国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
アメリカン・アイドルネタに集中していたため、すでに2ヶ月も経ってしまいましたが、シカゴに行ってきました。
ちょっと前の記事で書いたように、ミシガンからシカゴまではアムトラックという長距離列車で行ってきました。

                    C H I C A G O
アムトラックがシカゴのユニオン・ステーションに到着すると、右も左も分からないおのぼり夫婦の我らは、人の流れについていきましたが、その先どこに行ったら良いのかわからず駅構内をさまよいました。
・・・それにしても・・・。

わからない!!

どこが出口か分からない!!

いや、出口のサインは至るところにあるんですよ。ただ、我らの宿泊する予定のホテルがあるループ地区への出口がわからない。とにかく広い駅。下手な出口を出たらホテルに到着する前に日が暮れてしまう。

列車が到着したプラットホームはユニオン駅の最低層階にあるだろうということはわかったのですが、上に行くためのエレベータやエスカレーターが無い。
上にさえ行けば、どこら辺から出たら良いのかわかりそうなものだけど、とにかく上階をつなぐエスカレーターは全て下り。上りがない!なんで?!?

どうしても上の階に行くエレベーターやエスカレーターが見つからず、しかたないので、重いスーツケースをかついで階段を上がってみる・・・しかし階段長いぞ。
2列以上あるエスカレーターがどちらも下り。ふざけんなっ!!

息を切らせながら階段のぼりきって地上にあがるとようやくシカゴの街に出ました。
そこで携帯のGPSを見てみると、幸いホテルのあるループ地区に一番近い出口でした。ほっ。

長年、世界に誇る東京を中心とした首都圏の鉄道網を足早に駆使していた私としては、シカゴユニオン駅ごときに右往左往してしまい、本当に情けない限りですが、東京の地下鉄やJRおよび私鉄のサインの分かりやすさがいかに素晴らしいかを実感しました。
                       

そこから、携帯のGPSに頼りながら、重いスーツケースゴロゴロと転がしながらとぼとぼ歩くおのぼり夫婦二人。
情報によると我らが泊まるホテルはユニオン駅から徒歩10分。しかもとても単純な道のり。
結局、ホテルまでは徒歩5分ちょっとで到着しました。

↓電車を降りて地上に出た途端、視界に広がるビルの数々。待ちゆく人の歩く速度も早い。ミシガンとは真逆なこの風景に、東京以来の大都市を実感しました。
CHICAGO13.jpg  CHICAGO14.jpg


今回我らが宿泊したホテルは JW MARIOTT CHICAGO
シカゴダウンタウンの中心部「ループ」地区に位置します。
ループ地区はどちらかというとビジネス街。シカゴ行政の中心部で、ホテルや観光スポット(ウィリスタワー等)もありますが、どちらかというとオフィスビルが多い感じ。
本当は、シカゴ川を挟んだ北側の「リバーノース」や「マグニフィセント」のほうが、レストラン・バー、ショップなどが沢山立ち並び、良さげなホテルもそちらに集中しているのでそちらに宿泊したかったけれど、なにせ今回は電車で行ったため、シカゴユニオン駅から徒歩圏内のホテルに泊まりたかったのです。
まあしかし、シカゴは交通網がとても充実しており、ホテル近くにはバス停も電車の駅もあるので問題な~しっ!

ホテルの部屋は狭かったけど、まあこれは都市部のホテルだし、一番安い部屋だったからしかたないか!
しかし、キングサイズベッドのはずだったのに・・・これどうみてもクイーン。相方に蹴られてベッドから落ちないと良いけど。。。。(右)部屋に設置されているステムレスのワイングラス。リーズナブルワインも美味しく感じるのはグラスのせい?休暇のせい?
CHICAGO15.jpg CHICAGO16.jpg


部屋は狭いけど、清潔感あり~の広めのバスルーム。シャワーとバスタブが別なのが快適でした。
CHICAGO17.jpg CHICAGO18.jpg

チェックイン後に、街を散策。
(左)市内を循環する鉄道の駅「Quincy/Wells駅」もすぐそば。便利だにゃ~。しかし、木造のこの駅。めっちゃ古い。
(右)ビルの合間を縫うこの高架を列車が走る風景。まさに東京を思い出す・・。秋葉原とか神田とか有楽町とか・・・
chicago19.jpg  chicago20.jpg


↓Chicago Board of Trade Building。シカゴ商品取引所が入っているこのビルも、ここダウンタウンシカゴの名物建築物です。
chicago11.jpg chigaco12.jpg


↓そしてこれは・・・なんだっけ?
chicago21.jpg

我らの宿泊したエリアは、まさに摩天楼のどまんなかに位置する低層(?)ホテル。
この威圧感を楽しみながら、初シカゴの初日はループ地区を散策しました。

あ、ちなみに相方はシカゴは子供の頃何度も来ています。・・・というのは親戚の大おじさん、大おばさんたちがシカゴに住んでいたからだそうです。
でも、大人になってからは全く来ていなかったので、初シカゴ同然。私以上におのぼり。なので私が市内観光はほぼずっと引率していました(笑)。

観光については翌日に続く・・・。

追伸: 4日後の帰路で、シカゴのユニオン駅に到着すると、この日はエスカレーターが上下とも普通に動いていました。
なんでやねんっ!!!

スポンサーサイト
2014.06.12 / Top↑
久しぶりにアメリカン・アイドルネタではありません。そして久々に長編。
(あ、ちなみにジーナはトップ4進出です♪)


もう2週間前の話しになりますが、週末を利用してシカゴに行ってきました。
ここミシガンのデトロイト郊外からシカゴまでは車で4時間半ほど(渋滞によってその時間も変わってきますが)。
しかし、我らはアムトラック(長距離列車)を使ってシカゴまで行ってきました。
                            
私にとってシカゴは初めて。アムトラックも初めて。初めてづくしです。

シカゴから程近いミシガンに住み始めてもう6年。未だにシカゴに行ったことが無いと話すと、周囲の友人・知人はたいそう驚きます。そんな私もついにシカゴデビュー♪

そんなデビューを車ではなく列車にしたのは、シカゴのダウンタウンは交通の便もよく、車が無くても移動が簡単。
しかも、ダウンタウンのホテルはどこも駐車場が有料&とても高い。あ、東京のホテルも駐車場は有料でしたっけ。・・・しかし殆どの駐車場が無料のミシガンに慣れているもんで、駐車場に何十ドルも払うのはくやしい。
私たちの宿泊したホテルも例にたがわず、駐車料金が1泊$60だったため、列車を選びました。

列車はウェブサイトで予約。その確認書をプリントしたらそれがチケット。いたって簡単です。
私たちはAnn Arbor(アナーバー)という駅からChicago(シカゴ)までのチケットを購入。

↓こちらAnn Arbor駅。バス停ではありません(笑)。アメリカの列車の駅はよっぽど大都市で無い限りいたって質素。小さいです。(写真はAnn Arbor.comより引用)
022212_NEWS_Amtrak_MRM_06-thumb-350x232-103972.jpg


                             

ところで、私は出発当日まで気づかなかったのですが、こちら全席指定・・・かとおもいきや、ビジネスクラス(いわゆる日本で言うグリーン車)以外は全席自由席!!
日本の自由席みたいに座れないってことはなく席の数だけしかチケットは売らない。それ以上は満席売り切れ。
でも自由席なんです!!!

これには焦った!!
・・・というのも、この日は3連休の初日。待合室にもかなり沢山の旅客がシカゴ行きのアムトラックを待っていました。
しかも我らの乗り込むアナーバーは始発ではないので、既に席が埋まっているはず。
1人や3人など、奇数人数が乗り込むと、私と相方が並びで座れない席が沢山あるはず。
そしてもう1つの悩みのタネは、このアムトラックの席は前方半分が進行方向を向いた席。後方半分は進行方向に背を向けた形の席。
この進行方向に背を向けた座り方をすると、私は必ず乗り物酔いをするのです。
そのため、進行方向を向いた席、かつ、二人並びで席をとることに全身全霊を注いだ私。。。

列車到着の1時間前に着いたのに、待合室にはかなり人がいます。
ホームにも人が既に出ていて列車が来るのを待っていました。

IMG_3092.jpg      chicago1.jpg

しかも困ったことに、アムトラックのホームには乗り口のサインがありません。
どこに並んだら入口に近いのか、どこのあたりがビジネスクラスでどこのあたりがエコノミーなのか、全くわかりません。

・・・っていうか、↑の写真を見てもらってもわかるように、列を作ってちゃんと並んでる客なんでいないんですよ。(苦笑)

5時間の旅を後ろ向きに走っていくなんて耐えられない・・・隣の席が相方じゃなくて知らない外人(←外人は私か)が座るなんて耐えられない・・・なんて色々なことを考えていたら・・・
この、電車を待っている時間が永遠のように長く感じました。それを相方に言うと、相方もまさに同じことを考えていたようです。
すごく待ったと思って時計を見るとなんと2分しか経ってない・・・みたいな


↓あっ ようやく電車が来た!!でかい!(←焦って待ってる割には、鉄子のようにカメラ構えて撮影してしまいました)
IMG_3099.jpg  IMG_3100.jpg

ちなみに列車が駅に到着する寸前に構内アナウンスがあります。その際に前から何両目がビジネスクラスで・・・なんて説明があるんですが、お願いだから日本のようにホーム上などにサインをつけておいてほしい。1日数本1種類しか電車も無いんだし・・・。

写真を見てもわかるように、アムトラックは線路とプラットホームの段差が殆どありません。その分、列車に乗り込むのにハシゴを上がらなければならない。大きなスーツケースを持ってハシゴを上がるのは一苦労。
いくつかある入口から1つを選び(ここぞ運!)もたつきながら乗車。

車内に入ると・・・ああ、予想したとおり、殆どの席が埋まってる。
予想よりも1人旅の客が多く、1つの席は空いてるのに1つは埋まってる・・・ああ、ああ、ああああああああああ!


どんどん先に進んで1両目は全滅。
次の車輌に写る。

・・・ここも同じ。満席ではないのに、どこも片方の席が埋まってる。・・・ああ、ああ、あああああああああああああ!!


もうこうなったら、食堂車の席で最後まで座ってようか・・・

↓食堂車輌には、こんなブースの席があります。テーブルもついててむしろ快適?でも5時間も居座っていたらヒンシュクだし。
chicago2.jpg

・・・なんて考えながら次の車輌に移動すると・・・。

ありました。わずかに1箇所だけ2人並びで開いてる席が!しかも進行方向を向いた席。

「はぁぁぁ~ 良かった~」


本当にハラハラしました。これで5時間の旅もリラックスできる~!!
ちなみに各席には折りたたみ式テーブルと、電気のコンセントがついています。無料wifiも完備なので長旅も退屈しません。
さあ、リラックスタイムーーー!!

↓・・・ってことで、途中の日系スーパーで買った海苔巻きでお昼。まるで日本の駅弁気分。
chigago5.jpg

そして一息ついて、車窓を眺めながらゆっくり・・・

ここで世界の車窓から・・・なんて写真を掲載したかったけど、大した風景がなかったのでここは省略。

車内のアナウンスでは、「ここからはシカゴまで満席です。当日のチケットは一切ありません」なんてアナウンスがあった。やっぱり3連休は混むんですね。。。

↓途中、停車するKalamazoo(カラマズー)駅。長距離列車の駅なのに、駅舎はどこも小さい。でも可愛い感じです。
chicago6.jpg  chicago7.jpg

調子の出てきた我らは、食堂車を視察。売店は長蛇の列でしたが乗務員のおじさんの仕事の早いこと!お客と軽く会話しながらもどんどんこなしていく。
食べたいような物はなくてメニューの品揃えはイマイチ・・・というかイマニだったけど、このおじさんが私をさして「次の若いレディー!」と言うので、いい気になった私はホットチョコレートを購入。

↓私を「若いレディー」と言った仕事の早いおじさん。右はホットチョコレート$2。
chigaco3.jpg chigago4.jpg


ちなみにこの列車、途中で電気系統の故障だか何だかでストップ。草原の真ん中で長いこと止まっただけでなく、いきなり車内の電気が消えました。
車内のアナウンスでは、「車内のお客様の電源が一気に使われたため、電気系統に不具合が・・・」なんて言ってる。
まあ・・確かに満席だろうけど、客が電源使いすぎて電車が止まるって一体どんだけよ・・・。

後方の席では、通りかかった女性が目の前に座る女性に「ねえ、アムトラックが遅れるのは普通のことなの?」と訪ねると、「まあね。1時間は遅れても驚かないわよ」なんて答えてた。出た~。外国の列車。アメリカはそんなことないだろうと思っていたのに・・・。

結局5時間の列車の旅の予定が、6時間かかりました。あ~席取れて良かった。


↓シカゴ近郊に入り、車窓の眺めも一気に代わり、都会っぽくなってました。ミシガンでは殆どの経路が単線だったのに、今や新宿駅のように何本も線路が並んでる!!!
chicago8.jpg  chicago9.jpg


↓シカゴ近郊を走る列車「Metra」も見えてきました。2階建て列車なんだ。東海道線の一部のグリーン車を思い出す。
chicago10.jpg


そんなこんなで、ようやくシカゴに到着~。なんだか国際線の飛行機に乗ったような気分の長さでした。

運転するのが疲れるか?列車の席取りと遅延で疲れるか???
どっちもどっちだなぁ・・・・と思いつつ、これからのシカゴ楽しむぞー!と思った我らでした。

シカゴでのお話はまたちょっと先に・・・

2014.05.06 / Top↑
わずか4泊5日のカナダ旅行。
入国審査で別室送りになったり、ホテルチェックインで(旅行代理店とホテル間の意志疎通の行き違いで)トラブルがあったり・・・記事には書いてないけれど、ナイアガラのレストランでもちょっとした不都合があったりと、相変わらずハプニングがつき物な我ら一行のバケーション。

それも今日で終わり。
お家大好き(?)な相方はミシガンに帰れると朝からウキウキ。

↓前日セントローレンスマーケットのベーカリーで買ったデニッシュで軽い朝食。美味しかったよん♪
P1030216.jpg

コーヒーは相方にホテル近く(カナダ国内あちこち)にあったTim Hortonsで買ってきてもらいました。
Tim Hortonsって我家の近くにもあるのでアメリカのチェーンだと勘違いしてたけれど、カナダ発祥のお店なんですね。
本当に、アメリカのマック並みにあちこちにありました。

さて、ホテルをチェックアウトし、この日はトロントの観光はせずにすぐにアメリカに向けて出発しました。

                    

途中、フリーウェイにあるサービスエリアでガス給油とトイレ休憩。

↓カナダのSAは日本のように、売店やレストランがあります。アメリカは殆どがトイレと小さな案内所と自動販売機しかないんです。
P1030217.jpg

売店をうろうろしていたら、気になるもの発見。
それはポテトチップ。
以前、このブログでもおなじみyukoさんのブログで紹介されていた、トマトケチャップ味のポテトチップ。
アメリカでは売られていないフレーバーなので、前から気になっていました。
(アメリカにはスパイシーケチャップ味はあるけれど、普通のトマトケチャップ味は無い)

どんな味がするのかね?大きい袋買って失敗したら嫌だねということで、まっちぃが小さい袋を買ってくれて皆で味見をしてみました。

↓こちらがケチャップ味のポテトチップ。
P1030219x.jpg

食べてみると・・・
酸味が強い。普通のケチャップよりかなり強い酸味です。
そして、味の濃さに偏りがあります。薄味の部分と、とても濃い味の部分。

・・・しかし、これがなぜかクセになるぅ~っ! 止まらない止まらない。
相方にとっては、イマイチだったようですが、酸っぱいもの好きの私にはツボにハマル味。
これは、カナダを出る前にどこかで買い足さないわけにはいかない!

再びドライブすること1時間。カナダとアメリカ国境の街、Sarniaに到着
ここでランチ休憩をすることにしました。
↓カナダらしいところで食べようと思ったけれど、よくわからなかったので、芸が無いけど結局A&Wで・・・。
P1030223.jpg

カウンターで何を注文するか迷っていたら、そのまま使えるクーポンをくれた店員の女性に感謝。
・・・しかし、寒い!店内寒すぎ!空いていた&冷房ガンガンで冷えました~。

そして近くのスーパーへポテトチップを買いに・・・
ちょうどこのブランドのポテトチップスがセールでした♪
相方がレジの女の子に「このケチャップ味さ、アメリカでは売ってないんだよね」と言うと、彼女は
「えっ まぢでーーー!!?」と、たいそう驚いていました(笑)。

                

その後、カナダを出国する前にちょっとだけヒューロン湖のビーチに立ち寄りました。

↓ヒューロン湖のビーチは毎年遊びに来るけど、カナダ側は初めて。なんだか、ハワイのラニカイビーチの入口を思い出す(言いすぎ?!?)、ひっそりとしたプライベート風のビーチ入口。
P1030236.jpg

↓いつみても、五大湖は海みたい~
P1030233.jpg

↓広々~♪
P1030224.jpg

↓風が強いので、今日はちょっと水がにごってるかな?
P1030234.jpg

↓いや、そんなことない!気持ちよい~♪
P1030225.jpg

まっちぃと二人、パチパチと写真を撮っていたものの、早くミシガン(アメリカ)に戻りたい相方にせかされ、ここにいたのは、わずか5分くらい?もっと長くいたかったけど、風も強いし夕方までに自宅に戻りたかったので、ここを後にしました。
                    

さて、この後すぐにSarniaとPort Huronを結ぶBlue Water Bridgeでアメリカの入国審査がありましたが、こちらはいたって順調。あっという間に終わりました。カナダ入国とは大違い。
相方はこの点でも「あ~、アメリカはやっぱり良いなあ」とつぶやく。お国自慢になってしまう気持ちもわからないでもない。

自宅に帰る前にもう一箇所寄り道。
↓おなじみQQベーカリー。まっちぃにも味わって欲しかったんです。
P1030237.jpg

バブルティーにカップケーキ。。。
P1030238.jpg P1030255.jpg

日本で美味しいものを毎日食べているまっちぃにとって、ここが美味しかったかどうかはわかりませんが・・・。

以上で、カナダ旅行記は本当に本当に終わりです!
ああ、長かったー!
このあと、私とまっちぃは何をして遊んだんだっけ???
何だっけ??どこ行った・・・???

2012.08.20 / Top↑
あまりに長くなってしまった4泊5日カナダ旅行の旅日記。
まるで一ヶ月以上バカンスに行っていたみたいな引きずりようでわれながら呆れるけど、それも今日で終わり!

文章を書くとまた長くなるので、極力抑えて写真のみでね。

↓市場を後にした我らはそのまま地下鉄に乗り・・・
P1030184.jpg

↓向かった先がここ。(左)CNタワー (右)駅からCNタワーへの道のりはこんな通路があります。(*工事中のため、途中で通路から屋外に出て遠回りする羽目になったけど)
IMG_4055.jpg IMG_4053.jpg

チケットを購入してタワーの中に入りました。

↓エレベータでタワーに上る前に、こんな写真撮影コーナーがあります。
P1030156.jpg

CNタワーは現在世界で3番目に高いタワー。(1位は言うまでもなく東京スカイツリー)

↓世界3番目といっても、そりゃもう凄い高さ・・・。東京スカイツリーに上ったことのない私は、ここが今までで一番高いタワー見学です。高層ビルがこんなに下に見えるだなんて、飛行機からの景色みたい!
IMG_4062.jpg

↓タワーの上から見てもオンタリオ湖は海のよう・・・
P1030165.jpg

床がガラス張りになっていて、真下が覗けるエリアもあります。
↓高所恐怖症の人には無理かなぁ~?
IMG_4065.jpg P1030176.jpg

東京スカイツリーに上るのは当分先になりそうなので、今回CNタワーで眺望が堪能尾できて良かったです。

                      

 
↓さて。またまた地下鉄で移動して・・・
P1030147.jpg

↓更にストリートカーにも乗って・・・
P1030185.jpg

行った先が中華街。
                       

ここトロントはアメリカのサンフランシスコや日本の横浜と同様に大きな中華街(チャイナタウン)があります。

IMG_4070.jpg

P1030186.jpg

時間は既に3時近く!お腹空いた~・・・美味しい飲茶を食べましょう!ということで見つけたお店は、こちら。
↓ALL DAY DIM SUM (終日飲茶が食べられます)というサインが!
IMG_4076.jpg

早速入店しました。
店内は満員。ってことは味は間違いないかな。早速メニューみて色々注文

春巻き・・・蒸し餃子に・・・
P1030188.jpg P1030189.jpg

ちまき・・・店内は満員・・・
P1030190.jpg P1030187.jpg

ちまき(開いた図)にしゅうまい・・・餃子と大根餅・・・
P1030191.jpg P1030192.jpg

どれもなかなか美味しかったけれど、大根餅にソーセージが入っていたのが難点。ちまきにも入っていたけれど、これはアメリカでも入ってるからまあいっかって感じだけど、大根餅はねぇ。。。
それでも全般的に美味しかったです。(お腹空いてたからかな?)
やっぱり安いねぇ。

しかし食べ過ぎたぁ~。満腹満腹。このとき時間が4時近く。中途半端な時間に食べちゃったなぁ。

隣で食べていたカップルがこの時、あるトラブルとなり大騒ぎに発展したドラマもありましたが、ここで書くと長くなるので、省略します。いやぁすごい『茶番劇』だった・・・。

↓オリエンタルな街でした・・・
P1030195.jpg



中華街を後にして、再度ストリートカーに乗り込み向かった先は・・・

↓リトルイタリー
IMG_4079.jpg

トロントにはチャイナタウンをはじめとして、ギリシャ人街、ポルトガル人街、インドバザール、韓国人街等、色々な国からの移民が集中する外国人街があります。
その中の1つがリトルイタリー。結構大きそうなことがガイドブックにも書いてあったので、どこにいくともあてもなく、とりあえず行ってみたのでした・・・。

しかし・・・

↓普通の街・・・
P1030197.jpg
   
ツメの甘い我らは、下調べもちゃんとしていなかったので、リトルイタリーのどこを見たいというのがなく、とりあえず行っちゃえって感じだったんですよね。
行ったら、ローマの町並みみたいなフォトジェニックポイントがあると思って・・・。
でもなかった。。。 (探せばあったのかな?とにかく調査不足だから/汗)

↓まあ、家並みは可愛かったけどね。お庭にはこんな美しい実のなる木がありました。何の木だろう?
P1030201.jpg P1030202.jpg
 
ちなみにこの街は、オープンエアのカフェや小さなレストランが結構あったので、ランチやお茶、一杯引っ掛けたり、ディナーを目的に来たら楽しかっただろうな。
でも、飲茶食べすぎで超満腹の我ら。することもなく、この街をすぐに去りました。


↓またまたストリーカーを経て、地下鉄の駅に行き地下鉄に乗って・・・
IMG_4080.jpg

ホテルに戻りました。

そういえば、この日は相方と私が日本で結婚式をしてから丸5年経った日。
まっちぃも挙式に参列してくれたよねぇ。記念日だねぇ~。
豪勢なディナーといきたいところだけど、中途半端な時間に飲茶を食べてしまったので、夕飯の時間になっても全くお腹の空かない我ら。

徒歩で行けるお店に行き、チーズとワインとケーキを買いました。

↓値下がりしていたケーキだけど、これがバカにしたもんじゃない!生クリームで美味しかったぁ!!
P1030210.jpg

                          
ご馳走はないけど、我ら夫婦にまっちぃと3人でおしゃべりしながらケーキ食べて・・・
まったりと楽しく夜は更け、カナダの旅に幕が下りるのでした・・・・・・

 (おわり)


・・・といきたいところだけど、翌日の帰路の記事を番外編として次回書きます。


「何だよ!!終わりじゃないのかっ!いい加減にせいっ。。。という罵声が聞こえそうだわ。 


                 
2012.08.17 / Top↑
長すぎる/遅すぎるカナダ旅行記・・・今回で終わりにするぞ!


・・・と思ったものの、ナイアガラであれだけひっぱっておいて、トロントを一話だけにするのも何なので、2回に分けます。(え?いらない?読みたくない?まあそう言わないで。。。)


さて、トロントに到着し一夜明けたこの日は土曜日。
明日の日曜日にはアメリカの自宅に帰るので、終日フリーはこの日だけ。

トロントで絶対に行きたかったのが St.Lawrence Market (セントローレンスマーケット)。
トロント名物の市場です。

トロントに行ったことのある友人たちは皆、この市場をお勧めするので、絶対に抑えておきたいと思っていました。
この市場。日曜はお休み(アンティーク市場のみ開催される)とのことだったので、土曜日の朝一番で行ってきました。

宿泊ホテルから歩いて5分ほどで到着するこの市場。

市場への道のり途中の風景。トロントはカナダ最大の都市だけあって都会です。東京を思い出す。
P1030209.jpg

↓こちらがセントローレンスマーケットのメインビル。歴史を感じさせる重厚なレンガ造り。
P1030116.jpg

このビルと道路を挟んで向かい側は、毎週土曜日にファーマーズマーケットが開催されます。

ファーマーズマーケットは後で覗くとして、まずは市場のビル内にあるレストランへ向かいました。

↓ビルに入るといきなり市場のにぎやかな雰囲気・・・
IMG_4045.jpg

この広さ・天井の高さ・にぎやかさ・・・なんか見覚えあるぞ。
そうだ!今年の冬に行ったオハイオ州クリーブランドにあるWEST SIDE MARKETという市場。とても似ています!

↓こちらが朝食を食べたレストラン。外側から撮影。
P1030121.jpg

土曜の朝だけど、レストランはとても混んでいました・・・っていうか、市場自体が混んでいた。

メニューを見ると、どれもボリューム満点(今の日本語の流行で言うとボリューミー?/笑)。
まっちぃと私は、パンケーキとトーストと卵とソーセージ&ベーコンのセットを二人でシェアすることにしました。

↓(左)これ一人前の半分。シェアしてよかった~。(右)相方は好物の朝食サンドイッチ。ハムもチーズもボリュームが半端じゃない!カロリー高そう~
P1030119.jpg P1030120.jpg

味は普通に美味しかったです。2日前に食べたナイアガラのレストランでの朝食がかなり不味かったので、よりいっそう美味しく感じました。

ちなみに、ここのコーヒーもお代わり無料じゃなかったです。
なんで・・・?カナダ国内のお店全てがコーヒーお代わりが無いとは思わないけれど、ナイアガラもトロントもコーヒーお代わり無料ではなかった。観光地だから?なんだかケチくさい~。

朝食を終えてさっそく市場内を見学することに。

↓それにしてもにぎやかー。
IMG_4047.jpg

↓ここのパン屋さん美味しそう~!!
P1030124.jpg

ふと周囲を見ると、市場内には小さなテーブルや椅子があちこちに。
そして、そこには市場内でパンやハム、コーヒーを買った買い物客/観光客が朝食を食べていました。

そうか!せっかく市場に来たんだから、市場のものを買って朝食にすればよかった!
パン屋さんには美味しそうなデニッシュやクロワッサンやベーグル・・・お肉屋さんにはソーセージやハム、チーズを売るお店もあるし、コーヒーも・・・
そのほうが美味しくて好きなもの/量が選べてチップ不要なので安い!

あー!なぜ気づかなかったんだろう!!
(こうして、観光客は1つ1つ覚えていくのであ~る)
ま、次回来るときにはそうしようっと。・・・って次回があるかどうかわからないけど。

気を取り直して市場内を見て周ります。

↓魚も色々ありました。持って帰れないので買えないけれど・・・
P1030126.jpg

↓パスタ専門店は様々なパスタとソースが売られてました。(右)自家製パスタマシーン!
P1030127.jpg P1030128.jpg

この市場は地下にもお店があります。

1階は、肉屋や魚屋さんなど生鮮食品が多かったのですが、地下はパン屋さんやお土産屋さんがメイン。

↓日本人観光客が多いせいか、こんな看板が出ているお土産屋さんも。
P1030131.jpg

看板の色合いから、自分は中国に来てるのかな??なんて思ったりして。

ちなみにここでメープルティー等を買った私ですが、支払いの際に店主らしき中国系のオヤヂに釣りを間違えられました。
厳密に言うと、間違えた・・・というよりちょろまかそうとされた?
まあ、わずかな小銭なんですが。3ドル5セントのお釣りのはずを3ドルだけ渡されたので
「あれ?コインは?」と聞くとそのオヤヂはなんと
「え?たった5セントだけと必要だった?」と謝りもせずに皮肉顔で言うぢゃぁないですかっ!!!

結局5セントは返して貰ったし、実際に5円の価値も無い小銭だけど、あのオヤヂの態度にむかついた。
毎日大勢来る観光客1人から5セントずつチョロまかして、年間いくら儲かるんでしょうね・・・。やることがこすい。
ここで、カナダのイメージ再び没落

↓でも、店を出たときに店頭に飾ってあったこれを見て、心が和みました。これティッシュカバーです。
P1030132.jpg

これが売られているお店の店主があのオヤヂじゃなかったら買っていたかもしれません。
買ってどうする!?って感じだけど。(苦笑)

市場内をくまなく見学した後、翌日の朝食用にパン屋さんでデニッシュを購入し市場を出ました。
本当は明日買いたかったけれど、日曜は市場はお休みなので・・・。
その後、我ら一行はファーマーズマーケットにちょっとだけ立ち寄りました。

P1030136.jpg

市場と比較すると、規模としてはそれほど大きいものでもないけれど、見慣れない野菜などもあって面白かったです。

P1030137.jpg P1030138.jpg

P1030140.jpg

この日のうちに、トロント観光を済ませておきたい我らは、この後CNタワー目指してこの市場を後にしたのでした。

また長くなったので続く。
(この旅日記は次回で完了させます!!キッパリ)



2012.08.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。