国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回の記事では、久々に会った義姉ファミリーのピアス&タトゥーネタで終わってしまったので、
今回は実際のクリスマス編。

                        

我が家のクリスマスはいつもミシガン州内にある義両親の家に集まって行われます。
サンクスギビングはウィスコンシンの義姉の家の場合が多いかな。
我が家でホリデー行事を行ったことは今のところ一度もありません。

12月23日。
我が家からは車で3時間、義姉の家からはなんと8時間もかけて義両親の家に集合。

↓数年前から、義両親は大きなツリーを飾ることをやめています。それでも、義母が飾った可愛いデコレーションのツリーはカラフルで相方の超好み。
P1020417.jpg P1020420.jpg


23日の夜は義姉家族と私たち以外に、叔母家族がやってきたのでバフェスタイルの夕食。

シュリンプディップ、スピナッチディップ、ハマス・・・等のディップ類にクラッカーやパン。
イタリア風マリネサラダ、ミートボール、ポテトサラダ、デビルドエッグ、キルバッサ(ポーランド風ソーセージ)、その他沢山のおつまみ類と、ケーキやパイやクッキーやチョコといった、超甘いもの。

お義母さん、頑張って沢山の料理を作りました。お酒を飲まないお義母さんですが、この日は手作りサングリアもあって、それは美味しかったです。

24日(イブ)の夜はローストビーフとチーズポテト。それにグリーンピース。・・・野菜が少ないぞ。

相方は、じゃがいももグリーンピースも野菜じゃないか!・・・と言いますが(確かにそうだけど)、朝からずっと繊維質の少ない食事だったので、耐えられずに近所(・・・といっても車で20分)のグロサリーストアで野菜ジュースを買ってきました。

ところで、クリスマスプレゼントを開けるのは25日のクリスマス当日にするのが一般的ですが、
我が家ではもうサンタを信じる子供はいない。
・・・ということで、義母の強い意向により24日のイブの夜にギフトを交換することにしました。

↓23日にこの家に着いたときからワクワクと気になっていた大量のプレゼント。
P1020418.jpg


実は、義両親からのギフトの半分以上は、私は既に何を貰ったか知っていました。
・・・というのも、今年義両親は私たちにスノーブロワー(雪を吹き飛ばすマシン。豪雪地帯にはあるととても便利)を買ってくれたのです。かなり大きなもの。高かったろうに。。。

それに加えて、個人のものもいろいろと買ってくれました。

その一部は、義母に連れられて一緒にデパートに行って私が直接選んだもの。
「本人が一番気に入ったものをあげたいから」という義母の意向。・・・なんともありがたいことです。
そこで衣料品やアクセサリーを買ってもらったので、もう十分すぎるほどだったのに、更にサプライズのギフトが5つもありました。
                  

義姉ファミリーからも色々と頂いたので、私あてだけで沢山のギフトが・・・

↓(左)写真に納まりくらないほど沢山貰いました。(右)その中のほ~んの一部。上の黒いワイヤーの丸いものはワインのコルク入れ。デコレーションです。その下はプランタースタンド。こちらもとっても素敵でした。
よく見えないけど、下の白い箱の中には洋服とアクセサリーが入ってます。(←自分で選んだ)
P1020430.jpg P1020442.jpg


↓今年特に気に入ったギフト。(左)ピアスの(!)義兄が大理石を研磨して作ってくれたワイン栓と栓抜きとボールペン。すっごく滑らかにつやつやに仕上がっています。(右)義姉が手作りしたクリスマスデコレーション。本当~に可愛いの!!
P1020448.jpg P1020444.jpg


義姉夫婦・・・とっても起用です。他にも沢山貰ったけれど、上記2品は心もこもってて本当に嬉しかった!!

                  
私たちからのギフトはというと・・・。

我ら夫婦と義姉夫婦からということで、一緒にトレッドミル(ランニングマシーン)を買って義両親に
贈りました。
膝の弱い義両親はリハビリもかねて、ウォーキングすることを医師から薦められています。
今年の夏、彼らのトレッドミルが壊れてしまったため、新しいものを贈ることにしました。
想像以上に喜んでもらえて本当~に良かった。

プレゼント(フライング)交換したイブの翌日のクリスマス。


↓かろ~じて、ホワイトクリスマスな感じ?例年より断然に雪が少ないです。
P1020435.jpg

23日と24日には雪が降っていたのですが、クリスマス当日は雪も止み気温も比較的高かったので、雪が溶け始めてました。
                       

私たちは例年は26日まで義両親の家に滞在するのだけれど、今年は25日の夕食後に帰ることに。

あ、これは私の意向ではなく、あくまでも相方の選択です。(ここ重要?)
夕食・・・といっても、ホリデー行事の夕食は我が家はいつも2時頃。夕食というよりも遅いお昼と言った感じ。

2日続けてこってりした高カロリー食(肉メイン)を食べていると、だんだん胃も心も疲れてきました。
なんてったって夕食だけでなく、朝食も昼食もこってりだから。

↓クリスマスの朝の朝食はこちらの義母手作りシナモンロール(全てfrom scratch)、そしてベーコン。
P1020433.jpg

                     
そして。
クリスマスのディナーは、ハム,スイートポテト(ヤム芋のブラウンシュガーロースト),マッシュポテトとグレービーソース,コーンブレッドスタッフィングにコーンといった、ビタミンミネラル繊維質が極めて少ないメニュー。

心の中は、白菜とねぎと豆腐を鍋で煮てポン酢醤油で食べることを夢見て・・・でも、そんな夢は
もちろんかなわない

家族だけなのできどったことはせず、かな~りカジュアル。バフェスタイルで各自適当に取りました。

↓私はこんな感じにシンプルに。・・・しかし何カロリーあるんだろっ。
P1020440.jpg

こってり食事に飽きてきてるけれど、それでもやっぱり美味しい。ハムはもちろんのこと、コーンブレッドスタッフィングは美味しかった。私には作れない味だわ。

しかしいつも思うのです。
義母は作る料理の量が多すぎる。
例えば大人8人いるとしたら、その倍以上の20人分は作ってるのではないだろうか・・・と。

義母いわく、「お腹いっぱい食べさせることが愛情の証」。なので、意識して多めに作っているのはわかるのですが、彼女の意識した人数よりも、実際に多く作られています。

25日の夕方、彼らの家を後にする際・・・
例のごとく沢山の、本当~に沢山の食べ切れなかったお料理を持たされました。

帰宅して食べ物を冷蔵庫に・・・しかし冷蔵庫に入りきらず、一部の食料はガレージにおいてあります。(こちらでは、冬はとっても寒いのでガレージにおいておくと冷蔵・・・いや、冷凍機能になるのです)

26日以降は毎日のように、頂き物を食べ続けています。

義母のたっぷりの愛情、時には罰ゲームか?!?って思うことも。(おっ言っちゃった)
ああぁ~!!鍋が食べたい!! お茶漬け食べたい~っ!!!


まあ、この高カロリー食べ物地獄も例年通りですが、素敵なギフトを頂いて久しぶりに家族全員集合して。。。
・・・そんなところも例年通り。良いクリスマスでした。

                        

《おまけ》
帰宅してから、我ら夫婦二人のギフト交換会。

↓ひっそり寂しく残ってるギフト・・・
P1020446.jpg

しかし、今年のメインのギフトは・・・


↓相方から私へ。トレッドミル。
IMGP9520.jpg


義両親に贈ったトレッドミルと全く同じ型のもの。
お店で色々物色した結果選んだこのトレッドミル。
お店の人に 「じゃ、これ2つください」と言ったとき、さすがにちょっと驚いてましたわ(笑)。

高カロリー食品食べ続けているので、こちらの出番がかなり多くなりそうです。

走れ cojicoji!!!
                 あ・・・ 歩いてる・・・。





スポンサーサイト
2011.12.29 / Top↑
少々ご無沙汰しています。
持病のひどい肩こりがますます酷くなって、老いを感じる今日この頃ですが(!)、この間の週末は忙しくかつ楽しい週末を過ごしました。
まずは、金曜日~土曜日。

約3ヶ月ぶりに、相方のご両親が我が家に泊まりにやって来ました。
8月と9月は私たちが彼らの家に泊まりに行っていたので、特に久しぶりの再会ではないのですが。
                      
まず金曜日の朝、彼らが到着する前。
友達まいあんちゃんが我が家の近所に来る用事があったので、ちょこっとだけ会ってそれから一緒にランチをしました。

行った先はWest Bloomfieldにあるタイレストラン「Sawasdee Thai Restaurant」。

私は、ここに来るとほぼ毎回「Four Company」という4種類のシーフードと野菜をココナッツカレーソースで炒めた定食を頼んでいます。
4種類のシーフード・・・といっても、エビとイカとホタテともう1つはカニカマなんですが(苦笑)。
このソースがとっても美味しいんですよね。
私もまいあんちゃんもそれ系の気分だったのに、何か新しいものにも挑戦してみたいということで。。。

↓(左)最近私がハマっている、バジルと野菜の炒め物。ホタテをトッピングしてもらいました。
 (右)まいあんちゃんはチキンとブロッコリーのピーナッツソース。
IMGP9204.jpg IMGP9205.jpg
私のは、ピーマンてんこ盛り。こちらのピーマンは日本のものと比べて肉厚ででかい!

ここのお店は前回のカフェ風タイレストランと違って、ご飯もてんこ盛りでやってきます。
IMGP9206.jpg

お味は・・・バジル炒めも美味しかったです。相変わらず辛さゼロにしてもらったので、辛いタイ料理が好きな人には物足りないだろうけど、ご飯が進むお味。
一方、まいあんちゃんのチキンのピーナッツソースは単品で食べると美味しいのだけど、ご飯の
お供といった感じではありません。お酒のおつまみに良い感じ。これ、二人の共通な感想でした。
ああ、でもやっぱりFour Companyが一番美味しいな。

ゆっくりランチをして、おしゃべり楽しんでまいあんちゃんと別れて帰宅。
                           

義両親は、いつも通り告知時間より30分早く到着。
相変わらず、すごいすごい大量のお土産(殆ど食料)を持ってやってきました。
嬉しいんですがね、ありがたいんですがね・・・
大量なんですよ。いつも(涙)。
今回は、相方が「大量に持ってくると、いつも食べきれずに捨てることになってしまうからお願いだから量をセーブしてね」と言ったのですが・・・
いつもより若干控えめではあるけど・・・

↓(左)自家製ワイン(ブルーベリーとさくらんぼ)や紫キャベツの酢漬けを沢山。りんご約1.3キロ。ワインのラベルはファミリーオリジナルです♪
 (右)奥は手作りのキャロットケーキ、手前はCiabatta Bred(チバタブレッド:イタリアンブレッド)、アルミフォイルに包まれているものは、義母特性のガーリックブレッド。
IMGP9207.jpgIMGP9248.jpg

その他、相方のランチ用に冷凍にしてあるお手製のエンチェラーダ3食分、チーズたくさん、
ハムたくさん、りんご(約1.3キロ)、レッドスキンポテト約1キロ、翌日のランチ用に鶏肉,ピーマン,玉ねぎ,ドイツ風の生ソーセージ、ビール1ケース(相方用)、可愛いブルーの花瓶(私用)・・・

鶏肉、ピーマン、玉ねぎは我が家にあるから持ってくるなと言ったけれど、すでに買ってしまったそうで・・・(汗)
レッドスキンポテトは、なななななんんと40ポンド(18キロ)を買ったそうで
・・・理由は安かったからだそうで・・・って、安いからっておいおい・・・(汗汗汗)。食べきれないの分かっててなんでそんなに買うん?!
                           

今回は、義両親が来る前に冷蔵庫を(相方が)徹底的に整理していました。
おかげで、どうにか持ってきたものが収納できた・・・(ほっ)

これだけ大量の食料を持ってきてくれたのに、なんと夕食は義母の希望で外食となっ!!!
えええーっ!もったいないじゃん!
義母お気に入りの美味しいフィッシュ&チップスを出してくれるパブがあるので、そちらで夕食でした。(@午後4時半・・・早っ!)

さて、翌日土曜日は朝早くから、これまた義母が大のお気に入りの果物野菜市場
「JOE RANDAZZO'S」買い物し、その後COSCOで買い物。
そしてランチはBBQ。
                          
我が家の定番シシカバブとドイツ風ソーセージブラッツワースト。
IMG_2901.jpg

いつもはシシカバブを焦がしてしまうのですが、今回はなかなか綺麗に出来ました。あ、ちなみに写真のパンも義母持参。
IMG_2910.jpg

ランチをゆっくり済ませた後、義両親は帰っていきました。

しかし。


その日の夕方。
帰宅した義両親から電話。
なっ なんと、義父が相方の財布を勘違いして持って行ってしまったそうな。(財布の外観が似てたんだって)

相方は義父に「郵便で送ってくれ」と言ったのですが、義両親はどうしても手渡しで返したかったらしく、翌日、我が家への道のりの途中までやってきて、そこで相方と待ち合わせをして無事お財布が戻ってきました。

途中・・・といっても、義両親の家から距離にして200キロ近くのドライブ。
相方は我が家から80キロの道のり・・・どう考えても義両親宅から遠すぎ。ああ、大変だ~。
アメリカって広いねぇ~。(・・・とつぶやく私は家でのんきにお留守番)

相方が無事財布を取り戻して(?!)帰宅すると・・・

↓なんと地球儀を持ち帰ってきました。
IMGP9247.jpg

これは、義両親が持ってきたそうな。
以前義母から「地球儀欲しい?」と聞かれ、私は「欲しい欲しい!」と答えたため、むかし相方が子供の頃に義母が買ってあげた地球儀を探し出して持ってきてくれたのでした。なんだか古めかしいけど良い味出してます。
さらに、なぜか特大のクッキー生地(生)も持ってきました。
金曜日に持ってくるの忘れたんですって

この何十枚分にもなりそうなクッキー、なかなか重い腰が上がらず焼いてませんが、無駄にしないように早く焼かなきゃ。

義両親が来ると、私も毎回1キロは太ってしまっている気がしますが、やっぱりありがたいです。
そして、にぎやかでやっぱり楽しいな。


さて、日曜日は前から楽しみにしていたイベントがありました。
それは次回に続きます・・・。

2011.09.27 / Top↑
お馴染みの記事となりつつありますがこの週末は、金曜から義両親が泊まりに来ていました。

彼らは、我家から車で3時間ほど離れた街(村?)に住んでいます。
結構な距離があるのに、月に1~2度は我家にやって来ます。
更に、隣のウィスコンシン州に住む義姉の家にも月に1度近くの割合で泊まりに行っています。
そこまでは車でなんと8時間半!
義母いわく「お父さんと二人だと退屈でねぇ。何もしないしどこにも行かない。子供たちに会いに行くのが楽しみなのよ」とのこと。
秋や冬には避寒のため、数ヶ月も南部に行ってるんですが、その反動で春~夏にかけては、夫婦二人で家にいるのが退屈なんだそうです。


今回は日本から戻って初めて義両親に会いました。
二人とも、私が元気に戻ってきたことをそれは喜んでくれました。親はありがたいです。

                      

初日の夜は、義母のリクエストでKeego Harborという街にあるパブ「The Lodge Grill & Bar」で
晩御飯。
この街は、我家からはあまり近くないのですが、以前家探しをしていた頃、このエリアの物件も見てまわっており、その際に義母とリアルターである叔母、そして私たち夫婦はここで食事をしたことがありました。
ここは、毎週金曜日にFish & Chips の食べ放題があり、それがとても美味しかった記憶があります。
そんなことから、義母は久しぶりにここの魚フライを食べたいと言っていたのでした。
私もこのお店は大好き!久々に美味しい魚フライに気持ちも大盛り上がり!!

↓お店の写真を撮るのを忘れたので、レストランウェブサイトの写真を拝借します。
100_0663.jpg
lodgegrillandbar.com

夏になると、この外のテラス席も暑い中、冷たいビールを堪能する客でいっぱいになります。

席について早速注文。
あんなに魚のフライに盛り上がっていた私でしたが、急に気分が変わってケサディアを注文。
ケサディアとは、メキシコ料理で使われるトルティーヤ(すりつぶしたトウモロコシまたは小麦粉で作られた薄いパンケーキのような皮)で、トマト,チーズ,たまねぎ,オリーブ,肉などを挟んで焼き上げたメキシコ風ピザのようなもの。
私はエビのケサディアを選びました。
私以外の3人は当然フィッシュ&チップス。
魚は食べ放題なので、どうせ誰かから一口頂戴できると思ってましたので・・・(←相変わらず考えることがせこい私)。

↓お食事が揃いました。私以外皆フィッシュ&チップス。
P1010216a.jpg

↓フィッシュ&チップスは、揚げたてアツアツの魚のフライ(食べ放題)とフレンチフライ、そして写真には無いですが、コールスローサラダが着いています。タルタルソースやレモンをかけて召し上がれ!!
P1010217.jpg

写真で見るとかなり大雑把な大味そうな盛り付けですが、こちらかなり美味しいです!

↓こちらは、私の頼んだケサディア。
P1010218.jpg

エビのケサディアは初めてでしたが、中のエビがぷりっぷりですごーく美味しい。ケサディアにエビってすごく合う!!
またもや、中の写真を撮り忘れたので、中身がどうなってるのかが分かりづらくてすみません・・・。

私以外の3人は揚げたてフレッシュな魚フライをとても堪能してました。
・・・しかし、食べ放題といっても揚げ物の食べられる量には限りがありますよねぇ~。
特大サイズの相方ファミリーですが、結局それほどお代わりはできず終了。

でも、皆大満足でした~。

                  

翌日は、早朝にお馴染み野菜果物市場「Joe Randazzo's」で買い物。
私と相方は翌週から夏季休暇で旅行に行くため、あまり野菜は買い込みませんでしたが、来週からウィスコンシンの義姉の家に行く予定の義母は、義姉におすそわけする為の野菜(保存ができるもの)を大量に買い込んでいました。

そして午後は、日本に本帰国する友人家族から譲り受ける家具を引き取りに、友人宅へ向かいました。
引き取る家具の量が多く(大きく)、相方のピックアップトラックだけでは入りきらないため、義両親も戦車のような大型トラックを出してくれました。
いつまでも、親に甘えちゃってますね・・・私たち。

友人から譲り受けた家具はとても状態が良くて、義両親は感心しきり。
相方と同様にいまや、日本人開催のガレージセールにもとても興味津々です。
しかし、我家はもう家具が新たに入る場所はこれ以上ない。大物はこれが最後です。

                  

さて、二日目の夜は義母の希望で(また)、自宅でハンバーガー。
我家では、食事の選択権は100%義母にあります。
美味しいご飯や時には甘すぎる(?)デザートを沢山作ってくれる義母。
家族のことを一番に考え、いつも家族が喜ぶためのあらゆることをしてくれる義母にとって、『食』は彼女の楽しみなので、他の家族も誰一人文句を言いません。

実際、家でグリルするハンバーガーはとっても美味しいのですよ。

↓写真の撮り方が下手だけど・・・ハンバーガー完成。とっても素朴です。
P1010219.jpg

各自が好きなようにハンバーガーや野菜をバンズにはさんでケチャップ・マスタードで味付け。

出来上がったハンバーガーの写真をまたもや撮るのを忘れましたが、ハワイ発人気バーガーショップKUA AINAにも他のレストランのバーガーにも負けない美味しい美味しいバーガーでした。

↓こちらも素朴なサイドディッシュ。義母がデビルドエッグを、私は直前に畑から採ったばかりのカブのソテーを作りました。
P1010220.jpg

いやぁ~。んんんん~まいっ!

デビルドエッグは私の好物の1つ。
私はコレステロール値が高いので、卵の食べ過ぎには注意していますが、デビルドエッグがあるとついつい卵を食べすぎちゃいます。たまにはいいよねっ。

そしてカブは今、我家で収穫がピークを迎えています。
種から蒔いて1ヶ月で収穫できるのでとっても便利。今年はとても豊作です。
もっと(畑の)土地があったら、沢山沢山作れるけど、二人暮らしにはちょうど良い量って感じかな?

美味しい夕食後は家族団らんで映画鑑賞。
・・・しかし、イマイチ映画の内容が理解できない私は、いちいち説明を聞くこともできないので、ストーリーについていけず、だんだん眠くなってしまいました。

義両親が泊まりに来る夜はいつもまったり・ゆっくりと時間が流れます・・・。

                      

翌日の日曜日、朝のコーヒーを飲んだ後、義両親は帰っていきました。

来週から彼らはウィスコンシン州の義姉の家に、我らは夏の旅行にと出かけます。

しばらく会えないけれど、きっと旅行から戻ったら(すぐ?)にやってくるだろう。
いや、次回はできたら私たちが義両親の家に行って、近隣の全然混雑していないゴルフ場でのんびりゴルフでもしたいなあ・・・なんて考えています。


≪紹介のお店≫
The Lodge Grill & Bar
住所:2812 Orchard Lake Rd,
   Keego Harbor, MI 48320
電話:(248) 683-5458
2011.06.27 / Top↑
4月24日のイースター当日は友人とBBQパーティーだったため、義両親とは約一週間遅れで
イースターディナーをすることにしました。

金曜日の昼過ぎに戦車のような巨大ピックアップトラックで我家にやって来た義両親。
相変わらず大量~の食料とビール(相方向け)、その他大小諸々な物を持ってやってきました。

あっ 冷蔵庫整理するの忘れてた!
(整理しておかないと、義両親が持ってきてくれる食料が入りきれない)

↓お土産の一例のイースターキャンディー。義両親にとって、相方や私はいつまでも子供です。
(右)手作りのバナナブレッドとクッキーも持ってきてくれました。またこれが美味しい!
P1000057.jpg P1000058.jpg

こんな沢山のキャンディー誰が食べるのよ・・・  あ、相方か。


今回のイースターの様に、こういったお祝い事の食事会(サンクスギビングやクリスマスなど)では、必ずと言って良いほど、全ての料理を義母がしきってくれます。
ダラけがちの嫁としては楽ちんな限り。
その代償として、食べたい物の選択権は無いのですが・・・(選択権は義母)。

                       
今回のメニューは一般家庭のイースター料理と同様に、ハムがメイン。
毎度のことですが、大きな塊のハムを持ってきてくれたお義母さん。
食べきれないので、沢山持ってこないでね・・・と毎回お願いしてるのですが、どうしても大きな塊を買わないと気が済まないお義母さん。
「じゃ、半分持ってかえってくれませんか?」とお願いしても「ハムは色々な料理に使えるのよ。あなたたちが食べなさい」と言ってくれるので、その日からしばらくハムの日々が続くことになります。
                    
この日のメニューはハムの他、チーズポテトとスウィートポテト、コールスローサラダにストロベリーゼリー。

チーズポテトは、日本風だと『ポテトグラタン風』とでも言うのでしょうか。
千切りジャガイモとサワークリーム、キャンベルの缶スープ(チキンクリーム味)、そしてシュレッドされたチェダーチーズを混ぜてキャセロールパンに入れてオーブンで焼くだけのもの。
アメリカの定番料理です。
ちょっと手抜き(?)で簡単料理ですが美味しいです!

スイートポテトは皮を向いて乱切りにしたスウィートポテト(ヤム芋)を、これまた深めのキャセロールパンに入れてバターとブラウンシュガー適量を入れてオーブンで加熱するだけ。超簡単!
日本で言うと、『サツマイモの煮付け風』。
バターとお砂糖なのでとーっても甘くて、デザートみたいです。
このヤム芋の調理にはかなり時間がかかります。フォークで中央を刺してすっとフォークが通ったら出来上がり。

早速チーズポテトとスウィートポテトとハムの塊をオーブンに入れて、スイッチオン!
                        
相方が仕事から戻るまでの間、しばらく3人でおしゃべりしたり、彼らのリクエストで近所のCostcoに行ったり。
相方が帰宅した頃には、家の中いっぱいに良い匂いが漂っていました。

↓我家のお祝いディナーはとっても素朴。お洒落じゃないけれど簡単に出来て、しかも美味しい。
(左)手前がスイートポテト。その上が手作りコールスロー。そしてその上がチーズポテト。
(右)ハムの塊は焼いた後に厚めに切ります。まさにハムステーキ。
P1000052.jpg P1000053.jpg

↓(左)デザートのストロベリーゼリー。上にはホイップクリームがたっぷり乗っています。見た目はとーっても甘そうですが、生の苺がざくざく入っていてゼリー自体は甘さ控えめなので、日本人でも沢山食べられます。
(右)早速、お皿に盛りましょう・・・盛り付け下手だからなんだか絵になってないけど。
P1000054.jpg P1000055.jpg

お雑煮やお煮しめがお正月を思い出させる味なのと同様に、この厚切りハムとスウィートポテト、
そしてチーズポテトの味はイースターやクリスマスの味!
そう感じるようになってしまった私の味覚。。。

食後はさらにデザートとして、Treader Joe'sで買っておいたクレームブリュレを食べて、もう動けないほど満腹。

DVDで映画「SALT」(アンジェリーナ・ジョリー主演)を家族で見てまったり過ごしました。
映画の内容は、イマイチでした。

                       
一夜明けて翌日。
大量のハムをひきとることになってしまった私たちのために、義母は美味しいハムクリームスープを作ってくれました。
またそれが大量で・・・今もまだ残ってます(汗)。
そして悲しいかなハムもまだまだ大量にあります(汗汗汗)。

この日の土曜日は私が出かける予定があったため、義父母は午前中に我家を後にしました。

翌日の朝は、ハムをたーーっくさん使ったハムとアスパラのキッシュを作りました。
残った大量のハムには頭が痛いけど、このボンレスハムはキッシュには最高なんですよね。

P1000059.jpg

今回は、今は亡きお義祖母さん(お義父さんのお母様)が使っていた家具(かなりアンティーク)を我家に持って来てくれた義両親。
義父は膝が悪いのに、とーっても重いこの家具を2階の客用寝室に運ぶのを手伝ってくれました。

この家具、とっても古いのですが、良質の木と時代を感じさせるデザインが素敵です。

家の広さに限りがあるので、もう家具はいっぱいいっぱい。これ以上何も置けない状態になってしまいましたが・・・。

お義父さん、お義母さん、いつもありがとう。
最近は我家に来ていただいてばかりなので、今度は私たちが遊びに行かなきゃね。

2011.05.02 / Top↑
世界中が注目するロイヤルウェディングまであとわずかとなりました。
                                   
ここアメリカの芸能ニュースでも、(芸能人じゃないけど)イギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式はもっぱらの話題となっています。
お二人のご成婚を記念した、ジュエリーなども通販で売られたりしていて、アメリカもお祝いムード満載?!

そういえば、日本の天皇・皇后両陛下のご成婚記念日も4月ですね。
                                   
そのような記念日に並べて書くのはおこがましいですが(でも書いちゃいますが)、我々の結婚記念日もこの4月でした。

相方の誕生日を忘れちゃうくらいダメな私なので、記念日を忘れられても何の文句も言えませんが・・・
なんと、しっかり覚えていてくれました。

しかもその記念日当日、花束を買ってきてくれたのです。

花束・・・。
                                            
私は今まで相方から花束をもらったことは一度もありませんでした。
そもそも、そんな小洒落たことができる相方ではありません。
誕生日もバレンタインデーも、花を贈られたことは一度もない。
その気の利かなさを、たびたび相方に愚痴っていました。

彼の誕生日忘れちゃう私なのにね(汗)。

度重なる私の愚痴が効果あったのか、今年の記念日に花束を買ってきたのだから驚いた!!!

その花とは・・・







 


えぇぇぇぇ~っ ちょと待ってよ~!男性から女性への花束っていったら、真っ先に思い浮かぶのは真紅のバラじゃないの?!?

しかもしかもこの花束・・・

↓半分近くが折れて、シナシナ・・・
IMGP8534.jpg


がくーんっっ 

相方は嬉しそうに、  「Happy Anniversary!」  と言って渡してくれました。

そりゃ、初めて花束を買おうとしたその心意気は認める。良くやった!
・・・しかし、菊?しかも決して生きの良い花とは思えない。

思わず私は
え?特売セールで買っちゃった?」 と聞きました。

すると相方は
「とんでもないっ!!これ$16もしたんだよ!」とのこと。

 ええええぇ~っ  

$16も出してこんな鮮度の悪い花束つかまされちまったのかいっ おまえさんっっっ!! 

となじってしまいました。


さらに、「菊って言ったら、普通仏壇やお墓に供えるお花じゃんかぁー!」と加えると
え?なにそれ。知らないよそんなの」 と、心外そうに返してきました。
そりゃそうだ・・・アメリカでは仏壇もお彼岸もないもの・・・ね。

相方いわく、「 こっ これが君のイメージの花だったんだよっ!!」 

 ありがとう・・・ 菊のイメージな私。

相方が言う(言い訳?)には、この紫の菊の色が私の好きな色のイメージがあって、
「これだ!これしかない!」と真剣に思ったそうです。

ま、紫の菊は案外可愛いです。そしてアメリカでは仏壇のイメージは全くありません。さらに厳密に言うと、紫と黄色の菊のほかに、真紅のガーベラも入っていました。

でも、男性から女性に菊の花束プレゼントって聞いたことないわいっ!
菊は良いとしても、なぜにこんなに鮮度の悪い花を買ってくるのだ!

私は、菊をもらったショックから、今度は生きの悪い半分折れた花を$16も出して買った相方の
失態に腹が立ってきました。

相方は、私がてっきり喜びのあまり
「んまぁ~っ なんて綺麗なお花なの。ありがとうハニー!!」って言うのを期待していたようで、想定外の私の怒りにショックを隠しきれていないようでした。

まあ、せっかくの記念日。
相方は悪気無く(ほんとか?)善意で花を買ってきてくれたわけだし、このまま怒り続けるのも大人気ないなあ・・と気づき(←あ、十分大人気ない対応してたけど)、とりあえず

「ありがとう・・・じゃっ 花瓶に飾ろうね」と花束を解いて花瓶に挿すと・・・
ヘナヘナヘナ~・・・と茎から折れている花が下を向いてしまいまいした。

仕方なく、折れた花はハサミで切って元気な花だけを花瓶に挿入。

↓花の雰囲気とサイズに合う花瓶が無いため、妙にアンバランス・・・
 ガーベラを前面に出したけど、アレンジ下手ねぇ~。
IMGP8537.jpg

ガーベラはもともと花の持ちが良くないので、その後すぐにしおれました。

そして菊は大抵長持ちするのですが、買った時点であのような折れ具合だったので、その後すぐに多くの花がダメになりました。

・・・そんな中、相方が私のイメージ(汗)と言った紫の菊が結構長持ちしました。

相方が花束を買った10日後に、その紫の菊だけで再度花瓶に挿しました。

↓…うーん、まあ 悪くないじゃーん!
P1000038.jpg

この花、購入から2週間以上が経過した今も、まだ持ちこたえています。

ありがとう、ハニー
(でも、次回はバラでお願いします)


【後記】4/28

この記事を書いた翌日の今日、相方は職場のPCで私のブログを見たそうです。
日本語の読めない相方は、しおれた菊の写真をみて、すぐにぴんときたらしく、

「なんてこった~っっっ!ブログ見たぞ!僕が買った花がいかに酷かったかってこと記事にしてるんだろ。わかってるんだぞ。最悪だぁ。僕は(私が)気に入ると思って買っただけなのに・・・」とメールしてきました。

                  

2011.04.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。