車のガソリンタンクの減りが激しかった(?)けど、普段引きこもりがちなのでちょっと新鮮な気分でした。

朝早すぎ~…と愚痴っていたものの、相方は毎日こんなに朝早く通勤してるのね。お疲れ様☆

↓金曜日の朝。相方を送迎して帰宅してからのショット。デッキにはうっすらと雪が積もってました。
IMGP5874_convert_20091208021930.jpg

今日(月曜)も朝から雪がずっとちらついてます。 
本格的な冬はこれから・・・!           



ちなみに、「アッシー」って今は死語かな?「メッシー」は???

スポンサーサイト
2009.12.07 / Top↑
Kemeちゃん、ナオポキとの休暇記録を書く前に今回も脱線・・・。

このところ疲労です。。。
こないだの週末は義両親が来ていて楽しかったものの、お料理の特訓を受けたり早起きの彼らに合わせて早く起きて睡眠不足。
昨日は朝一番で年に1回の健康診断。早起きしてかかりつけのドクターに。診断は早々に終わり、午後からは時間もたっぷりあったので、一人で近所にあるDSWという靴屋でバッグと靴(←また?!)を見ていました。
                         
クリアランスコーナーで「おっ?この靴可愛い!えぇっ?こんなお値段?買っちゃおうかなぁ~うっしっし」と誘惑に負けそうになっていると、それを阻止するかのように携帯が鳴りました。

電話は相方から。
仕事を終えて帰宅しようとしたら車のエンジンが全くかからないとのこと。どうにもならないので、これから職場近くの修理屋に牽引してもらうので、修理屋まで迎えに来てくれとのこと。

ちなみに相方の職場は自宅から非常に離れています。しかもいまだに高速道路運転を避けている私が下道で行くと小一時間かかります。下道といえども時速60-80キロのスピードを出してのことですから、遠いという事がわかっていただけると思います。
                      
                         
案の定、下道を使ったところ、運悪く更に道路工事の大渋滞にハマッテしまい、1時間30分近くかかって現場までかけつけると(←お前は刑事か)、相方の姿は無し。そしてそれと同時に携帯が鳴り、「今まだ会社。牽引車がなかなか来ないので、ちょっと遅れるからそこで待ってて」とのこと。
でも、この現場(修理屋のある場所)はなんとなくサビれていて、その一角は全て車関係(オイルチェンジや洗車とか)の町工場みたいな雰囲気。
私は駐車して車から出たものの、行き場も無く車の傍らに立っていると工場のおっさん達がジロジロ見ます。
10分待っても20分待っても相方は来ない。今どこだよー・・・と彼の携帯に電話すると留守電。(後で聞いたらバッテリー切れだったとの事・・・最悪)
工場のおっさんは煙草吸いながら「なんだべ?あのアジア人女、ここで何してんだべ?」みたいな目で私を見るし、大声で「私は車が故障して帰宅できなくなった主人を迎えに、こんなサビれた工場まで来てさしあげたんざますぅぅぅぅ」と叫びたかったけど、当然そんなことも出来ず・・・。
                         
結局30分以上待たされた結果、大型トラックの荷台に載せられた相方のピックアップトラックがやってきました。そして大型トラックの助手席には相方。
ここで私は、待ってましたとばかりに手を振り、「おーい!待ってたよ!」と合図する。
ほらね!私はこの人を迎えにきただけなんだから!と私をうさんくさい目で見ていたジロ目おっさんにアピールしようと思ったのに、そのおっさんはちょうどその時、何かの作業で奥に引っ込んでいたので名誉挽回(?←なにもしてないけど)するチャンスは泡と消えました。
                         
そんな私の心の中でだけの葛藤もお構いなく相方は私に「やあ」って感じでちょっと手を振っただけで、修理屋のオフィスに入って行ってしまった。
おいおい待ってくれよ。30分以上待たせておいてそれはないだろう・・・と私も小走りで追っかけて事務所に入る。
相方は修理屋の兄さん達とぺちゃくちゃおしゃべり。車のこと、職場のこと、同僚のこと・・・なぜ同僚のことかは後で聞いたら、この修理工場は同僚に紹介されたとのことだったのですが、とにかく世間話しに忙しい。
この感じだと、世間話が長~くなりそうな雰囲気だったので、トイレを借りて用を済ませて(←失礼)出てくると、それまでぺちゃくちゃ喋っていた修理屋の兄さんも相方も一転して私を待っている雰囲気。
シーンとしてました。 なっ なんでっ!?
私が出てきた途端「じゃっ  そういうことで頼むよ!ありがとう」と挨拶しその場を離れました。
                         マジ
なんだよなんだよ~。この終わり方っ!!
まるで終始私が皆を待たせてたみたいぢゃん!だいたいねぇ、私は1時間半もかけて運転した上に、30分以上もこのサビれた駐車場で暑い中、待たされてその上君達の世間話も聞かされていたんだぞ!とぶちまけようのないフラストレーションを抱えながら自分の車に戻る。       
                         怒
そこで気づいたけど・・・あれ?相方の車をここに置いて行くということは、明日の出勤に車無いぢゃん。その時まで気づかなかった私も私ですが・・。

相方は「明日の夕方には修理は終わるので、明日の朝は職場まで乗っけてってね♪」とのこと。
相方に私の車を貸すことも考えたけど、そうすると相方が仕事帰りに修理が終わった車を引き取ることができなくなってしまう。なので私が送るしかないのです。

相方は毎朝5時半頃家を出ます。ま~ぢですか~
                          
結局翌朝(今朝のこと)はそこまで早く起きれず朝6時過ぎに家を出ました。(相方もその辺は目をつぶってくれた)
しかしながら、朝の時間は大変貴重なので相方の運転(高速を使って)で会社まで行き、帰りに私が運転して帰ってきたというわけです。

帰りの道のりはやはり1時間程。それでも朝の8時前。
うわー、まだこんな早い時間なんだ。早起きすると時間が有効に使えるぢゃん!!
・・・と感動したのもつかの間。 疲れと睡眠不足でベッドに戻り2度寝。
結局9時半にベッドから這いずり出していつもより遅いくらいになりました。
                          
それでも疲れが取れません。やはり早寝早起きを普段から身に付けないといけないのかな・・・
しかし相方ったら毎朝こんな早い時間に出勤してるのね。暗いうちに家を出て毎日お疲れ様!と再確認しちゃいました。
しかし、今朝、会社まで同行した私は睡眠不足と疲労のため、超不機嫌で相方に当たりまくってしまいました。その点はちょっとだけ反省。
                          工具
それにしても相方のピックアップトラックはそれはもう古い代物で、つい先日もブレーキの故障を直して大出費したばかり。ボンネットも簡単に開かないし(!)もう買い替えの時期なんじゃないかな・・・修理代だけで新車ローン1年分以上いっちゃうよ。
会社近くの修理屋や会社までの送迎は今後できるだけ勘弁してくりー・・・と思うのでありました。

まあ、今回のポイントは疲労と言うよりも、修理工場での私の面目・体裁と言ったところでしょうか(苦笑)

あ、あとはDSWでもうちょっとで買うところまでいっていたショッピングを阻止されたフラストレーションもあるかも。
2009.08.12 / Top↑
さて。今回は路上テストのお話。相変わらず長くなってしまったので、運転に興味の無い方は読み飛ばしちゃってくださいね(笑)。
                          
4月上旬に運転免許の筆記試験を受け無事合格したものの、日本の運転免許証の英訳がなかったことから、30日の仮免期間を設けられた私。
一ヶ月なんてまだ先!・・・と思い、すぐには実技試験の予約をしなかったのですが、4月下旬頃になり、再び実技試験の予約をとるため重い腰を上げました。
                          
まず、テストを受けるドライバーズスクール(教習所)の選択。アメリカは車社会だけあって、いたるところに教習所があります。
大抵の教習所では、路上テストはスクール近くのルートがとられることが多いので迷った結果、できるだけ運転経験のあるエリア(道を知っているエリア)で受けようということでWest Bloomfieldという街にある教習所に予約を入れました。5月下旬の土曜日・・・ちょっと先だな。でもみっちり練習できるぞ!・・・ということで。
・・・しかし、結局練習ってしないものですね。なんとなく分かっていたけど・・・
                         
お店等の駐車場に停めるときは必ずバックで駐車するよう心がけてはいたものの、縦列駐車はさすがに・・・そういうチャンスがなかなか無いっ!
ちなみに、ある日いつものようにグロッサリーストア(Kroger)でバック駐車の練習をしていました。相方が車から降りて私の駐車を見ていたところ、買い物から戻ってきた見ず知らずの男性が(何度も何度も切り返ししたりバックしたりしている私の車を指差して)、「彼女何してるの」と相方に聞いてきたそうです。
相方は「もうすぐ路上試験受けるからその練習」と答えたそうです。
(でも、私の車は全く線の中に入らないところか斜めになっている)
その男性は「ふーん。大丈夫!僕だったら合格にするよ。(そして私に向かって大声で)大丈夫だよ!合格合格!」と言われました。
見ず知らずのおぢさん・・・アナタに合格の太鼓判貰っても・・・

そんなことがあったり、受験一週間前にはたまたま家に遊びに来た友人K子さんが駐車練習に付き合ってくれてアドバイスくれたり・・・で、いよいよ試験前日を迎えました。

                        
試験の集合場所は教習所そばの教会(大抵の教習所が教会を集合場所とし、そこで駐車テストを行います)。
実は、試験前夜にこっそりその教会に行き、(コーンやポールが立っているので)駐車の練習をしてきました。
バック駐車は日々の練習の甲斐があってOKだったのですが・・・縦列がどんどんおかしくなっていく。最初はちゃんと入っていたのに、練習を重ねる毎にどんどん狂っていく・・・あげくの果てにはポールやコーンにぶつかる始末。
なんでなんで?なんでどんどん下手になっていくの?試験は明日だよー!
結局これ以上やってもどんどんひどくなる一方なので、諦めて帰宅。
あまりの不調さのせいか、食べすぎ飲みすぎのせいか(?)胃も痛くなりお腹も壊す始末・・・
ボロボロでの就寝となりました・・・。

                                              
さて試験当日。幸い天気は晴れ。
朝、正露丸を飲み、私は自分の車を運転し相方は彼のピックアップトラックを運転してもらって一緒に試験現場の教会に向かいました。
アメリカの教習所では殆どの路上テストが自分の車を持込むことになります。車を貸してくれる教習所もありますが90%以上が自分の車持込み。そりゃ、ずっと練習してる慣れてる車のほうが良いですよね。

それにしても、免許をこれから取ろう・・と試験を受ける人が自分の車を運転して集合場所に来るってのも、なんだか不思議ですよねー。(日本じゃありえない)

到着すると既に教官(女性)が待っていました。先に車から降りた相方に向かい、「試験受けるのは彼女ね?」と確認。その後、相方は彼女と軽く談笑してました。
「奥さん(私)は日本人なの?うちは日本人の生徒がほぉぉぉぉんとう~に多いのよ!」とも言っていました。さすが日本人の多いエリア。
                        駐車場                               
そして早速私の試験開始。
まずは、停止線ぎりぎりにストップできるか。停止線を越えることなく、しかも約60センチ以内に停止するようにします。ゆっくり走行しても良いのですが、一旦止まったらやり直し不可。これ地味ですが案外難しかったです。それでも結果は「合格」。うまいこと停止線ギリギリに停められたようです。ホッ。
次にその位置からバック駐車。練習の甲斐あってバック駐車はもう大丈夫・・・なはずだったのですが、ポールギリギリになったので、「ぶつからないようにもう一度やり直そう」と安全策で再度前に出て切り返しを(2度)したところ、切り替えしはマイナス!・・・ということでマイナス2点!ひぃ~。こんなことならあのままバックしちゃえば良かった!
そして縦列駐車。昨夜の悪夢のような出来事があり、考えの転換をした私。
な、なんと、これ以上無いというほどの完璧駐車ができました。これには教官も「素晴らしい!イェーイ♪」と盛り上げてくれて本当に嬉しくなりました。

ちなみに考えの転換というのは・・・超一夜漬けだったのですが、前夜縦列駐車のコツのとあるサイトを見たのです。
そのサイトはこちら→ ホンダ運転アドバイス
(日産にも同様のサイトがあったのですが、既に削除されてしまったようです・・・)

テストでは、実際に前後に車がなかったのですが、その点は想像力で!更に日本はアメリカと反対なので、こちらのウェブサイトのコツを正反対にイメージしました。
しかし日本企業のウェブサイトってすごい!役立つものの多いこと!!

さあ!不安もはねのけ、ここから教官が車に乗り込み路上へと出ます。
                        車
ミシガン免許の路上テストでの必須条件は、先に行った停止線前停車、バック駐車、縦列駐車に加えて、
路上での
・一般道路運転(制限速度厳守、交差点での両方向の安全確認)
・住宅地での運転(時速25マイル厳守)
・フリーウェイ走行(スムースな合流、制限速度厳守、車線変更)
等だったと思います。
そして、運転中の後半に教官から運転に関する3つの質問をされます。もちろん英語で。

                        シグナル
路上に出てしばらく調子良く運転していた私ですが・・・
ある道路の交差点手前で青信号なので進もうとしたら手前角のガソリンスタンドから出たがっている車を発見。私の後続車はいなかったので親切に止まってあげてしまいました。彼は「サンキュー」と言いながら交差点を通過。私も続いて通過しようとしたら信号が黄色になっていた。
思わず急ブレーキ!私も教官も「がっくん!」という形で前につんのめる。
「ごめんなさぁい~」という私に彼女は「大丈夫大丈夫」。
だいたい、特に必要もなかったシチュエーションでそんな親切心出して停まったのがいけなかった。
更にこの道路からフリーウェイに合流する道の途中、短距離に信号が何度もあり、複雑だったことから、こちらも1つの赤信号を思わず通過しそうになり教官に指摘されストップ。(こちらは大きく減点だった模様)
そして不安材料のフリーウェイ(高速道路)へと合流しました。
合流は問題なし。斜線変更も全く問題なし。考えてみたら、教官だって事故は怖いから、完全に後ろがクリアになったときに「左に車線変更して」って言うんですよ。だから落ち着いて斜め後ろを軽くみてすぐに車線変更すれば問題ないのね。
ところが・・・!
前方右側に工事エリア発見! ミシガン(アメリカ?)では、道路工事している横を通過する際に、特に速度制限の標識が無い場合は時速45マイル以下が原則。でも、高速の場合は?・・・きっと一緒だよね?でも高速道路で安全性の理由以外で時速45マイル以下で走行すると違反という話しもあるし・・でも安全性の理由だからいいのか・・・しかし、周りにいる車たちはスピードを緩めることは全くなし。ということで、時速65~70マイルで走行していたのに、いきなり時速45にしたらかえって危険かな?と思ったものの、時速50マイルまで減速して通過しました。幸いここでは特に減点はされませんでした・・。45マイルは超えていたけど、一気に速度を緩めたので良しとされたのでしょうか?(未だに不明)
今回高速は工事エリアが非常に多く、車線が細くなっていてその点が怖かったです。

さて、無事に高速を出て、気分もかな~り楽になったところで、教官から質問。
内容は、「もし、対向車がこちらの車線に入ってきて衝突しそうになったらあなたはどうする?」とか
「あなたの車が何かに衝突しなければならない状況になった場合、どのような『物体』に衝突するのが最も安全?」とか、
「衝突が避けられない場合、どうやってぶつかるのが最も安全か?」
といった質問。いずれもちょっとクレージー(!?)な質問ですが、3つ目の最後の質問の意味が良くわからず、何度も聞き返してしまいました。とにかく英語の表現がちょっと分かりづらく、問題の意味が理解しにくかったのです。「どうやって・・・というのは、前から衝突とか横からとかそういったこと?」と聞くと「そう」というので、「正面衝突よりはサイドのほうが安全」と答え、無事正解!
・・・しかし!その質問を理解することに集中しすぎて、スピードメーターを全く見ていなかった。ただ、前を走行する車との車間距離を保ったまま運転していたところ、教官が「メーター見て!5マイルオーバーしてるわよ!」との指摘。ここでやはり大きく減点~!! (あなたが質問するから・・・と人のせいにしたがる私)

そして集合場所の教会に到着。
「あ~、結構減点多かったよな。これで受かるのか?」と不安になったものの、教官は「細かい注意が必要なところもあったけど、あなたの運転は問題なし!合格よ!」とのこと。(あまりに嬉しかったため彼女の言ったこの部分をピンク色にしてみました)
    
                       
やったー!!合格証を貰い教官と別れる。

ちなみに、我らが路上に出ている間、教会で待っていた相方。
「途中、車が一台来て縦列駐車の練習してたけど下手くそでコーン倒して去っていったよ」とのこと。
あらら、皆さん結構やってるんですね・・・(笑)。
                       
                       
しかし・・・アメリカの路上テスト、日本に比べたら甘いと思います。
日本では普通、路上テストでスピードオーバーしたらその時点で失格。検定中止となりますよね。(by経験者)
駐車の切り替えしでマイナスされたのは、ある友人が「その先生厳しいかも」と言っていたけれど、採点の甘い・厳しいは教官によってそれぞれなようです。
私は、特に甘い教官ではなかったけど、正当な評価をする感じの良い先生でよかった!

これで、やっとミシガンの免許証を取得しました。
sayapipiさんが以前、免許取得はある意味グリーンカード入手より嬉しいと言っていたけど、本当にそんな気持ちです。
もうパスポート持ち歩かないで済む!!駐車場でバック駐車の練習しないで済む!

しかし未だに運転時ヒヤヒヤすることがあります。夜や高速道路の運転、ストーム時の運転は未だに避けています。これからはそういったシチュエーションでも無難に運転できるよう、そして常に安全運転で頑張りたいと思います。若葉マーク

2009.06.01 / Top↑
ミシガンに移住して早1年2ヶ月。ようやく、ようやっく!車の運転免許証を取得しました。

ちょっと遅すぎやしないか?!?・・・と思うところですが、考えてみたら車無しの生活が9ヶ月あり、更に車を購入してすぐに1ヶ月以上日本に帰ってしまったため、実質自分の車を運転したのは4ヶ月。日本では完全ペーパードライバーだったこと・・・等考えると、まあいっか? ・・・ってことで!

今年1月に日本に一時帰国した際には、国際運転免許を再申請してきました。
国際運転免許証の有効期間は1年。継続や延長はできず、その後も欲しい場合は再度申請しなおさなければならないのです。
ちょっと不便だなあ・・・と思いましたが、国際免許証はあくまでも一時的に現地で運転をしたい人の為のもの。長いことその土地で運転する場合は現地の免許証を取得しなさい・・・ということなんです。納得。
私の国際運転免許証は今年の3月まで有効期限があったのですが、それまでにミシガン免許が取れる自信がなかったので、あえて来年1月まで有効の国際免許を取ってきました。

さて、免許取得の話し。
勉強嫌いな私なので、筆記試験に向けての勉強をする気がなかなか起こらなかったのですが、周囲の友達がどんどん免許証を取る中、私もだんだん焦ってきました。
何より不便なのは、ミシガンの免許証がないと国際免許証に加えて、日本の免許証・そして日本の免許証の英訳(←私はそれを準備していなかった)そしてパスポートも常備していなければならないのです。パスポートはできれば持ち歩きたくないし。
そして、やはりID(身分証明書)としての役割。多くのお店でお酒キャンティを買おうとすると「IDぷりぃーず!」なんぞと言われます。そのたびにグリーンカードやパスポート出すのもなんとなく恥ずかしい。そんなわけで、「IDとして一日も早く免許を取ろう!」と重い腰をあげたのでした。

↓こちらミシガン州の免許取得のための教本。Secretary of State (通称SOS)の各事務所でもらえます。私は昨年移住後すぐにお義母さんがとってきてくれてました(その後ずっと目を通さず)。
IMGP4419_convert_20090528233647.jpg

幸い、最近試験を受けた友人が、試験出題のポイントや勉強すると良い点、練習問題などなどを教えてくれたので、テキスト斜め読み派の私としては本当~に助かりましたjumee☆thanks1感謝感謝♪

4月の上旬。勉強(2,3日漬け)した後に試験会場(SOSのオフィスならどこでも可)に向かう私。混んでいると待ち時間が非常に長いので相方にも一緒に来てもらいました。
最初に視力検査、続いて口頭(英語)で標識に関する質問をされます。どれも簡単・・・なはずなのに1問間違えました。それもすごい間違え。

担当官:この標識は何を意味しますか?
IMGP4421_convert_20090529205547.jpg
私:えとえと・・・Hの略だから・・・「ホテルが近くにありますっ!の意味」
担当官:ぷっっ (噴出す)
私:え?え?違うの?・・・(Hで始まる文字だよなあ・・・Home Depoじゃないし・・・) 「あっ!この先ハイウェイ?!があります、だっっっ」(きっぱりと断言)
担当官:ぶぶーっ (更に噴出す)・・・ホスピタルよ。
私:あ・・・そうか。それか。
ちょっと離れた所で、相方が「Oh my god...」 ・・・とつぶやいていました。

まあ、こんなおバカな間違えもしましたが、残り全て正解だったのでクリア。続いて筆記試験へと入ります。
ミシガン州も他州同様に筆記試験は英語の他、日本語で受けることも可能です。
事務所に確認したところ、英和辞書の持ち込みはダメだそうなので、かなり迷いましたが教本が英語だったので英語で受験。
事前に友達が教えてくれたポイントや練習問題(日本語)を勉強した効果があり、殆どの問題がとても簡単。英単語の関係で意味が良くわからなかった問題を含めて自信の無い問題が5問ほどありましたが・・・
結果は満点!!
自信の無かった問題の勘も全て当たっていたのです。今まで受験でも何でも勘が当たることは殆どなかったのですが・・・。
オフィスの担当者も「んまぁ~っ 長年採点してるけど(アメリカ人含めて)満点の人見たの初めて!」と驚き、相方もちょっと誇らしげ。ちなみに、回答用紙提出寸前に相方が私の回答用紙を見て、「この答え、間違ってない?」と1つの問題を指摘し、ちょっと焦ったのですが、彼が間違っていたのでした。えっへんっ!

しかし、問題はそこから・・・私の書類の中に日本の免許証の英訳がなかったため、そのオフィスの担当者は「あなたは日本の免許証があるとみなされないので、30日間の仮免期間を設けます。路上テストは1ヶ月以上経ってから受けてね」とのこと。
がびーんっ!!  (←表現、古っ)

国際免許証はあるんですよっ!!・・・と食い下がってみたものの結果はNo
SOSオフィスによっては、国際免許証があれば路上テストもすぐに受けさせてくれるところもあるそうなんですが・・・オフィスによって統一されていない点が日本の市町村の自治体と比較して微妙だ。

日本の免許の英訳・・・渡米時に全く頭になかったけれど、これ重要!
これから渡米される方、渡米してるけどこれから免許取得予定の方。私みたいにもし英訳を忘れている方がいらっしゃったら翻訳の準備をしてくださいね!

まあ、私の場合は車庫入れや高速道路の運転など、これからみっちり練習をしなければいけない・・・と思っていたので、「1ヶ月の練習期間を持つことは良し」としました。

長くなってしまったので路上編は次回に・・・。
(続く)


2009.05.29 / Top↑
                         車 車 車
渡米して8ヶ月強。
昨日やっと念願のマイカーが我が家へやってきました。
ここミシガンで生活していく上で車は必須。8ヶ月以上も車なしで過ごせたのは、あまり行動的でない(やもするとヒキコモラーな)性格もありますが、何といっても、友達や家族の協力が大きかったと思います。
ランチやショッピングに行くにしても、皆さんいつも快く私をピックアップしてくれて・・・本当に感謝感謝です。jumee☆thankU2Ljumee☆thankU2R皆さんアリガトウ

今回、自宅から遠く離れたディーラーで購入したため、車のピックアップは大緊張!
しかも、今はのシーズン。雪も怖いし、道路が目にわからない凍結していたらどーしよう。ラッシュアワーにかかったら。。。なんて不安は募るばかり。
行きは相方のピックアップトラックで(もちろん相方運転で)、高速を飛ばして20分ほどでディーラーに到着しましたが、帰りは高速運転経験の無い私のために、下道をノロノロと運転。途中、以前このブログでもご紹介したワインセラーが通り道だったため、そこに寄り道してちょっと買い物してから帰宅。ドライブだけの時間でトータル1時間弱。
運転練習時は常に相方が隣に座っており、これまで一人で運転したのは、近所の10分ほどの運転を1回したのみでしたので、本当に疲れました~
でも、今回は相方のトラックの誘導についていった運転だったせいもあり、特に怖い思いをすることもなくスムーズに帰宅できました。
                         
新しい車の運転に慣れるまではまだまだかかりそう。長いことトラックでの運転練習に慣れてしまったせいか、ブレーキやアクセルの効き具合の反応がすごく良いこの車の運転には、しばらく練習が必要だと感じました(急発進、急停車の連続で、ガックンガックン)
でも、インテリアも外観もミュージックサウンドも素晴らすうぃ~。大衆車ですが気に入って買った車なのでとても嬉しい♪
あとは、運転技術を磨いて、課題の(超下手くそな)車庫入れと未経験の高速運転をクリアし、国際免許に頼らず、ミシガンの免許獲得と行きたいところです。
もうすぐ日本に長めの帰国をしてしまうので、免許受験は2月以降になってしまいそうだけど。。。
(でも大雪シーズンは避けたい・・・となると春以降か?)

↓すっかり雪景色。11月もかなり降ったけど相方に聞くと、「いつもこんなもん」らしい。。。真冬がどんなになるか、想像つかない・・・(想像したくない
IMGP3577_convert_20081203231254.jpg
2008.12.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。