国際結婚を経て2008年3月にミシガンに移住。五大湖の州でのゆるい生活を、失敗談や楽しい出来事と共にお伝えします。       コメント大歓迎です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回はシカゴにたどり着くまでの話しを書きましたが、今回は観光編。

今回は初めて来た場所なので観光に力を入れていました。
もともとショッピングが大嫌いな相方と二人だったし、私も今回は観光スポットを出来るだけ抑えておきたかったので、限られた時間を有効に廻れるこちら↓を購入しました。
chicago26.jpg

これはシカゴシティパス。
シカゴの見所である美術館や博物館、タワーなどのうち5箇所の入場ができます。
料金は大人$94。
ちょっと高くない・・・?と最初思ったものですが、よくよく考えるとそれぞれの場所で入場料を払うよりかなりお得。

このパスで入場できるのは
①.SHEDD 水族館:入場料大人$41.95
②SKY DECK CHICAGO (ウィリスタワーのスカイデッキ展望台):入場料大人$40.00
③フィールド博物館:入場料大人$31.00
④科学産業博物館:入場料大人$32.00  または 360 CHICAGO (ジョンハンコックセンター展望台):入場料大人$35.00
⑤ADLER プラネタリウム:入場料大人$34.95 または シカゴ美術館:入場料大人$40.00
の5箇所

我らは④は360 CHICAGOを、⑤はシカゴ美術館を選択。
直接窓口でチケットを買うよりもトータルで$90以上もお得。
しかも、入場口も一般の入口とは別に早く入場できるFAST PASSとなります。
5箇所も廻らない!・・・という人でなく初のシカゴ観光であれば断然このシカゴシティパスがお勧め。
(*注意!! しかし、このパス、1度使ったら同じ場所に再入場はできません。1度限りの入場。パスっていうと出入り自由なイメージあるけど。)

さて。
まず最初に宿泊ホテルに一番近い、Willis Tower (ウィリスタワー)に行きました。
ここは以前まではシアーズタワーと呼ばれていたビル。
1970年代の建築当時は世界一の高さを誇っていましたが、今は世界第10位。それでも110階。ひぇ~っ。
私が子供の頃は102階あるエンパイアステートビル@NYCが世界一・・・のイメージだったけど、時代は変わったなあ・・・。
↓高すぎてファインダーに収まらない。
chicago25.jpg

↓(右)入場口近く(だったかな?)こんな感じで記念写真も撮れます。
chicago24.jpg  chicago23.jpg

高速エレベーターで横揺れ(汗)しながら一気に展望台へ。

↓私の感覚で言う、いわゆる「超高層」のビル郡が眼下にある・・・かなり下に・・・。まるでヘリコプターから見てるような気分。向こうに見える海のような青いものはミシガン湖です。
chicago28.jpg

ここで一番人気なのは、床までガラス張りになっているコーナー。
長蛇の列ができていて、皆撮影する順番を待っています。

↓こんな感じ。外に張り出しているのでちょっと怖い・・・
chicago29.jpg

あ、ちなみに先日いたのですが、私たちがシカゴに行った数日後に、このビルのこのガラス張りの床にヒビが入っているのが発見されて修復されたそうです。ひぇぇぇ~。

そんなこと知る由もなかった私はこんなこともしました。
↓床の下を撮影したりしゃがんだり・・・
chicago30.jpg  chicago27.jpg

ちなみにこの床は二重の強化ガラスになっているそうで、ヒビが入ったのは上のほう。(じかに靴が当たる方)
万が一このガラスが抜けたとしてもその下のガラスはまず割れることはないということでしたが・・・
巨漢の多いアメリカ。怖い怖い・・・。



素晴らしい景観を堪能した後、我らはウィリスタワーを後にして、路線バスに乗り向かった先は・・・

SHEDD水族館。
cicago31.jpg


こちらは、ミシガン湖に面している水族館。
↓(左)海のような湖に面している水族館。雰囲気盛り上がります~。(右)怪しいけどやたら気になる像もいました
cicago32.jpg cicago33.jpg

ここはさすが人気のスポット。
土曜日だったせいもあり、かなりの観光客で混雑していました。

しかあぁしっ!シカゴシティパスを購入した我らはFAST PASSということで一般とは別の入口
↓一般の入口はこんな長蛇の列。パス買った甲斐があった一瞬。
cicago34.jpg


水族館に入ると中は超混み!
どこへ行っても人・人・人!!ちょっと移動するにも、人が多くてなかなか動けない!!
こんな混雑日本里帰り以来です。

様々な海水魚や甲殻類、亀、クラゲ、サメ、イルカ、ラッコ・・・などなど、見所沢山!
3Dのショートムービーなども楽しめます。
写真取りまくったのに、残念なことに、どれも全然綺麗に取れていない。
なので、ここで紹介する写真はこれだけにします。

↓うまそう~っ!日本産のウニ
cocago35.jpg

↓うまそう~っ!日本海産のタカアシガニ
cicago36.jpg

・・・って、どちらも食べれるものばかり!
もっと、サメとかイルカとか小型鯨とか・・・そういったもの載せたかったけど、どれも写真がブレブレでした。

水族館で展示されているお肴・・・もとい、お魚君たちも綺麗だったけど、こちらも素敵でした。

↓水族館内のフードコートからの眺め。ミシガン湖を挟んで見えるシカゴの摩天楼。
cicago37.jpg

写真は少ないけど、水族館はすごく良かったです。水族館好きな私としては、一日中でも楽しめる。
大きな水槽プールを泳いでいる小型鯨?白いるか?なんて、何時間でも眺めてられます。

今回のシカゴ観光で一番楽しめたかも?

ちょっと長くなったので、残りは次の機会に・・・(いつになるやら)

《続く》
スポンサーサイト
2014.06.14 / Top↑
今日。
ミシガンはとても暖かい一日でした。

気温は朝から15℃超。 
日差しがある分、実際の気温よりもっと暖かく感じました。シャツ1枚でも全然寒くない!


窓の外を見ると、犬の散歩や夫婦で散歩している人々の姿が多く見られました。

ミシガンは冬がとても長いので、暖かい日はとっても貴重。

今年は暖冬だったけれど、暖かい日の貴重さは今年も同じこと。

部屋にこもりがちの「もやしっ子」の私(?)も、裏庭に出てみると・・・

裏庭の先の茂みには、昨年の秋?冬?からつけていた赤いベリーの実がしょぼんとしながらも残っていて・・・
IMG_3237.jpg


↓その枝には、新しい芽が出ていました。
IMG_3238.jpg


更に、花壇を見てみると・・・
がらーん、なんともさびしい手付かずの・・・というか、手入れを怠っている(汗)荒れた花壇が。。。

しかし。

よく見ると・・・

↓あれ??!紫色のこのつぼみは・・・クロッカス!
IMG_3241.jpg



クロッカスの蕾が出ていて、花を覗かせていました。

既に花が咲いているクロッカスもありました。

芽が出ているのも今日の今日まで気づかなかった。


今日は暖かかったけれど、木曜も金曜も土曜の前半も寒かったのに・・・
寒空に負けず、ぐんぐんと上に向かって伸びてきたのですね。


健気だな・・・。


ふと花壇のまわりを見ると、2~3年前に植えた他の花の芽も出ていました。

↓(左)チューリップも芽がでていました。(右)ヒヤシンスは蕾までつけているよ!
IMG_3247.jpg IMG_3246.jpg



↓花壇とは別の植え込みにも、水仙が蕾をつけていました。
IMG_3240.jpg


ミシガンのお天気はきまぐれなので
また、きっと雪や霜が降る寒い日は来るだろうけれど
春が確実にやってきている事を実感します。

まさに三寒四温。


今年のミシガンは暖冬だったけれど。

暖冬に限らず、毎年必ず春はやってきます。
どんなに厳しい冬でも。

厚い氷も深い雪も
必ず全て解けて、色とりどりの春がやってきます。

これが自然の原理。



人の心にも・・・

どんなに辛いことがあっても、

心の中が極寒の冬になっても、

時間とともに暖かい春がやってくることを願わずにはいられません。


悲しくて辛い思いをしている人々に
早く春が来ますように・・・。


IMG_3242.jpg





2012.03.11 / Top↑
夕べは、2012年初の外食ディナーに相方と行ってきました。

行った先は私の好きな店の1つである「Bar 7


↓写真はお店のHP http://www.7westbloomfield.com/ から拝借
home_image.jpg

このお店、ここがすごい!・・・という特徴は別に無い、普通のアメリカのバーグリルなのですが、
ゆったりできる店内と値段の手ごろさ(特にハッピーアワーがお得)、そして味がこれまたなかなかな(よろしい)のです。

思い切りアメリカンなハンバーガーやバッファローウィングやピザがあるかと思えば寿司バーが
あったりして、統一感の無いレストラン。
なのに、お寿司の味も合格レベルで(って、巻き寿司しか食べたことないけど)、これまで何度も通っていました。
                        
このお店に来るのは、10月に「熟女の夜の会」で来て以来。
相方はかなり久しぶりの来店です。

                        
私のここのお勧めはハッピーアワー。
ピザ全品やアペタイザーとロール寿司の一部が半額。ビール・ワイン・マティーニ・カクテルといった飲み物も割引になるハッピーアワー。
この時間帯に行くととーってもお得です。

・・・しかし。

前回の「熟女の夜の会」で発覚したのが、夜7時までだったハッピーアワーが夜6時までに短縮されてしまっていたのでした。

今回はハッピーアワーは逃さんぞ!・・・といういことで、相方が仕事から帰ってすぐに家を出発。
ハッピーアワー終了30分前に滑り込み。(←どうよ、この意気込み。)

店内は、ガーラガラ。
平日の早い時間帯だから?

しかし、このお店が満席になっているのを見たことがない。
(唯一、混雑していたのは金曜の夜に来た「熟女の夜の会」のとき。お店を出た11時ちょっと前はバーカウンターを囲むようにかなり混んでたけど)
                      

さて、早速席に着いて、残り30分のハッピーアワーメニューを見ると・・・
あれ?なんか違う!

時間が短縮されたハッピーアワー。内容も変わっている。
かなりお得なピザ全種類半額がなくなっていた。
かなり多くの種類のアペタイザーやロール寿司が半額だったのに、今は対象商品が2~3種類に減っていて値段も半額でなく$7に。

飲み物の内容は今までのまま。

↓早速頼みました。私の好きなアップルマティーニ。
 アルコールかなり強くて、お水の氷を何度も追加。いぁーん、お酒が弱いわ・た・し。
Photo01111721.jpg


ハッピーアワーメニューが変わってしまい、ピザ食べる気マンマンだった相方もちょっとしょんぼり。。。結局、ピザ気分は抜けなかったので注文しました。

私は、ハッピーアワーメニューから2品注文。

(携帯で撮った写真なのでわかりづらくてごめんなさい)

↓相方のピザ。Meet Lover。その名の通り、肉類ばかりのトッピング。うげ。
Photo01111739.jpg

↓私は(左)Lucky 7 Rollというロール寿司と(右)Steak Biteというアペタイザー。
Photo01111740.jpg Photo01111740_1.jpg

このラッキー7ロールという寿司は、写真だと分かりにくいのですが、ツナとカニカマとアナゴ(うなぎ?)そしてアボカドが入っている巻き寿司で、上に天かすがふりかけられ、更にその上に甘辛い照り焼き風ソースと辛いスパイシーソースがかけられます。
辛いのが苦手な私は、スパイシーソースを抜いてもらって注文。
なかなか美味しい!お米も日本のものと変わらないし、アナゴ(うなぎ?)が美味い。Ninja sushiとは大違い!

Steak Bitesは、小さく切った牛肉と野菜をいためて、なんやらわけわからん(?)ソースで味付けされ、上に揚げ玉ねぎフレークが乗っているもの。
こちら、少々塩気が強いけど、やっぱり美味しいわ!赤ワインが欲しくなる味。

ちなみに、相方の頼んだ「肉ラブ」ピザもかなりヒットだったようです。(Pizzeria Bigaよりこちらが好きだってよ)
                      

ウェイトレスは、ハッピーアワー終了直前に「もうすぐハッピーアワーが終わるけど、今のうちに注文したいものある?」と聞きに来てくれる親切さ。
やっぱりこのお店好きだなぁ~。

・・・しかし。。。


私たちが入店した5時半頃から、お店を出る7時過ぎ頃まで・・・店内悲しいくらいガ~ラガラ
                      

なんだか不吉な思いが頭をよぎってしまった。

・・・そう。
あの、私がとっても気に入っていたシーフードレストラン「Mahi Mahi Fish Grill」。
あんなに美味しくて、魚介類に対して舌が肥えた日本人の間でも好評だったのに、あっちゅー間に閉店してしまいました。

このお店も、もうすぐ・・・?なんて思ってしまいました。
だって、あんなに気前良かったハッピーアワーの時間も内容も変わってしまったということは、採算取れてないのよね。

日本でもアメリカでも、外食産業は非常に厳しい今日この頃。
生き残りを賭けて大サービスするお店もあれば、大サービスでは採算が取れないためサービスの枠が狭まってしまうお店もある。

いまだに、満員・待ちの列が並ぶようなお店も界隈にはいくつかあります。
その影で、突然閉店するお店は数え切れないほど。
私のお気に入りだったお店も、何軒か姿を消しています。

ああ、どうか7は今しばらく無くなりませんように・・・!!

2012.01.12 / Top↑
        謹賀新年 

昨年もお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                               
日本の皆様は、今年はどんなお正月を過ごされていますか?
ミシガン(その他海外)にお住まいの皆様は、日本らしいお正月を過ごされていますか?
それともお住まいのお国流に過ごしてますか?

私はというと、今年も日本風のお正月をめざしました(見かけだけ?)。

まずお飾り。
・・・といっても、こちらでのお正月らしいお飾りには限りがあるため、日本から買ってきた小さな鏡餅とこちらで購入した造花で、「《超》なんちゃってお正月のフラワーアレンジメント」。
あとは、干支の置物。

31日に飾ると一夜飾りになってしまい縁起が悪いので、これだけは30日に済ませました。

↓クリスマス用のもみの木の枝やヒイラギの実なので、、どうしてもクリスマスっぽいか。。。
これがいっぱいいっぱい。

P1020456.jpg P1020461.jpg

考えてみたらもみの木だったら造花ではなく本物の枝が手に入ったんですよね。
義両親の家の裏庭には、商売できるほど沢山のもみの木が生えています。(前回の記事の写真にもあるように)
もみの木といえばクリスマスツリーだけれど、同じ松科なので組み合わせるものによってはお正月っぽくなるだろうし。
先週、義両親から枝を3,4本貰ってくれば良かったとちょっと後悔。
来年は本物の松(・・・といっても、モミの木)でお飾りしてみたいです。

                               
お正月の鏡餅は、11月に日本に里帰りしたときに、小さなものを2つ買ってきました。

そうなると、お餅の上に載せる小さな葉つき橙(だいだい)が欲しいところ・・・。
・・・まあ、橙は無理ね。じゃ、小さいみかんは・・・?

                      
・・・ということで見つけました。

↓こちら意外にも、ポーリッシュマーケットで見つけたもの。
しかも安い。いくらか忘れたけど、この2つで1ドルしませんでした。
P1020458.jpg

これで鏡餅もOK。

↓かなり小さい鏡餅。みかんがやたらデカくみえます。(右)の鏡餅は、なんと100円ショップで買ったものです。中にお餅だって入ってるし、これはいいですね。
P1020462.jpg P1020455.jpg

↓干支の置物も万全。2012年の辰(竜)ちゃんがスタンバイ。うさぎ君、1年間ご苦労様。
P1020463.jpg
                                

さて。
大晦日の31日は嵐のような慌しさ。

日本風のお正月を迎えたい・・・しかしお節は高い・・
というわけで、お料理上手でもないくせに、今年もいくつか私でも作れそうなものを手作りしました。
大晦日だけの1日勝負。

今回は例年通り、紅白なます,お煮しめ,伊達巻に加えて
栗きんとんにも挑戦。

しかし、この栗きんとんは超思いつきだったので、栗の甘露煮も無いしくちなしの実も無い。水あめもないので砂糖とコーンシロップで代用。
栗は袋で売られていた甘栗で代用することに。

↓出来上がり・・・なんだか、栗きんとんと違う。甘栗は黒いし(汗)。
IMGP9532.jpg


栗きんとんというよりも、栗入りのスウィートポテトな味だけど、これがまたイケル。
甘すぎる栗きんとんよりはっきりいって好み。
相方のウケも良い。・・・ということでこれでよしとします。

一日中キッチンにいるなんてこと、めったにないよね。
ようやくその日の目標達成し、遅めの夕食で一段落。

↓年越しそばを食べながら、TVジャパンの紅白歌合戦を観ているうちに大晦日の夜は更ける・・・
IMGP9529.jpg

そして日付変わって元旦!
                    

今年も”超小型”のお重に入れたお節(もどき?)。

IMG_3026.jpg

↓大晦日一本勝負の成果(ピンボケご免!)
IMG_3048.jpg

IMG_3041.jpg


伊達巻大成功!

↓そして今年も午前中からお酒と共にいただきます!
IMG_3039.jpg

↓〆はお雑煮。
IMG_3052.jpg


この至福の瞬間のためだけに、大晦日は一日料理に専念します。

ああ、やっとこれで日本らしいお正月を迎えられたわ・・・ほっ。

あーっ でも!!

お飾りや料理に気をとられて、掃除全然してませんでした!!

大掃除どころか、掃除もまともにせずに新年を迎えてしまった。

お正月飾りとお節に囲まれて散らかった家・・・。
リビングにはクリスマスの飾りが足の踏み場も無いほど散乱してます(汗・汗・汗)

こんなんでいいのかね。

まっ まあっ!!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします~。 

2012.01.01 / Top↑
いよいよ、今年もあと残すところ4日となってしまいました。(アメリカでは)

日本の皆さん、クリスマスは楽しく過ごしましたか?ケーキ食べましたか?(KFCは?)
                    
年賀状は無事投函しましたか?
私は日本に居た頃、毎年この時期になると深夜遅くまで半泣きで年賀状作成をしていました。
苦くも楽しい思い出ですわ。。。
                    

アメリカに来てからというもの・・・。
毎年この時期には大きな行事があります。

もちろんクリスマス休暇。
相方の家族と過ごすクリスマス。
                    
今年も行ってきました。

23日の午後自宅を出て、夜に義両親の家に到着。

この日は義姉家族に加えて、義父の妹(相方の叔母)とその娘(相方の従姉妹)とその息子(相方の従姉妹の子供?)2人も義両親宅を訪れて家族でパーティーをしていました。
叔母と従姉妹家族に会うのは1年以上ぶり。
従姉妹(30代後半?)は、最近離婚したばかり。息子2人の親権と家の権利を取り新しい生活を始めました。
元気ないのかな?・・・と思ったけど、とんでもない。サングリア片手に、義姉と楽しそうに盛り上がってました。
                     

ところで、今回はcojicojiオバサンにとってショックな出来事が。。。
マット(甥っ子。以前、我が家に突然彼女を連れてゲリラ訪問した)が腕にタトゥーを入れてしまいました。
しかもでかい。
なんでも3日前に入れたばかりとな。。。
うげーーっ!!

彼は現在大学生で来年卒業予定。
まあ、いまどきの若者にとってタトゥーはお洒落の一部なんでしょうが、私はタトゥー反対派。
だいたい、私なんかの時代だと、タトゥー=刺青:ヤクザ・・・なんですよ。
いまどきでは、エリートビジネスマンやドクターでもお洒落としてタトゥー入れてる人がいるようですが、私的にはあり得ない。
正直がっかり・・・若い綺麗な肌に傷をいれるなんてもったいない。
あ、ちなみにピアスはOK派(というより大好き派)なんですがね。
それでも、ヘソピーとハナピー・・・その他耳たぶ以外のピアスは、断固反対派!!
結構保守的です。私。。。

そのマット。今年我が家に連れてきた彼女とは別れてしまったそうです。
はっ 早っ!!
今はというと・・・ ステディな彼女はおらず複数の女の子とデートしてるそうです。やっぱり遊び人だ・・・(汗)

一方、マットの弟ザックはというと・・・
高校生の頃から付き合っていた、いわゆる「High School Sweet Heart」の彼女とは数ヶ月前に別れてしまったという情報を入手していました。(←だんだん、マエチュー化していくわたし)
                      
このときは驚きました。
ザックは文武両道の優等生。高校では成績はオールA。
医師をめざして大学の医学部できっちきちのスケジュールで勉強中の19歳。
女の子にモテルナンパ系の兄とは違って、どちらかというと地味で真面目で不器用タイプ。
家族はこのまま高校の頃からの彼女と結婚するのではないかと思っていたのですが・・・。
この二人、同じ都市にある大学(別々の大学だけど)をそれぞれ選んで、大学進学後もデートしてたのだけど。
ザックの勉強や学校行事が忙しくなりすぎてすれ違いが生じてしまったそうな。

そして・・・

そんなザックに、新たな彼女ができたとな!
                    
そして、その新しい彼女の写真を義姉から見せてもらいました。。。。。。。。。が・・・・・・・。
なっ なっ  なんと、その彼女は私の嫌いな顔ピー(←って言うか?))が・・・。
鼻と唇の下。うげえっ!
痛そう!・・・もしくはでかいにきびかイボに見える。
せっかくの綺麗な顔立ちが台無し!

相方が「まっ ピアスだけならいいよ。タトゥーしてないだけね。」と義姉に言うと、
「いや、小さいタトゥーも3つあるんですってよ」 とな。

おぇぇぇぇぇぇ~っ?!? と声を上げて驚く私と相方。

この彼女。
ザックと同じ大学で勉強中。医師の道は諦めたそうですが、看護士を目指しているそうでかなり勉強家だそうです。

人は見た目・・・ピアスやタトゥーで判断してはいけないってのは分かってるんだけどね。
綺麗な肌に傷つけるなんてもったいないなあ。。。

しかし、長男がタトゥーを入れて、次男の彼女がハナピーとクチピー(って言うのか?)して、タトゥーがあるって聞いた義姉はどんな気持だろうか。。。
彼女いわく「最初はがっかりしたけれど、人間は中身だからね!」と苦笑してました。
やっぱり自分自身に言い聞かせるような口調だったし。。。

そして。
そういうのがいかにも大嫌いそうな父親である義兄はどう思ってるのだろうか・・・
・・・と、義兄を見ると・・・。

え?

あれ?

                    
一瞬、目を疑いました。

義兄の耳にピアスが・・・。  

うそでしょう?!?

相方や私より年上の義兄。

大学生の子供がいる義兄。

お洒落とは程遠い雰囲気。趣味はDo it yourself(大工仕事)と車いじり。
いかにも「ザ・アメリカの男」風の雰囲気。
しかし、家族をこよなく愛し、仕事バカと言えるほど真面目に働くこの人がこの歳でピアスって、どーしちゃったの?!?!?!?

 義兄、息子たちのやりたい放題についに自分もぷっつん?!?  
(↑ファミリー新聞があるとしたら、この言葉を大見出しに使いたい)
               

なぜか・・・相方も私も直接義兄にピアスのことは触れられませんでした。

帰りの道中で「なんで彼、ピアスの穴、いまさら開けたんだと思う?職場で変に思われないのかね?」と相方と話していたのだけど、相方も義兄に直接聞けなかったと。
本当に謎・・・

次回、相方が義姉と電話で話す機会があったら、それとなく聞いてもらうとします。

今回は家族のゴシップネタで終わってしまったので、クリスマス休暇本番の内容については、次回の記事で!

2011.12.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。